HOME > 症状解消一覧 > 自律神経失調症 > ステロイドを使わないアトピー性皮膚炎

症状解消一覧

< 母指CM関節症の手術はいらない  |  一覧へ戻る  |  耳鳴りの原因 >

ステロイドを使わないアトピー性皮膚炎

ステロイドを使わないアトピー性皮膚炎


アトピー性皮膚炎でステロイド以外の他の方法を探している人「ステロイドって駄目なのかなぁ、 進行を止めるほかの方法が無いかなぁ…身体変えて生活楽にしたいなぁ…」


身体を整え、解毒をするとアトピー性皮膚炎の症状がどんどん減ります。もし現状の長引く痒みから抜け出したい時はご参考下さい。

種類も豊富なステロイドを使う使わない範囲
アトピー性皮膚炎の進行を止めるには?
オステオパシーは解毒作用を高める整体
アトピー性皮膚炎の治療経過について
ステロイドを使わないアトピー性皮膚炎まとめ


大人のアトピーの改善にについてはコチラ

種類も豊富なステロイドを使う使わない範囲

種類も豊富なステロイドを使う使わない範囲

ステロイドって副作用があるから...なんて言われていてもステロイドで良くなる方もいらっしゃる様です。


ステロイドは炎症を抑える薬で、皮膚炎の赤みをとるための薬です。


十分に赤みがなくならないうちに治療を止めますと再発することも少なくありません。


ただし、よく効くからとだらだらと使い続けることは最も避けなければなりません。


つまり、赤みが治まるまではしっかりと塗り続け、症状が十分に良くなってからは使用を中止して経過を見なければなりません。


また、ステロイドの治療はあくまで対症療法ですので、


ステロイドを十分に使用した後に再発が見られる場合には症状を悪化させる原因を取り除くことを考えなければなりません。



使っていいの?使わない方がいいの?アトピー(アトピー性皮膚炎)

薬には作用と副作用があります。ステロイド軟膏は優れた「抗炎症効果」がありますが副作用も沢山あります。 瞼の皮膚や広範囲に塗ると白内障や緑内障を発生する場合がありますので注意が必要です。

使ったほうが治る場合

まだ発生が弱めの方が多くに該当します。

治らない。アトピー性皮膚炎で使わない方が副作用をおこさず済む場合

  • ステロイド剤を塗っても健康そうな肌に戻らなくなった
  • 皮膚が薄くなり、掻くと各掻き壊しやすくなった
  • 皮膚が厚くなり黒ずんできた
  • 皮膚の落ちくずの量が増えた
  • 感染症にかかりやすくなった
  • ストレスに肌が敏感になってきた

アトピー性皮膚炎の進行を止めるには?

まず進行させないために「害することはしない」「治る邪魔をしない」が一番に来ます。

アトピー(アトピー性皮膚炎)の悪化要因

私たちは日頃、外部から有害な物質を取り込んでしまっていることはご存知でしょうか?

車や工場などからの廃棄物、近年ではPM2.5なども有名ですね。


その他にも自ら取り入れている食事。ファーストフード(酸化した油)や白砂糖たっぷりの甘ーい糖質おやつに飲み物なんかもそうです。





シャンプーや化粧水、クリームの化粧品。過度なストレスもまた、体に活性酸素という毒素を発生させます。


『有害な物質まとめ』



  • 食べ物(砂糖、小麦、トランス脂肪酸、添加物など)
  • 経費毒(洗剤、化粧品の乱用、保湿不足)
  • 代謝(筋肉量、肩こり腰痛、血液循環量、腸内環境)
  • ストレス要因(環境、生活空間など)
  • 睡眠(睡眠時間の確保不足)



これらの内容を徹底的に見直すだけでも回復傾向に傾きます。解毒に要する期間は最低3カ月からと見たほうが良いでしょう。

オステオパシーは解毒作用を高める整体

体内の毒素を排出するのは「尿」「便」「汗」でして皮膚の新陳代謝も含まれます。


しかしアトピー性皮膚炎の方は、皮膚の代謝率が悪いので他の部分を高める必要があります。結果として毛細血管の量が増え肌の代謝が上がります。


「尿」「便」「汗」の働きが悪いのは体の骨格、自律神経が影響しています


また硬いからだは「よく眠れない身体」です。適切な柔軟性を取り戻すことで自律神経が整いな睡眠力も取り戻せます。


尿と便と整体

日々の疲労や食事によって肝臓が疲れると肝臓の解毒作用が徐々に落ちます。


解毒されたタンパク質は、体内から便として排出される予定ですが、


解毒作用が落ちると、体内に老廃物が溜まります。


腰の筋肉や骨盤の筋肉が過度に緊張を起こすと、筋肉の上に乗っかっている腎臓の働きが悪くなります。。


この緊張を取り除くことで尿量が増えたり背筋が伸びたりします。


また骨盤の緊張やお腹まわりのハリが強くなると大腸の働きが悪くなり、便の調子が悪くなります。
内臓が排泄機能を取り戻すと、排便、排尿によって溜め込んでいた毒素を体外に出すことができます。


内臓をやさしく調節してあげることで解毒処理を活性化させます。
お腹が冷たい方や便秘がちの方は特に内臓が弱っているかもしれませんね。

漢方薬が体質に合う方は併用しても効果的な場合もあるようです。

排泄は自然治癒力の一種

排泄機能が落ちているのは毒素が出せない為、自然治癒力が落ちていることになります。これを取り戻すだけでも大きなアドバンテージを得られます。

汗と整体

汗をつかさどる自律神経も背骨の裏にあるため緩めることで汗をかきやすい体に変化します。

こんな悩みにお手伝いをします

  • アトピーが顔に出て人目が気になる、恥ずかしくて外出が憂鬱…
  • ステロイドで身体の痒みは楽になるができれば使いたくない
  • ステロイドの内服、外用薬での副作用が怖い、できれば自然にアトピーを治したい
  • かゆみが辛くて眠れない、かゆみのストレスで頭がいっぱいいっぱい
  • 色んな皮膚科をまわったが原因が分からず(強い)薬が増えるばかりで不安
  • アトピーの掻きむしり跡が目立って恥ずかしいのでいつも長袖で隠している
  • 掻きすぎて皮膚が分厚くなった、ボコボコして黒ずんでいる
  • アトピー性皮膚炎が改善する方法をとにかく知りたい!
このような症状でしたらお任せください。
大丈夫ですよ、我慢しないでください。

アトピー 治療 効果

アトピー性皮膚炎の治療経過について

アトピー性皮膚炎の治療経過についてお知らせします。

ステロイドを使わない患者様、ステロイドを使用中の方、ステロイドをやめたい方

患者様の状態によって現れるケースをお伝えします。一番効果的なのはやっぱりステロイドを使用してこなかったお客様です。

ステロイドを使わない患者様

  1. 痒みが一時的に強くなったりはします
  2. しかし掻いての皮膚損傷や、火照りが減ってきます。眠りも深くなります。
  3. 痒みがあっても皮膚の改善がみられてきます
  4. だんだん痒みも忘れ、三カ月後皮膚の改善がみられます。

ステロイドを使用中

  1. 痒みの出方はあまりありません
  2. 痒みの出方が減ってきます
  3. 薬の止め方で経過は変わります。

ステロイドをやめたい方

  1. リバウンド症状が1カ月くらい出ます
  2. 直後に出るとは限りません
  3. 強い痒みが出ますが3カ月から5カ月でおさまります
  4. 1年から数年で皮膚の改善がみられました。

ステロイドを使わないアトピー性皮膚炎まとめ




われわれは、あなたが体質を変えて、不安な気持ちにならず過ごせることを願っています。


当院にお越しの方は小さなステップをしっかり踏んで、指針をもって施術、食事、スキンケアに取り組んで頂いてます。


一人で取り組むのは、どこまでやればいいのか分からないからでしょう。お困りの場合はお気軽にご相談ください。



< 母指CM関節症の手術はいらない  |  一覧へ戻る  |  耳鳴りの原因 >

カテゴリ:

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 10:00~20:00
土曜 17:00 終了
定休日 / 水曜・日曜・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ