HOME > 症状解消一覧 > 内臓・器官の調整 > 胃痛・腹痛

症状解消一覧

< 胃下垂  |  一覧へ戻る  |  首のしわ >

胃痛・腹痛

原因不明な胃痛・腹痛は整体で改善



胃の痛み・腹痛は女性に限らず男性にも起こる症状です。その場合はお腹にある腰の筋肉の緊張かもしれませんし

痛む場所で大別することが出来る症状もあります。
原因不明の右や左の下腹部の痛みは腰の筋肉の疑いがあります。
病院の腹診やMRI検査などでもいろいろなものが見つかります。

  • 上腹部虫垂炎、胃炎、膵 炎、逆流性食道炎
  • みぞおち 胃炎、胃がん、膵炎、膵がん、十二指腸かいおう、
  • 下腹部 胃炎、婦人科疾患、腰筋の緊張、
  • 腹部全体 腸閉塞、消化管に穴が開く、腹部大動脈破裂
医療機関での受診は必須です。

近年増加している原因不明な胃の痛み・腹痛の問題と解決法



胃痛・腹痛の多くは、お腹が張っている方に見られるのではないでしょうか?

お腹の張りは、血流、リンパ液のつまりを表しています。リンパ液は全身から心臓に向かい流れています。

身体がゆがみ無く、正常な流れを保てるのであれば腹部が張ることはありません。

しかし背骨の捻じれがあれば、その内部のリンパ管も捻じれ流れをせきとめてしまいます。

その他にも、内臓の下垂で猫背状態が続きリンパ管を圧迫して滞りを起す場合もあります。



腹痛は自律神経の問題によっても区分できます。



急に来る痛みは交感神経の作用により起こります。

特徴として
  • 昼間に起こる
  • 痛くなったり、治まったり
  • 放射的
  • 休んだり寒くなったりすると楽になる

少しずつ、ぼやっとした痛みは副交感神経の痛みです。

特徴として
  • 夜間痛になる
  • 動いたり温めると治まる
  • 内臓の異常

交感神経は普段から体のコリを放置している方に起こります。

腹膜の癒着が原因と言われた腹痛でも改善の可能性があります

胃下垂、子宮が傾いている、内臓の下垂の為と診断を受けた方でも まだ諦めないでください。
感染症の方は酷い癒着があるかもしれません、まず病院で検査を受けましょう。

手術を受けるほどのものでは無いと診断を受けたなら オステオパシーの身体調整で痛みが治まってくるかもしれません。(医師ではないので断定はできません) 身体は自然と回復するシステムを備えています。

ほんの小さなきっかけを与えるだけで 内臓を支えている筋肉を緩めるだけで内臓は上がり始め、
内臓下垂による腹痛を起こさなくなる可能性があります。

腎臓の下垂により傾いた子宮が元に戻る可能性があります。

オステオパシーはアメリカや世界各国で認められた療法です


体液の流れの問題、内蔵の問題、等
西洋医学で原因が特定できないものはオステオパシーの得意分野です。

原因不明の症状といわれているものの多くはゆがみ、コリ、むくみ、筋緊張など身体に表ています。

その現れている部分を整体により正常化する事で、背筋を起せないほどの腹痛も解消できます。

もし医療機関等で原因特定が出来ない方は、慢性的な内蔵の問題で腹痛を訴える方は

改善できる症状も多くありますので、一度お気軽にご相談下さい。

< 胃下垂  |  一覧へ戻る  |  首のしわ >

カテゴリ:

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 10:00~20:00
土曜 17:00 終了
定休日 / 水曜・日曜・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ