HOME > 症状解消一覧 > 内臓・器官の調整 > 急性・慢性副鼻腔炎(蓄膿症)

症状解消一覧

< 病院ではわからないトラウマ性の過敏性腸症候群(IBS)本当の原因  |  一覧へ戻る  |  椎間関節性腰痛(ついかんかんせつせいようつう) >

急性・慢性副鼻腔炎(蓄膿症)

副鼻腔炎(蓄膿症)の原因と施術

蓄膿症と診断される方が増えたのか、近年では副鼻腔炎と言わなくなっている様です。顔にある顔面の骨の中に空洞があってそこに膿が溜まると蓄膿症になります。

当院で改善できる症状は
  • 鼻づまり
  • 鼻閉感
  • 鼻漏感
  • 口呼吸
  • 副鼻腔炎や蓄膿症からくる頭痛
です。呼吸がしやすい身体に整体するのは勿論、リンパの流れを良くする特殊なテクニックを用いるので肩から首、顔の方までスッキリします(^^♪

また花粉症やアレルギーによる鼻詰まりも同じような施術で改善結果を得られています。施術1回目から効果は出るはずです。(すごくひどい方は2、3回目から楽になるかも)


仙台市のおあしす整骨院では一般的な整体、整骨院とは異なった理論をもとに施術を行います。
薬の効かない副鼻腔炎や蓄膿症は、正常な場合、頭から肺、心臓へスムーズに流れるはずの血管やリンパの流れが、顔や首のゆがみにより阻害され、膿が排出されていない結果と考えています。


  • 「鼻中隔が曲がっているから手術しかない」
  • 「後鼻漏が酷い、薬を飲んでも症状が変わらない」
  • 「深夜、明け方咳き込んで疲れが取れない」
  • 「とにかく鼻通りを何とかしてほしい」
というひどい症状の副鼻腔炎でも対応可能です☆

副鼻腔炎に対しての手術はあまりお勧めしません。術後の経過を知りたい方は『副鼻腔炎 術後 経過』などで検索して調べてからご検討ください。必ずと言っていいほど再発します。



ここからは、蓄膿症を構成する顔の骨、鼻腔の機能、一般的な蓄膿症の考察、からだの治療院~おあしす~の考察と施術を記載します。

一般的な副鼻腔炎・蓄膿症の治療法はコチラ
全日本民医連 参照

眉間を抑える女性


症状の発生場所は




  • 前頭洞(ぜんとうどう)赤
  • 蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)
  • 篩骨蜂巣(しこつほうそう)青
  • 上顎洞(じょうがくどう)緑

頭蓋骨にある4つの空洞いずれかに膿が溜まることを副鼻腔炎・蓄膿症と呼びます。

医療機関にてX線、CT、MRIの画像診断を用いてどこに膿が溜まっているのかを判別します。その他、身体検査では副鼻腔上の圧痛。叩打痛があれば膿が溜まっていることを疑います。

    

一番好発するのが上顎洞と言われる頬骨近辺です。次に篩骨洞です。前頭洞はおでこの所。篩骨蜂巣は顔の中心部にあり蝶形骨洞はこめかみ付近です。

そのため眼の奥や頬に違和感が生じ、鼻につく匂いを感じるようです。

 

鼻腔の組織

鼻腔粘膜から連続していて、偽重層、円柱、線毛細胞に覆われています。

胚細胞と粘膜下線が粘液を分泌するのですが、数は鼻腔のものより少ないです。

粘液は2層あって内層の漿液と外層の粘質層です。また静脈叢を欠いています。
 

鼻腔の機能

  1. 声の反響、鼻腔粘膜の面積増大、重量の軽減
  2. 交感神経:T1-4→頚神経節→粘質性の粘液分泌。血管収縮作用。
  3. 副交感神経:Cr.N.7→翼突管→翼口蓋神経節→糖タンパク、ラクトフェリン、リゾチーム、タンパク分解酵素阻害物質、
  4. エンドペプチターゼ、涙などに含まれるIgAに富んだ粘液の分泌、血管拡張作用。

排泄経路の2つのパターン

頭蓋骨内では篩骨前部、前頭、上顎洞は中鼻洞へ

篩骨後部、蝶形骨洞は蝶せつ陥没へ

そして頸動脈付近のリンパ管から心臓へ向かって流れています。



蓄膿症の原因と症状『食事、過食、自律神経の乱れ』

急性、慢性、再発性などに分類され、感染やアレルギー・虫歯・ケガなどでの鼻中隔のわん曲が関連している例が多いです。

これは自律神経アンバランスによって発症しやすくなっています(交感神経が下がり、副交感神経が上がった場合)
自律神経のアンバランスは日常でたまった疲労、コリなどの蓄積によります。そしてもう一つの原因として偏った食事が挙げられます。

そして、口から入れたものは全てが血液の成分となりますので、脂っこいもの、添加物、砂糖やアルコール、たばこ、野菜の農薬、魚に含まれる水銀などの蓄積によるアレルギー反応も近年の副鼻腔炎に大きく関与しています。

単なる過食も原因になります。(太っている人にいびきが多いのはこのせいでもあります)

鼻中隔の湾曲は呼吸をするのに不利な条件ではありますが、大きな問題にはなりません。


 

主な症状

慢性的な頭痛、顔面痛、鼻水、鼻づまり、嗅覚障害など 多くの急性例は自然に緩和することもあります。
 

一定期間持続例は抗生物質投与などを行うそうです。

また合併症として眼窩蜂巣炎、骨炎、髄膜炎、脳膿瘍、静脈洞感染があります。

 

骨格と筋筋膜の状態を整え膿の排出を促します

カラダを構成する骨格、関節、筋、筋膜がゆがんだ場合関連する血管、神経、リンパ管に変化または異常をきたします。
 

筋筋膜の過緊張を解消することで、 ゆがんだ骨格を整えその中にある血管、リンパ管の通りが正常化します


身体にできた膿は血液やリンパ管の流れで一旦、肺に送られ浄化されます。

しかし、筋筋膜の過緊張にて歪んだ骨格間の血管やリンパ管では、膿を運び出すくらいの幅が確保されていないため、顔面にたまり蓄膿症となるのです。
 

筋筋膜や骨格のゆがみは、マッサージや電気、痛み止めの薬や注射では解消されません。

仙台市青葉区おあしす整骨院では筋筋膜や骨格のゆがみを解消する施術法を用いて血管やリンパ管を解放し膿の排出を促します

リンパ管イラスト


その他、一般的な蓄膿症の対処法

薬物療法:抗生物質、タンパク分解酵素、消炎鎮痛剤

保存療法として食塩水による鼻洗浄、生活習慣指導では十分な水分補給、乳製品(粘液の粘質性up)制限、アレルゲン除去、禁煙。

手術療法:鼻内手術、上顎洞粘膜摘出

現在、副鼻腔炎は手術の必要性が下がってきています。

身体の問題、食事の問題を見直すことで改善していくためです。
身体にメスを入れなくていい可能性をぜひ知っていただきたいです。


 

 

☆お問い合わせは右上の予約フォームから☆
お気軽にお申し付け下さい


電話受付の際受付スタッフが

「はい!おあしすです」 と電話に出ますので

「ホームページを見て電話したのですが」と、おっしゃってください。

ご希望日、来店時間、をおっしゃってください
施術中は電話に出られない可能性がございます。留守番電に音声を残してください

メールでのご予約は、 お名前、症状、ご希望の来店日、時間 をご記入の上ご連絡ください。

お問い合わせの方はお時間指定させていただきお話を伺わせていただきます お気軽にご連絡ください。
後ほど、こちらから連絡させていただきます

 

住所:仙台市青葉区上杉1-15-8-101
 

電話:022-796-9927
 

前日まで空き時間をご確認の上ご予約下さい。当日予約も承りますがお断りすることが多くなっています。
 

平日昼休み13:00~15:00
最終受付19:30
土曜日最終は16:30


 

整体の種類(宮城県仙台市青葉区の整体「からだの治療院~おあしす~」)

オステオパシー(カウンターストレイン/頭蓋オステオパシー/靭帯性関節ストレイン/マッスルエナジー/クラニアル/トルクアンワインディング/クラシカルオステオパシー/内蔵マニュピレーション)

適応症状 疾患(宮城県仙台市青葉区の整体「からだの治療院~おあしす~」)

副鼻腔炎、蓄膿症、椎間板ヘルニア、自律神経失調症、腰痛、ぎっくり腰、坐骨神経痛、骨盤矯正、スポーツ障害、オスグッド(成長痛)、眼精疲労、肩こり 偏頭痛(片頭痛)、顔面神経麻痺、逆流性食道炎、更年期障害、慢性疲労、妊婦整体、こむら返り、足底筋膜炎、交通事故治療 顎関節症 むち打ち 首痛 腕の痛み 腕のしびれ 背中の痛み 肋間神経痛 顔面神経麻痺 メニエール 生理痛 不妊 下痢便秘 耳鳴り めまい 喉の詰まり(つまり) 喉の違和感 足のむくみなどのオステオパシーの対象疾患

整体施術地域 (宮城県仙台市青葉区の整体「からだの治療院~おあしす~」)

宮城県仙台市青葉区/宮城県仙台市宮城野区/宮城県仙台市若林区/宮城県仙台市泉区/宮城県仙台市太白区/宮城県多賀城市/宮城県名取市/宮城県利府町/その他岩手県、福島県、山形県

ご受診地のご職業 (宮城県仙台市青葉区の整体「からだの治療院~おあしす~」)

内科医、外科医、産科医、弁護士、会計士、税理士、柔道整復師、針灸師、OL、会社役員、会社員、学生、営業職、公務員、占い師、美容師、接客業、主婦、長距離運転手、漁師、テレビディレクター、モデル、レポーター、プロ野球選手、その他各職種


< 病院ではわからないトラウマ性の過敏性腸症候群(IBS)本当の原因  |  一覧へ戻る  |  椎間関節性腰痛(ついかんかんせつせいようつう) >

カテゴリ:

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 10:00~20:00
土曜 17:00 終了
定休日 / 水曜・日曜・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ