HOME > ブログ > アーカイブ > 2020年12月

ブログ 2020年12月

生活動作指導コースの説明

生活指導コースでご指導させていただく内容です。




人の身体は無理のない使い方をすると消耗が少なく


  • 傷めることが少なくなる
  • 回復しやすくなる



体操やトレーニング、運動を優先させると返って疲れる事になります。


一般的に自律神経が乱れる原因の一つに運動不足があげられますが


疲れ切って身体を傷めるのにさらに運動を薦めるおかしな話になります。


これらは正確な情報ではありません。


からだの構造や現在のお身体の状態に従い、無理無駄のない使い方をご指導させていただきます。


結果として



  • 身体を傷めにくくなり今の不調を再発しにくくなる
  • 無駄なく使える為、疲れにくい
  • あなたに必要な筋肉が付く



日常生活動作であなたが知れる情報は以下の通りです。


①『座り方』『立ち方』

正しい座り方、立ち方をしている方は腰を傷めたり膝を傷めたり肩首の辛さ、頭痛率も低いはずです。


②『歩き方』 

歩き方が乱れている方は足腰のお悩み(膝、股関節、かかと、土踏まず、指先の変形、爪の変形)


だけでなく、O脚X脚、足腰の衰えが早くなります。



③『腕の使い方』

腕の使い方ひとつで、五十肩、肘、手首、指の変形痛み、しびれなど、将来的には手が震え指先の細かな運動が苦手になります。


④『全体的な動作スピード』『どのタイミングで休むべきか??』

ひと工夫すれば疲れが溜まりにくくなります。


⑤『セルフケア方法』

無理なストレッチやランニング筋トレは効果ありません。 ご自身に合ったケア方法を直接ご指導いたします。


以上、からだの使い方に関して、理屈をつけて丁寧にご指導いたします。 スポーツの動作でも構いません。(昔取った杵柄)



独自の健康情報、エクササイズご利用ください


1

« 2020年10月 | メインページ | アーカイブ | 2021年2月 »

このページのトップへ