HOME > 症状解消一覧 > 肩こり・手肘の痛み > ゴルフ肘テニス肘の治し方

症状解消一覧

< 仙台市青葉区の整骨院で交通事故治療  |  一覧へ戻る  |  尾骨の痛み >

ゴルフ肘テニス肘の治し方


「手首やひじが痛い…」「ゴルフ肘テニス肘で痺れてだるい…」「肩首から重さが来ている、集中できない…」

ゴルフ肘&テニス肘は同じものです。「上腕内側上顆炎」という正式名称で前腕の筋肉が炎症を起こし機能低下(力が入らなくなり。肘を休ませようとする身体の作用)を起こしています。ゴルフやテニスは一定の動作が多いため身体を傷めやすいので定期的に肘の修理を行いましょう

コンテンツ

ゴルフ肘、テニス肘の治し方
ゴルフ肘、テニス肘の軟骨の痛み、痺れだるさ
ゴルフ肘テニス肘の考察
ゴルフ肘テニス肘の治療

実はゴルフには容易に身体を痛めてしまう動作があります。

では、どのようにすれば身体を衝撃から守れるのか? 痛みを繰り返さない方法はないのか?
正しい身体の使い方や作用を解説していきます。

ゴルフ肘テニス肘の治し方

ゴルフ肘、テニス肘の治し方

ゴルフ肘、テニス肘には治し方があります。手術をする方もいらっしゃる様ですが、よほどのことが無い限り必要はありません。 ゴルフ肘、テニス肘の治し方は、痛い所を抑えたり、安静期間を設けても同じような負担がかかればすぐに痛みをぶり返すでしょう。

手術?サポーター?テーピング?ゴルフ肘テニス肘はどれが助けになるのか?

余程のことが無い限りゴルフ肘テニス肘での手術適応にはなりません。自分でできるテーピングや気軽にできるサポーターなどがありますが、初期症状のごまかしに使えるのでうまく活用しましょう。しかし、もうあなたの身体はゴルフ肘テニス肘になる癖が身についてしまっています。癖を抜かない限り度の処置をしても、使えば痛みの進行は止まりません。ではクセを取るにはどうしたらいいか?他の処置は何故治らないのか?を簡単に解説します

全身からかばっている筋肉を見つけだして治す

全身の筋肉がしっかり連動していれば、肘に負担はいきません。手を使う動作(握る動作)でも
     
  • 足で身体を支え
  • 体幹で身体を支え
  • 首や背中から信号が出て腕の筋肉が働きます。
この流れの中でどこかしら筋肉の出力が落ちてしまっていて、その状態から腕を使う機会、時間が長くなれば、肘に疲労がたまり続け痛みとして身体に表れ始めます。

なので「肘が痛いから肘に問題がある」のは当てはまりません。99%は他の部分に痛みを止めるポイントが隠されています。

テニス肘で整骨院は?

整骨院では痛いところに電気やマッサージをかけてくれます。私も勤務時代にたくさんのテニス肘やゴルフ肘の患者様を診てきましたが揉んでも状態は変わらないんですよね。先が見えない治療内容なので、治らないという感想をよく聞きます。

サポーター、テーピングは一時的

これも前腕にかけるものが多い。押さえつければ痛みはごまかしがききます。

筋トレで再負傷の予防を促す

「筋力をつけて痛みを予防しよう」と思っても癖が抜けてから行いましょう。フォームを変えようとしても癖がある場合上手く腕が使えません。上記にあるように腕意外に問題を抱えているのなら、他の部分がどうなっているのか見定め、腕が正常に動くようになって体でないと結果が出ず、本当にいい方法なのか?どうしたらいいか迷う事になります。

ゴルフ肘、テニス肘の軟骨の痛み、痺れだるさ

肘の痛みにもいろいろな症状があります。人によってなぜ症状が違うのでしょうか?

肘の軟骨が痛いのは痛みがひどくなっているから

初期症状は「だるい、重い」となりますが、負担が増えるにつれ訴えが変わるようです

第1段階 だるさ

疲労が始まり疲れを訴える信号です。筋力低下などはありませんが、動かさない状態でも嫌な感じがしてきます。

第2段階痛み

手を握った状態で使うと痛みを訴えます。ひどくなれば筋力の低下、痛みの限局化により筋肉のついている肘の軟骨部分が痛く感じます。

第3段階 痺れ

これは痛みのある状態で使うため力が入らなくなった状態です。使えないという解釈より、脳から使わせない信号が起きているのです。これ以上使うと次の段階「麻痺」が待っています。

ゴルフ肘テニス肘の考察

人体は 0.5秒の瞬発的動作で身体を壊しやすい と言われているので、
大きく振りかぶって一気に上半身を回すゴルフは負担が大きいのです。


動作と身体への影響

スイング動作の画像
①構え:膝を曲げて腰を前屈させ大きく振りかぶる
②構え:胸腰椎をひねり肋骨を持ち上げる
③スイング:首を固定し、胸腰椎・肋骨を一気に反対方向にひねる

これにより…

①殿筋(お尻の筋肉)・大腰筋(腰の大きい筋肉)が緊張する
②③本来の可動範囲を超えるために背骨がゆがむ、肋骨が持ち上がり呼吸が吸いずらくなる
  
これらの動作・瞬発的動きにより、
背骨がゆがんで硬くなり→腰や背部→肋骨→腕へ続き手肘の痛みや虚脱感が出やすくなります。

首にも相当な負荷がかかるため、首から手に続く神経を圧迫して症状を起こす要因の一つとなります。
 


必要な筋肉が使えていないのもダメージにつながります


ゴルフにはブレない体幹が大事!だから腹筋をメインに鍛えて、それから強い腕の力も必要だ。とよく言われているようです。

もちろん体幹は大切です。
体(からだ)の幹(みき)と書く位ですから身体の中心の軸と考えていただいて良いのですが、

腹筋ばかりを鍛えてしまうと、前傾する要素が大きくなるのでかえって体幹がブレる上、大腰筋の緊張を増加させます。
これは慢性腰痛やギックリ腰の原因となるので注意が必要です。

また、腕の筋肉をつけるともちろんパワーが生まれますが、力に任せのショットは必ず身体を壊します。
若いころは筋力と回復力で何とかなってしまうのですが、疲労は蓄積してやがて痛みを発するのです。


では、体幹には何が必要なのでしょうか?必要な筋肉とは?


①ブレない体幹に必要なのは”背筋力”


背骨は通常このようなS字カーブを描いています。
背骨のS字カーブ

腰は反って前にカーブしているのが分かります。
これが外部からの衝撃を分散し、同時に力を外へ発揮できる形です。

腹筋を偏って鍛えてしまうと前が縮むのでこのカーブを失わせてしまいます。
背筋によって腰が丸まらない状態を作る+腹筋と挟み込む ことで体幹が決まり、安定したフォームでショットが打てます。

これで腰痛とは無縁の身体となるでしょう!バランスよく鍛えることが大事なのです。


②下半身の連動

また、地面を蹴る下半身の力を、足→膝→股関節→腰へ連動させる骨格の安定と筋力が必要です。

距離が伸びない、球がブレるのは地面を蹴り上げた際、力が抜けているためです。

 

正常であれば、片足で踏ん張った際、利き足、非利き足ともに十分力が入るはずですが

膝や足首の状態が悪いと筋力を十分発揮できない為、膝が内側に入ってしまったりお腹に力が入りにくくなります。
それゆえ上半身に力が入って痛みを引き起こすのです。


これは筋トレでは補えない問題になります。

必要な筋肉を使えるように骨格を整えることが、改善への近道になるでしょう。

微細な関節のズレを修正することで、足に力が入りやすくなります。よって足での支えが良くなりケガの予防にもなります。



ゴルフ肘テニス肘の治療


手肘の痛みや虚脱感、背部痛は、フォームの乱れ・私生活で猫背を作ってしまう姿勢・偏った手の使い方などが要因となります。

①背骨や肋骨のゆがみを補正

背骨や肋骨がゆがむと血管を圧迫し筋肉や靭帯に炎症を起こします。
特に肘近辺は運動によりストレスがかかりやすい為、血流が減っていると考えられ、結果、だるさや痛み・シビレを引き起こします。

呼吸が浅い状態なので深い睡眠が取れず、寝起きがだるいと感じる方が多いようです。

一番硬くなっている背骨を解放→引き上がった肋骨正常な位置に戻す→血流を取り戻す=呼吸が深く回復される環境が整うことで肘の痛みやビリッと走る背部痛が減少していきます。

②首の柔軟性を出す

頸椎は手に続く腕神経叢(わんしんけいそう)の通り道です。
首の筋肉が緊張して柔軟性が失われると、神経を圧迫し頚腕症候群を起こします。 そうしてグリップの握れない手の痛み、虚脱感を招きます。

そのほか脳への血流を阻害している場合、普段から頭痛やめまい、目のかすみを感じるようです。

③骨盤や腰の矯正

首の硬さに加え、肩こりと連動しているのが腰です。
一見離れて見える部分ですが、背骨や筋肉の繋がりから大きな因果関係を持ちます。

腰のゆがみを整えたら首が回るようになった、手に力が入った なんてこともしばしば。

痛い部分をいくら揉み解しても問題が解決しないのは、こういった根元の問題が隠れているからかも知れません。

 


まとめ

いかがでしたか?ゴルフ肘テニス肘は治らないのではなく、治す見立てがないのが問題です。見立てが出来ればポイントに触れているだけで痛みは引いてきます。 そして、再発しない為に、しっかりメンテナンスをしてクセを取り除きながらスポーツを楽しみましょう。お困りのであればいますぐ当院にご連絡ください。メール、ラインなら24時間受付しています。
 

このゴルフ肘テニス肘の治し方を書いた人

このゴルフ肘テニス肘の治し方を書いた人鈴木 友貴(すずき ともたか)
1979年9月生まれ
仙台市出身
趣味 PC読書仕事
特技 仕事
◆経歴
2002年     赤門鍼灸柔整専門学校
柔整科柔道整復科 卒業
2002年     佐藤接骨院泉中央 分院長
2008年     赤門鍼灸柔整専門学校 鍼灸科 卒業
2010年     日本オステオパシー協会 入会
2010年     日本オステオパシー協会 退会
2012年     萩野町桜整骨院勤務、 全日本オステオパシー学院 入学
2014年4月 からだの治療院~おあしす~ 開業
2014年 IOIJ入会
2018年 全日本オステオパシー協会 退会
◆資格
柔道整復師,はり師きゅう師

< 仙台市青葉区の整骨院で交通事故治療  |  一覧へ戻る  |  尾骨の痛み >

カテゴリ:

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 10:00~20:00
土曜 17:00 日曜 13:00 終了
定休日 / 水曜・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ