HOME > 症状解消一覧 > 起立性調節障害

症状解消一覧

< マタニティ整体  |  一覧へ戻る  |  脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群) >

起立性調節障害

起立性調節障害の原因と治し方

起立性調節障害は、自律神経系の異常で循環器系の調節がうまくいかなくなる疾患です。立ち上がった時に血圧が低下したり、心拍数が上がり過ぎたり、体の調節に時間がかかってしまいます。起立性調節障害は自律神経疾患なので精神的、環境的要素も関わって起こると考えられています。小学校高学年~中学生に多くみられますが、大人にも発症します。

起立性調節障害のどんな症状でお悩みですか?

  • 学校で起立時の立ちくらみや貧血、倦怠感でまともに授業を受けられない
  • 怠けているわけでは無いのに朝だるくて起きられない、眠くて仕方が無い
  • 朝起きたときの頭痛、立ちくらみ、立つ時間が長いと貧血になる
  • 通勤・通学でのバスやタクシーでの乗り物酔い、動悸、腹痛
  • 本当は学校に行きたいのに不登校になって精神的にも疲れてしまった
  • 普段から脈が早く、立ち上がると脈が一気に上がって失神しそうになる
  • まだ横になっている分には体が楽で夜調子がいい
と起立性調節障害には日常生活に大きく影響を及ぼす症状が出ます。 友達と同じように楽しく学校生活を送りたい、社会人として人並みに働けるようになって稼げないと生活が困る、など起立性調節障害を抱える方のお悩みは深いようです。

ちゃんと改善法があります|起立性調節障害の治し方

起立性調節障害の改善法として病院で以下のような事を言われることが多いようです。

  1.  起立するときには、頭位を下げてゆっくり起立する。
  2. 止まった状態での起立保持は、1~2分以上続けない。
  3. 水分摂取は1日1.5~2リットル、塩水にしたり、食事で塩分を多めに摂るようにする。
  4. 毎日30分程度ウォーキングをやストレッチ、冷水に入って筋力低下を予防する。
  5. 眠くなくても早めの就寝を心がける
これらの日常の工夫で辛い起立性調節障害の症状を軽減できることがあります。
ゆっくり立ったり、夜早めに就寝することは比較的取り入れやすいかもしれません。

しかしながら、体がだるく体力がない子供に塩水を強要したり、毎日のウォーキングなど厳しいのが現実ではないでしょうか?

起立性調節障害の改善はあなただけが頑張らなくていいのです。
自律神経が正常に働けるように整体施術でからだのゆがみを調節しましょう。


立ち眩み、倦怠感…起立性調節障害は整体で改善

では、自律神経を緊張させる原因はどこにあるのでしょう?
交感神経と副交感神経はいずれも「頭」から出て「背骨」を通ります。
「背骨(骨盤)」から出た自律神経が全身の筋肉・内臓・じん帯に指令を伝え私たちの身体を元気に動かしてくれます。

自律神経が乱れたり緊張するのは、
この通り道のどこかがゆがんでしまったり、ストレスで身体が硬くなっている場合です。

一つに体のゆがみを取り去ること、二つに日々受けている頭の緊張ストレスを施術でゆるめてあげる。
これにより自律神経が整い、調律が取れ、循環し、だんだん体力がついてきます

多くは猫背に起因していますから、後ろに傾いた骨盤、丸まった腰、前に出た首など
調節してあげることで自律神経の過緊張をほぐしていきます。

起立性調節障害で日常生活を送れない“不安”を解消しませんか?

  • もうみんなと同じように学校生活を送れないのか…
  • こんなに頑張っているのに怠けていると怒られ心も体も辛くて悲しい…
  • 友達と一緒に遊びたい!本当は勉強したい!起立性調節障害を治したい
  • 働かなきゃ生活できないし趣味だって楽しめなくなった
そんな思いでたくさんネットや本で調べた時間は無駄じゃありませんよ。
起立性調節障害にも改善方法があります。

西洋医学の病院では起立性調節障害の処置法に限りがあります。
血圧の低い方には血圧を上げる薬、血圧の高い方には下げる薬など、症状に合わせた対処法しかないのです。 整体では起立性調節障害は体の内側(原因)から辛い症状を良くしていくことができます。

まずはお気軽にご相談ください!

 

< マタニティ整体  |  一覧へ戻る  |  脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群) >

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 10:00~20:00
土曜 17:00 日曜 13:00 終了
定休日 / 水曜・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ