HOME > 最新情報 > 身体の小話 > 銀歯による身体の弊害

最新情報

< ラインでの予約オンライン予約  |  一覧へ戻る  |  10月のレポート 仙台市青葉区の整体『おあしす整骨院』 >

銀歯による身体の弊害

仙台市青葉区の整体『おあしす整骨院』です。

先日、歯科医の知人から怖い話を聞きました。。
年代的に銀歯を入れている方がいると思うのですが、その銀歯に、「水銀が入っている可能性がある」との話です。


水銀といえばよく知られているのが”水俣病”でしょうか?
神経症状なので回復が難しく、死者も多数出た痛ましい公害病です。

その水銀が口内にあるという事は、常時身体に悪影響を及ぼしているという事になります。
知らないままでは済まされない事実ですね。。


口内の有害金属

歯科金属で保険適用の詰め物だと水銀の「アマルガム」というものがあります。
また、ニッケルやさびた金属も身体に対して害になるとのことです。

過去にむし歯を治療した経験がある人の口の中には、
たいてい保険の「アマルガム」か「金銀パラジウム合金」という金属が入っています。

アトピー性皮膚炎のような皮膚の炎症や、手のひらや足の裏などにできる膿疱症(しょうせきのうほうしょう)という、
水泡状の湿疹などの症状が頻繁に発生すると危険信号です。

水銀を50%含むアマルガムが使用されている可能性があります。

アマルガムの歯科医向けの使用説明書には「素手でさわらないようにする」と記載されるほど、危険な金属だそうです。
アレルギー反応の出る金属にも要注意です。



事実、この話を聞いてすぐに診てもらったのですが、自分が20歳頃入れた銀歯に入っていました…水銀アルマガム。
特に内科も無いですし、身体も整えているのでいるのですが繰り返す首の痛みに悩んでいました。

早速銀歯を取り除いてもらうと、「首がいつもより軽いんです」
時間と共にやわらくなってきました!! これはうれしい。


検査を受けても、専門的に診てもらっても原因がわからない・改善しない症状がある場合
このような口内にある詰め物を疑ってみるのも手かもしれませんね。


ほとんどの症状において、アマルガムを除去するだけで8~9割の人の症状が改善しているそうです!

歯医者さんからいただいた統計の資料を少し載せます


口内の有害金属を取り除くと改善・完治するとされている症状・病気
  • アルツハイマー病・パーキンソン病
  • うつ病・怒りっぽい
  • 神経症状(てんかん・シビレ・けいれん
  • 心臓病・腎臓病
  • しみ・にきび・抜け毛
  • 不妊症・乳がん・生理不順
  • 腰痛・関節炎・目の病気   など他多数

症状別の改善率

  • 活力の減退…97%
  • 歯茎の問題…94%
  • 不安感…93%
  • イライラ…90%
  • めまい…88%
  • 頭痛…87%
  • アレルギー・不整脈…86%
  • しびれ…82%
  • 皮膚炎…81%
  • 尿道障害…76%     など他多数

驚くべき数字ですね…。
しかし世間やメディアではほとんど耳にしない話です。

当院でも、病院や整骨院など様々通っても痛みの原因が分からない、改善しないという方をたくさん見てきましたが

その度に ”早く知りたかった” ”正しい情報を知れてよかった” というお声をいただきます。
全否定はできませんが、ちまたに流れている情報は正確ではないことが多いです。

例を挙げると…
腰痛には腹筋を鍛えろ!!というのが主流みたいですが事実はちがいます。

鍛えるべきは背筋です

腰痛は前が縮まる作用によって誘発されるので、腹筋を鍛えてしまうと余計に助長されるんですね。
つまりは逆効果です。

腰をしっかり沿って維持できる背筋力が必要なのです。


原因不明の不調を抱えている方の力になっている歯医者さんにとても共感した有害金属の事実でした。
この知識も含め、より患者さんに寄り添える場所になっていけたらと思います。





カテゴリ:

< ラインでの予約オンライン予約  |  一覧へ戻る  |  10月のレポート 仙台市青葉区の整体『おあしす整骨院』 >

同じカテゴリの記事

トリガーポイントについて

仙台市青葉区の整体「おあしす整骨院」の鈴木です。

患者様から、トリガーポイントについて質問がありましたのでシェアします。

肩こり、腰痛の原因はトリガーポイントにあった!的な売り文句もあるようですが

施術を受けた方の中で「良くなった!」「逆に悪くなった...」と意見が分かれています。

本当にトリガーポイントに原因があるのなら、悪くなることはないと思います。

では、意見が分かれるのはどうしてでしょう?

トリガーポイントをがどういうものかを紐解けば、その謎が解けるはずです。

コリを感じる部分はトリガーポイントに起因しています。

しこりがある、肩こりを感じる、首が苦しい、腰が張る、揉まれたい、強く押されたい 筋
が張っている。
これらはトリガーポイントから起こる反応であることに間違いありません。

では、その欲求に従ってトリガーポイントの施術を行ったらどうなるかと言いますと

揉み返しが起きます。

体調が悪い方が揉み返しを感じるときは 吐き気、頭痛まで感じるようです。

揉み返しとは不必要なところに過剰に刺激を受けた場合に起こるものです。

良くなったという意見の方は適切な刺激量で、程よくトリガーポイントが減ってくれたから「良くなった」という表現をされます。

悪くなったという意見の方は、刺激を与えすぎたからです。

ここで一つ疑問が起きます。

しこり=トリガーポイントであるのであれば、しこりが消えるまで 揉んだり、押したり、ストレッチしても問題がないのではないでしょうか?

そうすれば、肩こりや腰痛を感じなくなるのではないでしょうか?

結局トリガーポイントは原因ではありません。

こっている、張っている、硬いと感じている。

これらは本人が感じている部分であって本当に悪いところではないという事です。

軽くマッサージを受けて1次的に身体が楽になるのはトリガーポイントが減ったから

トリガーが根深い方は軽いマッサージでは効かない感じがして

強く揉んで欲しくなります。

最終的には身体が痛くなりやすくなり、揉んでも効果がありません。

結論として、トリガーポイントを身体の中で育てているのは他にあるという事になります。

いろいろな情報が世の中にはありますが、ゴールに行き着かない情報に踊らされる事なく

無駄な悩みを減らしてもらいたいものです


つらい顎関節症を治したい

仙台市青葉区の整体『おあしす整骨院』です。


よく「顎関節症が治らなくて困っている」
と、ご相談をいただきます。



「口が開かない」「あごがカクッと外れる」「あごが痛い」
結構よく聞くワードですよね。

自分が顎関節症だろうな…と思う点があっても、放置している人もいる中、
本当に悩んで何年も解消法を必死に探している!という切なお声もあります。

痛みの強い方は病院でマウスピースをはめる治療を主に受けている様ですが、
人によっては苦痛を伴い…また、解消を望めない場合がほとんどです…。


では、どこに行けばいいのか? 
テレビやネットで様々な情報があふれる中、正しい選択をするにはどうしたらいいのでしょうか?

 

顎関節症の原因と施術

あごの筋肉は強靭で、首との関連が強い部分です。
そのため構造を熟知した上での専門的な施術が必要になるでしょう。

首もまた、腰の筋肉・骨盤・足(…ほとんど全身ですね)から影響を受けるとされています。

それらを取り除き、首の動きを取り戻してからでないとあごへの負担が取り去れない場合があります。
痛い部分だけに原因があるとは限らないんですね!

 

効く治療=ソフトな手技?

結構、「ボキボキ」「バキバキ」痛い施術って多いですよね…
痛いのを我慢するほど効く!!と我慢して努力しても、残念ながら症状の改善は見込めないかもしれません。

痛みは身体の防御反応で、ストレッチで苦痛を感じるのも”これ以上伸ばすと身体を壊すよ!!”というサインなのです。

その結果起こるのが、代表的な「もみ返し」です。
これは伸びてはいけない筋肉が伸びっ切った結果生じるものです。

本当に治すために必要なのは、反対に、
筋肉を縮めてあげて、脳から送られる痛みの防御サインを止めてあげることです。


メリットがたくさん

顎関節症を治療するということは首から顔の領域を調節することなので、
そこから起こり得る様々の症状を解消できます。

  • 首からの血流を取り戻すので…首痛、肩こり軽減・頭痛緩和・顔色が明るくなる・疲れが取れやすくなる
  • 頭蓋骨のゆがみを整えるので…しわ、たるみが減る・目が開く・フェイスラインが整う・呼吸が深くなる
  • 顎関節を矯正するので…歯ぎしりが減る・唾液が増え口臭予防になる、美味しく食事を摂れる

 

実際どこに通えばいいの?

歯医者さんや病院で実際に顎関節症の診断・治療を受けてもあまり改善が見られない方は、
より身体の解剖・生理学的な知識をもって施術にあたってくれる場所をおススメします。

お医者さんは身体の”構造×作用”に関しては専門外なので、あまり対処法を持ち合わせていないためです。

(整体での顎関節症施術はまだまだ認知が薄いのですが…)
1回目の施術で口の開きやすさを実感される方がほとんどです。

ただし、保険診療や痛いところを中心にもんだり、電気をかけたりされる時は改善が見込めないと言っていいでしょう。
世間の常識に捕らわれず、正確な情報を得てください。



痛みが続くと精神的にも疲れてきてしまいます。
お気軽にご相談だけでもどうぞ、お待ちしております!


 

食が身体におよぼす影響

仙台市青葉区上杉にある整体「おあしす整骨院」です。



本日は「食について」です。

良く、外国産の食べ物を避けたほうがいいとか添加物を取ってはならない

などなど、なんで食べてはいけないのか?食べると筋肉や血管にどのような影響があるのか?

整体につながるお話をします。

添加物は血液を汚し整体の効果を低めます。


体内の酵素と言われる成分は添加物の摂取で大量消費されます。
血液は筋肉や内臓へ栄養を届ける役目を担っていますが、酵素が減ると栄養素が細かく分解されなくなり
どろどろの血液となります。

その他、赤血球は酸素を運びます。酸素の量も減るようです。

結果、コレステロール、脂肪が分解されず血管壁にへばりつき、毛細血管を細くしてしまいます。

血流の経路を阻害します。

このような経過は体内に60兆もある細胞へ十分な栄養を与えることが出来なくなることを意味しています。

栄養を与えられなくなった筋肉、関節は固くなり、内臓の動きも低下していきます。

末梢神経、毛細血管への影響はこうやって表面化されます。
オステオパシーのルールに「血液のルール」と言うのがあります。 簡単に言うと、「そこに血液が届けば治る」
「何とか良い方向に進んでいるという証拠」と言ったものです。

しかし、血液が汚れていて栄養素の低いものが運ばれても回復効果が少ないかもしれません。


外国産の肉

外国産の輸入肉は成長ホルモンを注射されて強制的に成長させられているようです。
成長ホルモンは脂溶性なので血液の汚れに影響しています。

農薬

タマネギ、カボチャ、ブロッコリー、ショウガやニンニク、レンコンなどの輸入野菜も増えているようです。
丁度、患者様が業界に携わっていて、お話を聞かせてもらう事があるのですが 腐った状態では商品にならないという事から、

大量の農薬や防腐剤の処理をされて日本に輸入されるんだとか 当然、農薬、防腐剤も血液を汚し
内臓の働きが悪くなり、筋肉や靭帯が固くなります。 少量であれば食べても問題ないと言われていますが

その少しから少しずつ身体が侵されていくので、早いうちから気を付けたいものですね。


農薬が原因と疑われている病気もあります

実際に検証されていないので、こうなるああなると断言されていませんが
(断言してしまったらマーケットに影響するという事?) 農薬が影響していると言われている大病もあるようです


生殖機能の異常

農薬の他、薬や砂糖の大量摂取でも疑われる症状です。
私の知り合いにもジュースが好き、お酒が好きな男性陣で20代から生殖器以上を抱えているのが数名います。

毛細血管内の血液が汚れ神経の伝達物質を受け取る側に蓋をしてしまう作用があるようです、
結果としていくら脳から命令されても、いう事を聞かない状態が続き症状が出ます。

血液やホルモンの受け渡しが鈍くなるようなことも、ミリ単位では測れないので憶測とされていますが
多くの方が疑っているので、影響は起こっているのかと思います。


発達障害、学習障害

発達障害は2000年ころから日本でも診断されるようになっています。
脳の構造の異常とされています。成長過程で影響を与えているのかもしれません。

農薬など添加物も血液に乗って脳を行き来するので、少しづつ浸食されているのでしょう。


アルツハイマー

発達障害は成長の過程で起こるものですが、こちらは成長しきった状態で脳に影響を及ぼしているものですね。


おあしす整骨院では脳障害の治療はできませんが、
腸を活性化させ、筋肉や関節、血圧などの状態の変化を起こし解毒を促します。

整体は腸の動きを活発にし、呼吸量を上げ酸素と二酸化炭素の交換率を高め、自律神経の正常化がはかれ 身体の解毒作用を促すとされておりますので、

筋肉が固くなり痛みに代わるなど生活の不備、これから起こるかもしれないリスク回避ができます。
身体の中をきれいにしたいと思う方からのご連絡もお待ちしています。


椎間板ヘルニアと身体のゆがみ

腰痛に悩まされている方は多いのではないでしょうか。腰痛持ちになると日常生活に様々な支障をきたします。なかには症状が悪化して、椎間板ヘルニアになる方もいらっしゃいます。

椎間板ヘルニアとは

椎間板ヘルニアは通常の腰痛とは異なります。人の背骨は24個の骨で構成され、骨と骨の間にクッションの役割を持つ「椎間板」があります。 椎間板ヘルニアは、椎間板が弾力性を失うことで発症します。
弾力性がなくなれば、椎間板は本来の形を維持できなくなり、組織の一部が飛び出します。
そして、近くにある神経を刺激したり圧迫したりして、しびれや痛みなどの症状を引き起こすのです。

椎間板ヘルニアの原因

椎間板は年をとれば次第に弾力性が失われていきます。それ以外の原因として「骨の老化」「身体の歪み」が挙げられます。人の身体は歪むことで、一部の部位への負担が大きくなり筋力の低下につながります。
筋力が低下すれば骨にかかる負担が増大し、さらに椎間板ヘルニアを発症するリスクが高くなるのです。

椎間板ヘルニアを予防するために

椎間板ヘルニアになると、腰痛や下肢のしびれや痛み、感覚障害など様々な症状が発症します。
人によっては咳をしただけで、激しい痛みを訴える方もいます。このような症状で悩まされないためにも、しっかりと予防を心がけましょう。まずは日常生活でできる予防として、正しい姿勢を意識しましょう。

悪い姿勢が癖になっている場合は、整体などに通い体の歪みを整えることをおすすめします。
ご自身は自覚がなくても、日常生活のなかで無意識に身体の歪みを作っている習慣や癖がある場合があります。整体を受けることで、ご自身では気がついていなかった身体の歪みや原因を知るキッカケになります。

仙台市にある当院は身体の歪みを調整していくオステオパシー整体を行っています。
痛みの少ない施術ですので、はじめての方も安心して施術を受けることができます。
施術人数7万人を超える経験と技術で、皆さまの健康をサポートいたします。
腰痛五十肩むちうち椎間板ヘルニアなど身体の不調でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。


ダイエットと骨盤矯正

理想の体型を手に入れるために、ダイエットに励んでいる方は多いことでしょう。
しかし思ったように結果が出ず、悩んではいませんか。
もしかしたら、それは骨盤の歪みが原因かもしれません

骨盤の歪み

骨盤は身体の中心にある部位で、骨盤が歪めば身体全体の歪みにつながります。
身体が歪むと、血管や内臓を圧迫して血行やリンパの流れが悪くなります。
血液は体中に酸素を届ける役割を担っており、血行が悪くなれば肌荒れや肩こり、腰痛など身体の不調を招く原因になります。また身体が冷えることで代謝が落ち、太りやすく痩せにくい体質になってしまうのです。
健康的に痩せるためには、根本から改善することが大切です。

ぽっこりお腹も骨盤の歪みが原因

IT社会といわれている今の時代、デスクワークの方が増えています。作業に集中すると、つい猫背になっていませんか。猫背になるとお腹の筋肉が弱り、骨盤が開いて内臓が下がってしまいます。
これが原因でぽっこりお腹になるのです。内臓が下がったままだと内臓機能が低下します。
また内臓温度が低下し、冷えから内臓を守るためにお腹まわりにお肉がつきやすくなってしまいます。

健康的に痩せるためには、まず基盤である身体の歪みを整えることが大切です。
痩せたいからと無理な食事制限や過度な運動などを続けると、身体を壊すことにつながります。
身体の歪みを整える方法として、普段から正しい姿勢の維持やストレッチなどを意識して行うことをおすすめします。また、整体で骨盤矯正を受けるのもよいでしょう。整体を利用することで、プロから適切なアドバイスをもらうことができます。

仙台市青葉区にある当院では、オステオパシー整体によって骨盤の歪みに働きかけを行います。
ボキボキと音がなる骨盤矯正とは違い、痛みのない施術となっています。
骨盤の歪みや肩こり、むくみなどでお悩みの方は、ぜひ当院をご利用ください


このページのトップへ