受付時間
10:00~20:00(13:00~15:00昼休み)
※最終受付:平日19:30、土曜日16:30
アクセス
地下鉄南北線北四番丁駅徒歩3分
駐車場:1台

お気軽にお問合せ・ご相談ください

022-796-9927

変形性膝関節症の『治し方』

こんな変形性膝関節症の
お悩みございませんか?

 

  • 膝に痛み止めの注射をしても良くならない
  • 名医の整形外科で膝関節の手術も受けたが、また痛くなった
  • PRP療法も10回やったけど意味が無かった
  • 段々歩くのが辛くなってきた
  • これから膝関節に不安なく、生活をしていきたい
  • 整体にも鍼も行った...
  • 膝が痛いのにリハビリどころじゃない
  • なぜ膝の状態が進行するのか、膝が大丈夫な人もいるのに...

安心してください、変形性膝関節症の治療は、手術や再生医療、薬、リハビリが全てではありません。

変形性膝関節症とは

・概要

変形性膝関節症は、女性に多く、若ければ40代から発生する骨変形の整形外科疾患です。推定1000万人もの方が変形性膝関節症を患っているとのデータもあります。

変形性膝関節症は、膝の内部の軟骨や半月板が加齢変性ですり減ったり軟骨にとげができたりする変形性のものです。もし以前より、がに股でO脚に変形してきているのであれば変形性膝関節症が進行しているのかもしれません。

 

そして痛みが伴うのであれば膝の状態は思わしくないということが言えます。初期の頃は、痛みが起きても休めば症状はおさまるでしょう。状況が進行するにつれ痛みが強くなったり、関節内部に起きた炎症により膝に水が溜まったり、膝が動かし難くなる為筋力低下を早めたり、ロコモティブシンドローム(寝たきり)に繋がる事になりかねません。

変形性膝関節症施術のご感想を頂きました!

からだの治療院おあしすは変形性膝関節症の施術が得意です。膝の痛みを起こす疾患の中でも特に難しい変形性膝関節症の痛みを抑え可動範囲、筋力の低下から痛みなく動かしやすい状態を目指したい方は、お客様の口コミをご参考ください。

膝の痛みが日を追う毎に薄らいでいった
 [宮城県利府町 MT様 女性]

<整体前>

膝の痛みがひどく10年程前からずっと内科で関節痛の薬を処方していただき通院していました。

 

その間、整形外科で受診し、検査をしましたが「年齢からこの症状はあたりまえ」と言われ、 痛みがつらいから行ったのに治療の必要がないと言われ、 今は内科で漢方薬を処方していただいたものを飲んでいるだけです。

 

<整体後>

本当に寝られない程痛みがひどく足もひきずりながら、やっとの思いで院内に入りましたが、 今まで体験したことのある整体とは違い、先生の手が痛い所にピタッと止まり、揉みほぐすわけでもなく、 手の上に身体をまかせるだけで、スーっと痛みが薄らいでいき、だんだん身体全体が楽になりました。

 

又、一番の驚きは施術後、日を追う毎にまた痛みが薄らいでいくことでした。 本当にお伺いしてよかったと、先生そしてご紹介者にも今は感謝しております。

 

※個人の感想であり全ての方に効果を立証するものではありません。

上がらなかった右足が上がるようになり
正直びっくりでした 
[宮城県仙台市 匿名様 女性(会社員)]

<整体前>

腰の痛み。右足つけ根の痛み(足が上げられない)

 

<当院を知ったきっかけ>

親戚の勧め。

 

<来院の決め手>

当初、良くなるとは思っていなかったけど「だまされたと思って行ってみたら」と言われたので、とりあえず来てみた。

 

<整体後>

口コミも含め、良いといわれる病院、何か所も行きました。 腰痛は湿布と薬で上手くつき合うしかないと言われてきましたが、 ここで施術して上がらなかった右足が上がるようになり正直びっくりでした。 (施術当日→少し楽になった感じ。翌日→体がだるい。翌々日→気付いた時には普通に足が上がり着替えも苦なく出来てました。びっくり) 腰は1年も病院や接骨院など無駄な時間を過ごして放置してしまったので、 治るまで少し時間はかかるかもしれませんが通うつもりです

 

※個人の感想であり全ての方に効果を立証するものではありません。

膝の激痛は無くなりました。
仙台市 H様 50歳女性

膝の激痛は無くなりました。

<お体のお悩みはなんでしたか?いつからどんなことでお悩みでしたか?>

4か月前くらいから左足ふくらはぎがつる、右太ももの張りを感じていた。

1ヵ月位前、正座から立ち上がった瞬間、右ひざに今まで感じたことのない激痛が走った。

 

<当院へお越しいただく前はどのような処置をしてきましたか?>

30分ほどで痛みがひくが何度か激痛が続いたので、まず整形外科でレントゲン、超音波をとってもらい特に大きな断裂は無い事を確認、接骨院、鍼などにも行ってみました。

 
<当院を知ったキッカケは?来ていただくまでどんなことを考えていましたか?>
 
その時は背中の痛みで、やはりマッサージ、鍼など試しても治らず、その他の治療法を探していました。
 
<施術を重ねた今のお体の状態はいかがですか?また良かった点、悪かった他店との比較や当院の施術をおススメしたい方など。>

今回のひざの激痛は1度の施術で起こらなくなりました。

元々、姿勢が悪いので、なんとなく違和感は残っていますが右太もものはりはなくなりました。どこが悪くて症状がでているかを教えてくれる患部を温める(?)ような施術は骨粗しょう症気味の私には安心です。皆さんに認知されてしまったのですぐ見てほしい時に予約が取りにくくなったのは残念ですが、鈴木先生は私の最後の砦です。

(当日キャンセルにキャンセル料が発生するので仕事や介護で予定が変わることの多い私は予約が入れずらいです) 

※個人の感想であり全ての方に効果を立証するものではありません

膝の変形は老化で仕方がないと思ってた
[宮城県利府町 50代 女性 主婦]

膝の変形は廊下で仕方が無いと思っていた

<整体前>

2年位前に変形性膝関節症と診断。 同時期に腰痛もあり、病院から筋肉をつけるようにと指導された。 最近左肩にも痛みあり。 左足土踏まずは20歳前くらいから痛みがあり、昨年軟部腫瘍と言われ、 半年に一回病院で検査している。

 

<来院のきっかけ>

友人のすすめ

<整体後>

すごいの一言です。老化と整形外科で言われた腰痛が、 1回の施術でだいぶ痛みが無くなったので。 他の痛いところ、膝や肩、土踏まずなども良くなってきているので今後が楽しみです。 あと、痛みも原因が思いもよらない場所だったのにもびっくりでした。 年のせいで体の動きがにぶくなってきた、重くなってきた、と思っていたのですが なかなかにまだまだ動けるようで、とても嬉しいです。 お風呂掃除など、中腰になったあと腰を伸ばすときの痛みが さっぱり無くなってきました。

 

※個人の感想であり全ての方に効果を立証するものではありません。

整形外科的な変形性膝関節症の原因

日本人の40歳以上の膝の痛みのほとんどが変形性膝関節症と言われています。

 

一般的に1次的な要因

  • 加齢による変化(関節軟骨のすり減りなど)
  • 肥満
  • 下肢アライメント(通常、大腿骨と下腿骨の配列)
  • 職業
  • 遺伝
  • 生活環境などが関係

2次的要因

  • 炎症性疾患
  • 関節リウマチ
  • 化膿性関節炎
  • 腫瘍性疾患
  • 滑膜性骨軟骨腫症
  • 色素性絨毛結節性滑膜炎
  • 外傷
  • 靭帯損傷
  • 半月板損傷
  • 骨折
  • 壊死性疾患
  • 大腿骨顆部壊死

その他

神経病性関節症、骨系統疾患、代謝・内分泌疾患等々

様々な背景の後に変形性膝関節症に至ります。

癌などの場合もありますから画像検査や血液検査を行うと毒別な原因が特定されるかもしれません。

 

オステオパシー的な変形性膝関節症の原因

変形性膝関節症に至るまで様々なケースが考えられますが、大枠でみた場合

  1. 姿勢不良があり
  2. 下半身に対しての重労働、疲労感を感じている
  3. 踵荷重、O脚がに股
  4. 足に力が入らなくなってきている

と言うような積み重ねを経て徐々に変形性膝関節症へと至ります。膝への疲労を回復する間もなく、さらに負担をかけ関節の配列が正常でなくなり、変形するまで使い続けるのが変形性膝関節症です。

炎症性疾患やリウマチの既往、怪我がある方は、この流れは早くなる傾向にあります。

オステオパシーは健全な状態を取り戻す事が目的です。

  1. 姿勢が良く
  2. 下半身の疲労も休めば楽になる
  3. 足の指さきにも力が入り、真っすぐな脚
  4. 睡眠も食欲も適量で目覚めも良い

回復力のある状態から外れてしまった事が変形性膝関節症起こしている原因として捉えます。

悪い所をみつけて、取り繕うのではなく、改善する要素を身体に再構築するのがオステオパシーで行う事です。

 

一般的な運動療法、薬物療法、手術療法
より大事な事

 

一般的に、変形性膝関節症の治し方は大きく分けて、リハビリやマッサージなどの運動療法、シップや注射などの薬で緩和させる保存療法と手術療法に分けられます。最初に提示されるのが、運動療法と薬物療法です。どちらも対処療法でして、保存療法を2〜3ヵ月続けても効果がなく、さらに膝の痛みや変形が悪化している場合は、手術療法が行われます。

しかし、本当にその方法しかないのでしょうか?

正直2~3カ月オステオパシーの施術を受けて頂ければ、大きく状況が変わりますので、手術療法へ移行する方はほとんどいません。

階段が上がれない方は階段の上り下りが苦じゃなくなります。その位良い方向へ変わる方がほとんどです。

ですから、今のあなたの状態を正確に把握するべきです。本当にその運動療法、薬物療法は足しになりますか?手術すれば全て解決ですか?

もし一般的な情報が確かなら、運動療法で効果が上がらない、シップも注射も一時的、手術後すぐ痛みが出て困っていると言った声は上がらないはずです。

 

自前のもので若い頃の様にはならずとも、痛みなく力強く歩けたり駆け足ができるなら、メスを入れるデメリットは感じませんか?

 

では、詳しい内容を下記で解説します。

 

運動やリハビリは変形性膝関節症治療にならない?

リハビリに期待できる効果として、次のようなものが挙げられます。

  • 痛みによって緊張した筋肉をほぐす
  • 痛みや緊張で拘縮した関節の可動域を拡大する
  • 血行を促進させる
  • 痛みをきっかけに低下した筋力を向上させる
  • 運動機能を回復させる

参照:痛みwith

 

上記は、オムロン社『痛みwith』の情報です。これは正確なものでしょうか?

 

今まで、一生懸命頑張った運動、マッサージ、リハビリ、ストレッチ、効果は出ましたか?

ためしてガッテンでやっていた膝の運動で無理な曲げ伸ばし、 整形外科で勧められたリハビリをしてみたりで逆に膝が痛くなっていませんか?

その変形性膝関節症の痛みは、脳から『もう動かさないで欲しい』という切実な信号から来ています。

ですので、無理に動かすような運動、マッサージ、リハビリ、ストレッチ、電気、注射で麻痺をさせる方法を取られた場合は、休んで回復させたいのに、無理に動かすことになります。

 

という事は、体が嫌がりますので『良い結果が伴わない』という事になります。

運動がしたいならせめて痛みがおさまってからにしましょう。

 

 

軟骨が無くても70%の人は痛みを感じない??

膝関節の軟骨が減っても膝が痛くない人もいます。なぜなら、関節や骨自体には痛みを感じるセンサーが無いからです。

 

膝の名医、専門医は、このことを知っていながら変形性膝関節症の手術では膝の軟骨、半月板、じん帯しか治療しません。

 

なぜ、何のために膝の専門医(名医)はこのような処置をするのでしょうか?

 

日本における人工膝関節置換術 年間症例数は10年で1.5倍に増えているようです。

 

怖いですね。消費者として知識を得る必要があります。

 

痛みを起こしている発端は、軟骨以外の組織にある為、痛みを止めたり動きやすさを出すには他の処置が必要になります。

 

関節鏡視下手術、高位脛骨骨切り術、
人口膝関節置換術のデメリット

 

形性膝関節症が初期から中等度の進行がある場合、関節鏡視下手術、高位脛骨骨切り術が選択され、重度の場合、人工膝関節置換術が選択されるようです。

関節鏡視下手術は軟骨の破片を取り除いたり、滑らかに動きように削ります。

高位脛骨骨切り術は、O脚に変形した膝を真っすぐになる様に切って整える方法です。

人工膝関節置換術は関節をステンレスやチタン合金、プラスチック、セラミックなど人工のものに変えます。長くても20年で再手術が必要です。

これらは全て膝のみへの処置となります。ですから膝が痛むきっかけになる『腰』『姿勢』などからの影響は考慮されません。

では、あなたの膝の不具合を起こしている根本の腰や全体的な姿勢を考慮せず手術療法を選択した場合、どの様な反応が起きるか想像できますか?

これらの事から、薬物療法に関しても一時的な延命に過ぎない事は明確でしょう。

変形性膝関節症は自力で治る?

膝の軟骨は一度損傷してしまうと、自然に治癒することはありません。なぜなら、軟骨には血管が通っていないからです。変形性膝関節症を治すには、きちんとした治療を受けながら、膝を支える筋肉を鍛える運動や、膝の負担を減らす工夫、肥満の方はダイエットなどが欠かせないのです。エフェメールホームクリニック

確かにダイエットは効果的ですが、痛みを起こしているのに筋力強化は難しですし、膝に血管が通ってないから治らないと言われていたのは20年も昔です。現在は、半月板損傷も、十字じん帯損傷、側副靱帯損傷も保存療法がおこなわれる場合もあります。

人体の栄養血管は全身をくまなく巡る毛細血管血流です。そして、軟骨を再生させるより軟骨を傷つける問題を取り除く事が重要になります。

またサポーターや杖の使い過ぎは、筋力が早く低下する為、短期間の使用に抑えたいものです。

からだの治療院おあしすの
変形性膝関節症の治し方

膝の変形を起こす原因を取り除きます

一般的な整体・整骨院・病院

原因の特定も無く痛み止め、マッサージ、ストレッチ等の処置をするだけ。原因はコレと説明されても、施術結果が出ない。

からだの治療院おあしす

膝に影響を与えている緊張感(全身の細かい筋肉や関節、靱帯、膝に関与する組織全て)を自律神経から緩め、血液循環を促します。施術をするたびに立ちやすさ、歩きやすさが実感できます。少し時間はかかりますが、変形した膝の凸凹感も滑らかになってきます。

 

足も軽くなりますが、体力もついてきます。

一般的な整体・整骨院・病院

痛いし無理のある方法を用います。しかも痛みを止める目的だけで、身体全体から変形性膝関節症が何を表しているのか分からず施術を行っている。結果もその先の事も不安でしかない。

からだの治療院おあしす

膝が変形する場合、必ず『腰』が正常でなくなり、その上にある胸郭が固くなり体力が低下しやすくなってから膝に影響が出ます。ですので、すべてを整えていくと力が入りやすくなるのはもちろん疲れやすかった体質から元気な身体へと変わります。

個人に合ったお家でできるケア
痛みが起きない使い方のポイントをお伝えします。

一般的な・整体・整骨院・病院

古いリハビリでその場しのぎ。結局痛み止めの方が役に立つ。

からだの治療院おあしす

現状からできる事を段階的にお伝えします。また、正しい歩行動作もご提供しています。ご予約時にお申し込みください。膝に負担を掛けない、正しい足の使い方を身につければ、膝の痛みは格段に減ります。

変形性膝関節症整体オステオパシー料金

フルコースオステオパシー
(上級コース調整
(初回)15,000 
2回目以降12,000
ポイントオステオパシー(通常コース) (初回)10,000 
2回目以降8,000

前日20:00までお申し込みの

35歳以上の方、初回キャンペーン

細かい部分も全身も整えます

全体の調律を整えます

変形性膝関節症施術の流れ

変形性膝関節症整体の流れをご紹介します。

まずはお電話でお問い合わせください

お電話で事前にご予約下さい。

・お電話の『はい、おあしすご予約電話です』と出ますので

・『ホームページを見て予約の電話をしたのですが』

とおっしゃって下さい

症状を伺ったり、ご予約のお日にちを決めさせていただきます。

※施術中は電話に出られないこともあります。その時は、後ほど頂いたお電話番号に折り返させて頂きます。

受付で問診票のご記入をお願いします

問診票へは

・現在のお悩みや過去に起こった不調等をご記入下さい

・問診票を基にカウンセリングを致します。

受付後、カウンセリングをします

からだの治療院おあしすでは、辛い症状を治したいあなた安心して施術を受けて頂けるように

  • しっかり状況を聞く
  • 何が不調の原因か?
  • その原因をどうすれば良いか?
  • どの位まで良くしたいか?
  • どのくらいのペースで通えば良くなるか?
 

等、カウンセリングのお時間を設けています。

改善したい状況、今まで処置を受けて改善しなかったお話、ご自身では気が付かないが現在抱えている不調等をお伺います。

また、こちらの施術方針、施術内容のご説明もさせて頂いております。分からないことがあれば何でもご質問ください。

身体状況の把握と独自の検査

西洋医学の検査では、原因が分からないもの、打つ手がない状況をオステオパシーの独自の検査で把握していきます。

オステオパシーの検査は、肩に触れているだけの検査です。肩に触れているだけで、あなたの身体に足りない要素は何か?(自律神経が高ぶっている要素)の特定をして行きます。無理な事はしません。その後、必要であれば力が入るところの確認、呼吸の確認、関節の動き、頭部の状態など、全身の状態をチェックしていきます。

身体の施術を進めていきます

施術は体に優しく触れながら身体の緊張感を抜いていきます。緊張感が抜けていくと

  • 何かが抜けていく感じがして楽になる
  • 呼吸がしやすくなる
  • 肩の力が抜け座りやすくなる
  • 足腰やお腹に力が入りやすくなる
  • 膝が伸びる

等、お身体が元気になります。手順を踏み、身体を作り上げれば、結果はついてきます。

よくあるご質問

膝に水が溜まらない様になりますか?

水が抜けて行く経路を作ります。

膝に水が溜まる方は、心臓までのリンパに流れを滞らせています。その経路を確保するように施術すれば、膝の水が引くのはもちろん、水が溜まることが無くなります。水の抜きすぎは変形性膝関節症を進行させます。しっかり経路が確保される状態を保ちましょう。

半月板も損傷しているのですが

施術を受けていくと痛みを起こさない膝の形になり
膝も伸びていきます。

整形外科で手術が必要と言われたのですが…

手術が必要と言われた方でも、70代までの方は5回以上の施術回数で歩きやすさは実感できると思います。
また、15回程の施術回数で手術しないでメンテナンスする事のメリットは感じていただいてます。
壊死が進行している方は、人工膝関節置換術が必要になる事でしょう。進行する前でしたらお力になれると思います。

その他の膝の痛みも良くしてくれますか?

色々な膝の痛みに対応しています。その他の痛みもご相談ください。
・膝の捻挫・膝窩筋炎・膝蓋靱帯炎(ジャンパー膝)・鵞足炎

変形性膝関節症オステオパシー整体
『治し方』まとめ

いかがでしょうか。仙台市青葉区内で変形性膝関節症を初め、膝の痛みや姿勢、体質などのお身体のお悩みを取り除いてくれる整形外科、整体、整骨院はどれだけあるのでしょうか?

電気やマッサージ、ストレッチやリハビリ、注射や手術だけでは体全体に潜む問題が根本的には解決しない為、また悩みが増え快適な生活は送れません。

何をすれば身体の事に囚われなくて済むのか・・・と悩んでしまうのではないでしょうか?

 

もう大丈夫です。しっかり取り組めば本当に良くなります。あなたの膝だけでなくお身体の問題を一緒に解決していきましょう。

わたしが施術で使いやすい膝にするのはもちろん、あなたが日常で真剣に取り組んで頂ければ、どんどん使いやすい膝になること間違いなしです。

 

ご興味をお持ちの方は、ぜひお気軽にお電話ください。もちろんお問合せ・ご相談からでも構いません。

 

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約

022-796-9927

<受付時間>
10:00~20:00(平日最終19:30、土曜日は最終16:30)
※水曜・日曜・祝日は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2022/05/13
ホームページを公開しました
2022/05/12
「施術案内」ページを更新しました
2022/05/11
「アクセス」ページを作成しました

からだの治療院おあしす

住所

〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

アクセス

地下鉄南北線北四番丁駅徒歩3分 
駐車場:1台

受付時間

10:00~20:00
(平日最終19:30、土曜最終16:30)

定休日

水曜・日曜・祝日