HOME > 症状解消一覧 > 内臓・器官の調整 > 仙台の整体で潰瘍性大腸炎(UD)が緩和する?

症状解消一覧

< うつ病を治したい  |  一覧へ戻る  |  糖尿病の血糖値が下がります >

仙台の整体で潰瘍性大腸炎(UD)が緩和する?



潰瘍性大腸炎で突然来る下痢が怖くて悩んでる人「メサラジンを飲んでも水様便や粘液便が止まらない…突然来る腹痛と下痢(便意)が怖くて仕事がままならない…投薬で一向に改善しなくて何もできず家族にも申し訳ない…もう不安とストレスで本当に辛い」本当に辛く大変な症状ですよね。薬で効果が出にくいなら整体で内側から身体を整えて、潰瘍性大腸炎の症状を緩和しませんか?

この記事では潰瘍性大腸炎の症状とうまく付き合う方法を述べていきます。

「目次」
・潰瘍性大腸炎(UD)の症状と合併症
 ∟活動期と完解期
 ∟合併症(腸管合併症と腸管外合併症)
・潰瘍性大腸炎(UD)に使用される薬一覧
・大腸が炎症しにくい食事
・腸の自己修復力を高めて下痢や腹痛を緩和?


潰瘍性大腸炎の症状と合併症

潰瘍性大腸炎の症状と合併症【IBD:炎症性腸疾患】
主に消化管に原因不明の炎症をおこす慢性疾患の総称で、潰瘍性大腸炎 、クローン病の二疾患が代表的

腸に炎症が起こる病気を「炎症性腸疾患」と言います。そのうち大腸に炎症が起こる疾患をを「潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)」と呼び、小腸や大腸などあらゆる消火器官に炎症が起こるものを「クローン病」といいます。
これらは発症の原因が未だ特定されておらず、国の指定難病の1つとされています。
近年非常に増えている疾患です。

あなたはどっち?潰瘍性大腸炎の「活動期」「寛解期」

潰瘍性大腸炎には、炎症が起きて症状が出る「活動期」と辛い下痢腹痛が治まる「寛解期(かんかいき)」があります。あなたに合った治療を受けれているのであれば、この寛解期を維持することができますが「再燃」と言って 再び症状が出る「活動期」に入り、人によっては数カ月や年単位で再燃を繰り返してしまう場合も。

潰瘍性大腸炎の症状

  1. 下痢、血便
  2. 腹痛 
  3. 吐き気
  4. 皮膚
  5. 発疹
大腸に炎症が起きている状況なので下痢や下血が主症状です。潰瘍性大腸炎を発症する原因は未だ特定されていませんが、やはり日常生活が関係していると解釈していますがどう思いますか?
というのも症状が起きるのは突然ではなく積み重ねによるものだからです。
偏った食事(炭水化物、揚げ物、お菓子の過食やアルコールの多飲)もそうですが、腸に圧力のかかる姿勢(猫背、足を組む)、腸に影響を及ぼす自律神経が乱れる生活(睡眠時間が短い、スマホ、ストレス)などの積み重ねが大きく影響していると捉えます。

つまりこれらを少しづつでも改善していくことで辛い腹痛や突然の下痢が緩和すると推測されます。


潰瘍性大腸炎は合併症に気を付けて

激しい炎症が続いたり、炎症が腸管の奥深くまで進行すると、腸に合併症すなわち「腸管合併症」を起こす事があるようです。
また、腸管ではなく体に異常が現れる場合もあり、これを「腸管外合併症」といいます。

腸管合併症の初期症状

  • 腸管の大量出血
  • 腸管に穴が開く
  • 中毒性巨大結腸症

腸管合併症の長期経過後の症状

  • 腸管が狭くなる
  • がん化する
いずれも手術適応となるようです。
特にがんに関しては潰瘍性大腸炎の罹患期間が長くなると大腸がんのリスクが高まります。
少しでも異常を感じたら主治医に遠慮なく相談してくださいね。

腸管外合併症

  • 眼の症状:眼の炎症により、目に痛みが走る、充血が治まらない、光をまぶしく感じるなどの症状
  • 口の症状:舌や歯肉に浅い潰瘍ができ、痛みを伴います
  • 強直性脊椎炎:炎症により背中や腰、お尻にかけて起こる強張りや痛みの症状
  • 関節炎:膝や足首の関節に腫れ、痛みが出ます(※一番多い合併症)
  • 結節性紅斑:足首やすねが赤く腫れ、痛みを伴います
  • 壊疽性膿皮症:太ももやふくらはぎに小さな出っ張りや水膨れなどができ、だんだんと痛みを伴います
  • 胆石・腎臓結石・尿管結石:腰の辺りに強い痛みを感じたり排尿時に鋭い痛みを伴う


潰瘍性大腸炎(UD)に使用される薬一覧

潰瘍性大腸炎(UD)に使用される薬一覧潰瘍性大腸炎(UD)の治療に使われる薬にはどんなものがあるのでしょうか?

再燃を抑制する薬が理想ですよね

あなたの症状の度合いにによって薬の強さが変わってきます。
投薬や注射、下剤が使い分けられるようです。

メサラジン

腸の炎症状態を治め、炎症の進行や組織の障害を抑制。腹痛、血便を改善する作用が見込めます。

5-アミノサリチル酸薬(5-ASA)製薬

飲み薬と下剤があり、腸の炎症を抑えます。下痢、血便、腹痛などの症状が著しく減少するとされています。5-ASA製薬は中等度の潰瘍性大腸炎に有効で再燃の予防にも期待できます。

ステロイド

代表的な薬剤としてはプレドニゾロン(プレドニン)があります。5-ASA成約同様、飲み薬と下剤、また注射により投与可能です。
中等度から重症の潰瘍性大腸炎に用いられ、強力に炎症を抑制しますが、離脱症状が強いのが不安なところです。再燃に対する効果も認められていないようです。

免疫調節薬または抑制薬

アザチオプリン(イムラン、アザニン)はステロイド剤を中止すると症状が悪化してしまう場合に用いられます。また、タクロリムス(プログラフ)はステロイド剤が無効な場合に適応されるそうです。

血球成分除去療法

これは薬物療法と異なりますが、異常に活性化して炎症を起こしている白血球を血液中から取り除く手法です。こちらもステロイドで効果が得られない患者さんに用いられます。

自己判断による薬の減量・中断は再燃のもと

症状がよくなってきたからと、主治医の指示を仰がずに突然薬を減らしたり、全く止めてしまうとかなり危険です。
薬の作用で腸の環境を保っていたものを突然やめてしまうと体の対応が追い付かないのです。

今はどうしても薬の力を頼っている状態なので、焦らずゆっくり行うことが潰瘍性大腸炎改善への近道です。
再燃の引き金になったり、下痢や腹痛の症状が悪化してしまう可能性が高いので、必ず医師の判断のもと薬の減量を行いましょう。



大腸が炎症しにくい食事

大腸が炎症しにくい食事
腸に負担をかけないよう消化しやすく、高エネルギー・高たんぱく・低脂肪・低食物繊維の食事が基本となります。
また、潰瘍性大腸炎(UD)が「活動期」か「寛解期」によって気を付ける食事が異なります。体の中から変えていきましょう。

「活動期」の食事

卵や大豆、鶏肉などのたんぱく質を多く含む食品、魚や納豆を積極的に摂るといいようです。ただ、揚げたりと油を多く含む料理は控えたほうがお腹に優しいです。
香辛料などの刺激物、アルコール、炭酸、カフェインの多いコーヒーなども控えめが安心です。


「寛解期」の食事

厳密な食事制限はいらないのですが、再燃の原因となるリスクを遠ざけるため刺激性のある辛いものやアルコール、揚げ物やおかしなどは避けておいた方が安心です。野菜やビタミンも摂ってバランスのいい食事を心がけましょう。

心の栄養も大切に

一生好きなものを食べれないとなるととても悲しい事です。あれを食べなきゃだめだ…こうしなきゃだめだ…一生我慢し続ける人生は辛いものでしかありません。揚げ物が好きなら大豆͡粉をまとわせて焼いても香ばしくておいしいですし、白砂糖ではなく自然由来の糖を使ったスイーツもあります。現代の食は進化してきているので自分の好みを是非見つけて下さいね!


腸の自己修復力を高めて下痢や腹痛を緩和?

腸の自己修復力を高めて下痢や腹痛を緩和?薬には副作用があり、飲み続ける限り内臓に負担がかかり、蓄積し、副作用をもたらすものですよね。 今は辛い下痢や腹痛の症状を抑制してくれるありがたい存在です。今後は抗炎症剤が無くとも自らの腸の修復力で戦わないと、内臓が弱っていくばかりで更に長期間強い薬に頼るしかない状況に陥るでしょう。

自分の免疫力を取り戻すことが大切です。あなたはどうしたいですか?

腸内環境を良くしませんか?

腸はそのものだけで活動するわけではなく、筋肉や自律神経によって動かされたり、腸がおける体内の環境が良好か?など様々な状況が原因と絡んできます。じゃあ、活動するのに不利な状況、取り除きませんか?

腸の圧力を高めてしまう姿勢を改善

足のむくみやお腹の張り、ガスっぽさを感じていないでしょうか?それらは体内がむくんでいることを示しています。お腹が圧力鍋のようにパンパンな状況なので腸は正常な活動ができません。これまで座るときにソファにもたれたり、足を組んだりして猫背の生活を続けてきたのであれば、筋肉に縮まるクセが付いて硬くなり、腹圧が高い状況かもしれません。

姿勢のクセを取り除くように整体していくので、あなた自身も猫背のクセが付かないよう少しでも意識してみてください。丸椅子が姿勢を保ちやすいですよ。


自律神経の乱れを整える

腸管につながる自律神経は脳から発生して背骨を通り、腸に指令を出します。背骨が硬い状況では自律神経が乱れ、腸の活動が高まりすぎたり、落ち着きすぎたりして下痢や便秘につながります。実際肩や首が凝ったり硬くなっていませんか?
背中の柔軟性を出すよう施術をしていくので、姿勢が丸まらないようにと、規則的な食事・睡眠サイクルを心掛けてみて下さい。



仙台の整体で潰瘍性大腸炎(UD)が緩和する?まとめ

いかがでしたか?

薬は潰瘍性大腸炎(UD)の辛い症状を助けてくれるありがたい存在です。

ただ効果が高い分、副作用というリスク、腸自体が活動できなくなるリスクがあります。

今後、潰瘍性大腸炎の辛い状況から離脱するにはあなた自身の回復力が欠かせません。

今、できること、手遅れになる前に実践してみませんか?

まずはご相談ください。

< うつ病を治したい  |  一覧へ戻る  |  糖尿病の血糖値が下がります >

カテゴリ:

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 10:00~20:00
土曜 17:00 終了
定休日 / 水曜・日曜・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ