HOME > 症状解消一覧 > 手肘の痛み > ばね指

症状解消一覧

< 腱鞘炎  |  一覧へ戻る  |  肘痛 >

ばね指

ばね指 原因と施術

ばね指は親指の腱鞘炎です。

指を曲げ伸ばしする時に、痛みが走る『バネ指』とはどういう状態??


ばね指は、主に指の付け根にシコリが出来てしまう、腱鞘炎の様な症状です。
鞘(さや)と言われるとおり筒のようなものがあり、腱に太いしこりが出来た際、

狭い鞘(さや)を通過するときに勢い良く飛び出してしまうようになります。
スムーズな動作ができなくなる為、鞘の中で腱が擦れてガクっと、ボキッとなってしまうため痛みが走ります


バネ指は親指に多い症状


  1. わずらわしい、うっとおしい、なんとかして欲しい
  2. 仕事ができない、スマホが使えない
  3. 痛い注射を何度もされたから、もう注射はしたくない
  4. 再発しているひとが多いから、手術は回避したい
  5. 電気をされたが治らなかった


そんなあなたに朗報です!
当院のオステオパシーは、そんな悩みのバネ指の方を改善してきた実績があります!
もし、あなたがバネ指の症状を本気で改善したい!!をお考えなら以下の文章を読むことをおすすめします

なぜバネ指になってしまうの?


指の使い方が悪くてばね指になるのですが、
物をつかむことが多く、指先の集中して力がはいる様な使い方を続けてしまった際に、指の腱が緊張して太くなることでバネ指が出来上がってしまいます。

指先の動作を司る筋肉は、肘から出ていて前腕付近に存在します。

根本であるこの筋肉分が固くなり始めるのが初期症状で、気が付かないうちにドンドン指先の方まで侵食されて疲労が溜まったピークとして『バネ指』が出来上がるのです



バネ指の治療法とは


バネ指のシコリを作っているのは前腕の筋肉。

バネ指を改善させるには指以外のところも見ていく必要があります。
例えば、関連する筋肉が固くなっていれば指にも影響はありそうですよね?

固まっているだけでは痛みは起きませんが、
固まってしなりを無くした筋肉は指に大きな負担をかけることになります。そして、指が固くなり、伸びが悪くなり痛みを感じ始めることになります。

こう考えると、肩や背中の状態も影響しそうだと思いませんか?

身体の治療院~おあしす~では、オステオパシーのテクニックを使い肘から先の調節をしっかりすることで
指の曲げ伸ばしをやりやすい状態を作り上げ、指の付け根のシコリりが消えるよう、神経や全身の骨格を整えていきます

指先は日常的に使うところなので、疲労しやすくしつこい症状ですが、
しっかり調節し正しい使い方を身に付ければ回復していくでしょう


お悩みの方は当院に一度ご相談下さい。



 

予約方法
電話受付の際受付スタッフが

「はい!おあしすです」 と電話に出ますので

「ホームページを見て電話したのですが」 と、おっしゃってください。

ご希望日、来店時間、をおっしゃってください

メールでのご予約は、 お名前、症状、ご希望の来店日、時間 をご記入の上ご連絡ください。

後ほど、こちらから連絡させていただきます


< 腱鞘炎  |  一覧へ戻る  |  肘痛 >

カテゴリ:

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 10:00~20:00
土曜 17:00 終了
定休日 / 水曜・日曜・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ