HOME > 症状解消一覧 > 内臓・器官の調整 > 過敏性腸症候群(IBS)が治らない理由

症状解消一覧

< 過敏性腸症候群のガス型体質と改善法は?  |  一覧へ戻る  |  変形性膝関節症の原因を知って適切な処置を☆ >

過敏性腸症候群(IBS)が治らない理由

過敏性腸症候群(IBS)が治らない理由


過敏性腸症候群(IBS)が治らない理由の概要


過敏性腸症候群の発症頻度は約10%とされています。


10人いれば1人はいる。無意識の方を入れるともっと増えそうですね。


そして、過敏性腸症候群治らない 掲示板 と検索すると


なんと悩みの深い事。一般的な処置での改善は見込めないのが当たり前の様で


皆さん四苦八苦しています。


胃がもたれた様な腸のもたれ感、腹痛、便秘、下痢、おならが所かまわず出るといった症状が 数ヵ月以上にわたって続く消化管の機能障害の疾患です。


「便秘型」「下痢型」、下痢と便秘が同じような頻度で起きる「混合型」、「分類不能型」


この記事ではプロバイオティクスもダメ、セロトニン3受容体拮抗薬もダメで


『ストレスのせいですね』なんて無責任に投げ出された過敏性腸症候群が治らない方の為に


腸に係わる要素を知ってもらえるようになってます。
本当に治したい方は読み進めて下さい。そんなに悩んでない方は、読み疲れるかもしれません。






過敏性腸症候群は治らない?一般的な過敏性腸症候群の処置から考える

過敏性腸症候群は治らない?一般的な過敏性腸症候群の処置から考える


過敏性腸症候群は、IBSの診断基準(ローマⅢ基準)というものを基準に
最近3ヵ月の間に、月に3日以上にわたってお腹の痛みや不快感が繰り返し起こり、
1)排便によって症状がやわらぐ
2)症状とともに排便の回数が変わる(増えたり減ったりする)
3)症状とともに便の形状(外観)が変わる(柔らかくなったり硬くなったりする)
という症状を繰り返している状態です。


診断というのは、検査のうちに入りますが、この場合は


腫瘍が無い炎症(クローン病)が無い


といったものを除外する為に用いられた診断です。


感染時の炎症は機能じゃないのでしょうか?(笑)


感染性腸炎(おなかの風邪)のあとで発症頻度が増える


ストレス、おなかの炎症や腸内細菌の乱れなどが複合的に原因になる


という仮説のみが先行しています。少し掘り下げて『機能の解釈』『一般的に用いられる処置』を考えてみましょう。


器質的な問題が無い場合、西洋医学では機能の解釈は難しい




『機能的な問題で下痢や便秘、ガスが出やすい、腹痛を起こす病態』とされているので機能の問題を考えればいいのです。


しかし、西洋医学に



  • 『機能って何ですか?』
  • 『なんで機能が悪くなるんですか?』
  • 『機能を完全させてみてください』



これらを解いた場合、


『・・・(;゚Д゚)』


が回答になります。というジョーク(事実)は置いていて、


機能というのは、腸の働きですね。


下痢になる、便秘になる、交互に繰り返す、おならが出る


それぞれ、何かを出す必要があるから下して下痢になる


出しすぎる状況だから下痢になる


腸が動かないか、便が出ない状況だから便秘になる


交互に繰り返すのは、腸の調子全体がおかしくなっている


おならが出るのも、おならとして出したい何かが働いています。



一般的に用いられる過敏性腸症候群へのつっこみ満載の処置




人の身体の機能がどの様な状態で良好、どの様になれば不良になるかというのが明確ではありません。


ですが専門機関や胃腸科では、腸の機能を改善させると考えると、何かを摂取する事から考えます。


では、一般的な処置です。


過敏性腸症候群が悪化するとされている摂取物




  • 炭水化物
  • 脂質
  • コーヒー
  • アルコール
  • 香辛料



タバコも乳製品も入っていません。脂質もひとくくりにされており


負担になるトランス脂肪酸の事をもっと言及してもいいのでは?と思います。


調味料にも言及がありません。砂糖を摂取すれば下しやすいし、お腹も張ってきます。


また低FODMAP食が良いと注目を浴びていますが・・・



  • >F:発酵性
  • O:オリゴ糖⇒ひよこ豆、レンズ豆、小麦、玉ねぎなど
  • D:二糖類⇒牛乳、ヨーグルトなど
  • M:単糖類⇒果物、はちみつなど
  • And P:ポリオール⇒人工甘味料、マッシュルームなど



べ物は、ここまでが一般的です。実践した方、結果はいかがだったでしょうか?


発酵食品には添加物がたくさん入っていますので、下痢の原因にも、便秘の原因にもなります。乳製品なんかもってのほかです。


投薬について




過敏性腸症候群のどのタイプでも整腸剤を処方されます。


ビオフェルミン、便秘型の時はマグネシウム、下痢型の時はイリボー。コロネル、ポリフル、


患者さんの気持ちが落ち着か落て話が多くなってきた場合は抗うつ薬で黙らせます。


これらの処置では過敏性腸症候群は治らないし、何も改善しないからアップデートが必要ですよね?


これらが過敏性腸症候群に対抗する全てではありません


過敏性腸症候群が治るのに必要な事

過敏性腸症候群が治るのに必要な事


お気づきだと思いますが、西洋医学の情報では現時点で過敏性腸症候群に効果的な物はありません。


東洋医学的に大事で有名なのは、お腹の張りが正常な事です。



  • 張ってもいない
  • 固くもない
  • 冷たくもない
  • 押したときに弱弱しくない



適度な感じが正常とされています。


適度な感じの場合は、腹部の血流、温度が良好です。 (体温とは別に考えて下さい)


という事は、中身の腸もおおよそ良好な状態になります。 (固ければ冷えやすく、水分も少なくなります)


水分摂取は常温の水にしましょう。


塩分も適度に摂取してください(間違ってもスポーツドリンク✖)


過敏性腸症候群が治った内臓の話




小腸大腸の栄養は、血液です。この血液は心臓から送られ、腸に行きつき、肝臓を介して心臓や肺で浄化されます。


腸から吸収したものも肝臓で分解され、血液となります。


そして要らないものは、胆のうで濃縮されたものと一緒に大便として排出されます。


過敏性腸症候群を治すのに重要なポイント①として、


肺で浄化するという事は、呼吸により酸素と二酸化炭素を入れ替える事で行われます。


安静時の呼吸率が低い、呼吸が浅い方は、腸に送られる血液の状況がよろしくないんです。


そして、過敏性腸症候群を治すのに重要なポイント②として


もたれるような食事、(トランス脂肪酸、肉、魚、加工品など)


胃酸が上がりやすい食事、(アルコールやバランスの悪い炭水化物、砂糖など)


下すような食事、スイーツ(アイスクリームなどの乳製品、カレー、シチュー、果物の取りすぎ、辛いもの、食べ過ぎなど)


これらは胃腸に負担をかけるだけでなく


肝臓で分解されても、分解しきれない悪い栄養としてやがて腸に戻ってきます。


肉などは血液を酸性化(サビる要素)させる為、積極的にとりたくなり食べ物です。


だから、腸の状態が悪くなるのです。


負担のかけない、玄米菜食主義、よく噛んで食べる


が基本になります。



過敏性腸症候群が治った自律神経と姿勢からだの固さの話




自律神経は背骨から、内臓へ神経を送っています。


なので姿勢が悪い方は、脳と筋肉、内臓の連絡が上手くいってません。(腸の働きが悪くなる)


特に腸に関しては、骨盤部の固さ(丸まって座る、反り腰、がに股、O脚など)


の場合は、腸への血流不足と言えます。お腹の固さ、押すと痛い方はこの要素が強くなります。


そして、お腹が出やすいですよね。


巻き肩の方、身体が固い方は呼吸が浅いため、キレイな酸素の量が少なくなり腸を浄化し続ける事ができません。


なので、自然整ったきれいな姿勢を気を付けたり、からだの柔軟性がある方は、お腹を下しにくいし、便秘にもならず


過敏性腸症候群に悩まされません。



だから過敏性腸症候群が治らないんです。

だから過敏性腸症候群が治らないんです。


今まで送ってきた生活、食べ物、お菓子、アイスクリーム、タバコ、アルコール等で腸を汚し続けたあなたは、過敏性腸症候群でお悩みのはずです。


何年間も汚してきた場合、改善にかかる年数はどのくらいかかるでしょうか?


好きな食べものはやめられますか?


姿勢を悪くするソファーや、歩き方はやめられますか?


身に付いた癖は依存症の様に貴方をむしばんでいます。だから 過敏性腸症候群は治らないんです。



お腹が張る生活が身体に負担をかけている、過敏性腸症候群が治らない条件①




姿勢は時間をかけて身につきます。現代人は姿勢の悪い生活様式なので


意識的に変えなければ、姿勢不良による腸の不調は治りません。



その食事は自自に体をむしばむ、過敏性腸症候群が治らない条件②




過敏性腸症候群は治らないって言いながら、太ってませんか?


食べ過ぎの方は下痢になって食べ過ぎたものを出そうとする作用が働きますが


『治らないよねー』とか言って、アイスクリームを買って食ている時点で


何をしたいのか分かりません。


正常な体重に戻してください。


下痢が続けば、次は腸が動かなくなり便秘になります。


腸が疲れて動くのをやめる為です。


体にいいものを摂取するというのは考えず


葉物野菜で充分です。


腸にいいことは、お腹を減らす事が一番です。


過敏性腸症候群(IBS)が治らない理由の要約

過敏性腸症候群(IBS)が治らない理由の要約


過敏性腸症候群は治らない理由としては 西洋医学的な原因はありません。


東洋医学的に体の中身を改善する必要があります。



  • 姿勢は正しく伸ばせていますか?内臓の働きが不十分ですよ
  • しっかり呼吸は出来てますか?腸へ栄養が回りませんよ
  • 食事減らせてますか?腸がオーバーワークですよ
  • 時間をかけて取り組めますか?細胞は筋トレや勉強と同じ、内臓も時間をかけて良い方向性を示す必要がありますよ。



オステオパシーはからだのリセットをお手伝いします。


お悩みの方は遠慮なくご相談ください。



病院ではわからないトラウマ性の過敏性腸症候群(IBS)本当の原因


< 過敏性腸症候群のガス型体質と改善法は?  |  一覧へ戻る  |  変形性膝関節症の原因を知って適切な処置を☆ >

カテゴリ:

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 10:00~20:00
土曜 17:00 終了
定休日 / 水曜・日曜・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ