HOME > 症状解消一覧 > 腰痛・骨盤 > 腰痛 筋筋膜性腰痛(きんきんまくせいようつう)

症状解消一覧

< いびき 無呼吸症候群  |  一覧へ戻る  |  むくみ >

腰痛 筋筋膜性腰痛(きんきんまくせいようつう)

揉んでも伸ばしても重苦しい
筋筋膜性腰痛


PCやスマホの進化に、自動〇〇などテクノロジーの発展が目覚ましい昨今。

便利化された生活の一方で、
日本の腰痛人口は約2800万人にのぼると言われ増加傾向にあります。

しかもその約8割以上が原因不明だとは、不安に思いませんか?

実は、西洋医学が見逃してしまう観点に注目すれば腰痛の原因解明はそう難しくありません。

薬や注射、マッサージ…その場凌ぎの手段ではなく
今後も傷まない身体づくりができるとしたら—そんな方法を知りたいのではないでしょうか。



筋筋膜ってなに?

メディアでも取り上げられましたが、ひとつは筋肉、もうひとつは筋膜、合わせて筋筋膜と呼びます。

筋膜とは筋肉を覆ううすい膜でボディスーツのようにピタッとくっついています。
鶏肉を料理するときによく見る白っぽい膜がそれです。

筋肉とともに姿勢を維持するのを助け、力や動きをサポートしています。



筋筋膜性腰痛について


「腰のスジが張る、チクチク痛い」「重だるく鈍い痛みがある」「腰を伸ばすのが苦手」
「歩いていると痛くなってくる」「乗り物での長時間移動がしんどい」

このような症状があれば筋筋膜性腰痛が疑われます。



腸腰筋の図

(小)大腰筋と腸骨筋は合わせて”腸腰筋ちょうようきん”と呼ばれます。
股関節を折り曲げ、歩行時や階段を上がるときに足を持ち上げる重要な筋肉です。

この筋筋膜の緊張により、腰が丸まり炎症を起こして痛みを発する状態です。
そのため背筋を伸ばす行為が苦しく感じるようです。



なぜ筋肉が緊張して腰が丸まるのか

よく、急に腰が痛くなった !と駆け込んでくる方がいらっしゃいますが、
強くぶつけたりと大きな外傷を受けない限りは、急にどこかが痛くなることはまずありません。

症状を感じないなりに日頃から筋肉疲労を溜め込んでいた結果なのです。

「PCやスマホで猫背になる」「足を組むのがクセだ」「腰を丸めて作業することが多い」など
疲労は身体の使いすぎはもとより、筋肉を伸ばしすぎることにより溜まっていきます。




これ以上筋肉を伸ばさないで!伸ばしたらもっと身体を壊すよ!
と脳が危険信号を出すのが、あなたが感じている痛みです。

放置したり適切な処置を受けられなかった場合、
ヘルニア・ぎっくり腰・腰椎分離すべり症・坐骨神経痛・仙腸関節炎・脊柱管狭窄症…etc にまで発展する場合も。



筋筋膜性腰痛の改善に必要なこと

  • 「日常のどの動作が腰に負担を与えているのか?」
  • 「治すために身体にどのようなことを施す必要があるか?」
正しい知識があれば、痛みの改善はさほど難しくはありません。

もんだり伸ばすだけでは効果がうすい?

緊張しているなら伸ばせばいい。正解です。
しかし、マッサージや電気、伸ばし運動をしてみてもあまり効果を感じられない上、
かえって痛くなった経験はありませんか?

腰なんだからといって、背中側をほぐせば楽になる訳ではないようです。

また、強い刺激は身体の生理反応を崩し痛めてしまい、”揉み返し”として感じるのが代表的なそれです。
問題の筋肉を伸ばすにはお腹側からアプローチする必要があります。



仙台市青葉区|からだの治療院~おあしす~の施術法


伸ばすといってもグリグリ押したりバキバキ鳴らす整体は行いません。
身体に無理のないソフトな手技によりゆるめていきます。

整体して背筋を伸ばせるようになると身体がスッキリ軽くなるはずですが
一度スッキリしたからといって効果が延々続く訳ではありません。

腰痛のほとんどはあなたの生活動作によって作られるものだからです。

いつもの座り方、身体の使い方、その習慣を繰り返せばまた痛みが出る…ということは想像がつきますよね。

再び痛めないためには、正しい状態を身体が覚えるまで刷り込む必要があります。
それを習慣にしてしまうのです。


適切な施術+患者様の意識 これが大きなポイントとなります




整体の流れ


背骨や股関節、内臓など身体全体の検査を行い腰の痛みを起こしている
一番固く動きのない部分がどこか?どこを動かすと腰に痛みが出るか?を動かしながら検査します。

股関節検査胸椎検査肋骨検査


問題の部分、ゆがみ具合を説明します
検査後の説明


施術は、関節をボキボキしたり筋肉を揉んだりするのではなく、
一番筋肉が柔らかくリラックスするポイントに置くことで硬くなった筋筋膜が柔らかくなります。
腰椎調整胸椎調整
最も緩む位置(バランス点)は、筋肉が緩むだけでなく、
脳に反射を起こし(フィードバック)自律神経や体液循環が良くなり

短時間で柔らかい体になります

最も緩む楽なポジションを取りますので、患者さんの負担が無いのも特徴です。


初回は一か所目の施術が終わってからチェックをして、痛みと可動域の変化を実感してもらいます
チェック


施術の続きをします

オステオパシーオステオパシー


再検査をして調節ができているか?身体が曲がるか?の確認をします。
無理なく曲げられるという事は痛みが減少しているという事です。

確認


他の療法との違いは施術効果が3日間ほど持続します。3日間は良い方向へ続きます。
施術日は、飲酒や食事を少なめに3日間ほどストレッチを含む過度の運動は控えて下さい
説明


自分ひとりでは気がつかない体のゆがみ、自律神経の不調など、
隠れた原因を一緒に検査していき、改善を目指します。


オステオパシー施術をすることで体の癖を取り除き回復が始まります。
身についた癖を一緒に取り除きましょう!





 
トータル的に見直し、『すり込み』が出来れば不具合の感じない生活が待っています。
当院では患者様にあった改善プランを提案させていただいてます。

「長いこと整骨院に通っているのに腰の痛みが取れない」と、感じているならば一度ご相談ください。


腫瘍などがある場合はこれに該当しませんが、大きな問題がない場合はあきらめず一度ご相談ください

 
 

 



お問い合わせ、予約方法

平日9:00から19:30まで電話受付の際受付スタッフが

「はい!おあしすです」 と電話に出ますので

「ホームページを見て電話したのですが」 と、おっしゃってください。

tel022-796-9927

ご希望日、来店時間、をおっしゃってください
※施術中は電話に出られない可能性がございます。留守番電に音声を残してください


メールでのご予約は、 HPトップの予約専用フォームで
お名前、症状、ご希望の来店日、時間 をご記入の上ご連絡ください。

お問い合わせの方はお時間指定させていただきお話をお伺いします。
お気軽にご連絡ください。

後ほど、こちらから連絡させていただきます。





< いびき 無呼吸症候群  |  一覧へ戻る  |  むくみ >

カテゴリ:

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 10:00~20:00
土曜 17:00 終了
定休日 / 水曜・日曜・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ