HOME > 症状解消一覧 > 首の痛み・頭痛 > 仙台で顎関節症にお悩みなら上杉のおあしすへ

症状解消一覧

< 逆流性食道炎と整体  |  一覧へ戻る  |  顎関節症の治療法を解説します。 >

仙台で顎関節症にお悩みなら上杉のおあしすへ

2020/12/2更新
仙台で顎関節症にお悩みなら、上杉のおあしすへ


宮城県仙台市青葉区の北四番丁駅徒歩3分に、顎関節症が良く治る治療院があります。


顎関節症とは



  • 口を開けると関節が痛い
  • 顎を動かすと筋肉が痛い
  • あまり口が開けられない
  • ガクっと、パキパキ音が鳴る



これらのお悩みは、顎関節症に該当します。 約50%の日本人が経験すると言われるメジャーなお悩みです。


噛み合わせが問題視されていたのは一昔前ですね。
今現在は、マウスピースで治らない!とyahoo掲示板であふれかえっていますよね。


また、『顎関節症 手術』とインターネットで検索すると『後悔』というワードが上がってきます。


 顎矯正手術は、上顎骨、下顎骨、またはその両方を動かす手術です。顔面骨の中央と下方が変化するわけですから「顔が変わる」ことは絶対に避けられません。顔を変えたくないという方は、通常の歯科矯正治療をお考えください。特に上顎の手術では、鼻の形が変わることもご承知ください。

参照:洛和会HPより



ここからは、切らずに治す顎関節症の話、マウスピースを使わないで顎関節症を治す方法を解説していきます。





こちらの動画だと【顎関節症でズレた関節円板について】解説もしています。







id="anchorTitle1"

顎関節症とは【病気?状態?】

顎関節症とは【病気?状態?】


日本顎関節学会で定義する顎関節症とは

1. 顎関節および咀嚼筋等の痛み、関節(雑)音、開口障害ないし顎運動異常を主要症候 の少なくとも1つ以上を有すること。なお、顎のゆがみあるいは筋肉の圧痛のみは顎関 節症に含めない。

2. 咀嚼筋等には、咬筋、側頭筋、内・外側翼突筋の4咀嚼筋以外に顎二腹筋と胸鎖乳突 筋を含む。

3. 画像所見のみ陽性で主要症候のいずれも有しないものは、顎関節症として取り扱わな い。

参照:日本顎関節学会



  • 口を開ける時にガクッと鳴る
  • 鳴っただけで何ともない
  • なったと同時に痛みがある
  • 口を開けていると、閉じるとき痛みがあり困難
  • 痛みがあり、顔が腫れている



と言う様に、顎関節の運動にかかわる症状すべてを示すものです。顎のゆがみだけのものは顎関節症ではないと なので先天的に解剖学的な関節の形に状があっても、症状がない限り何もできない様です(それもどうなのか・・・)


ではこれらの症状、(顎関節および咀嚼筋等の痛み、関節(雑)音、開口障害ないし顎運動異常)を起こしている原因はどの様なものが考えられるのでしょう?


顎関節の緊張を強くする原因は?

顎関節症の一例。症状の順番は、様々です。


顎関節の原因は様々です。しかし、筋肉が緊張を起こしている事が問題なのは明らかです。


では顎関節筋肉の緊張を起こしているのは、どの様な事が考えられるでしょう?


良く言われる顎関節症になるきっかけは



  • フランスパンなど固いものをかむ
  • 肘をついて顔を支える
  • 片方の歯で物を噛む癖
  • ソファーやコタツ、座椅子、地べたでの生活による姿勢不良
  • 歯科矯正後の後遺症



と言われますが、それ以前に、顎関節症を起こす以下の様な下地を作っていると思います。当てはまりませんでしょうか?

筋肉や関節の過度の緊張を作り出す、姿勢不良、浅い呼吸、固い体




局所の顎関節部の状態を悪くするものは、顎を支えている身体の緊張の積み重ねです。


腰、骨盤、脚の緊張が、首や肩に伝わり顎の緊張へとつながります。


顎関節症がある方は、肩こりや、姿勢不良、眠りが浅い等、以前より体調の不良を感じています。


そして、疲れが溜まった身体では、呼吸が浅いため、睡眠が浅く、より緊張や歯ぎしりを起こし、日中のストレスに耐えきれない、


ストレスを受け流す事ができない為、食いしばり、歯ぎしりを繰り返し、顎関節症を発症するのです。 この繰り返しが、難治の顎関節症を作り出します。



顎関節症へのストレスの影響についてのリンク




そして、筋肉の緊張のアンバランスが、関節円盤の損傷をも起こしてしまうのです。


日常から疲れを溜めていませんか?



顎関節症の治し方【一般的、おあしすの整体施術】

顎関節症の治し方【一般的、おあしすの整体施術】


日頃から疲れを溜める、


  • 姿勢不良
  • 固い体
  • 浅い呼吸



を正していくと顎関節は開きやすく、噛みやすく、痛みのない状態に!


姿勢不良を治すだけでも、顎が開きやすくなります(短期的)




顎は、からだの上の方で頭にぶら下がっている部分です。顎関節症の方は、腰からの緊張の積み重ねが問題の為


骨盤や腰の筋緊張を緩めると、その最中から、顎の緊張が抜け始めます。


お時間がない方でも、痛みや開きやすさが出るだけでストレス鵜の軽減にはなりますよね。



呼吸が深くなれば、寝ている間の回復力が上がり、ストレスに強い顎関節に!(中期的)




姿勢不良が良くなれば、呼吸を深くする施術に移れます。


浅い呼吸で睡眠すると力が抜けない為、日常受けた疲れ、ストレスなどは解消されないままです。


精神的に嫌なことがあれば、からだに力が入りやすく、物事を正面から受け止めやすくなり、顎関節症の症状が出やすくなります。


深い呼吸を身につけて、日々の疲れをリセットしましょう。



固い節々を治すと、日常から疲れが溜まりにくくなり再発防止になります。(根本的)




固い節々は、疲れの現れです。


日中の疲れ、疲労物質が残っている状態です。しっかり柔軟性のある身体にすると


睡眠での回復力がさらに高まり、疲れが溜まりにくくなって顎まで疲れが行きつかない為


顎関節症の再発が非常に少なくなります。



顎に疲れを溜めない身体を目指しましょう。



顎関節症が治らないと言われた方はご参考下さい




顎関節症の治療法を掘り下げて解説




一時的ですが、関節円盤の負担は顎関節症のセルフマッサージで軽減されます。




顎関節症まとめ

顎関節症まとめ



顎関節症は、姿勢不良、浅い呼吸、固い体の状態が続き、


肩こり腰痛を抱え、首コリや痛みを放置してきた結果に過ぎません。



マウスピースや手術という選択をせず、 からだの疲れを取りながら、顎関節症を起こさない身体を作りましょう。


歯痛も筋緊張の積み重なりが原因の事が多々あります




顎関節症の料金はこちら

この仙台で顎関節症にお悩みなら上杉のおあしすへを書いた人

この仙台で顎関節症にお悩みなら上杉のおあしすへを書いた人鈴木 友貴(すずき ともたか)
1979年9月生まれ
仙台市出身
趣味 PC作業、読書
特技 子育て
◆経歴
2002年     赤門鍼灸柔整専門学校
柔整科柔道整復科 卒業
2002年     佐藤接骨院泉中央 分院長
2008年     赤門鍼灸柔整専門学校 鍼灸科 卒業
2010年     日本オステオパシー協会 入会
2010年     日本オステオパシー協会 退会
2012年     萩野町桜整骨院勤務、 全日本オステオパシー学院 入学
2014年4月 からだの治療院~おあしす~ 開業
2014年 IOIJ入会
2018年 全日本オステオパシー協会 退会
◆資格
柔道整復師,はり師きゅう師


< 逆流性食道炎と整体  |  一覧へ戻る  |  顎関節症の治療法を解説します。 >

カテゴリ:

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 10:00~20:00
土曜 17:00 終了
定休日 / 水曜・日曜・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ