HOME > 症状解消一覧 > 膝・足の痛み > やってはいけない?変形性膝関節症への様々な治療法

症状解消一覧

< 『他とは違う』仙腸関節痛の施術を詳しく解説  |  一覧へ戻る  |  変形性膝関節症の施術ご案内 >

やってはいけない?変形性膝関節症への様々な治療法

個人的に、その膝への処置は良くないんじゃないの?と、小さな声で言いたい時が多々ありますこそっとお伝えいたします※あくまで個人の感想です


様々ある変形性膝関節症への処置や治療法ですが、どれをやったら良いか?悩みますよね。


やって良かった!と言うテレビを見てやってみたらそうでも無かったり


サポーターをしていると筋力低下を起こすらしいし


痛み事をして長期的に楽になればいいけど逆効果だったら嫌ですよね。


立場上、これが良いよ!と勧めすぎるのもうさん臭くなるかもしれないので


逆に『これやったらこうなるよ』


と言う、やってはいけないんじゃないか?と思う変形性膝関節症の治療法や処置をいくつか上げたいと思います。


それが分かると、コストや時間の無駄が省けるのではないでしょうか?



初回から歩き方を劇的に変えます。しかも、毎日ご自身で行えるようになります。

歩く事やスクワットなどの運動

痛みのある変形性膝関節症への運動はいかがなものでしょうか?


何かと手が付けられなくなると、筋力が~、リハビリが~と


お悩みのある方へ問題を押し付けすぎているような気がします。


なぜ運動を勧めないのか?


だって痛くて動けないじゃないですか。


それは、脳から『動かないでね』という指示が来ているのです。


回復させるために休ませたいのです。それでも運動するというのは変形を助長してしまうのでは??????


実際に歩いたりスクワットをして膝の状態が上向きになるのであれば、他の処置はいらないはずです。



サポーターやコルセットの装具

サポーターやコルセットの装具


痛みがある部分を押さえつけると楽にはなります。


しかし、痛みの信号(休んで欲しい)は出ています。


ですから、抑えてくれると楽ですが、動き続けると筋力は落ちてきます。


脳を含め、身体自体はテコでも動きたくないんです。


それでも、サポーターやコルセットの装具を駆使して動く事はプラスに働くのでしょうか?



痛み止めのお薬やブロック注射、膝の水を抜く事




こちらも同じく、痛みを止めるだけで


痛みがおさまると楽ですが、動き続けると筋力は落ちてきます。


脳を含め、身体自体はテコでも動きたくないんです。


膝の水は、消防車の様に燃え上がった膝の内部を冷やそうとする自律神経の働きです。


同時に動きにくくさせて、回復を図ろうとしています。


それを、無理やり抜いたら楽でしょうが...


お仕事や動かなくてはいけない事情がある方は、使用するのもアリでしょう。

膝関節人工関節置換術

膝関節人工関節置換術についてはユーチューブなどでどの位回復しそうか検索していただければと思います。


https://www.youtube.com/watch?v=R3ltuJ1nPd4


この歩行では再発しますね...1年ほど楽になる事だけで、あとの事を考えなければ良いのではないでしょうか????



『まとめ』おススメしない変形性膝関節症への様々な治療法




なぜ、この様におススメしない変形性膝関節症への様々な治療法と題したかと言いますと


変形性膝関節症のお悩みはある事をしていくだけで楽になるのを知っているからです。


遠回りして公開する人が少なくなる事を願っています。



変形性膝関節症の方には施術とこちらのコースをお勧めします。

変形性膝関節症施術のご案内


< 『他とは違う』仙腸関節痛の施術を詳しく解説  |  一覧へ戻る  |  変形性膝関節症の施術ご案内 >

カテゴリ:

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 10:00~20:00
土曜 17:00 終了
定休日 / 水曜・日曜・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ