HOME > 症状解消一覧 > 産後・マタニティ > 妊娠・妊婦整体が危険

症状解消一覧

< ペットの整体  |  一覧へ戻る  |  起立性調節障害 >

妊娠・妊婦整体が危険

妊娠・妊婦の整体でやってはいけないこと『お腹も大きくなってきたから腰が痛いなぁ、赤ちゃんに影響がないだろうか?、安心して受けられる整体ないかなぁ』 妊娠中に整体を受けるのは良いことですがやってはいけないことがあります。

目次

1.妊娠妊婦の整体やってはいけないこと
2.妊娠・妊婦の整体これならやっても大丈夫はない
3.産後骨盤でやっておきたいこと
4妊娠妊婦の整体が危険まとめ


整体、整骨院で盛んにおこなわれている産後骨盤矯正や妊娠中・妊婦さんの整体ですが施術者を選ばないと大変なことが起きます。

妊娠妊婦の整体やってはいけないこと

近年マタニティ整体を謳っている整体、エステ店、整骨院は増加傾向ですが、だからと言って安心はできないようです。
妊娠中の強い刺激はお腹の胎児に悪影響を及ぼす可能性が大きいです。
まずは赤ちゃんと母体の安全の為かかりつけの産婦人科医の許可をもらってから施術を受けるようにしてください。
電気はまず避けたほうが無難でしょう。


妊婦さん妊娠中の不調は骨盤が察知

妊娠中は赤ちゃんを宿した骨盤が、出産に対する不安や妊娠中のストレスや緊張などを敏感に察知します。母体は緊張やストレスで身体のバランスが崩れ吐き気や眠気を起こします。

妊娠中は、内関と言うツボ、背中の緊張を起こしているツボにお灸を用いたり、全身のバランスを整える事でつわりの症状を効果的に改善していきます。早い場合は2,3回で吐き気が治まってきます。

脱水症状の方は病院で処置を受けましょう。その後ご相談ください。



子宮口が開くかも?

足首を回したり足首以下の施術は避けましょう。また、足裏、ふくらはぎの強いマッサージ、指圧は骨盤の反射区の為、子宮内にダイレクトに刺激が行きます。
仙骨、恥骨、大腿部も骨盤(子宮)に強く関わるので注意が必要です。



お腹が張るかも?

むくみの圧力がお腹に集まれば妊娠中毒症の危険も。



赤ちゃんに悪影響?妊娠中毒症

手足のむくみを流すという事は血流を増やすことになり、血圧が上がる可能性があります。高血圧になることで『妊娠中毒症』になる可能性があります。
これを理解している施術者は少ないようです。
その現象により『胎毒』と言われる現象が起こりやすくなります。
胎毒による『産後赤ちゃんに表れる症状』
  • 高熱
  • ひきつけ(けいれん)
  • アトピー体質
  • アレルギー体質
  • 夜泣き
  • かんのむし


腰痛施術にリスクがあります

妊娠中妊婦さんの腰痛は『仙腸関節』という骨盤の関節が関与します。が、直接胎児への影響も考えながら施術する必要があります。


これならやっても大丈夫はない

妊娠期間の整体は赤ちゃんへの影響もあるため、安定期の5カ月目からであれば問題が少ないです。しかし赤ちゃんのことを考えると手数を少なくしますので、妊娠していない方と比べると効果が出しにくいにも事実です
(拒否することができない赤ちゃんがかわいそうなので)しかしお母さんが大変なのも事実です。まずは危険な方法を取らない施術者をお選びください。

そして労働量の多い妊婦さんは流産の可能性もありますので、どうぞご自愛くださいませ。




産後骨盤でやっておきたいこと

産後骨盤矯正で以下の症状がみられる方はお力になれます

背中が痛い、頭痛、疲れやすい


これらは仙骨のねじれにて起こる症状とされています。産後に捻じれたのか?産後の子育てで捻じれたのか?どちらでも同じ状態になります。

便秘、痔

便秘は直腸が圧迫されて起こり、痔は骨盤隔膜の捻じ根にて起こります。いずれも当院でご対応いたします。

※産後骨盤矯正のメニューはありませんが産後小施術も可能ですのリンク


マタニティ整体が危険まとめ

いかがでしたか?妊婦さんの身体の事が分かる施術者でも現在のあなたの状態を伝えて相談しながら整体をしましょう。 ご参考になれば幸いです。
つわりも整体で楽になる??
※赤ちゃんの夜泣き、夜尿症、下痢、便秘、中耳炎の施術も行っております。何でもご相談ください。

< ペットの整体  |  一覧へ戻る  |  起立性調節障害 >

カテゴリ:

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 10:00~20:00
土曜 17:00 終了
定休日 / 水曜・日曜・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ