HOME > 症状解消一覧 > 膝・足の痛み > アキレス腱炎

症状解消一覧

< 膝の捻挫  |  一覧へ戻る  |  偏平足 >

アキレス腱炎

アキレス腱、 アキレス腱周囲炎の痛みの治療

アキレス腱は、ヒラメ筋と腓腹筋と言われる筋肉が合わさってふくらはぎになり、
その延長上にあり踵の骨につながっているアキレス腱の痛み。

スポーツをする方、革靴を履く方、歩く事が多い方、朝起き掛け等、じっとしていても痛むようです。
サポーターやテーピングをしてアキレス腱炎の治療になると言われますが、解消されるのかと言うとそうもいきません。どんどん太さ、しこりが大きくなるでしょう。

また筋肉なのでマッサージやストレッチをすればよいかと言うと痛みが増して逆効果。
この症状は足の痛みなので、かなり生活に不具合を与えます。

安静にしていても歩くことは避けられず一定期間をおいても痛みがぶり返します。

それではおあしす整骨院でのアキレス腱炎施術の特徴と効果をお伝えします。


良くある痛みの症状と痛みを起こすシステム


  • 触るとアキレス腱が痛い触られたくない
  • 朝起きるとアキレス腱が痛くて足が付けない
  • 動けばアキレス腱の痛みが楽になるが、休んでいるとまた痛みが出てくる
  • 踵も痛くなってきた
  • 他院でアキレス腱炎と言われた
  • 鍼を打っても痛み止めも効果が無い
  • 仕事を変えようかと思っている
  • ストレッチをしてもマッサージも効かない

アキレス腱炎、アキレス腱周囲炎と違う診断名をうたっていますが、
改善させるにはほとんど同じ施しをするので別ものとして扱いません。


 

アキレス腱アキレス腱周囲は引き延ばされて炎症を起こします


アキレス腱炎で悩まれる方は

  1. ステップを踏むことが多いスポーツ
  2. 踵に体重を乗せがちのマラソン、野球、ゴルフ
  3. 革靴の重みで痛みを起こすサラリーマン等

動作で体重や重力の関係で筋肉が繰り返し引き延ばされ
アキレス腱に負担が生じますので、なるべく引き伸ばさないのが第一の処置となります


アキレス腱のストレッチについて

アキレス腱は常に荷重により引き延ばされ勤続疲労を起こします。

では、ストレッチの有効性はいかがなものでしょうか?マッサージも同様です。

 

引き延ばされたものをさらに伸ばすと言うのは危険行為になるのではないでしょうか?

 

アキレス腱を痛めている方はストレッチによって痛みが改善しない事を実感しているのではないでしょうか?

 

仙台市青葉区上杉の整体「からだの治療院~おあしす~」はアキレス腱炎の痛みを止める方法を知っています


足裏や股関節、腰、骨盤などの柔軟性が保たれている方はアキレス腱炎になりにくいとみています。

なぜならば、股関節や骨盤、腰、足裏の関節部分の下半身が歩行や着地時の負担を多く受けるからです。


この骨盤や股関節等、いずれかに硬さを出してしまっている場合は

その負担が直接アキレス腱へかかり炎症を起こしアキレス腱炎となるのです



どうやったらアキレス腱炎の完治になるのか?


アキレス腱の柔軟性がしっかりでて触っても動いても痛くなく姿勢が伸び切った状態になれば完治と考えていいでしょう。

繰り返し引き延ばしてしまっている原因(骨盤や股関節、腰椎、足裏)を突き止め

アキレス腱が過度に引き伸ばされないようにします。

 

繰り返す付加、疲労が溜まるとアキレス腱の筋肉の線維が硬くなり、踵の角度が変わり
血液の循環力(毛細血管の量)が低下するために水分が失われ、アキレス腱自体の柔軟性が低下します(筋筋膜の過緊張)。
 

柔軟性が低下し踵の角度が変わってしまったアキレス腱は負荷をかけるとほんの少しずつですが切れ目が入ります。
歩行時も正常角度で足を着くのではないので、少しずつ負担を積み重ねます。


 

これが続き過度の負担が一気にかかった場合、本格的なアキレス腱断裂になります。

まずは骨盤や股関節等の原因部分の解放を行いアキレス腱自体の柔軟性を取り戻すことで、
日常生活の負荷に柔軟に対応し回復できるようにする事が大切です。
 


アキレス腱炎で起きた小さな踵のゆがみや悪い癖の影響

踵にも小さな関節があり、ゆがみが発生します。
アキレス腱の痛みが取れても炎症が酷ければ 完治していないことが多々あります。

 

例えば、正常な真っすぐな歩き方と、がに股の歩き方では負担の度合いとしてはどちらが大きいでしょうか?
 

当然、正常な歩き方の方が負担が無いに決まっていますよね?

アキレス腱の痛みが酷く踵に変位を残した方は、アキレス腱の痛みが治まっても悪い癖が痛みを起こしやすくするでしょう。

これを防ぐため、日常で痛めた方は歩行動作の指導、リハビリ、運動で痛めた方は
基本的なステップワークの指導を行っております


この部分の癖を整え、正常歩行を身に着けることでその後の再発におびえなくて済むようになります。

 

それでも不安な方は、施術の後、痛みの解消が出来た時点でテーピングやサポーターなどで補強してあげましょう




時間をかけてアキレス腱に負担をかけている症状の長い方は、悪いトレーニングを続けていたかの如く   
歩行動作、運動動作に悪い癖を残してしまっているため痛みが起きやすい状態に戻ります。

痛みは早く改善します。オステオパシーのテクニックでしっかり解放されたアキレス腱は

足をついた時の痛みが大分軽減しているはずです。


  痛みを止めるだけでは悪い癖が、またアキレス腱炎、アキレス腱周囲炎を引き起こし、
その他の症状も引き起こしかねません。

日常に潜むアキレス腱炎の再発要因

  • サイズの合わない靴
  • 滑るような厚手の靴下
  • 姿勢の悪い歩き方
  • 古傷の影響
  • 地べたに座って骨盤に負担をかける方

痛みは日常から起こります。
特に地べたや低い位置に座る習慣がある方は下半身の痛みを頻繁に繰り返す可能性が高くなります。

 

ぜひ完全に良くなる状態まで加療して頂き、その後の生活で痛みに悩まされぬようにしてください。

 

アキレス腱炎自己診断ポイント

距骨と踵骨の圧痛位置

  • 踵の内、外側の圧痛-腓腹筋
  • 距骨内側の圧痛-ヒラメ筋
  • 距骨前面内側-足関節伸筋群
踵の圧痛はふくらはぎ(腓腹筋)筋筋膜の過緊張を表します。
距骨内側の圧痛はヒラメ筋筋筋膜の過緊張を表します。

距骨前面内側の圧痛は伸筋群の緊張を表し、アキレス腱を引き延ばす原因になっている場合があります。

踵周囲だけでこのくらいポイントが分けられますので、

しっかりとした正しいアキレス腱炎の知識、身体全体の知識が改善、健康への近道となります。




からだの治療院~おあしす~のアキレス腱炎整体術


身体全体の検査を行い、アキレス腱の痛みの原因部分を探し出します

骨盤検査胸椎検査下半身検査


問題の部分、ゆがみ具合を説明します


ゆがみの説明


施術は、関節を外力で無理やり捻じるのではなく、
最も緩む位置で保持することにより硬くなった関節や筋肉が緩み始めます。

腓腹筋調整

最も緩む位置(バランス点)は、筋肉が緩むだけでなく、

 

脳に反射を起こし(フィードバック)

自律神経や体液循環が良くなり


柔らかい体になります



最もゆるむ楽なポジションを取りますので、

患者さんの負担が無いのも特徴です。

    

再検査をして膝、背骨の柔らかさ、姿勢安定の確認をします

骨盤再検査胸椎再検査

他の療法との違いは施術効果が3日間ほど持続します。
施術日は、飲酒や食事を少なめに3日間ほどストレッチを含む過度の運動は控えて下さい



自分ひとりでは気がつかない体のゆがみ、

自律神経の不調など、隠れた原因を一緒に検査していき、改善を目指します。


オステオパシー施術をすることで体の癖を取り除き回復が始まります。

身についた癖を一緒に取り除いていきましょう!


また、脚の痛み(アキレス腱)に良かれと思っているストレッチ、マッサージ、運動が、

あなたの今のからだの状態に合っているとは限りません。


最悪、痛みが悪化し長引くということも多々あります。

あなたに合った最適最短な施術をし、疲労感から早期解放できるようにアドバイスをしています。

 

予約方法,施術料金

詳しくは施術料金のページをご参考下さい。

電話受付の際受付スタッフが

「はい!おあしすです」 と電話に出ますので

「ホームページを見て電話したのですが」 と、おっしゃってください。

ご希望日、来店時間、をおっしゃってください

メールでのご予約は、 お名前、症状、ご希望の来店日、時間 をご記入の上ご連絡ください。

後ほど、こちらから連絡させていただきます

< 膝の捻挫  |  一覧へ戻る  |  偏平足 >

カテゴリ:

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 10:00~20:00(13時~15時は昼休みとなります)
水曜・土曜 17時 終了
定休日 / 日曜日・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ