HOME > 症状解消一覧 > 首の痛み・頭痛 > 耳鳴り

症状解消一覧

< 顔のゆがみ  |  一覧へ戻る  |  耳のつまり 雑音 >

耳鳴り

病院で改善されない 原因不明の耳鳴り

日本人でも300万人が苦しんでいると言われる耳鳴り
ゴーゴーと換気扇を回したような音がする、水が流れる音が続く「耳鳴り」は、突発性難聴、メニエール病、加齢等が原因とされ、音が大きくなったり片耳だったものが両耳へと増えたり
どうしようもないのか… とおもっていませんか?

身体のサインはあくまで信号ですので、そのサインに従った処置により症状が変わってくる方も多くいらっしゃいます。まずは耳鳴りを起こす以前に身体が壊れていないか確認してみましょう。
年齢を重ねても耳鳴りの症状は落ち着くようです。


何か方法はないだろうか...薬を飲むしかないか...歳だから仕方ないか・・・

 
なんて考えながら不便な生活を送らなくても済むかもしれません。お悩みであればご相談だけでも構いません。

厄介なことは、耳鳴りが自然とおさまるものでは無い事です。

まず耳に負担がかかっている事を認識してください。耳というのは頭の骨からの成り立ちもあります。
もしかしたら首の筋肉の緊張が酷くて血流量の不足により耳鳴り起こしているかも…といったように様々な問題が考えられます。

それでは耳鳴りの概要をご説明します!(^^)!



自覚できる音には種類があります

高い音や低い音があり人によって感じ方が違うようですが、いくつか種類があるようです。

ここからは音別に耳鳴りの具体的な紹介をします。


耳鳴りの音の種類?

基本的に耳鳴りは聴診器を当てても他人には聞き取れないものです。これを自覚的耳鳴りと呼びます。
自覚的耳鳴りの種類は言葉では表現しにくく客観的に評価することが検査でも難しいので、ひとりひとり違います。


自覚的耳鳴りは種類があります。
高音系には、キーン、ピーといった音で表現され内耳に何らかの不具合を起こしている可能性があります。
高音の耳鳴りは、音を電気信号に変換する有毛細胞が、高音をうまく感じることができないために、感覚異常がおきていると考えられています。老人性難聴や騒音性難聴の症状の1つとして、この高い耳鳴りが引き起こされます。

低音系には換気扇の音や扇風機の音と例えられるゴーやブーンといった音として表現され
中耳炎時に聞き取られるため中耳に何らかの問題が起きていると考えられます。
中耳炎が代表的ですが、他にも気圧の変化、メニエール病などからも引き起こると言われています。


また耳鳴りには少ないですが、聞き取ることができる耳鳴りもあります。
他覚的耳鳴りと言います。

例として耳管開放症です。中耳と咽頭をつなぐ耳管が開きっぱなしの状態によってポコポコした音が起きます。
中耳炎で耳管が狭くなって聴取できる拍動性のモノもあります。 このような音は聴診器で確認することができるので、他覚的耳鳴りに分類します。


耳鼻科での検査

  • 聴力検査
  • ティンパノメトリィ 鼓膜振動検査
  • 耳管機能検査 耳管開閉の検査
  • 耳管通気法 耳管の通気検査
  • 鈍音聴力検査 難聴検査
  • 画像検査
  • ピッチマッチ検査
  • ラウドバランス検査

 こういった検査をいくつか組み合わせて耳鳴りの原因となっている疾患を調べます。

からだの治療院~おあしす~で出来る身体のお手伝いは?

改善できる可能性がある耳鳴りの症状を起こしているものとして首や後頭部の筋肉がゴリゴリな方が挙げられます。

耳管や中耳、鼓室の栄養血管は頸動脈から送られているので頸椎を優しく調整し、過度の筋緊張が起きない状態を保てるようになると耳鳴りが治まる可能性があります。

なぜこのような状態になるか?それは日常生活での疲労の蓄積によるものです。耳鳴りは姿勢不良やストレスなどにより首、肩が筋緊張が強くなり、窮屈になり毛細血管の血流も減り栄養が無くなり症状を起こしている。と個人的に考えています。度を越えた筋緊張が無く、病気があるわけでもなければ、神経、血流などの機能的な問題が考えられます

 

それゆえ、身体の機能を正常化するのが効果的と言われています

疲労の蓄積で首、肩が窮屈になり頭蓋骨が歪んでいる可能性があります

頭蓋骨の側頭骨内には蝸牛といわれる聴力に繋がる部分があり、
側頭骨に障害を起こして蝸牛から正常な信号が脳に伝わらないもの考えられます。


これには、身体のゆがみが首や側頭部に波及して起こるものと考えられています

整体で改善していくには、首、肩や側頭部を改善するのがポイントとなります。

 

ゆがみの無いバランスの取れた首肩の場合、心臓から肩首を通って頭蓋骨の血流も良くなり側頭部内の蝸牛も正常に働きはじめます。

しかし、首や肩が歪んでいると、その上にある頭蓋骨もゆがみ、頭蓋骨内の働きが鈍り耳の閉塞、耳鳴りへと進展します
 

正常な場合、2本の頸動脈から頭蓋骨、脳への血流が保たれているため耳の機能は働いていますが、
血流が阻害され栄養不足の信号として耳鳴り、耳の閉塞へと変わっていくのです。



身体の歪みを取り除き正常化するすることが重要となります

肩首や、頭蓋骨のバランスが取れていけば、次第に症状も緩和されるでしょう。


しかし、全ての耳鳴りが改善するとは限りません。大きな病気に付随している時は医療機関での処置をお勧めいたします

当院の頭蓋骨調整は、触れているだけのようなソフトな刺激です。押し付けたりしませんので安心安全です。
 

放置のキケン性

耳鳴りの原因は、年齢によるものだけではありません。

体の歪み、脳硬膜のゆがみ、脳腫瘍、聴神経腫瘍、脳血管の異常などが原因で起きていることもあります。拍動性の耳鳴りは腫瘍の可能性もあるので身体のために一度画像検査を受けましょう。



「年だから」と放置せず、耳鳴りを感じた場合はきちんと耳鼻咽喉科で検査をした方がいいでしょう。

病気が影響している耳鳴りの場合は、病気が治癒すれば耳鳴りも同時に改善されていきます。


身体を治してみませんか?


健康であった方は耳鳴りにはなりません。もし原因不明の書状があるのなら薬やマッサージで痛みをごまかしきれない状態になってます。

これは東洋医学、中医学、チベット医学などホリスティックな医学の考え方です。西洋医学にはない考えです。
身体自体を回復力のある状態まで改善しなければおさまる可能性は低くなります。

心療内科を勧められて結局は治らないまま過ごす事になります。

身体のねじれ、筋膜のねじれによる呼吸の改善、ゆがみの改善より耳内部の血流が良くなることで、耳鳴りの症状が減っていくことでしょう。

放置すれば症状は進行します。お悩みから解放されたいと思っているのであれば、お気軽にご相談ください。




ご予約はおはやめに。メール相談も承っております。


電話受付の際 受付スタッフが


「はい!おあしすです!」 と電話に出ますので


「ホームページを見て電話したのですが」 と、おっしゃってください。


ご希望日、来店時間、をおっしゃってください


メールでのご予約は、 お名前、症状、ご希望の来店日、時間 をご記入の上ご連絡ください。

後ほど、こちらから連絡させていただきます

 

< 顔のゆがみ  |  一覧へ戻る  |  耳のつまり 雑音 >

カテゴリ:

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 10:00~20:00(13時~15時は昼休みとなります)
水曜・土曜 17時 終了
定休日 / 日曜日・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ