受付時間
10:00~20:00(13:00~15:00昼休み)
※最終受付:平日19:30、土曜日16:30
アクセス
地下鉄南北線北四番丁駅徒歩3分
駐車場:1台

お気軽にお問合せ・ご相談ください

022-796-9927

自律神経失調症の症状に対応するには

自律神経失調症とは

知ってましたか?

2011/11/23更新

自律神経失調症は特定の疾患名ではありません。

病院では特にこれと言って原因が無いものにつける不定愁訴のことを言います。

自律神経は、睡眠、覚醒、疲労感、空腹感など無意識に24時間あなたの身体を管理してます。それが度重なる肉体的、精神的、内臓的な負荷によりストレスがかかる事が原因で、自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスが維持されず崩れて起こる様々な症状の総称を自律神経失調症と言います。

 

ココからの解説内容

自律神経失調症の症状は様々

自律神経の様々な不調

精神的症状

精神的な症状はホルモンの話が分かりやすいです。

頑張りすぎる➡交感神経系の緊張➡下垂体から副腎へ刺激➡アドレナリン、コルチゾールが副腎から放出、神経が研ぎ澄まされる

ストレスが長引くと、この神経が研ぎ澄まされた状態から抜け出せないため、緊張が続き疲労が抜けず、でも戦闘う体制を取らないといけない脅迫があり、イライラ、不眠、情緒不安定、不安障害やパニック障害、または戦闘態勢からスイッチが切れてしまうと記憶力、集中力の低下、落ち込みやすくなる、うつ病とドンドン発展します。

肉体的症状

肉体的症状を上げます。身体の痛みが長引けばうつ病に発展すると言われます。精神的症状と被る事が多いです。また肉体的問題がある方が内臓症状をおこすものの代表として、腰痛と耳鳴りや腰痛と便秘、下痢、肩こりと不眠、肌荒れ。腰痛と冷えなど、すべては独立しているのではなく連動しています。

 

肉体的疲労(肩こり、首こり、頭痛、めまい、吐き気、腰痛、各関節の痛み)不眠症、肌荒れ、かゆみ、のぼせや過度の発汗、夏バテ、立ち眩み、冷え、耳鳴り、耳痛、難聴、鼻詰まり、鼻閉、眼精疲労、各目の異常、味覚異常、口内炎、口の中を噛む、歯痛、喉の痛み、痔、筋力低下、痺れなど

内臓的症状

これらも線引きをする事が難しい症状です。自律神経失調症の内臓的初期症状は、夜尿症や生理痛、胃もたれ便秘、下痢などでしょう。

動悸、息苦しい、息切れ、喉のつまり、食欲不振、逆流感、腹痛、もたれ、便秘下痢、生理痛、生理不順、勃起障害、排尿障害など

自律神経失調症の原因

自律神経失調症を起こす肉体的、精神的、内臓的な負荷、を引き起こすものはどんなものが考えられるでしょうか?

生活の中の要因を上げます。

これらは全て身体の疲労を起こし正常な精神活動ができなくなる原因です。そして自律神経失調症が引き起こされます。

ストレス

神経が研ぎ澄まされるのは、ストレスを感じ、交感神経が優位になるからです。力んで力み過ぎると力が抜けませんよね?考え込む、悩み事が多い時は、考える時間が長くなりますよね?緊張しやすいタイプはリラックスが苦手ですよね?食べ過ぎが続くと、食べたくなりますよね?そして何かに不安を覚えたり、独り言が増えたり…この様に肉体的、精神的、内臓的に緊張状態が続くと副交感神経系への切り替えが難しくなってしまい、自律神経のバランスが乱れてしまいます。

ストレスのホルモン、神経の伝達経路

ストレスは脳の視床下部に伝えられ神経系を介し交感神経系からノルアドレナリン、内分泌系を介し脳下垂体からACTHどちらも副腎へ作用、そして免疫機能へと命令を出します。

急激に起こる作用ですので一つの疲労システムとも言えます。

寝不足

身体、心は、疲れると眠気を起こしたり、やる気を削いで活動を停止させようとします。何もしたくなくなるのは正常な反応です。それでも無理に活動しようとする、必要な睡眠を確保しなければ、日中の活動、緊張を回復できないため持ち越します。持ち越せば持ち越すほど、緊張状態が長引くので以下のような症状に悩まされますよね?

イライラ、ぼーっとする、集中力低下、情緒不安定、体力の低下、性欲の低下、食欲の低下、視力の低下など

 

光や音など

太陽の光は目覚めを引きを超します。電球やスマホの光も人を活動的にします。音も同様です。これらは身体的なストレスを与えて神経を研ぎ澄ましているのです。なので、光を付けていないと眠れない方、音があると安心して眠れる方は、上手に副交感神経に切り替えができないので『緊張させて疲れさせて気絶している』のです。
これが続けば、寝付けない、途中で起きると言った不眠症へ発展します。

温度変化、環境変化

気温の変化は肉体的ストレスを感じますよね?季節の変わり目には風邪を引きやすく、寝込んで自律神経を整えようと働きます。この反応の様に、耐えられない外気温は自律神経を乱します。冷えが影響する症状としては、冷え性、婦人科、不安、下痢、便秘など冬や寒い所への移住で増えた経験はありませんか?気温の上昇で、夏バテ(だるさ、食欲不振)を感じたことはありませんか?

これらは、気温の影響もあると考えていただけるとつじつまが合うはずです。

食生活

消化は休んでいる時に行われるため、休んでいる時も自律神経は働いています。食べ過ぎ、片寄った食事、加工品、など胃腸に負担をかけ疲れやすくなっていませんか?食べ過ぎたり、甘いものを食べると眠気が酷くなるのも消化力が必要な食事の為、疲労を感じ、自律神経が休息モードであなたを回復させようとしているからです。また、過食時に下痢を起こすのは余計なものを排出する作用です。タバコやお酒も内臓を介して、肉体的に精神的に負担を掛けます。飲酒、喫煙でやさぐれているイメージがあるのは自律神経が乱れているからです。

『具体的』自律神経失調症になる方の身体的特徴

画像で分からない原因不明の自律神経失調症実は…身体を触れば分かります!

病院では何となく精神的で内臓的な表現をされる自律神経失調症ですが、

実際にお身体に状況が表れています。

これは画像検査やデジタルなものでは表せません。具体的には以下の通りです。

息を吐き出せなくなる習慣が身についている

あなたに質問です。

  • ストレス等、緊張した時に息を吐きますか?吸いますか?
  • 痛い時は息を吸いますか?吐きますか?
  • 食べ過ぎた時は息を吸いますか?吐きますか?
  • 危険を感じた時は息を吸いますか?吐きますか?

そうなんです!人間は緊張する時は息を吸い込む生き物なんです。なので自律神経失調症の方は息を吐き出せていない。このような身体的特徴があります。

もちろん精神にも影響する要素です。呼吸や、背筋に自由な動きがある方は、各自律神経失調症、不安障害、うつ病などにはなりません。

肉体や精神、内臓も独立して存在しているのではなく、からだとして包括されているものです。

以下は各組織への影響を解説します。

浅い呼吸と緊張と筋肉

息が吐き出せない状況が続くのは筋肉にとって良くありません。力みやすいのは疲れやすいの裏返しです。動こうとしても息を吸い込みすぎた状態ですから柔軟性も可動範囲も狭くなります。ですからぎっくり腰や寝違えなど急性の痛みのデパートになります。

 

関節への影響

筋肉が不調であれば筋肉により動かされる関節の状態も悪くなります。

下半身の関節なんかも、噛み合わせが合悪くなりしっかり立てない疲れやすい身体になります。そして、呼吸による栄養の運搬がされない為、膝や股関節の変形症状も進行します。

神経への影響

筋肉、関節の不調は動きの少なくなった神経にも影響します。神経の興奮状態は。痛みを感じやすくなる事です。いつもどこかに不調を感じていたり、または不調の場所があちこちとんだりします。

内臓の働きが低下

内臓は呼吸の膨らむ・しぼむに影響されている他、背骨の関節から送られる自律神経からの緊張情報により働きが正常でなくなります。

免疫への影響

内臓の中でも腸は免疫と強い結びつきがあり、呼吸の悪影響が腸の動きを低下させ結果的に免疫を低下させます。また腸の状態は脳への影響も強く気持ちが落ち着かない状況に発展します。

肌への影響

人間は、腎臓でのろ過、腸での吸収、排泄が上手くいかない場合は、肌で排泄を試みます。

肌荒れ、湿疹はこの機能で起きます。

単なる水分不足や睡眠不足ではありません。

脳への影響

不調の情報は全て脳が管理しています。脳が緊張状態になると、情報処理だけではなく五感や知覚、メンタルと幅広く不調を起こします。

精神への影響

からだに余裕がなくなると心にも余裕が無くなります。

ですから精神状態は肉体状況を表すのです。内臓もしかりです。

睡眠への影響

心に余裕がなくなると、寝床についても心、頭が落ち着かず、眠れなくなります。

一般的な自律神経失調症の標準治療

ベンゾジアゼピン系睡眠薬

医療現場で行われる主な治療方法は投薬です。心療内科では、気持ちを落ち着かせるお薬、症状を抑え込むお薬です。現在は内科医もこの流れで治療を行います。

どちらも精神安定剤や抗うつ剤が用いられます。

 

服用期間は長期にわたり10年以上も服用がやめられず改善と言うより依存傾向になります

 

安定剤、抗うつ剤について

日本では気軽に処方される「フルニトラゼパム(商品名:ロヒプノール、サイレース)」はアメリカやカナダでは持ち込み禁止薬物として指定されています(2018年3月時点)。また、向精神薬に指定されている薬剤は、日本からの出国に際して国内から持ち出せる量や海外から持ち込める量にも制限があります。2016年10月に新たに向精神薬として利用されはじめた「エチゾラム(商品名:デパス)」や「ゾピクロン(商品名:アモバン)」も制限の対象となるため、注意をしておきたいところ。制限を超える量を海外旅行に携帯する場合は、日本を出国するために処方せんのコピーまたは医師の証明書の携帯が必要なります。

これらの抗うつ剤の持ち出し禁止なのは、自殺率によるものです。日本では認可がとれていますが、海外では禁止薬物として扱われています。ただ薬とカウンセリングだけの流れでは、症状の緩和が難しいという事の現れです。

一般的な自律神経失調症の
標準治療についての疑問

 

なぜ人の身体の疲労システムが解明されて精神への影響も理解がされているはずなのに、

  • 薬で様子を見る
  • 肉体的要素を重要視しない
  • 内臓的影響をないものする

一度服用してしまえば長期戦です。10年選手何てザラ。

服用があるにせよ、その間に肉体的な疲労システムを改善しなければ自律神経が正常に働きを取り戻すなんてあり合えないのではないでしょうか???

呼吸は落ち着きますか?姿勢が整わない限り精神の安定はありえないでしょう。

からだの治療院おあしすの
自律神経失調症の治し方

お身体を整え、体も心も落ち着きます。

自律神経失調症整体風景

薬では抑え込むことしかできない症状も、

呼吸の正常化、背筋の正常化により、からだを楽にする事で症状を消していきます。

吐き気やめまい、頭痛、耳鳴り、難聴、眼精疲労などが続く方は、浅い呼吸と背筋の緊張感により頭部への血流が安定しない為に起こります。過呼吸などもこのシステムです。

姿勢不良は緊張を表し、脳も落ち着かなくなる為アドレナリンがバンバン出ます。そして頭の回転が追い付かず『不安障害、パニック障害』『不眠症』頭の働きが落ち込んでしまい『うつ病』

 

どんどん増え続けるしかない症状は、身体の不調『浅い呼吸、姿勢不良』を表しているのです。

オステオパシーは、からだが楽になります

妊娠中の自律神経失調症整体

ホルモンの影響、ストレスの影響で治らないと言われた方も諦めないで下さい。

 

何はともあれ、オステオパシーの施術を受ける度に

からだも心も楽になります。

 

手技療法と言ってもオステオパシーはからだに手を添えているだけ安心・安全です。 

痛みが抜けて行くだけでなく、身体全体を使いやすくすることで、立ちやすい、歩きやすい、動きやすく疲れにくい体質へと変容させていきます。

 

施術は、痛くもないし初回から眠ってしまう方もいらっしゃる位、非常にリラックスできます。

あれこれ病院周りをしなくても良くなります。

自律神経失調症が治った女性

自律神経失調症を患う方は、もともと肩こり、首が痛い、ストレートネック、背部痛、腰痛などの身体の不調の上に内臓的不調や精神的不調が乗っかるのです。

『呼吸』『姿勢』『体温』など、しっかり身体を整え軽くして

生活の中で自分のものにしていく事で不調が消えていきます。

あっちもこっちも痛いし、何科に行けば良いのか?また薬をかわるがわる飲み続けなくてはいけないのか?という事が無くなります。

お体の使い方もお伝えします。

自律神経失調症 体操

ご希望の方には自律神経に負担を掛けない

セルフケアコースもご用意しております。

ご希望の方はお申し込みください。

 

分かりやすいお会計

お会計

コースをご用意してますが、追加でいただくことはありません。コース内容に関しましても、しっかりご説明をしています。また、体を整えるグッズやサプリメントも販売していますが、一切押し売りはしていません。

各種クレジットカード、楽天edy、クイックペイ、ペイペイもご使用可能です。

完全予約制で静かで落ち着ける治療院です。

電動施術ベッド

完全予約制です。状況によっては少しお待たせするかも知れません。

ですが、電気をかけて長い時間待たせたりしません。

専用の電動ベッドで施術します。

初回は状況を聞かせていただける様お時間を確保します。またその後のご希望であればカウンセリングもお申し込みください。お客様一人一人に誠心誠意尽くします。

 

自律神経失調症専門施術
を受けた方の事例、口コミ

自律神経失調症でお薬の服用、腕のしびれが治らなかった
(現在は減薬して1種類)

仙台市のMSさん(57歳)
自律神経失調症でお薬の服用、腕のしびれが治らなかった (現在は減薬して1種類)

<お体のお悩みはなんでしたか?>

治らない自律神経失調症と肩甲骨の痛み、両腕のしびれ

<どのような処置をしてきましたか?>

心療内科で抗不安剤を処方してもらい1日3回飲んでいた。痛みをとしびれについては何もしていなかった。

 

<お越しいただくまでどんなことを考えていましたか?>

習い事の先生と生徒さんの会話で。実際行くまでは自分の痛みとしびれ(初めてのこと)が怖かった。

<施術を重ねた今のお体の状態はいかがですか?>

鈴木先生は、話をしっかり聞いて下さり症状の原因を教えて下さる。表面的な処置では無く根本を教えて下さるので、もし病院などで外科手術等、すすめられている方がいたら、まだ選択肢があるよと教えたい。

※個人の感想であり全ての方に効果を立証するものではありません

半年続いた、耳たぶが切れる、痒み、乾燥、湿疹『画像付き』

仙台市のアオヤギさん(29歳)

施術以前の状態

施術1回目

一回目後

耳のただれ

順調です

肌が綺麗になりました

6カ月10回ほど

<お体のお悩みはなんでしたか?>

耳たぶの根元が切れて痛みがあるのと、耳の周辺の激しい痛み乾燥が出て困ってました。毎年、冬の時期になると耳の付け根が切れる現象を繰り返しているのですが今回は加えてアトピーのような炎症が出て、耳から首、眉毛、鼻の頭と左側だけ広がっていました。

<以前はどのような処置をしてきましたか?>

ステロイドがあまり得意ではないので、自分でどうにかしようと病院には行きませんでした。保湿を大事にと色々試しましたが、余計に赤みが酷くなったり痒みが増して一向に改善しませんでした。

<施術を重ねた今のお体の状態はいかがですか?>

初めて施術を受けた時、体がポカポカしてきて心地よかったのを覚えています。肌に触ってみると「ザラザラだったのが潤っている!」と驚きました。通う毎に乾燥や赤みが減ってきて、毎日お化粧で隠す...より乾燥してヒビ割れる...目立ってはずかしい...そんな気持ちも無くなって本当に助かってます。私の場合は仙骨がズレているのと、腰痛持ちだったのが原因のようです。薬で対処するのではなく、自分の問題を内側から改善して下さる治療院さんです。安心してお任せできます。施術は毎回心地良くて眠ってしまい、起きると体がスッキリしているのも継続して通いやすいメリットかと思います。

※個人の感想であり全ての方に効果を立証するものではありません

半年続いた、耳たぶが切れる、痒み、乾燥、湿疹

低音性難聴、不正出血、肩こり、便秘、痛い事はされたくなかった。

仙台市のMAさん(56歳)
低音性難聴、不正出血、肩こり、便秘、痛い事はされたくなかった。

〈お体のお悩みはなんでしたか?〉

2~3週間前から片耳に水が入っている様なモワッとした感があり、低音が聞えなくなる難聴になりました。

<お越しいただく前はどのような処置をしてきましたか?>

耳鼻科へ通院しイソバイトとアデホスコーワを服用していました。

<来ていただくまでどんなことを考えていましたか?>

耳以外にも肩こりや不正出血などの不調があり、体全体を診てくれる治療院を探しました何度か通院して改善しなければ他に探そうと思っていました

<施術を重ねた今のお体の状態はいかがですか?>

週に1回のペースで4回通ったところですが薬を飲まずに耳の聞こえている時間が長くなりました

夜間目が覚めることがなくなり便秘もかなり改善しました。

ただ実際の治療はほとんど手を当てているだけの様に思えて大丈夫と確信するのに時間がかかりました。

※個人の感想であり全ての方に効果を立証するものではありません。

めまいの薬をのまなくても良くなった。

塩竈市のHさん(60歳)
低音性難聴、不正出血、肩こり、便秘、痛い事はされたくなかった。

〈お体のお悩みはなんでしたか?〉

49才の時にリウマチと更年期でめまい、吐き気が伴い10数年脳外科に通院したりしていましたが完治せずどこの病院へ行けば良いものかと悩んでいました。

<施術を重ねた今のお体の状態はいかがですか?>

1回の施術でその日からめまいの薬をのまずとも良くなりました。首から上に酸素が回っていないような感じがずっとありましたが解消しました。不思議です。

※個人の感想であり全ての方に効果を立証するものではありません。

自律神経失調症の症状に対応するには
まとめ

自律神経失調症は何かしらの異常を訴えているサインです。

そして世の中に溢れている改善方法は完治させるものではありません。

 

まずは病院で診察を受け大きな病気が隠れていないか状態を把握しましょう。

 

そして処置に変化が感じられない場合は、思い切って他の方法を探すのがあなたの身体の為でもあります。

 

姿勢の乱れは必ず身体に表れます。

 

身体の緊張を抜いて呼吸しやすい、使いやすい身体にしていく、シンプルな事が自律神経失調症を良くする一番近道な方法になります。

 

1年以上通ってお身体のお手入れをしている方、お身体と向き合っている方は、考えられない位元気になってます。今が一番若い時です。今から何を取り組むか?で今後の人生は大きく変わります。

 

もし、ちゃんとした自律神経を整え姿勢維持ができる施術法にご興味がある方は、お電話やメールラインでご連絡ください。

身体が楽ってこんなにいい事だったのか!!と感じていただけるはずです。

減薬、断薬まで改善された方の例もあります。

不調から抜け出したいと願うあなたからのご連絡お待ちしております。

自律神経失調症専門整体オステオパシー料金

フルコースオステオパシー
(上級コース
(初回)15,000 
2回目以降12,000
ポイントオステオパシー(通常コース) (初回)10,000 
2回目以降8,000

自律神経失調症施術の流れ

自律神経失調症施術の流れをご紹介します。

まずはお電話でお問い合わせください

お電話で事前にご予約下さい。

・お電話の『はい、おあしすご予約電話です』と出ますので

・『ホームページを見て予約の電話をしたのですが』
とおっしゃって下さい

症状を伺ったり、ご予約のお日にちを決めさせていただきます。

※施術中は電話に出られないこともあります。その時は、後ほど頂いたお電話番号に折り返させて頂きます。メール、ラインでもご予約は可能です。

受付で問診票のご記入をお願いします

問診票へは

・現在のお悩みや過去に起こった不調等をご記入下さい

・問診票を基にカウンセリングを致します。

受付後、カウンセリングをします

からだの治療院おあしすでは、辛い症状を治したいあなた安心して施術を受けて頂けるように

  • しっかり状況を聞く
  • 何が不調の原因か?
  • その原因をどうすれば良いか?
  • どのくらいのペースで通えば良くなるか?
 

等、カウンセリングのお時間を設けています。

改善したい状況、今まで処置を受けて改善しなかったお話、ご自身では気が付かないが現在抱えている不調等をお伺います。

また、こちらの施術方針、施術内容のご説明もさせて頂いております。分からないことがあれば何でもご質問ください。

身体状況の把握と独自の検査

自律神経失調症は西洋医学の検査では、自律神経失調症の原因は把握できず解決方法は見出せませんが、オステオパシーの独自の検査で状況は把握できます。

オステオパシーの検査は、肩に触れているだけの検査です。肩に触れているだけで、あなたの身体に足りない要素は何か?(自律神経が高ぶっている要素)の特定をして行きます。無理な事はしません。その後、必要であれば力が入るところの確認、呼吸の確認、関節の動き、頭部の状態など、全身の状態をチェックしていきます。

身体の施術を進めていきます

術は体に優しく触れながら身体の緊張感を抜いていきます。緊張感が抜けていくと

  • 何かが抜けていく感じがして楽になる
  • 呼吸がしやすくなる
  • 肩の力が抜け座りやすくなる
  • 足腰やお腹に力が入りやすくなる

等、お身体が元気になり眠れる準備が整います。手順を踏み、身体を作り上げれば、結果はついてきます。

この自律神経失調症の症状に対応するには
を書いた人

からだの治療院おあしす 鈴木友貴

鈴木 友貴(すずき ともたか)

1979年9月生まれ

仙台市出身

◆経歴

2002年     赤門鍼灸柔整専門学校

柔整科柔道整復科 卒業 柔道整復師免許所得

2008年     赤門鍼灸柔整専門学校 鍼灸科 卒業 はり師きゅう師免許所得

2014年 全日本オステオパシー学院 卒業

2014年 自律神経失調症専門のからだの治療院おあしす 開業

◆保有国家資格

柔道整復師,はり師きゅう師

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約

022-796-9927

<受付時間>
10:00~20:00(平日最終19:30、土曜日は最終16:30)
※水曜・日曜・祝日は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2022/05/13
ホームページを公開しました
2022/05/12
「施術案内」ページを更新しました
2022/05/11
「アクセス」ページを作成しました

からだの治療院おあしす

住所

〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

アクセス

地下鉄南北線北四番丁駅徒歩3分 
駐車場:1台

受付時間

10:00~20:00
(平日最終19:30、土曜最終16:30)

定休日

水曜・日曜・祝日