HOME > 症状解消一覧 > 腰痛・骨盤 > 腰椎椎間板ヘルニア

症状解消一覧

< 神経痛  |  一覧へ戻る  |  肩甲骨はがしと肩こり >

腰椎椎間板ヘルニア

今どき手術はもう古い、腰椎椎間板ヘルニア

椎間板が潰れるというのは日常作業でよくある話です。 最近テレビでも手術は不要と宣伝が始まっていますが、 仙台市内の整形外科では未だに手術を進める先生も多いようです。 これは椎間板が潰れていても足に痛みやシビレが無い人もいる事から 椎間板が腰痛と因果関係が無いという話から変わってきた話のようです。 考察などは後程説明するとして、仙台市青葉区上杉の整体おあしす整骨院では 以下のような症状の腰椎椎間板ヘルニアであれば対応可能で改善例が多数あります。

このような訴えの方の腰椎椎間板ヘルニア改善例があります

  • 仰向けで寝ると足が痛くなる
  • 立ち上がる時に痛い
  • 咳やくしゃみで腰やでん部が痛い
  • 歩いてても足に響く
  • 尿漏れ、排尿機能低下
腰部の機能低下として腸、膀胱の障害があります。その他、腰椎椎間板ヘルニアに似ているものの症状もあるので精密検査を行って鑑別しておく必要があります。

気を付けたい腰椎椎間板ヘルニアに似た大動脈解離

足のしびれなどを訴える方の中に気をつけたいAAA解離性腹大動脈瘤という破裂すれば死に至る疾患もあります。急激な腹痛ただの腰痛と思わず精密検査を受けるのも解決の近道になるでしょう。

腰椎椎間板ヘルニア改善の優先事項

腰椎が正常な場合骨盤の上で若干反ったカーブを描きますが、腰椎椎間板ヘルニアの方は背筋を伸ばすことが苦手になります。
腰椎椎間板ヘルニアの方は腰が曲がって椎間板が潰れている格好なので、まずは背筋が伸ばせるような状態へ持っていく事が優先事項となります。

見た目でわかる!?腰椎椎間板ヘルニアの処置法

患者が前傾姿勢で来た場合、内臓性病変を伴う両側性筋痙攣を起こしています。この場合は内臓の調整と、それに伴って起きた筋痙攣の緊張を解消する必要があります。 患者が方側に前傾、同側に足が反転している場合、片側の腰筋が過度に緊張した状態になります。この場合は腰部筋を深部まで緩めると改善します。 最後は異常に直立した方です。前傾姿勢を嫌がります。椎間板ヘルニアや椎間孔の狭窄が疑われます。

< 神経痛  |  一覧へ戻る  |  肩甲骨はがしと肩こり >

カテゴリ:

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 10:00~20:00(13時~15時は昼休みとなります)
水曜・土曜 17時 終了
定休日 / 日曜日・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ