HOME > 症状解消一覧 > 自律神経失調症 > 【もう付き合いたくない】仙台でアトピー性皮膚炎の独自解決策 

症状解消一覧

< 脳卒中・脳梗塞後のリハビリ オステオパシー  |  一覧へ戻る  |  アトピー性皮膚炎の毛細血管血流不足、自立神経の乱れを整体でアシスト >

【もう付き合いたくない】仙台でアトピー性皮膚炎の独自解決策 

2021/1/11更新
仙台でステロイドを使わないアトピー性皮膚炎の治療なら


一昔前、アトピー性皮膚炎は子供の時だけに見られ市販薬やステロイドの薬を塗れば


大人になると自然となくなる症状と言われていました。


しかし、ステロイドなどの対症療法では原因から解消されない為 大人になるにつれ重症化がみられます。


近年では原因から解消したいから食べ物や代替え医療で根本から体質を変え アトピー性皮膚炎を緩和、改善を目指す方が増えているようです。


脱ステロイド、脱保湿をして そもそもの人の身体の成り立ちから対策を練るって事ですよね。


もともと備わっている保湿力を上げ、痒み、炎症を起こす体質を変える事が真の改善につながるのです。


もし現状の長引く痒みから抜け出したい時はご参考下さい。





アトピーにオステオパシーの整体が一番効くと思ってます。

アトピー性皮膚炎は大人の方が酷くなる?

アトピー性皮膚炎は大人の方が酷くなる?<

アトピー性皮膚炎の患者の皮膚は炎症のない時でも、セラミドや天然保湿因子が不足していることが知られています。


天然保湿因子は、角質(こすると剥がれる部分、垢)にある皮脂膜、アミノ酸で構成される天然保湿成分、角質のつなぎになる細胞間質です。


セラミドも膚表面の角質層にある油分です。水分を保持する成分です。


これらの細胞は毛細血管血流によって、たんぱく質や油分(その他の酸素などの栄養も)が運ばれ構成、再生、を繰り返し維持されます。 新陳代謝というものです。


だから、先天的に毛細血管血流の不足があると言う側面を持ちます。


もしも、子供の時より大人になった時のアトピー性皮膚炎が酷くなっているのなら、この毛細血管血流の不足が招く、 細胞の構成する働き再生する働きがおかしくなっているはずです。


例えば、遺伝的な要素は影響しますが、細胞はほとんどのケースで与えられた刺激に素直に反応します。 肌を黒くしようと紫外線を浴びれば黒くなる、脳梗塞を起こして麻痺が残っていても正しいリハビリで動く様になる。


大人になるにつれアトピー性皮膚炎が悪化している、良い方向に向かっていないのであれば、毛細血管血流の不足があるか、 運ばれる血液の成分がセラミドや天然保湿因子が不足するような要素を持っているという事になるでしょう。


アレルギー因子も関係する?

『アトピーは免疫グロブリンE(igE)が関与するアレルギー性疾患』と考えられてきましたが


免疫グロブリンE(igE)の値が低いのに重症なアトピーで悩んでいる方も多いのです。 この数値は直接的に、肌再生には関係なさそうですね。


肌が湿疹を起こさない、かゆみ赤みを起こさなくなるようになるには? アトピー性皮膚炎が悪化していった毛細血管血流の状態が育成されなかった要素は何だったのでしょうか?


アトピー性皮膚炎の特効薬は怖い背景もある

薬には作用と副作用があります。ステロイド軟膏は優れた「抗炎症効果」がありますが副作用も沢山あります。 瞼の皮膚や広範囲に塗ると白内障や緑内障を発生する場合がありますので注意が必要です。


かゆみや赤みを抑えるステロイド剤は有名です。


子供のアトピーによる赤みや湿疹、かゆみ等も一瞬で納めてくれます。魔法の薬と言っても過言ではないかも知れません。


が、ステロイド剤の働きを知っておかないとエライ目に合う事になります。


ステロイド剤を皮膚に塗ると、一度、体内に吸収され、1か月位かけて体から抜けていきます。数日ごとに塗ったとしても、 抜けきらないうちにまた塗ってしまうので、ステロイド剤が体の中にたまっていきます。 このようにステロイド剤の塗布を続けていると、自分のステロイドホルモンがサボってしまい、自己調節力が弱くなります。 ステロイド剤の分解産物が酸化コレステロールとなり、数か月間にわたり皮膚に蓄積しそれがアトピー性皮膚炎の悪化を招くといわれています。 また、ステロイドへの依存は皮膚のステロイドホルモンへの感受性が低下することによっても強められるといわれています。

渋谷皮フ科クリニック ホームページ



皮膚からつける薬は血流に乗り肝臓に運ばれ更に分解、貯蔵されます。そして心臓や肺、腎臓に運ばれたり、要らないものは胆のう膵臓からの体液で便になり腎臓からは尿として体の外に排出されます。


ステロイドは1ヵ月位かけて身体から出ていくとされています。一カ月は副腎皮質ステロイドをサボらせる要素をからだに抱えるのです。当然、肝臓に貯蔵される為、血液に影響します。副腎に関与する為、腎臓にも影響を及ぼします。便も尿も作り出す力が弱まるのです。


体から悪い要素が出ていく力が弱まるのです。


だから、薬というのは特効性がありますが、使うにつれ効果が無くなっていく傾向にあります。


かゆみには抗ヒスタミン薬も用いられますが、個人差がありすぎるようです。副作用は少ないと言われますが、消化吸収と排泄をしてくれる内臓に負担はかかるでしょうね。


以下の皮膚状況の方は、ステロイド薬で治らない状況です。使わない方が副作用をおこさず済むでしょう。


  • ステロイド剤を塗っても健康そうな肌に戻らなくなった>
  • 皮膚が薄くなり、掻くと各掻き壊しやすくなった
  • 皮膚が厚くなり黒ずんできた
  • 皮膚の落ちくずの量が増えた
  • 感染症にかかりやすくなった
  • ストレスに肌が敏感になってきた



アトピー 治療 効果

大人になるにつれ治まらないアトピー性皮膚炎の原因




大人のアトピー性皮膚炎の場合、アレルギー抗体はあまり指標にはなりません。


先天的なセラミドや天然保湿因子が不足に始まっている為、血液環境が一般の人より劣っている為に始まる症状です。 だから、血液環境に目を向けなければ、皮膚の状況は変わっていかないものなのでしょう。


人の身体は与えた分だけ与えた方向に変わります。 脳の反応、からだの神経の反応もそうです。


もしあなたのアトピー性皮膚炎が大人になるにつれ落ち着かないのであれば、


肌再生に必要な、



  • 規則正しい生活(睡眠や運動ストレス環境等)が送れていない
  • 便排出の影響する腸の乱れがある
  • 食の乱れ(水分不足、添加物、精製食品、過食)



がある事を自覚して取り組んでみて下さい。


肌の再生に必要な規則正しい生活

一昔前は大人になるとアトピー性皮膚炎は消失すると言われていました。


これは肌再生に必要なプログラムが作られ、栄養素が十分に取り込まれ、毒素(アレルゲン、不必要な物質)排出能力により不要物質を排除して身体が良い方向に成長してきたから起こった現象と言えます。


一般的に10代の肌は28日で生まれ変わると言われています。生き返るんです。 年齢とともに生まれ変わるサイクルは遅くなりますが、昨日と今日の肌は違うものになっているのです。


肌のプログラムは、基底層に伝わり、角質層に浮いて言って最終的に剥がれ落ちるという流れです。


普段見ている肌の色は、角質層まで浮いてきたものです。


日常生活の積み重ねが、基底層(肌の生まれ変わり)に影響する

現代は一昔前より多様化がみられるため、


睡眠時間の不足よる自律神経の乱れ、


PCやスマホの普及、車、電動自転車や公共交通機関の発展による運動不足、


コミュニケーション過多による心身ストレスによる免疫力の低下、自律神経の緊張で腸の力が弱まっています。


なので過敏性腸症候群(便秘や下痢、腹痛、ガス症状)といわれる病気が増えているのです。


この腸の乱れが間接的にアトピー性皮膚炎を増やしている一つの側面でもあります。


過労も自律神経を乱し毛細血管血流が落ち着かず


安定した情報が皮膚の基底層に伝わりません。そうすると隣接する汗腺も正しく成長しなくなります。



睡眠で成長ホルモンが分泌される事で『肌細胞が活性化』




肌を育成するのは、成長ホルモン(GH)です。この成長ホルモンは、睡眠から2~3時間で分泌がピークとなるようです。


なので、睡眠時間が短かったり、次の日に疲れを引きずるような過度の労働を積み重ねると、


肌のターンオーバーは悪くなります。


イライラした次の日に肌の調子が悪いとかも、睡眠の質が悪くなるためです。


その他にも、肌に良い影響、悪影響を及ぼすものがあります。


血液は栄養、タンパク質を運びますし


成長ホルモンは血流に乗って運ばれます。また、肌の栄養となるものは血流に乗って基底層へ伝わります。


この時に、アレルゲンとなる消化できなかったタンパク質を多く摂取していたらどうなるでしょうか?


当然、質の悪い情報が肌へ伝わります。


消化できない物は、下痢で強制的に排出します。 水分が多く出ます。この最初の反応が、乾燥なのです。


下痢で追いつかなくなると、腸が疲労して便秘に変わります。


老廃物の排出が出来なくなります。


そして、徐々に湿疹ができたり、各種皮膚炎や皮膚の色が悪くなっていきます。


労働量が多い方は、より排便、排尿の回数や量が制限され悪化します。


排便、排尿などの排泄は、活動量の場合感じない様になっています。


アトピー肌は、このようなプロセスで構築されて行くのです。



東洋医学的な皮膚の影響




東洋医学では、直接的な皮膚が『肺』の気の乱れ、とされています。肺が弱るのは姿勢の乱れです。


姿勢が悪い場合、呼吸が浅くなり酸素二酸化炭素の交換率が下がって、身体が酸化します。


皮膚の新陳代謝時に酸素の少ない栄養が肌に送られるのです。


また、『肺』の気が乱れると裏表の関係で『大腸』の気が乱れるとも言われています。


ここでも皮膚と大腸の関係が言われるため、腸の状態はアトピー性皮膚炎に大きな影響を与える原因になるのでしょう。



アトピー性皮膚炎に使いたい塗り薬




アトピー性皮膚炎で用いられる塗り薬は「保湿剤」「ステロイド剤」「免疫抑制剤(プロトピック)」です。


アトピー性皮膚炎は【セラミドや天然保湿因子が不足】している為、外からの保湿剤も大きな手助けになってくれます。 良く用いられるのはワセリンですね。保湿されていると湿疹や赤みが引くので生活するのにずいぶんと楽になります。


ワセリンは天然成分の石油で作られている為アレルギー反応が少ないと言われています。しかし市販薬のワセリンは保存料などが添加されている為、逆に湿疹が出る、かゆみを起こす可能性を秘めています。


ですので成分はワセリンだけのものを選びましょう。


ワセリンだけの商品は、日興リカ株式会社のサンホワイトです。 成分は、白色ワセリンだけで、香料・着色料・保存料は使用していません。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【定形外郵便で送料99円!】サンホワイトP−1 50g×1個※※
価格:1100円(税込、送料別) (2021/1/11時点)





そして、この保湿の塗り薬も使いすぎは禁物です。前述したステロイド成分の様に身体に溜まる、出ていくまで時間がかかるのです。


外から何かを入れられた場合、からだはサボるようにできています。 よく気を付けてお使いください。


免疫抑制剤(プロトピック) 免疫抑制剤も免疫活動(炎症、痒み)を抑え込むように作られている薬です。依存性はステロイドと何ら変わりありません。


免疫抑制療法において免疫系の活動を抑制ないし阻害するために用いる薬剤である。 臨床的には以下のような場合に用いられる。 副作用や危険性のない免疫抑制剤は存在しない。

免疫抑制剤 - Wikipedia



なぜ子供はアトピー性皮膚炎なりやすい?




子供は体内のアレルゲン物質を十分に排出できるほど腸の力は育っていません。


前述した通り一昔前は、大人のなるにつれ生活が整い身体が出来上がり腸の力が増すためです。


標準治療での保湿、ステロイド治療に頼り抑え込むだけでは改善が難しいのが現実的です。


なので、アトピー性皮膚炎の原因の一つ環境アレルゲンを避けるような指導がされます。排出できないなら、体内に取り込まないようにする方法です。


例を挙げると、ハウスダスト(ダニやほこり)、卵を食べない等個人の苦手なアレルゲンを避けるという事です。



  • 部屋の掃除をする
  • 枕カバー、布団カバーをマメに選択する
  • 布団を干す
  • 動物性のたんぱく質の摂取を避ける



これらの対策を取るだけでも、体内のアレルゲンが減ると言われています。


車や工場などからの廃棄物、近年ではPM2.5などもアレルゲンとなっているようです。


住む場所によって、関東や関西、人や車の往来が多い、工場が多い事でも皮膚の状態が変わると言われています。実際に東北地方に引っ越して来たら肌の状態が良くなった方もいます。


子供の時から意識したい経費毒(洗剤、化粧品の乱用、)




近年、化粧品によるアレルギーのアナフィラキシーショックも話題に上げられるほど皮膚に悪影響を及ぼします。


水道水の塩素もアトピー性皮膚炎の原因ともいわれます。プールの消毒でも用いられますね。


そこまで神経質になる必要があるかどうかは分かりませんが、毎日のシャンプーや洗顔など


昔ならお湯で不文を取りすぎない生活で済ませていたところを


毎日、洗剤で油をそぎ落とし、化学物質の保湿成分を体に入れる


というのは、アトピー性皮膚炎になる要素を作り出しているのではないのでしょうか?


古い垢が溜まるとアトピー性皮膚炎になりやすいと言われていますが


垢は、自然と落ちるように作られているものです。お湯につかる習慣があるのであれば、わざわざ洗剤を使わなくても十分なくらい垢を取り除く事ができます。



かゆみはどういう時の反応?




栄養、自律神経の乱れは、皮膚の表皮と真皮の間にある自由神経終末という感覚受容器に『かゆみ』として信号を送ります。


自由神経終末は痛みも感じますし、弱い信号の場合は『かゆみ』は痛みを感じるのです。


そして、かゆくて皮膚を掻いてしまうことで


皮膚が剥がれ落ちて乾燥する、さらにかゆみを増す。と言った悪循環に陥ります。


自分の子供がそのような状態というのはかわいそうで見てられませんよね。


なので、痒みの改善には



  • 血流の栄養状態
  • より血流量が多い状態



で新陳代謝を促す必要があります。


汗腺と増塩




汗を掛けない方は、水分不足、塩分不足の可能性があります。


人のからだは自律神経が働いていますので、排出できないケースとして 、不足というものがあります。


近年『減塩』という言葉が横行していますが


これは精製した塩に当てはめてのことです。(詳しくは塩のWIKIを参考下さい)


体重30Kgの方は約100gの塩分を保たないと、体調不良が起きます。


摂取するなら、加熱処理されていない天然の塩を1日15グラムほど摂取しましょう。 高血圧にはならず、 からだの塩分バランスも保てて、体調が良くなります。


体内に十分な水分塩分があるときは 汗もかきやすいです



顔だけに出るアトピー性皮膚炎の特徴的体質




顔に出る症状の方は、肩首の筋緊張が強い、顔の筋緊張が強い事があげられます。


姿勢不良が強い方に見られるという事です。


姿勢不良は全身の毛細血管量を減らします。


特に顎が突き出た姿勢の方は、顔の湿疹やかゆみが強くなる傾向にあります。



アトピー性皮膚炎に影響する食べ物

ファーストフード(酸化した油)や白砂糖たっぷりの甘ーい糖質おやつに飲み物なんかもそうです。 アレ ルゲンの元になるのはタンパク質が有名ですよね。


気を付けたいのは、加工品、乳製品、肉、魚介類、小麦、


アレルゲンにはなりませんが、肌が乾燥する原因として砂糖、油類も上げられます。


油は、天然のもので火を通さなければ摂取しても問題ありません。


ですが、火を通すと消化しにくい物質へ変わり、肌が荒れます。


油と言えばトランス脂肪酸も有名ですよね。マクドナルドも、揚げ物も美味しいのですが デメリットがたくさんあるという事です。


肌に出ない方は、体臭、口臭として身体に表れます。



最近、牛乳の主要アレルゲンであるカゼインナトリウムが乳化成分の1つとして 含まれた新しい乳化剤を使用した加工食品が発売されていることが明らかになりました。 カゼインナトリウムの抗原性は非常に強く、ごく微量でもアナフィラキシーを起こす患者がいるため、注意が必要です。

DIデジタル



アトピー性皮膚炎の市販薬




抗ヒスタミン剤 アレルギー症状を抑えるためアレルギー薬として用いられることが多いヒスタミン剤ですが アトピー性皮膚炎の痒みには効果が薄すぎる様です


免疫抑制剤とステロイド剤 前述した通り、効果は高いのですが依存性があり、そのうち効果が薄れてきます。


漢方薬 「消風散(しょうふうさん)」と「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」


漢方薬を勉強した身としては、一般的に用いられる漢方の処方基準が単純すぎる事に疑問を抱きます。


漢方薬は体質を変えるものです。しかし、処方の基準は症状に焦点が当たっています。謎です。



厚生労働省発 アトピー性皮膚炎の重症度




ご自身で症状の進行度合いの目安にしてください。


知識がない場合、重症化していても自覚が無くアトピーの治療に取り組まない方もいらっしゃるくらいです


  • 軽度の湿疹:軽度の赤み、乾燥、皮膚が剥がれる
  • 強い炎症を伴う湿疹:赤くなる、出物がある、掻きむしって表皮が剥がれた状態、皮膚画像の皮膚の様に変化するなどを伴う病変
  • 軽 症:面積に関わらず、軽度の湿疹のみみられる。
  • 中等症:強い炎症を伴う皮疹が体表面積の10%未満にみられる。
  • 重 症:強い炎症を伴う皮疹が体表面積の10%以上、30%未満にみられる。
  • 最重症:強い炎症を伴う皮疹が体表面積の30%以上にみられる。



重症化している症状程、体内の乱れがあり、正常化するまでお時間がかかります。


【もう付き合いたくない】仙台でアトピー性皮膚炎の独自解決策まとめ




ステロイド、保湿に改善の未来はありません。


アトピー性皮膚炎ってステロイドと保湿が中心じゃないですか? それで治療と表現するのは如何かと思うんです。


なぜならその場のかゆみを抑えるだけで、 進行は止められないから(黒い肌のままの方見たことありますよね)


肌の再生システムって一通り勉強するとまだまだ取り組めることが沢山あるのです。


世の中の方ってお医者さんの指示に逆らえない風習になっていますが


ご自身のお身体の事をご自身でもっと興味をもって対策を取られるのも一つの手ではないでしょうか?



< 脳卒中・脳梗塞後のリハビリ オステオパシー  |  一覧へ戻る  |  アトピー性皮膚炎の毛細血管血流不足、自立神経の乱れを整体でアシスト >

カテゴリ:

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 10:00~20:00
土曜 17:00 終了
定休日 / 水曜・日曜・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ