HOME > 症状解消一覧 > 自律神経失調症 > 不眠症【国民病】整体と自律神経の乱れ

症状解消一覧

< 「微熱、高熱も?」慢性疲労症候群  |  一覧へ戻る  |  痛みなく握れます!ヘバーデン結節の治療とは >

不眠症【国民病】整体と自律神経の乱れ

これまで考えた事もなかったかも知れませんがじつは、こんな不眠症の考え方もあります。あなた自身にも、当てはまるでしょうか?

仙台市内で、不眠症にお困りのお客様向けの整体のご紹介と不眠症の解説です。


『私は不眠症なのだろうか?眠れない身体になった原因を知りたい!何もしないで自然に寝れるようになるにはどうしたら良いのかな?』って思っている方向けの記事です。



こんな悩みございませんか?

不眠症【国民病】整体と自律神経の乱れ
  • 〇寝つきが悪い
  • 〇寝た感じがしない
  • 〇ちょっとした物音でも起きてしまう
  • 〇疲れているのに早く目覚める
  • 〇よく夢でうなされる
  • 〇不眠で生活に支障が出ている
  • 〇薬に頼りたくないのに導入剤が無いと寝れない



不眠症とは、睡眠障害の1つで、『寝つきが悪い』『熟睡できない』『早く目が覚める』と言った症状に伴い、


昼間の眠気、注意力、記憶力への悪影等、日中の活動に影響を及ぼしています。

『だるさなど倦怠感』『昼間の眠気にともなう集中力の低下、意欲の低下』という流れです。


初期は地味なものですが、成果に影響を与えるため、成績や収入へ影響を及ぼしかねません。


また、少ないですが、寝る子は育つといわれる重要な睡眠ですから、若い子が不眠になると脳や体の発達に影響が出ます。


お肌も荒れたり、デメリットは多くなります。


厚生労働省のe-ヘルスネットでは、不眠症は国民病とされ、60歳以上の3人に1人は睡眠の問題で悩んでいます。若い方にも増えてますね。


さらに、国民栄養・健康調査調べによると、日本人成人の約20%が慢性的な不眠の様でして、平成21年の調査依頼、増加傾向にあります。


また、生活習慣病の方は不眠症が多くみられます。質の良い睡眠が取れている方に比べて、不眠症の方は、糖尿病のリスクが約2倍になるようです。


『長年、睡眠導入剤が手放せない』と薬の服用歴が長い方も他の病気のリスクもありそうですね。


どんな方でも、うっかり油断していると不眠症に引きずり込まれます。


でも、ご安心ください。 眠れないほどの身体の緊張を緩め、呼吸を深めると自ずと改善がみられるものです。


【コンテンツ】
こんな悩みがございませんか?病院で診断される不眠症の症状
ブルーライトも!?不眠症の原因
整体で不眠の解消!?不眠症の治療、改善



こんな悩みがございませんか?病院で診断される不眠症の症状

こんな悩みがございませんか?病院で診断される不眠症の症状 病院で分けられる不眠症の症状は4つあります。どれも【寝た感じがしない、朝スッキリしない】と訴えます。
診断名 特徴、症状
入眠困難 寝つきが悪い(~1時間以上)
中途覚醒 夜、何度も目が覚める
早期覚醒 目が早く覚める、その後寝れない
熟眠障害 睡眠時間は十分なのに、眠りが浅い、寝た感じがしない



ブルーライトも!?不眠症の原因

ブルーライトも!?不眠症の原因


では、不眠の原因です。ほとんどのかたには落ち着いた環境

環境

 時差、枕、寝床が変わる、気温、騒音、ブルーライトでの目への刺激(交感神経への過度の刺激)


身体的

 加齢、自律神経失調症に症状(頻尿、痛み、かゆみなど)過度の筋緊張


心理的状態

 死別、結婚、離婚、仕事のストレス、育児ストレスなど


摂取要因

 アルコール、ニコチン、カフェイン、食べ過ぎ、薬の副作用、運動不足


整体で不眠の解消!?不眠症の治療、改善

整体で自律神経を整える!不眠症の治療、改善


不眠症に至る【睡眠を妨げる要因】は、
  • からだの疲れの積み重ね、
  • カフェインや添加物などの排泄しきれない毒素の積み重ね
  • 受け止めきれない精神的ストレスの積み重ね
により、緊張(疲れ)が抜けない事


から始まります。


なので、ご自身の生活習慣を見直しましょう!頑張ってませんか?姿勢は悪くないですか?ジャンクフードを取りすぎていませんか?


ストレス、心配事、運動不足、等日常のすべてが緊張に関わります。普段からの身体の負担を減らして、 疲れが溜まらないように予防してください。


そして、お身体の緊張は直接整体で緩めてあげましょう。


オステオパシーは、普通の整体や電気、薬の範囲以上に、内部から過度の自律神経の緊張も整えます。


  • 力が抜けて真っすぐ立てる
  • 深い呼吸
  • 柔らかい身体
  • 適切な排泄など
正常な自律神経反応が、


  • 睡眠導入剤
  • 心理カウンセリング
では、落ち着かない身体や心を整えます。


疲れを溜めすぎると寝れなくなります




身体の疲れは自律神経を乱し、睡眠で整えてくれますが


疲れすぎると眠れなくなります。眠るのにもホルモンや自律神経の正常な働きが必要です。


整体で呼吸を深め、節々を柔らかくすることで、自律神経の切り替えがスムーズに行われ、正常な眠気が起こります。


悪い食べ物は、消化に負担をかけ自律神経を疲れさせ乱します。




砂糖、小麦、乳製品は腸に負担を掛けます。(おならが増える、臭くなるの反応もそれ) カフェイン(脳、胃腸)、アルコール(肝臓、胆のう腸)、タバコ(肺、食道、胃腸、脳、血管など)は身体を緊張させるます。


緊張を解くのに必要な細胞の活動量が多いため、自律神経に負担をかけ疲れます。


また、小麦、トランス脂肪酸などの摂取により『かゆみ』が出る方もいますので、不眠に繋がります。


薬の副作用、薬も消化に時間とエネルギーを使うので自律神経は乱れやすくなります。


常時服用する方は、排泄力を上げるように身体を整えたり、排便を促すサプリメントの摂取も効果的です。軽めの運動も良いですよね。


腸に負担を掛けない食事を心がけましょう



心の負担と自律神経の乱れ




ご自身では解決できないストレスがかかる、仕事や運動、学生生活も興奮状態が維持されるものです。


このストレス生活の間は、


  • ・呼吸が浅くなる
  • ・姿勢が悪くなる
  • 気持ちが落ち着かなくなる
  • 考えることが多くなり身体の緊張が増える



このプロセスでは、必ず身体が固くなります。よって自律神経が乱れます。そして不眠に至ります。


この様に、心の疲れは身体に直結するんです。


何もしない時間を増やすのも、こころを疲弊させない手段になります。


ちなみに、キレイな男性や女性にドキドキするのもストレスになります(笑)恋愛から不眠になるのも良いものではない様です。



環境に対しての改善策

騒音を避けるのはもちろんですが


近年は、スマートフォンやパソコンの普及により、目に入るブルーライトが不眠の原因とされてきてます。


就寝の2時間前には目への刺激を避けましょう。


とはいっても、LEDライトもブルーライトに入るので、避けるの難しいんですよね!


海外渡航での時差対策は、食事を摂らない事です。


各睡眠障害もご対応いたします

この不眠症【国民病】と自律神経の乱れを書いた人

この不眠症【国民病】と自律神経の乱れを書いた人鈴木 友貴(すずき ともたか)
1979年9月生まれ
仙台市出身
趣味 ブログ運営 読書 食べ歩き&ダイエット
特技 妻
SEOコンサル&オステオパシーの勉強会も随時受付中です。
◆経歴
2002年     赤門鍼灸柔整専門学校
柔整科柔道整復科 卒業
2002年     佐藤接骨院泉中央 分院長
2008年     赤門鍼灸柔整専門学校 鍼灸科 卒業
2010年     日本オステオパシー協会 入会
2010年     日本オステオパシー協会 退会
2012年     萩野町桜整骨院勤務、 全日本オステオパシー学院 入学
2014年4月 からだの治療院~おあしす~ 開業
2014年 IOIJ入会
2018年 全日本オステオパシー協会 退会
◆資格
柔道整復師,はり師きゅう師

< 「微熱、高熱も?」慢性疲労症候群  |  一覧へ戻る  |  痛みなく握れます!ヘバーデン結節の治療とは >

カテゴリ:

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 10:00~20:00
土曜 17:00 終了
定休日 / 水曜・日曜・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ