HOME > 最新情報 > アーカイブ > 2019年3月

最新情報 2019年3月

オステオパシーの有効な方

オステオパシーはこんな方々にも有効なので受けていただきたい!と思っています。


ストレスフルで疲れ切ったビジネスマン。オステオパシーではそのストレスを完全にクリアにして疲労が全くない状態を作り睡眠を最高に深く改善し朝からベストコンディションで動ける体を作れます。
しかもかなりの短時間で。
こういう休息が欲しいビジネスマン多いのではないでしょうか。 忙しくタスクが積みあがる毎日の中で睡眠時間が短くでもパフォーマンスの高い仕事をしなければならない。

そんな忙しすぎる日々の中でもベストな心と体をオステオパシーでなら簡単に作れます。

しかも日本トップのECサイトの某社長さんもベストコンディションを維持する ツールとしてオステオパシーを使っているらしい鍼みたいな怖い道具も使わないから安心です。

他にも定期的に続ければ様々な病気で時間やお金を失うリスクを軽減します。

病気や痛みは予防が重要でかかってしまったときの損失はかからないために投資する金額の約4倍かかる保険会社の営業マンはよくそんな話をします。 だから保険に入れ、と。

しかし月に1〜2回のオステオパシーを受けておくことでそもそも病気にならなくなります。

体質が変わり多くの病気の予防になるので掛け捨ての保険よりよっぽど安い買い物になります。

女性やアンチエイジングであればオステオパシーをうけることでしわを消してたるみをなくし血色を良くして 肌の質を再生し会う人に
『変わってないね』とか
『会うたびに若くなってない?』とか
『最近、美容整形かなにか受けたの?』 って聞かれるようになります。

美容鍼でも同じような効果は得られますがオステオパシーは鍼を用いないので筋膜内に傷を残したりしません。

美容鍼はやりすぎると顔が硬くなっちゃうんですよね
しかも数十万〜数百万もかかるような化学物質の注入や手術をしないので時間がたった時のひどいリバウンドもなく自然に若さを維持できます。 若さを維持しているベテラン女優の7割が秘訣は鍼灸だとおっしゃるそうです。

同業者プロ向けコンテンツ

1SEO研修


  1. ユーザーの検索心理を活かした上がるSEOとは?キーワードを知って効果的的
  2. 比較で大差!上位ページのキーボードでグッと順位UP
  3. 一度上げたら下がらない?キーワード検索ツールの活用
  4. 知っておけば一生もの。みんなが知らないツールの活用術

仙台市外の方:計30万円(税別)
仙台市内の方:計60万円(税別)

MEO上位表示は仙台市外20万円(税別)

になります

2ライティング研修

成約率UPをしたい方へのライティング研修です。SEOが上がっていても成約しないページでは患者様に声を届けられません。
①ライティングの基礎
②ユーザー心理のリサーチの仕方
③ライティング実践を行います。

仙台市外の方:ライティングページ10万円(税別)
仙台市内の方:ライティングページ30万円(税別)

追加ページの場合はご相談領として3万円(税別)



3整体オステオパシー等、技術研修


1DAY技術、検査法研修  1回2万円

鈴木が過去に受けたオステオパシーやカイロプラクティック、あんまマッサージ、経絡治療、遠隔治療の技術研修を行っています。
最新のものではなく、早く治せるのに必要な事をお伝えしています。頭でっかちの方はご遠慮ください。

なるべくコツをお伝えします。私が過去そうだったように下手くそな方にも優しく教えています。身体を治すことが好きなメンバー中心です。

検査法研修    1回おひとり様2万円

技術の精度を高めたい方に、検査法の研修も行っております。これの方が技術より10倍大事と思っています。

瞑想&呼吸法   1回1おひとり様3万円

エネルギーワークの方や自分で自分の身体を治したい方の研修です。
体が悪い方は瞑想が出来ているようで全然出来てないので、目をつむっているだけかもしれません。

何に効くかと言われれば何にでも効きます。施術者が健康であれば患者様が治るスピードが早まります。

一回の講習が終われば、身体の軽さ、目覚めの良さその他(足の運びが良くなる、重心が安定する、視界が晴れる)等を確実に実感できます。


国際セミナー内容 1回10万円。

国際セミナー内容は実際の資料を基に行います。資料の提供は致しません

2019年4月の予定

2019年4月の定休日は3日10日24日の水曜日と日曜祝日になります。

ご予約お問い合わせ、お気軽にご連絡ください。またお話が長くなる様であればメールでご連絡ください。

よろしくお願い致します。鈴木

1

« 2019年2月 | メインページ | アーカイブ | 2019年4月 »

このページのトップへ