HOME > 症状解消一覧 > 自律神経失調症 > 逆流性食道炎の治し方

症状解消一覧

< 自律神経失調症専門整体オステオパシー  |  一覧へ戻る  |  副鼻腔炎(蓄膿症)治し方 >

逆流性食道炎の治し方

2022/2/9更新

逆流性食道炎とは

逆流性食道炎とは 逆流性食道炎は、胃酸が食道へ逆流する事を指します。本来であれば胃と食道の移行する部分には括約筋と言って逆流を抑える弁があるのですが それを超えて胃酸が逆流し食道が炎症を起こしたり、各主症状を起こす病気です。 もともと日本人には少ない病気でしたが、食生活の欧米化、嗜好品、調味料の使用頻度が上がり、年々増加傾向です。


逆流性食道炎の症状

逆流性食道炎の症状は様々です。最初は胃酸逆流が主な症状でしたが、 息苦しさ、胃痛、喉のつまり、匂いなど、代表的には、以下の症状があります。


  • 胸やけ、呑酸:胃酸逆流が口の中まで上がってくることで、苦みや酸っぱみやげっぷ、また胃酸による食道へのダメージとして胸やけが起こります。

  • のどの痛み:胃酸により咽頭の粘膜が刺激され起こる

  • 吐き気:胃酸逆流に伴い起こる

  • 動悸:胃の自律神経の緊張の連動により引き起こされる。また胃の上部には横隔膜を介して心臓がある

  • 咳・喘息:胃酸逆流が気管支に刺激を与えるものとして考えられている

  • 口内炎:胃液による口内へのダメージ

逆流性食道炎は、これらの他にも様々な症状が起こります。



逆流性食道炎の原因

通常は、食道と胃の境目にある下部食道括約筋が、胃酸を逆流しないようにしています。 下部食道括約筋が働かない為に起こるのが逆流性食道炎です。


この場合は、食道裂孔ヘルニアとしての診断が下されます。


そして西洋医学的には、加齢・食事の内容・肥満・姿勢などによって、 食道を逆流から守る仕組みが弱まるか、胃酸が増えすぎることで胃液が逆流するために起こるとされています。


そして、食道粘膜の知覚過敏も疑われていますが、なんか言い訳のような気がします。

また最近では、一時的な逆流に伴う粘膜の炎症やストレスなどによって、 食道の過敏性を異常に高めてしまうこと(知覚過敏)が、逆流性食道炎の症状発生に大きな役割を果たしているとの報告もあります。参照:厚木胃腸科内科




逆流性食道炎の病院での検査

逆流性食道炎の病院での検査

病院で行う問診による診断と胃カメラ検査による診断があります。
問診では、食道裂孔ヘルニアの特定はできないまま胃酸の分泌を抑える薬を服用奨励されます。
胃カメラでは胃粘膜や食道粘膜の状態は確認できます。そして食道裂孔ヘルニアの診断もされます。
また逆流性食道炎の症状がひどい方は24時間モニター検査というのもあります。


逆流性食道炎の治療

逆流性食道炎の治療 逆流性食道炎はほとんどの場合、生活習慣からなります。 ですので、生活習慣の改善は必ず必要になります。


そして、一般的には薬物療法があげられますが インターネットで調べる限り、胃酸逆流を抑える効果は高いとされています。


しかし、再発はほぼ100%といわれていますので


薬物療法が効果的!というのは如何なものかと思います。


そして食道裂孔ヘルニアに対する外科的療法もあります。


生活指導

逆流性食道炎は、生活習慣の積み重ねで起こります。 ですから、西洋医学的な処置では改善は無い(再発100%)とされています。 という事で生活習慣の見直しが最低限のベースになります。


主には、
  • 姿勢不良による呼吸への悪影響(食道裂孔ヘルニア)自律神経の乱れ
  • 食生活の乱れによる消化器官への過度の負担(胃酸過多、自律神経の乱れ)
  • 食前、食後の過ごし方(消化器官の負担減、自律神経の乱れ)
  • 睡眠管理(人の再生機構は睡眠しかありません)



『また、逆流を起こしやすい食品の管理も必要』
  • 高脂肪食
  • チョコ
  • 餅、まんじゅう、あんこ
  • トランス脂肪酸
  • カフェイン飲料
  • 炭酸
  • 柑橘系ジュース
  • 香辛料
  • 大食
  • 就寝前3時間以内の食事



薬物療法の情報

年々増えている逆流性食道炎に対して、

逆流性食道炎の薬はいつまで飲むか?
いつまでお薬を飲みますか? 基本的には、約2ヶ月間が投薬治療期間となりますが、胸やけなどのつらい症状がとれてとしても、治ったとは限りません。 さらに、逆流症状は、ほぼ100%再発すると言われていますので、維持療法を行う必要がある時もあります。目黒区祐天寺たけまさクリニック参照




再発100%で治療効果を見込むというのはいかがでしょうか?


おあしすのオステオパシー施術効果




オステオパシー施術は、姿勢不良や各種不定愁訴に対応します。
逆流性食道炎は、おおよそ10回程度の施術回数を見込んでいます。
但し無理な使い方を続けている方は、もっと時間がかかります。



逆流性食道炎と食道がんの関係

近年、食道がんも増加傾向です。逆流性食道炎が長引くとバレッタ食道という 食道粘膜の異常がみられ食道がんの母地に移行していきます。 また、逆流性食道炎と同じように、喉のつかえや違和感は食道癌でも見られる症状です。 長引くような逆流性食道炎を長く患っている方は内視鏡検査を受けておくと、がんの早期発見に繋がり安心できるでしょう。 また、検査で癌が無いと言われた場合は、早めに逆流性食道炎を改善する施術を受けると その様なリスクもかなり少なくなるのではないでしょうか?


一般的な逆流性食道炎に対する考え方はコチラ
国立長寿医療センター 参照

【ご感想をいただきました】
日を追うごとに食事がとれなくなっていた 宮城県仙台市 52歳 女性

2020/12/21
日を追うごとに食事がとれなくなっていた 宮城県仙台市 52歳 女性 <お体のお悩みはなんでしたか?いつからどんなことでお悩みでしたか?>


今年(2020)の4月頃から胸の圧迫感、息苦しさが続き、病院で診てもらうと食道裂孔ヘルニアと言われました


日を追うごとに胃の不快感で食事もとれず体が弱っていく感じで、


その上この病気は治らないと言われこれからずっとこの症状が続くと思うと毎日が不安でした。


<当院へお越しいただく前はどのような処置をしてきましたか?>


病院でもらった薬を飲んでいました


<当院を知ったキッカケは?来ていただくまでどんなことを考えていましたか?>
薬を飲んでもなかなか症状がよくならなかったので、いい病院はないかとインターネットを見て知りました。


少しでも体調が良くなって辛い症状がなくなり


明るく元気な毎日を取り戻したいと思っていました。


<施術を重ねた今のお体の状態はいかがですか?また良かった点、悪かった他店との比較や当院の施術をおススメしたい方など。>


回数を重ねるごとに息苦しさ圧迫感がなくなって呼吸も楽になりました。


施術後はとても身体がスッキリして気持ちも明るくなります。


今では胃の不快感もなくなり、体も軽く、以前より疲労感も感じなくなりました。


身体全体バランスが整うと不調もなくなる事を実感しました


※個人の感想であり全ての方に効果を立証するものではありません


【ご感想をいただきました】
胃下垂が改善しました! 宮城県 20代 女性

胃下垂が改善しました! 宮城県 20代 女性 胃下垂と右半身の疲れやすさに悩んでいて来院しました。 清潔感のある院内です。 受付の女性の方も院長さんもフレンドリーで話しやすく、親身になって症状をきいてくださいました。 根本的な原因を探して施術していただき、背骨等のゆがみによる右半身の違和感・疲れは施術後すぐに改善し、胃下垂も2~3日後には改善を実感できました。 日常生活での姿勢や気を付けるべきことを指導いただき、症状がぶり返すこともありませんでした。
※個人の感想であり全ての方に効果を立証するものではありません


【ご感想をいただきました】
3回目です! 宮城県仙台市 30代 女性

口コミ 動悸や吐き気がしていたのですが、おさまってきました。病院でも原因不明としか言われなかったので、 不安でしたが回復する見込みが見えてきたので安心しました。 近所の鍼でもマッサージでも変わらなかったのに触られているだけのようですが不思議とよくなります
※個人の感想であり全ての方に効果を立証するものではありません


【ご感想をいただきました】
お酒を飲んでの吐き気、頭痛 宮城県 30代 女性

お酒を飲んでの吐き気、頭痛 宮城県 30代 女性 去年から、疲れると頭痛や吐き気がしていました 以前通っていた整骨院の先生には、肩こりから来るものだと説明されたのですが、頭のマッサージを受けても症状は悪化していました。 チラシが入ってたので、現在はおあしす整体院さんで見てもらってます。いろいろ触れて見てもらった結果、私の頭痛は、鎖骨とみぞおちが悪かったのが原因で肩こりや吐き気がしていたのだと説明されました。半信半疑で治療を受けたのですが、その日の内に首からこめかみにかけて一気にスッとした感じがしました。お酒を飲んでも頭痛は半減していたので続けて4回ほど通院中です。あの酷い頭痛や吐き気がおさまってます。 今現在は、自分の体に自分の体を治す力がなくなってしまっているのが原因らしいので、その力が枯れないように治療をするのだと、先生は言ってました。 今までこんな感じで説明を受けて効果があったのは初めてです。 オススメです
※個人の感想であり全ての方に効果を立証するものではありません


【ご感想をいただきました】
食道ヘルニアからくる胃もたれ 宮城県仙台市 20代 男性

食道ヘルニアからくる胃もたれ 宮城県仙台市 20代 男性 食道ヘルニアからくる胃もたれに毎日悩まされていましたが、1度の施術でかなり良くなりました。 施術前に食道ヘルニアの状態を説明してくれてどのように治療するかも事細かに教えてくれて非常に分かりやすかったです。 次回行くのが楽しみです。
※個人の感想であり全ての方に効果を立証するものではありません


【ご感想をいただきました】
食道裂孔ヘルニアでの逆流性食道炎の症状がほとんど出なくなった 仙台市 27歳 A様 男性

食道裂孔ヘルニアでの逆流性食道炎の症状がほとんど出なくなった 仙台市 27歳 A様 男性
2022/2/12更新
<お体のお悩みはなんでしたか?いつからどんなことでお悩みでしたか?>


昨年に食道裂孔ヘルニアと診断され


吐き気や食後の膨満感があった


<当院へお越しいただく前はどのような処置をしてきましたか?>


内科へ通院し逆流性食道炎の薬を処方してもらった。


<施術を重ねた今のお体の状態はいかがですか?また良かった点、悪かった他店との比較や当院の施術をおススメしたい方など。>


逆流性食道炎の症状がほとんど気にならない程度まで緩和した。


施術だけでなく生活習慣や食事に関するアドバイスもして頂き自分の日常生活を見直す上で非常に参考になった。


※個人の感想であり全ての方に効果を立証するものではありません

食欲不振の方はコチラ

オステオパシーはこんなことをしています

☆今すぐご予約お問い合わせ☆
お気軽にお申し付けください


電話受付の際受付スタッフが

「はい!おあしすです!」 と電話に出ますので

「ホームページを見て電話したのですが…」 と、おっしゃってください。

ご希望日、来店時間、をおっしゃってください
施術中は電話に出られない可能性がございます。留守番電に音声を残してください
メールやラインでのご予約は、 お名前、症状、ご希望の来店日、時間 をご記入の上ご連絡ください。

お問い合わせの方はお時間指定させていただきお話を伺わせていただきます
  後ほど、こちらから連絡させていただきます



この逆流性食道炎の治し方を書いた人

この逆流性食道炎の治し方を書いた人鈴木 友貴(すずき ともたか)
1979年9月生まれ
仙台市出身
趣味 読書 食べ歩き&ダイエット
特技 散歩

◆経歴
2002年     赤門鍼灸柔整専門学校
柔整科柔道整復科 卒業
2002年     佐藤接骨院泉中央 分院長
2008年     赤門鍼灸柔整専門学校 鍼灸科 卒業
2010年     日本オステオパシー協会 入会
2010年     日本オステオパシー協会 退会
2012年     萩野町桜整骨院勤務、 全日本オステオパシー学院 入学
2014年4月 からだの治療院~おあしす~ 開業
2014年 IOIJ入会
2018年 全日本オステオパシー協会 退会
◆資格
柔道整復師,はり師きゅう師、オステオパシー歴10年以上


< 自律神経失調症専門整体オステオパシー  |  一覧へ戻る  |  副鼻腔炎(蓄膿症)治し方 >

カテゴリ:

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 10:00~20:00
土曜 17:00 終了
定休日 / 水曜・日曜・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ