HOME > ブログ > アーカイブ > 症状例

ブログ 症状例

アトピー性皮膚炎の症状

アトピー性皮膚炎の症状でお悩みの方『大人になったのにアトピーの症状がひどくなっている、
こんなところにも湿疹があるけどアトピーかな?段階的にでも改善がみられないかな?』と言った疑問にお答えします。

大人のアトピー性皮膚炎の症状
アトピー性皮膚炎の症状がでる部位は?
アトピー性皮膚炎は段階的に改善がみられる症状です。
アトピー性皮膚炎の症状まとめ


 

大人のアトピー性皮膚炎の症状

大人のアトピー性皮膚炎の症状
大人のアトピー性皮膚炎も繰り返す湿疹と痒みがひどくなったりおさまったりします。他の皮膚炎とは比べ物にならないほどで、痒みの感覚異常で掻きむしってしまうほどです。

寛解と再燃を繰り返す病気ですが、適切に治療すればほとんどの場合、症状をコントロールできます
参照:東京医科大学病院皮膚科講師・医局長の伊藤友章医師

改善に言及した取り組みなどは見られませんね。

大人のアトピー性皮膚炎症状はコントロールするしかないのか?

ステロイドやタクロリムス軟こう(免疫抑制剤)などの治療が必要な場合もあるでしょう。ステロイド治療は必ずしも不適切とは言い切れませんが。関わっている限り改善ではなくコントロールの域を脱しない様です。本来であれば乾燥した皮膚の保湿などは体の自律神経が修正して維持するのですが、ステロイドはその自律神経のコントロール能力を逆に奪ってしまうのです。なのでステロイドからの脱却、自律神経の正常化がコントロールでなく改善の道となります。

 

自律神経はどこまで補うの?

アトピー性皮膚炎の症状からすると、体温管理、睡眠状態から皮膚の再生まですべて自前で可能になります。

熱がこもると痒くなるから汗をかいて冷まそうとする

ストレス環境や食事、運動などにより体温が上がると(アトピー性皮膚炎の場合、もともとは冷えている為相対的に上がる程度)からだは汗をかいて冷やそうとします。もともと冷えがひどいと相対的に体温が上がれば上がりすぎで炎症物質が放出されます。これが痒みの発生で汗は二の次です。汗をかくことは悪い事ではありません。そして汗は流しましょうね。

自律神経は筋肉と同じく使える環境を与える事

自律神経も筋肉と同じく、怪我無く不調が無ければ正常に働き続けます。乱れた自律神経は自律神経を整える整体、毒素で乱れた部分は解毒の食事やサプリメントで働く環境を整えましょう。


アトピー性皮膚炎の症状がでる部位は?


アトピー性皮膚炎は出やすい部分はありますが、全身至る所に発生します。

アトピー性皮膚炎の出やすい場所、部位は?

わきの下や、ひじ、膝の内側、手首や腕、足の付け根、耳の後ろなど汗が溜まりやすい部分、紫外線を受けやすい腕や顔、首にも出やすくなります。

頭皮

意外にも頭皮に出ます。紫外線を受けるの皮膚が損傷して水分を奪われるからです。帽子などで紫外線対策と頭が蒸れないように気を付けましょう。

陰部

ここも股の間に汗が溜まりやすく痒みを訴えやすい部分です。

アトピー性皮膚炎は段階的に改善がみられる症状です。


コントロールするだけでなく、段階的な改善には何が必要なのでしょうか?

自律神経で症状を抑える、改善方向へ


自律神経を整えるのには一般的な情報では足りません。休めば回復するはずの自律神経ですが睡眠が浅い状態ではどうしようもありません。身体のゆがみを整え、固い体を柔らかくしていくことが初めの一歩になります。
 

整体で自律神経をコントロール

整体をするのが目的ではありません。自律神経が整うように整体をして、体内温度の正常化、汗腺の正常化、脂腺の正常化、腸の働きの正常化、むくみの解消、そして肌のターンオーバーがもとに戻ってきます。またひねったり伸ばしたり、電気をかける整体では意味がありません。

改善は可能です。段階的に症状が変わってきます。

整った身体は自動的に体を元に戻す作用があります。身体のたんぱく質が入れ替わる期間や脂質が代謝される期間などを考慮しながら計画的に変化を味わって下さい。


アトピー性皮膚炎は段階的に改善がみられる症状です。

アトピー性皮膚炎の症状まとめ

アトピー性皮膚炎のにステロイドやプロトピック、タクロリムス軟こう(免疫抑制剤)を使うのが基本的な治療法の様ですが、アトピー性皮膚炎を治すものかと言われるとそうでもありません。
後天的なアトピーは自然と治る方もいます。症状を一時的にでも押さえたい場合はステロイドやプロトピックを使うことで一時的に抑えて下さい。
しかし、それが効果のない場合、納得がいかない場合はどうぞ当院へご相談ください。全身全霊で改善へご協力いたします。

 

このアトピー性皮膚炎の症状を書いた人

この記事を書いた人鈴木 友貴(すずき ともたか)
1979年9月生まれ
仙台市出身
趣味 PC読書仕事
特技 仕事
◆経歴
2002年     赤門鍼灸柔整専門学校
柔整科柔道整復科 卒業
2002年     佐藤接骨院泉中央 分院長
2008年     赤門鍼灸柔整専門学校 鍼灸科 卒業
2010年     日本オステオパシー協会 入会
2010年     日本オステオパシー協会 退会
2012年     萩野町桜整骨院勤務、 全日本オステオパシー学院 入学
2014年4月 からだの治療院~おあしす~ 開業
2014年 IOIJ入会
2018年 全日本オステオパシー協会 退会
◆資格
柔道整復師,はり師きゅう師


『お灸』

お灸で不妊治療を行っているのですが、不妊治療ではない方にもお灸を施しています。


例えば
  • 末端冷え
  • 変形性膝関節症
  • 慢性疲労
  • 耳鳴り
  • 慢性腰痛
  • かかとのガサガサ
左腰が痛い方に左側のみお灸をしていたのですが、ガサガサの写真を撮ってみました


(両かかと)

両方のかかと

右足のかかとがガサガサが酷く
右のかかと 左だけ良くなってつるつるになって来ました。触り心地が左だけ良くなってきたので今度は右側に施していく予定です。

左のかかと


不妊治療『お灸』5000円(税別)

オプション『お灸』2000円「税別)




WHOは以下の疾患に鍼灸治療が効果があるとしています。

これらの症状以外でも、病名にこだわりなく治療可能な疾患もあります。
どのようにしたら解からない方はご相談ください。


当院の得意な症状は、

疲労回復、頭痛、肩こり、腰痛、膝痛、あしの痛み、胃の痛み、生理痛、各種の痛み痺れ自律神経障害です。



★頭・顔の症状
頭痛、めまい、疲れ目、仮性近視、ものもらい、鼻炎、鼻血、蓄膿症、耳鳴り、
難聴、中耳炎、歯痛、歯のうき、咽頭炎、気管支炎、にきび、湿疹、かぶれ

 

★首・肩・背中の症状
首、肩の凝り、五十肩、頸肩腕症候群、寝違え、むちうち、背中のはり、肘痛、腱鞘炎


★腰・足の症状
腰痛、ギックリ腰、膝関節痛、こむら返り、肉離れ、足の痺れ、むくみ、捻挫、打撲
骨盤の歪み


★内臓の症状
胃腸症、食欲不振、高血圧、二日酔い、吐き気、下痢、便秘、痔、蕁麻疹、
口内炎、アレルギー、風邪、喘息、痛風、糖尿病、腎炎、心臓神経症 脳卒中後遺症、痙攣、神経麻痺、神経痛、リウマチ



★心の症状
イライラ、めまい、不眠、ノイローゼ、ヒステリー、躁うつ、神経症 生理痛、月経不順、月経困難、不妊、つわり、冷え性、更年期障害、膀胱炎


★子どもの症状
夜泣き、癇の虫、不眠、夜尿症、消化不良、食欲不振、小児喘息、アレルギー、虚弱体質


身体のゆがみの原因とトラブル

腰痛や肩こりなどで悩んでいる方は多いのではないでしょうか。
少しでも疲れを改善するために整体に通っても、良くならないと感じている方もいらっしゃるでしょう。
もしかしたら、それは身体のゆがみが原因かもしれません。

人の身体は些細なことでゆがむ

身体は気がつかないうちにゆがんできます。姿勢が悪いと身体がゆがむことは多くの方がご存知だと思います。しかし、身体がゆがむ原因は姿勢の悪さだけではありません。気候・ストレス・内臓の疲れでもゆがみます。ストレスの原因は人間関係や気候の変化など様々ですが、ストレスが溜まると身体は緊張状態になり、筋肉が硬くなります。筋肉が硬くなるということは、血流が悪くなるということです。

血流が悪くなれば肩こりや腰痛になりやすく、身体がゆがむ原因になるのです。
お腹が痛いとき、身体を丸めることはありませんか?内臓が疲れると、人は自然に姿勢が悪くなります。
内臓と筋肉はとても近い距離にありますから、内臓が悪くなると筋肉にも影響して身体のバランスが崩れます。身体は部分だけではなく、お互いに助け合い補いながら動いているので、一部分が悪くなると他にも影響がでるのです。

身体がゆがむと

人の身体は身体がゆがんでも、元に戻る力があります。しかし、身体がゆがんでいる状態が癖になってしまうと、身体のトラブルの原因になります。まずは姿勢が悪くなり、肩こり・腰痛・便秘などを引き起こします。他にも身体が硬くなることで、怪我をしやすくなったり様々な病気になるリスクが高くなったりします。
また、姿勢が悪いことで見た目が老けて見えたり、女性の場合は月経痛で悩む方が多いです。
いつまでも健康でいるためには、身体のゆがみを改善することが大切です。

身体のゆがみが気になる方は、仙台市青葉区にある当院のオステオパシー整体を受けてみませんか?オステオパシー整体は、身体を自然の状態に戻すことを目的とした痛みを与えないソフトな施術で、様々な身体のトラブルの始まりとなる身体のゆがみに適切な対処していきます。
骨盤矯正や交通事故によるむちうちの施術は、ぜひ当院をご利用ください。


足がつる 仙台市青葉区上杉の整体「からだの治療院~おあしす~」

足がつる

仙台市青葉区上杉の整体「からだの治療院~おあしす~」です

足がつるので困っている患者様のお話です。

    

「最近、足が疲れやすくて良くつるようになった」

「寝ていてもつる」

   

栄養不足などと言われていますが、普通の食生活で栄養不足になる人はあまりいないと思われます

水分不足。これも極度の脱水がかかわるので、病気か激しい運動後の話でしょうか

  

基本的に足がつるのは、むくみの延長にあるものです。

むくんでしまうと、足の緊張が抜けにくくなります。

むくみを抜いてあげれば、足がつる事が減ります。

余程の放置でもしていない限り早く引く症状です。

その他、むくみが引かなかったケースとしては

  • 自律神経失調症のひどい症状の方
  • 末期のがんを患っていた方

でした。むくみなのでリンパ管のつまりが無くなれば問題が無くなるのですが

病気があって体の回復機能が極端に落ちているときは

違うことでリンパ管が詰まるので、そういった問題ではなくなります。

病院で診てもらってください。

足がつる事に関わりやすい部分として

  • 膝裏
  • 股関節
  • みぞおち
  • 肩周り

足がつるメカニズム

体全体が緊張、特に背中の緊張が強くなっている方も多く、

その為に体温調整が出来無くなっている為、熱が末梢まで伝わらず冷えると足がつる様になります



背中(肋骨)には、自律神経の長い管が存在しており、血管運動にも関与しているため脚の疲労を起こす原因にもなります(胸椎11番から2番と高さ)

激しい運動をして、身体に捻じれの動作を加え続けてゆがみを抱えた少年少女にも多く見られます。



 

些細な事とは思われますが、背骨に強いねじれが1ヶ所あるだけで、リンパの流れは阻害されます


この一つの原因から、また次のネジレを助長してしまい

流れが止まり、リンパマッサージやストッキングでは絶対に改善しない奥深い脚の疲労の原因となっています

 

予防法と改善法

一般的に、軽い運動も効果があるとされているので、負担のかからない程度でウォーキング


入念なストレッチ…で、改善する方は見たことありませんね”(-“”-)”

すごく頑張ったら結果が出るのでしょうか?

施術で治すのが一番早いと思います

もし体調不良が重なる場合は一度医療機関を受診して他の病気がないかを確認してみるのも1つの手ですね。


突き指

仙台市青葉区上杉にある整体「からだの治療院~おあしす~」です。

指が動かせないと生活するのに不便ですね。改めて感じました。

突き指の患者様も色々とケースがあるのでシェアします。


一般的な突き指の解釈

広く見れば、指のケガ(突き指)指の靭帯損傷、骨にヒビが入る、全て突き指と称されるのでしょう

大きく腫れる場合や、そうでもなく次の日には何事もなく痛みが消えていたり

内出血で青くなったり、曲げられなくなったり

骨折を起こしてしまったケースも見受けられます

突き指への処置は、一般的に冷やすか、温めることが良いとされています。

本当に一般的ですね。冷やして熱を起こさないようにして痛みをマヒさせる。

もう一つは固定をする。動かしてけがを起こした部分にストレスを与えないようにする。

再度、損傷しないように保護する意味合いもあります。

以前より突き指が治り難くなった場合

繰り返して損傷をした場合や、年齢を重ねて、以前よりも治りが悪いと感じる。

そのうち治るかな?と考えていて3か月も痛みが引かない事も

突き指による衝撃は、損傷を起こした部分以外にも波及しています。

突き指を起こした瞬間、無意識で衝撃を分散するために全身で受け流しているのか

衝撃がそのまま突き抜けてしまうのかは定かではありませんが

     

腕、肩を伝って、背中や首に波及していることが多くあります。

それによって不具合が起きているのですが、何が不具合化というと

腫れを引かせるための配管が閉じてしまって腫れが引かなくなっている

むくみの回収ができないため、回復しない


むくみはリンパ液で、炎症時に増え老廃物(タンパク質)を運びます。

これの循環によりダメージの回復がされます。

風邪をひいたときにも、このリンパ液が体中を走り回りウィルスを回収するので

配管が閉じているというのは、不利なことが多くなります。

この配管は、心臓へ向かって伸びているので


指から心臓までの間に捻じれを生じれば、それだけ回復の要素が削がれるのです。


以前より治りが悪い方は、損傷を受けた側の状態を見直すことで回復が早くなります。

間違えました。『めっちゃくちゃ早くなります!』

2度目3度目の突き指でご来院される方、1週間たっても指が曲がらない方はその場で曲がるケースが多いです。

内出血がひどく指が途中で曲がってしまった方は、整形外科で骨折の処置を受けてください






仙台市青葉区|からだの治療院~おあしす~では、痛くない整体、根本治療を行っております


腰痛肩こりはもちろん、頭痛 猫背膝痛冷え性 交通事故での怪我

慢性的な症状、産後の骨盤矯正もご利用ください


骨盤矯正にも大事なポイントがありますので、

骨盤矯正の施術を受けてもイマイチと感じている方がいらっしゃいましたら

当院の骨盤矯正をおススメします!



慢性胃炎 機能性胃腸症 便秘 耳鳴りも承ります

仙台市地下鉄南北線北四番丁駅徒歩3分 駐車場1台あり

仙台市青葉区上杉1-15-8-101

電話022-796-9927

前日まで空き時間をご確認の上ご予約下さい。当日予約も承りますがお断りすることが多くなっています。

昼休み13:00~15:00
最終受付19:30
水曜・土曜日最終は16:30

突き指の続きを読む

おでこの頭痛 仙台市青葉区上杉 「おあしす整骨院」

仙台市青葉区上杉にある「からだの治療院~おあしす~」です



最近多かった、頭痛の患者様の症例です。



主に、おでこ近辺の頭痛を感じるという訴えのかた

おでこ近辺は、頸椎3番のねじれにより発生するとされています

例のごとく、この3番のねじれを起こしている原因を探るのですが、

1人の方は横隔膜と言われる、呼吸運動をする筋肉の正常化により

解消されました。

横隔膜の神経が頸椎の3から5番より出て神経的なつながりを持つので

その作用よる負担が大きかったのがと。

もう一人の方は、右肩が上に上がっていた患者様。

この方も数年前からおでこ付近にガンガン頭痛がすると言われていました。

整体で指摘をされたことはあるようですが、

度重なる疲労で再発して

放置していたという事でした。


原因は右肩が上がっている事なので

下げれば、頸椎3番も真っすぐになり

苦しさが抜けたとのこと


同じような症状で同じところにズレが出ますが


原因は違うところに存在する

良い例でした




仙台市青葉区|からだの治療院~おあしす~では、痛くない根本治療を行っております




腰痛、肩こりはもちろん、頭痛、猫背、疲労感、交通事故での怪我

慢性的な症状、産後の骨盤矯正もご利用ください

慢性胃炎、機能性胃腸症、耳鳴りも承ります

仙台市地下鉄南北線北四番丁駅徒歩3分 駐車場1台あり

上杉1-15-8-101
電話022-796-9927
最終受付19:30
水曜・土曜日最終は16:30



おでこの頭痛 仙台市青葉区上杉 「おあしす整骨院」の続きを読む

1

« Q&A | メインページ | アーカイブ | お知らせ »

このページのトップへ