HOME > 症状解消一覧 > 内臓・器官の調整 > 病院ではわからないトラウマ性の過敏性腸症候群(IBS)本当の原因

症状解消一覧

< 機能性胃腸症・機能性ディスペプシア  |  一覧へ戻る  |  急性・慢性副鼻腔炎(蓄膿症) >

病院ではわからないトラウマ性の過敏性腸症候群(IBS)本当の原因

病院ではわからないトラウマ性の過敏性腸症候群(IBS)本当の原因

仙台市で長年、トラウマ性の過敏性腸症候群(IBS)でお悩みの方
『職場も理解してくれないけどやっぱつらいよなぁ、なんかわかりやすく効果を感じる方法ないかなぁ、もう過敏性腸症候群と手を切る方法ないかなぁ』

と言った疑問にお答えします。

『説明の目次』
病院ではわからない過敏性腸症候群(IBS)本当の原因  
過敏性腸症候群(IBS)治療での注意点
過敏性腸症候群(IBS)でトラウマにアプローチ
過敏性腸症候群(IBS)のまとめ


この記事を書いている私もIBSの患者様に整体をして改善に導いた事が沢山ありました。しかしその方法では改善しない部類のお客様に相まみえることになりました。 それがトラウマ性の過敏性腸症候群の方達です。(一つのトラウマがきっかけの方)


IBSなどにある”機能性”という言葉は、形や数字に出ない(内視鏡検査、MRI等)現代の知識では説明できないことを意味します。完全なる原因不明という事。機能性=心因性(気持ちが落ち込んだことが原因)と考える医師もいます。

では現在も、当院で改善方法が無いかと言うと、そんなこともありません。



ご存知かと思いますが、慢性、再発、断発、非感染、非病理性なので病気ではないとされます。つまり…

  1. 体重減少
  2. 発熱
  3. 直腸潰瘍
  4. 直腸出血
  5. 貧血
はありません。ご安心ください

病院はわからないトラウマ性の過敏性腸症候群(IBS)本当の原因

病院の診断で過敏性腸症候群と分かったかもしれませんが、ではその原因は説明を受けましたか?病院ではわからないトラウマ性の過敏性腸症候群(IBS)本当の原因は『トラウマ』が原因です。なので、トラウマにアプローチしなければ何も効果を感じないと思います。 めちゃくちゃ胡散臭く聞こえますよね?そもそも病院での診断にも『トラウマ』が原因と言っているのになぜ『トラウマ』にアプローチしないのでしょうか?



脳が緊張すれば体が反応します。病院で血圧を図るといつもより高いとか、好きな異性に告白しようとすると言葉が出ないとか、思い出すだけで同じ症状を起こす謎な症状は他にもあります。その後の状況になっても過去の経験(トラウマ化)から体が反応するというのは良くある話です。



脳と腸とトラウマ

過敏性腸症候群(IBS)の症状として
  1. 食事と関係がある腹痛
  2. 異常または不規則な腸習慣
  3. 下痢や便秘
  4. 腹部膨満
  5. 鼓腸
  6. ガス充満
  7. 排泄不全感
と様々な症状がみられます。『トラウマ』は脳に問題を抱えるとして間違いはないでしょうから、脳から腸へ異常信号を送るため過敏性腸症候群の症状が起きると仮定していいでしょう。

自律神経と脳と腸の関係

自律神経 乱れ ストレス IBS

脳から腸への命令は自律神経を介して腸へ伝えられます。途中経過の自律神経や対応する関節、筋肉が過度の緊張を起こしている場合も腸への命令が異常なものになります。

結果として『トラウマ』を取り除いても筋筋膜の緊張が自律神経の興奮になり腸へ悪影響を及ぼしている場合、過敏性腸症候群の症状は残るはず。
ご自身では摂り切れない、からだの緊張を取り除いて自律神経と腸の関係性を正常化する必要もあるでしょう。


過敏性腸症候群(IBS)治療での注意点

注意点としていくつかあげます。トラウマが強い方は施術での効果を実感するまでに時間がかかる可能性がございますので、順調に精査してからご連絡ください。

ある程度のからだへの負荷を減らす試みをしてみましょう。子供の頃『食事の後に運動をしてはいけない』と言われませんでしたか?あれは運動などで身体が興奮状態になると消化管の活動ができないからです。食後の運動はお腹も痛くなりやすいですよね?

無理をしない環境作りは最低限で構いません。

ご自身でしていただく取り組み

治療中していただいてもOKな取り組みを上げたいと思います。神経の通りが良くなっても普段の生活で腸を硬くしていては意味が無くなる可能性もありますので。

自律神経の興奮は極力起こさない様に。

仕事や人付き合い、映像、スマホ等極力避けてみて下さい。

軽い運動より瞑想の方が効果はあります。

ご自身でする処置法として瞑想が良いと思います。軽い運動も良いと思いますが、運動が無いと脳が落ち着かないという環境を作るより、その場で落ち着ける環境にしてほしいのです。
そして瞑想も『トラウマ』を消すとなると達人レベルが必要となります。ですが積み重ねていけば神経の繋がりを乱す身体の疲れを飛ばすのに効果的なスキルになります。

瞑想を導入しやすい呼吸法と瞑想も当院でご指導させていただいておりますのでご要望の方はお時間を頂いてご指導いたします。




食事療法

もちろんお悩みの症状が腹痛なのか、ガス型なのか、残便感なのか?どれを抱えているかで取り組みは変えていきます。おおよそ焦点を当ててほしいのは糖質です。特に砂糖、小麦、乳製品です。少し高価になりますが羅漢果などで代用してもらったり糖質制限や添加物を避けたりが効果的になります。3カ月集中的に行っていただくことが多くなります。

薬、市販薬、漢方の摂取も良いのです。



市販の薬も良いのですが、これも添加物を気を付けると良いでしょう。ジェネリック医薬品も相当な添加物を使っているので接種は避けたいところです。



過敏性腸症候群(IBS)でトラウマにアプローチ

では実際に行う施術内容になります。身体と心は密接でして、硬いと思えば身体は硬くなり、柔らかいものをイメージすれば身体は柔らかくなります。
これを、いつもどうりの整体と問いかけを利用して『トラウマ』をイメージしてもらいます。そして出た不調を取り除いていきます。

実際の手順の説明

※写真はイメージです。

検査、施術前カウンセリング、施術の手順で行います。呼吸法をご希望の方は改めてお時間を頂きます。
過敏性腸症候群(IBS)でトラウマにアプローチ

カウンセリングでトラウマになった事柄を思い出しながらどの様になりたいかを聞かせていただきます。

初回の手順はカウンセリングを行います。何が嫌な経験だったのかを思い出せば思い出すほど問題の部分が体に表れやすくなります。(例:押しても痛くないお腹がカウンセリング後押すと痛くなり始める)カウンセリングをしなければこの問題が出てきません。

そして出てきた問題を取り除くことで体を介して心にアプローチをしていきます。

肩こりや腰痛も治す必要があります

過敏性腸症候群仙台での整体

過敏性腸症候群の方は長い期間自律神経、呼吸の乱れがあるため酷い肩凝りや腰痛を伴います。これも腸へのアクセスを悪くする条件ですので、取り除く必要があるでしょう。

根深ければ根深いほど施術回数は必要になります。


一般的な肩こり腰痛と同じく高年齢になれば、回復力と言われる条件が悪くなります。例えば呼吸率、自律神経の切り替え、実際の細胞の衰え、飲食喫煙など。トレーニングと同じくある程度の回数と期間は必要になります。

実際の通院いただくスパン

肩こり腰痛がひどい方は3回だけ週に1回ご通院ください。それ以降やそれ以外の方は2~3週間に1回で十分です。
トラウマが弱い方はお灸などで症状が落ち着く場合もあります。

例)トラウマを先に取り除けるか?肩こり腰痛を先に直して、身体に柔軟性を出すか?どちらか先になります。1回の施術でどれだけ進歩しているかで2回目以降施術回数のおおよそのめどをつけていきます。多くかかった方で30回ほど早い方は8回で症状が落ち着きました。

過敏性腸症候群(IBS)のまとめ

いかがでしたか?過敏性腸症候群は全くの原因不明ではございません。オステオパシーでは『ボディ』『マインド』『スピリット』が三つとも健康的であれば真の健康は実現されるとされています。

過敏性腸症候群は、そのうちの『マインド』が身体の異常を起こしているといった一つの表現であるといったお話でした。


西洋医学では症状に言及し症状の話を中心にしますが、結局良くなる条件は患者様のお身体が症状に打ち勝つ状態にならなければ実現されません。

体に問題が出ているからと言って、必ずしも身体だけの問題では無いのです。当院ではカウンセリングと身体を介した心の癒しになります。心の癒しが必要な方は心の癒しを与えてあげるのが一番の薬かも知れませんね。



以上です。ご参考になれば幸いです。

この病院ではわからないトラウマ性の過敏性腸症候群(IBS)本当の原因を書いた人

鈴木 友貴(すずき ともたか)
1979年9月生まれ
仙台市出身
趣味 PC読書仕事
特技 仕事 妻
◆経歴
2002年     赤門鍼灸柔整専門学校
柔整科柔道整復科 卒業
2002年     佐藤接骨院泉中央 分院長←スポーツ障害を見てました
2008年     赤門鍼灸柔整専門学校 鍼灸科 卒業
2010年     日本オステオパシー協会 入会
2010年     日本オステオパシー協会 退会
2012年     萩野町桜整骨院勤務、 全日本オステオパシー学院 入学←IBSはここから勉強始めました。
2014年4月 からだの治療院~おあしす~ 開業
2014年 IOIJ入会
2018年 全日本オステオパシー協会 退会
◆資格
柔道整復師,はり師きゅう師

ご予約はお電話で。メール、LINEでの相談も承っております。

 

電話受付の際 受付スタッフが

 

「はい!おあしすです!」 と電話に出ますので

 

「ホームページを見て電話したのですが」 と、おっしゃってください。

 

ご症状と、ご希望日、来店時間、を伺わせていただきます。

 

メール・LINEでのご予約は、 お名前、症状、ご希望の来店日、時間 をご記入の上ご連絡ください。

後ほど、こちらから連絡させていただきます
 

 

住所:仙台市青葉区上杉1-15-8-101

電話:022-796-9927

前日まで空き時間をご確認の上ご予約下さい。当日予約も承りますがお断りすることが多くなっています。

午前10:00~20:00まで

平日昼休み13:00~15:00
最終受付19:30 土曜日最終は16:30


< 機能性胃腸症・機能性ディスペプシア  |  一覧へ戻る  |  急性・慢性副鼻腔炎(蓄膿症) >

カテゴリ:

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 10:00~20:00
土曜 17:00 終了
定休日 / 水曜・日曜・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ