HOME > 最新情報 > エクササイズ > ゴルフ肘、テニス肘のストレッチ

最新情報

< 整体とマッサージ 実例から効果を比較してみました  |  一覧へ戻る  |  生活動作指導・リハビリテーション >

ゴルフ肘、テニス肘のストレッチ

ゴルフ肘、テニス肘のストレッチ


仙台市青葉区の整体「おあしす整骨院」です。


ゴルフ肘、テニス肘って意外と痛みが引きにくいと思いませんか?肘の症状なので背中や手首からの捻じれが大きく影響しているのですが 忙しくてその場で痛みを何とかしたい方に効果的なストレッチ法をお伝えします。ゴルフ肘、テニス肘は肘の外側が痛くなる正式名称は外側上顆炎と言われるものです。
手首の返しが強い方や握りこぶしの作り方が下手な方に起こる症状です。このストレッチは結構効きます。


ゴルフ肘、テニス肘のストレッチの方法


前腕にある橈骨と呼ばれる骨と尺骨と呼ばれる骨の位置関係が狂っているために外側上顆炎が起こりやすくなるので、それが矯正されるようにストレッチをかけていきます。

このストレッチは終わる際にゆっくりと戻してください。 ではセルフケアのやり方、順を追って説明します



このストレッチは台を使って行います

なんでも良いので硬めの台を用意してください。写真の様に手のひら側を前の方に向けて台に手の平をつけます。


前腕を台に乗せる



次に軽く肘が伸びるようにしてください。前腕の親指側が軽く張るようになります。

前腕を伸ばしていく


このまま3分くらい伸ばしましょう。ツッパリ感が無くなったらゆっくりと手を戻します。

腕を握ってみると肘の痛みが軽くなっていれば成功です!


ゴルフ肘、テニス肘は腕の正常な使い方を知らない方がなるようです。

ラケットやクラブの握り方、腕の使い方等、一度基本に立ち返ってみてもいい機会かもしれません。
もしフォームを見直しても肘に痛みが走る場合、背中や手首のねじれを治さないと取り去れない痛みに代わっているのかも…


カテゴリ:

< 整体とマッサージ 実例から効果を比較してみました  |  一覧へ戻る  |  生活動作指導・リハビリテーション >

同じカテゴリの記事

目の下のクマをとりたい

仙台市青葉区の整体『おあしす整骨院』です

目の下のくまは取れませんか?というご質問をよく受けます。

最近、若い時から、目の下に「くま」が目立つ…取りたいという方も多いですよね。
睡眠時間を増やせば治りやすいのでしょうが、帰宅が遅くて寝る時間がどうしても遅くなる
家庭の事情で眠れる時間が遅い( ;∀;)…。
早起きしなければならない
お出かけ前はクマを消すことが命!

スマホやテレビのブルーライトの影響で

睡眠の質が落ちているのも影響しているのかもしれません。

そんな「くま」の対策を教えてほしいとのご相談を受ける機会が増えてきています。

最近は若い男性の方も気にされるようですね。
私も気にしたほうが良いのか…
という事で依然教わった「くま」の対策法です。

本来であれば首から心臓部分の施術も必要になりますが
ご自宅でできる対策法をコツコツ積み重ねていけばくまも薄れる!?と思われます

その「くま」対策とは… 「温かいタオルと、冷たいタオルを、交互に当てる」です!。

はい、手間がかかります。

努力が必要です。

体質改善を一人で行うには努力が必要です(涙)

このくまは東洋医学でいうと『お血』といわれるもの。

どんな状態かというと

ドロドロの血液がたまってまず、「目の下のくま」は、「ドロドロ血液」が、たくさんたまっているために起こってきます。

東洋医学で「お血」といって、血の滞りが起こっている状態なんです。

特に目の血管は、細くて非常につまりやすいんです。

最も細い部分は約8μm(1/1000mm)赤血球が最も成熟した状態で
直径10-15μm(血管より血球のほうが大きいため血管の柔軟性が必要)だから、
毛細血管状態が悪くなれば容易に血液が通らなくなります。

赤血球の状態が悪くても毛細血管内の血流は悪くなるのです。

そしてドロドロ血液が流れにくくなり、老廃物がたまってきます。
厚さ0.3mm~0.6mmの目の下の皮ふ上でもう廃物のたまった血液が目立つため「くま」と呼ばれるものが”(-“”-)”

薄ければ目立ちますからね。

だから、血液がドロドロになると、血液の色が表面に出やすいということなんです。

では、どうしたらいいか?

血流を良くしましょう!

このたまったドロドロ血液を、血流改善して流しましょう。

これしかありません! 

「温かいタオルと、冷たいタオルを、交互に当てる」・・・努力です。

毛細血管は温かいタオルをあてれば広がってきますし冷やせば縮まります。

ポンプ作用を生かして流れを強制的に起こすのです。 マッサージでもいいのでは!?
と思うかもしれませんが皮膚が薄いところでマッサージを行うのは皮膚を傷めるのであまりお勧めはできません。
非効率ですがセルフで行う処置として最善かと思われます。ご実践あれ。

私は・・・体を直接治してもらいます(^^♪

AKA

AKA療法は骨盤の関節(仙腸関節)を開き動きをつける事により骨盤を矯正する方法です。

1979年から開発され今では仙台市でも社会保険病院で外来で行っていることを大々的に歌うほどメジャーな療法となっています。医学として腰痛処置の幅が増えたという事でしょうか?当院でもAKA療法は行えます。効果は一時的なものです。酷い腰痛の方は、これだけでは体が治ることはありません。あくまでサイドテクニックとして使っています。

AKA療法を受けるうえでの注意点として

仙腸関節に痛みの原因(筋肉や靭帯など筋膜の短縮)が無かった場合は炎症が強くなり痛みが強くなる可能性があります。

腰の筋肉や筋膜組織の短縮が強い場合は効果が一時的の可能性があります。

筋膜、靭帯などの短縮は画像検査でも現れない可能性があるので徒手検査で確認後受けると間違いないと思います。


 


このページのトップへ