HOME > 症状解消一覧 > 膝・足の痛み > 膝痛 膝の捻挫

症状解消一覧

< ハムストリングス  |  一覧へ戻る  |  偏平足の改善、治し方 >

膝痛 膝の捻挫

膝痛 膝の捻挫

 

膝の関節をねじって痛めた「膝の捻挫」は自然に治る事は少なく、
この膝の痛みは進行すれば変形したり、水が溜まったりします。

整形外科ではリハビリしかないと言われて、このままでは杖を突いた生活が待っているかもしれません。

大けがをして歩けない場合はまず病院で診察してもらいましょう。
その後のリハビリが上手くいかない方は病院以外の方法を探しましょう。

当院では、膝の捻挫がどこからきているか?どこをどう調整すれば痛みが引くか?
どう維持すれば年齢を重ねても痛みのない生活が送れるか?をしっかりとお伝えし整体していくことで成果を上げています。

そのうち治るだろう、整形外科でいいや、揉んでもらえればいいや


なんて考えているうちに酷い痛みに進行している方も多くいらっしゃいます。

悩んでいる方はご相談だけでも構いません。
痛みが進行してしまってストレスを感じながら日々の生活を送る事は避けましょう。

膝の捻挫後の治療には膝の痛みへの専門的な知識、身体全体が膝にどのような影響を及ぼしているのか?が必要です。


まずは膝の捻挫の概要をご覧ください(^^)/
捻挫というのは靭帯を痛めることです。様々な靭帯が存在しており損傷場所により名称が異なります。


 

主な診断名、特徴など

  1. 膝内側側副靭帯損傷
  2. 膝外側側副靭帯損傷
  3. 前十字靭帯損傷
  4. 膝半月板損傷
  5. 後十字靭帯損傷
  6. 膝蓋大腿靭帯損傷

前十字靭帯断裂は整形外科で手術を受けると予後が良いです。

損傷後の症状

捻挫後に起こり得る症状は様々です


  • 曲げると膝が痛い
  • 膝に力が入らない
  • 電気やリハビリはしているが膝痛はおさまらない
  • 水が溜まっているように腫れている
  • 膝の内側が痛くなる
  • 注射をしても痛みが引かない
  • 脚が細くなってきた


捻挫などのケガは自然治癒しません!

全ての捻挫に言える事ですが、自然治癒はしません。
「痛みが治まれば大丈夫」と言われて数年後に酷い症状になっていませんか?
人間の身体は回復力を持っているので若い時は血流が豊富なため痛みを感じない様に維持できますが
20歳を境に身体は衰え、30代後半から症状を感じやすくなります。

そして痛みを感じる日々が待っています。

ケガを負った直後でも膝は以前より力が入らなくなっているはずです。

それは、まだ直してほしい動かしてほしくないと言う膝関節の訴えでもあります。

 


当院では膝の捻挫の改善がリハビリやテーピング、電気が正しい処置とは考えていません!
捻挫で痛めた靭帯の改善の為、アメリカ医学のオステオパシーの考察を採用しています。

   

オステオパシーでは、痛めた靭帯の反対側にも過緊張を起こし
アンバランスな状態を保っているから捻挫後の不具合が残ると考えています。

例えば内側の靭帯を伸ばした場合は外側の靭帯が縮み、そして内側にストレスを与え続ける
その外側が原因と考えています。

(参考文献ストレインカウンターストレイン)

捻挫の痛みが治らないシステム


反対側が縮むとはどういう事でしょうか? 誰しも痛めた部分に目が行くと思います。
人間の身体は前後左右と目線が水平になるようにバランスを取りながら生きています。

どこかが伸びれば、どこかが縮まない限り水平を保てません。

必要な事


黒い矢印がケガで伸ばした靭帯でピンクの部分が縮んだ靭帯です。

黒矢印の靭帯が伸び、ピンク側は縮んでいる


靭帯の痛みを感じるのは内側ですが、かばっているのは外側です。

外側は押されると痛みを感じます。 内側はの痛みは時間とともに感じなくなります。

しかし外側は時間が経っても縮んでいるため押されれば痛い状況が続きます。

外側が縮みっぱなしな為、内側は引き延ばされるストレスを一生抱えることになります。

必要な処置は、外側の靭帯に正常な伸びを取り戻し
結果、伸ばされ続けている内側の靭帯をストレスのない位置まで縮める事です。


身についた癖を一緒に取り除いていきましょう!


また、良かれと思っているリハビリ、ストレッチ、マッサージ、運動が、

あなたの今のからだの状態に合っているとは限りません。


最悪、痛み悪化し長引くということも多々あります。

あなたに合った最適最短な施術をし、関節の痛みから早期解放できるようにアドバイスをしています。



ご予約はおはやめに。メール相談も承っております。


電話受付の際 受付スタッフが


「はい!おあしすです!」 と電話に出ますので


「ホームページを見て電話したのですが」 と、おっしゃってください。


ご希望日、来店時間、をおっしゃってください


メールでのご予約は、 お名前、症状、ご希望の来店日、時間 をご記入の上ご連絡ください。

後ほど、こちらから連絡させていただきます



 

整体の種類(仙台の整体 からだの治療院~おあしす~)

オステオパシー(カウンターストレイン/頭蓋オステオパシー/靭帯性関節ストレイン/マッスルエナジー/クラニアル/トルクアンワインディング/クラシカルオステオパシー/内蔵マニュピレーション)


適応症状 疾患(仙台の整体 からだの治療院~おあしす~)

膝痛、椎間板ヘルニア、自律神経失調症、腰痛、ぎっくり腰、坐骨神経痛、骨盤矯正、スポーツ障害、オスグッド(成長痛)、眼精疲労、肩こり 偏頭痛(片頭痛)、顔面神経麻痺、逆流性食道炎、更年期障害、慢性疲労、妊婦整体、こむら返り、足底筋膜炎、交通事故治療 顎関節症 むち打ち 首痛 腕の痛み 腕のしびれ 背中の痛み 肋間神経痛 顔面神経麻痺 メニエール 生理痛 不妊 下痢便秘 耳鳴り めまい 喉の詰まり(つまり) 喉の違和感 足のむくみなどのオステオパシーの対象疾患


整体施術地域 (仙台市の整体 からだの治療院~おあしす~)

上杉近隣の木町通、二日町、柏木、本町、国分町、通町、支倉、広瀬町からもお越し頂いてます。

宮城県仙台市青葉区/宮城県仙台市宮城野区/宮城県仙台市若林区/宮城県仙台市泉区/宮城県仙台市太白区/宮城県多賀城市/宮城県名取市/宮城県利府町/その他岩手県、福島県、山形県


様々な職業の方に受診して頂いております (仙台市の整体 おあしす整骨院)

内科医、外科医、産科医、弁護士、会計士、税理士、柔道整復師、針灸師、OL、会社役員、会社員、学生、営業職、公務員、美容師、接客業、主婦、長距離運転手、漁師、テレビディレクター、モデル、レポーター、プロ野球選手、その他各職種


周辺施設 (仙台市の整体からだの治療院~おあしす~ )

スポーツクラブ・グランスポール上杉、宮城中央病院、すき焼 割烹 かとう、石井屋、仙台ホサナ協会、和喰和喰亭、ビーフロードほそや、ファミリーマート

仙台市地下鉄南北線北四番丁駅徒歩3分 駐車場1台あり

住所:仙台市青葉区上杉1-15-8-101

電話:022-796-9927

前日まで空き時間をご確認の上ご予約下さい。当日予約も承りますがお断りすることが多くなっています。

平日昼休み13:00~15:00
最終受付19:30
土曜日最終は16:30

< ハムストリングス  |  一覧へ戻る  |  偏平足の改善、治し方 >

カテゴリ:

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 10:00~20:00
土曜 17:00 終了
定休日 / 水曜・日曜・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ