HOME > 症状解消一覧 > 首の痛み・頭痛 > 顎関節症

症状解消一覧

< アキレス腱炎  |  一覧へ戻る  |  逆流性食道炎と整体 >

顎関節症

口開かない 顎関節症 整体 開く

顎関節症の改善もできる整体とは?

  • 口を開けるとガクッと音が鳴る
  • 食事の際口を開けずらい、痛くて食べられない
  • 硬い物を食べると痛い
  • 肩や首に力が入ってしまう
  • なんだか顔がゆがんでいる
  • 頭痛やめまいを感じることもある
  • 夜中に歯ぎしりをしている
そんな辛い顎関節症は、あごの筋肉の左右の力が違ってくるために起きます。

近年では歯科でもマウスピースなどを使い治療を行っているようですが、経過は良いでしょうか?小さい頃に歯科矯正をした方は顎関節症になっていませんか?

顎関節症も整体で改善できます。顎の筋肉は結構強めなゆがみ方を現すのでしっかりとした調整が必要です。
あごの筋肉は首の関節や筋肉と密接な連動をしますので頸椎(首骨)の調整、顎関節の施術を行うだけで症状の改善がみられるでしょう。

仙台市青葉区上杉にある整体おあしすでは、全身のゆがみ➡頸椎の捻じれ➡あごの筋肉のアンバランスが連結している”顎関節”のかみ合わせに悪影響を及ぼし、不具合や痛みを起こすものと考えています。その為日ごろからガチガチの肩こり、もしくは腰痛を感じていた方にも多いようです。


「口を大きく開けられない」その顎関節 顎のゆがみの原因を取り除き 痛み、噛む力を正常化!
”歯科や整骨院で具体的な治療法が無く高額なマウスピースを勧められてあきらめていた”
”顎関節症にいいと言われる体操をやってみたがあまり効果が無かった”…と、専門家のところに行っても自分でケアしてみても悩みが取れないと苦悩しているあなたのお役に立てるかもしれません。



知られていない顎関節症の悪影響とは!?

 先に述べたように顎関節症を起こしている方は、全身の筋肉の使い方のアンバランスが積み重なりなる物ですから、肩こりや腰痛、古い捻挫が治りにくい等が積み重なっておこります。この間、自律神経の不具合も感じているかもしてません。ではどの様な影響が起こっていると考えられるのか、身体の関節や筋肉神経のルールに沿って説明をします。

ガクッとなるのは、関節のズレで上手くはまり込まない為

ボルトとナットの様にうまくハマれば音が鳴りません。
しかしゆがみがあると中途半端な状態で顎関節が動き➡中で擦れ続け➡一定の負担がかかり続けた結果➡正常な状態では鳴らないガクッとした音が鳴るのです。



歯ぎしりは浅い睡眠を表しています

顎のゆがみがある方は歯ぎしりもひどい傾向にありますよね?

アゴは疲れた時に『あくび』をして体力を回復しようとする部分です。
これは酸素を取り入れる動作ではなく、脳脊髄液とか体液の循環を促す作用があるようです。

なので顎にゆがみがあり歯ぎしりがひどい方は、身体の回復が遅く朝の目覚めが悪い。
よって顎関節の正常化は体力の回復を早めます。


顎関節による咀嚼運動は内臓疲労を減らします

顎の動きがスムーズになれば、嚙むことにストレスを覚えない。
唾液腺の働きも良くなるため食べ物(糖質)を分解しやすくなり、 消化がスムーズであれば消化で使う疲労も少なく慢性的な疲労感や消化ガスによる腰痛も起こりにくくなります。


顔への血液量の変化

顎を動かすと首の筋肉も動いているのを感じませんか?筋肉は単独では動かないことから顎と頸椎は密接な関係にあります。 顎を整えると首も柔らかくなり結果的に血流が増え顔の筋肉が柔らかくなります。
 

左右の顔の筋力が均一になりゆがみが整う

顔の筋肉の連動ができるようになる=ゆがみが無くなる。筋骨格がそろい血液が流れて表情も明るくなります!
寝起きや一日過ごした後のむくみも気にならなくなります。


顎のゆがみの影響について詳しく説明!


顎関節症の特徴


顎関節イラスト
        
  1. 口を開くとカクッとなる
  2. 口が開きにくい
  3. アゴの位置がゆがんでる
  4. もう耳が痛いんだか、歯並びなのかよくわからない
  5. 口を閉じるときの痛み

歯並び悪い人が増えて多発?顎関節症ってどういう状態?

顎関節は『あごが痛い』『口が開かない』『アゴが鳴る』が主な症状の慢性的な疾患です。

耳の後ろの側頭部から顎の関節にかけて走る”側頭筋”と呼ばれる筋肉があるのですが、
これがゆがんでしまうことにより顎関節そのものの位置のズレ、他の筋肉の左右の不揃いが起きてきて、
顎関節にある関節円板に繰り返し負担をかけることによって発症します


暗い顔写真 一般的には、
  • フランスパンなど固いものをかむ
  • 肘をついて顔を支える
  • 片方の歯で物を噛む癖
  • 姿勢不良
  • 歯科矯正後の後遺症として原因が挙げられます

顎のゆがみが気になる方はこちら


顎関節の連動

顎関節は首や骨盤との連動性が高いとされています。顎関節のズレで首の動かし辛さや、体の疲れが出やすくなったり、唾液の量が少なかったり顎が原因となって、様々な不調を作り出します。

顎関節症の痛くない優しい整体とセルフケア


顎を支えている原因部分の首や骨盤の筋筋膜を調整し身体全体の緊張、患部の緊張をほどきます
顎関節は身体全体のバランスをとる要素があるので、全体のバランスを整える必要があります。


セルフケアの方法


あごの調整法

症状のある方と反対側の筋肉に行ってください。
写真の様にあーっと口を開けた状態で、調節する筋肉側にあごを寄せます。
しばらくそのまま放置すると痛みが減っていて顎のガクガク感も減少します。



口が開かない顎関節症だけでなく、閉じない方、ガクッとなる方もお力になれるのでご相談ください。


「口が開かなくなって肩こり頭痛が気になっている」
「マウスピースの効果が無い」「歯も痛い」
「身体の不調が目立ってきてから顎が気になる」
「これが体調不良の原因と気が付いている」

 


ご予約はおはやめに。メール相談も承っております。

< アキレス腱炎  |  一覧へ戻る  |  逆流性食道炎と整体 >

カテゴリ:

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 10:00~20:00
土曜 17:00 日曜 13:00 終了
定休日 / 水曜・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ