HOME > 症状解消一覧 > 腰痛・骨盤 > ぎっくり腰(急性腰痛症)

症状解消一覧

< 腰痛と生理痛  |  一覧へ戻る  |  変形性股関節症を手術せずに改善する方法 >

ぎっくり腰(急性腰痛症)

ギクッ…歩くのもしんどい腰の痛み
 急性腰痛症(ぎっくり腰)の対処から予防方法まで

どうしても早期に痛みを引かせたい方はご相談ください。数回の施術で、ぎっくり腰の痛みが引きます。
(あくまで応急処置なので腰痛の完治ではありません)

ぎっくり腰は症状がひどくない場合、安静にしていれば1週間くらいで痛みが引きます。時間に余裕のある方は安静が一番です。 それでも腰の症状が変わらず痛みを感じるのであれば、痛みが引かない原因が身体にできています。

その理由(原因)の捻じれなどを取り除くと痛みが引き始めます。

当院は自信をもってぎっくり腰の施術を行っています。

  1. 早く痛みを引かせたい方
  2. ぎっくり腰用の整体は、痛くありません
  3. ヘルニア持ちのぎっくり腰、分離すべり症の方のぎっくり腰でも適応です
※特段ひどい方は、これに該当しないかもしれません

ぎっくり腰の事を

物を持ち上げたり、振り向いたり、くしゃみをしたりと言う原因を挙げて説明するところもありますが

ぎっくり腰を何度も経験している方、ひどい腰痛に悩まされている方は
特にこれといった原因がなくても気が付いたら痛くて動きづらくなったり
ポコっと腰に音がしたと思ったら背筋を伸ばせなくなったり…

ぎっくり腰は急性腰痛は急性腰痛なのですが、その背景として

もう慢性的な腰部筋肉の疲労により、もともと腰の状態はよろしくないのです。

からだを支えきれなくなって、脳から痛みという「安静にして!」信号を送られ、動けなくなるのです。

整体的に見たぎっくり腰の発生メカニズムは以下のようになります。



ぎっくり腰の予兆?お腹も足も肩も張ってきてませんか?

一度ぎっくり腰を発症すると徐々に痛みが増して動きにくくなりますよね?
酷い方では、臀部や腿の裏、ふくらはぎや足首、背中や肩首に痛みが波及する方もいるでしょう。

普通の腰痛とぎっくり腰には違いがあり、炎症は炎症なのですがそのシステムを紐解けなければ改善には至りません。

オステオパシーではただの炎症と説明しません。
炎症が引かない理由を見つけ出し、その理由に施術を行う事でぎっくり腰の原因を取り除きます。


 

ぎっくり腰(急性腰痛の)原因は腰に血液が集まり過ぎていることです

具体的なシステムとして以下のようになります。

  1. 体の疲労により、腰へ血液が集まり過ぎての圧力が高まり、腰がパンパン張ります。
  2. それでも腰の疲労をためるような生活を送り続けることにより、さらに血液が集まります
  3. 循環しなくなった体液が限界と察したときに、腰への強烈な痛みへと発展します。
腰部の内部圧力が強いという事は、むくみが強い状態です。
このような方は、腰と同時にお腹の張りが強くなる傾向にあります。



急性腰痛の対処方法

最初に血液の逃げ道を作る必要があります。

そして、体全体の圧力を均等にしてから動きの制限をしている腰椎や骨盤へ処置をすると痛みは引きやすくなります。

痛めている腰は、圧力鍋のようにパンパンになっているため直接触らないほうが良いでしょう。腰のむくみ感を取り除き、その後動きを制限している腰椎、骨盤の処置をすることで痛みや動きの制限から解放されます


コルセットやベルトで固めた方が、歩けるし、腰の痛みが楽だという方は、生活がありますから使用した方が良いでしょう。
しかしながらこのような固定は血液循環を悪くし、筋肉も弱ってしまうので必要最低限にとどめておくことをおススメいたします。

ぎっくり腰が早期に改善しやすいケース

  • 歪みが原因で、慢性化していない場合
  • 年齢が若い方
  • 食事に気を付けていて、各種慢性症状がない方


ぎっくり腰の痛みが抜けても油断しないでください!

ぎっくり腰が起きたという事は、、以前より姿勢不良時の筋肉的な疲労

姿勢不良時からの急激な動作、動作時の体の使い方の問題などから身体は傷みやすい状態のはずです。

痛みが止まってから、加療することなく同じような動作を続ければ、すぐ同じように腰を痛めます。

横になって休んでいれば、少しずつ血液循環が起きるのでぎっくり腰の痛みが治まる場合があります。
しかし、何度も痛めている方は血液循環の経路が狭く先細っていて、治りが悪くなっていますので
「3か月たっても痛みが引かない」「ぎっくり腰をして以来腰が動かしづらい」と不具合が残ります。


身体の回復システムを元通りに再構築していけばぎっくり腰は癖にはなりません。

何度も痛めてぎっくり腰の癖がついている方は、日常生活の動作や支える筋力に問題が残っています。
ご相談いただければストレッチをご指導させていただきます。一緒にぎっくり腰を予防する体作りをしていきましょう!


からだの治療院~おあしす~にはご高齢の患者様でもぎっくり腰の改善に自信があります。
変形性の脊柱になる事が無いよう早めの対処で健康維持をしましょう!



仙台市青葉区の整体 からだの治療院~おあしす~|痛くない根本治療を行っております


仙台市地下鉄南北線北四番丁駅徒歩3分 駐車場1台あり

ぎっくり腰がクセになっている方は、日常生活(身体の使い方)に問題があります。

身体の使い方の指導メニューも用意してますので

今後身体を傷めることを減らしていきたいと真剣に悩んでいる方は
ご相談ください



仙台市青葉区上杉1-15-8-101

電話022-796-9927

前日まで空き時間をご確認の上ご予約下さい。

当日予約も承りますがお断りすることが多くなっています。
昼休み13:00~15:00 最終受付19:30 水曜土曜日最終は16:30


☆痛みでお悩みの方は今すぐお電話ください☆

電話受付の際受付スタッフが

「はい!おあしすです!」 と電話に出ますので

「ホームページを見て電話したのですが」 と、おっしゃってください。

ご希望日、来店時間、をおっしゃってください

施術中は電話に出られない可能性がございます。

留守番電に音声を残してください

メールでのご予約は、 お名前、症状、ご希望の来店日、時間 をご記入の上ご連絡ください。
お問い合わせの方はお時間指定させていただきお話を伺わせていただきます
お気軽にご連絡ください。 後ほど、こちらから連絡させていただきます



整体の種類(仙台市青葉区の整体「からだの治療院~おあしす~」)
オステオパシー(カウンターストレイン/頭蓋オステオパシー/靭帯性関節ストレイン/マッスルエナジー/クラニアル/トルクアンワインディング/クラシカルオステオパシー/内蔵マニュピレーション)

適応症状 疾患(仙台市青葉区の整体「からだの治療院~おあしす~」)
アトピー、椎間板ヘルニア、自律神経失調症、腰痛、ぎっくり腰、坐骨神経痛、骨盤矯正、スポーツ障害、オスグッド(成長痛)、眼精疲労、肩こり 偏頭痛(片頭痛)、顔面神経麻痺、逆流性食道炎、更年期障害、慢性疲労、妊婦整体、こむら返り、足底筋膜炎、交通事故治療 顎関節症 むち打ち 首痛 腕の痛み 腕のしびれ 背中の痛み 肋間神経痛 顔面神経麻痺 メニエール 生理痛 不妊 下痢便秘 耳鳴り めまい 喉の詰まり(つまり) 喉の違和感 足のむくみなどのオステオパシーの対象疾患

整体施術地域 (宮仙台市青葉区の整体「からだの治療院~おあしす~」)
上杉近隣の木町通、二日町、柏木、本町、国分町、通町、支倉、広瀬町からもお越し頂いてます。
宮城県仙台市青葉区/宮城県仙台市宮城野区/宮城県仙台市若林区/宮城県仙台市泉区/宮城県仙台市太白区/宮城県多賀城市/宮城県名取市/宮城県利府町/その他岩手県、福島県、山形県、青森県

様々な職業の方に受診して頂いております (仙台市青葉区の整体「からだの治療院~おあしす~」)
内科医、外科医、産科医、弁護士、会計士、税理士、柔道整復師、針灸師、OL、会社役員、会社員、ライフプランナー、学生、
営業職、公務員、美容師、接客業、主婦、長距離運転手、漁師、テレビディレクター、モデル、レポーター、プロ野球選手、その他各職種

< 腰痛と生理痛  |  一覧へ戻る  |  変形性股関節症を手術せずに改善する方法 >

カテゴリ:

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 10:00~20:00(13時~15時は昼休みとなります)
水曜・土曜 17時 終了
定休日 / 日曜日・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ