HOME > 症状解消一覧 > 自律神経失調症 > 更年期障害

症状解消一覧

< 交通事故治療・むちうち治療  |  一覧へ戻る  |  ペットの整体 >

更年期障害

更年期(更年期障害)治療と改善法

更年期障害の症状は「眠気」などの様々、女性ホルモンが影響していると言われていますが、ホルモン充足や漢方療法を行っていても改善までに長くかかったり、80代になっていても症状の緩和が見られない方も多いようです。


更年期とは?体調と心が乱れる理由

更年期とは具体的にどの期間のことを表すのでしょうか? 女性は一生の間に4つのライフステージを経験します。

  1. 月経を迎える時期 - 思春期
  2. 月経のある時期 - 性成熟期
  3. 月経を終える時期 - 更年期 
  4. 月経を終えてから - 高齢期
月経周期が不規則になり、やがて閉経を迎えます。 個人差はありますが50歳前後で閉経する人が多く、この閉経の前後、計10年間を”更年期”といいます。
女性ホルモン(エストロゲン)が急激に減少するのでイライラなど心の乱れ、汗や眠気など体の不調が表れやすくなるとされています。

もしかして私、更年期かも?更年期障害の症状

  • 40、50代(更年期)に差し掛かって汗っかきになった、すぐ眠くなる
  • 閉経してからホルモンバランスが崩れてイライラなど感情の起伏が激しくなった
  • イライラしてつい家族に当たってしまって毎日自己嫌悪になる…
  • 特に食事量は変わっていないのに太り始めた、ダイエットしても痩せない
  • 更年期に効くとテレビでやっていたサプリ、漢方(生薬)を試したが効かない
  • 更年期は仕方ないと分かっているけれど、改善策や対策があれば知りたい!!
年齢的に「仕方が無い」はありません。大丈夫ですよ。更年期の症状が改善する治療法はあります。

更年期障害チェック「簡略更年期指数(SMI)」

症状 症状の程度(点)
1.顔がほてる 10 6 3 0
2.汗をかきやすい 10 6 3 0
3.腰や手足が冷えやすい 14 9 5 0
4.息切れ、動悸がする 12 8 4 0
5.寝つきが悪い、または眠りが浅い  14 9 5 0
6.怒りやすく、すぐイライラする 12 8 4 0
7.くよくよしたり、憂うつになることがある 7 5 3 0
8.頭痛、めまい、吐き気がよくある 7 5 3 0
9.疲れやすい 7 4 2 0
10.肩こり、腰痛、手足の痛みがある 7 5 3 0

【判定&解説 (自己採点の結果)】

0~25点 じょうずに更年期を過ごしていて今のところ問題ありませんが、
年1回の健康診断を受けましょう。
26~50点 バランスのよい食事、適度な運動を行い、無理のないライフスタイルを送り、
更年期障害の予防につとめましょう。
51~65点 産婦人科または更年期外来、閉経外来を受診し、薬などによる適切な治療、
生活指導、カウンセリングを受けましょう。
66~80点 長期間(半年以上)の計画的な治療が必要でしょう。
81~100点 各科の精密検査を受けましょう。更年期障害のみであった場合は、
産婦人科または更年期外来、閉経外来などで長期の計画的な治療が必要でしょう。

更年期に現れる不調は多岐にわたります

知らずと裏に病が隠れている可能性もあるので、まずは内科(婦人科)でお医者さんの診断を受けましょう。

不定愁訴 強い疲労感,肩こり、頭痛、めまい 入眠障害 不安感 いらいら 憂鬱 うつ状態 耳鳴り 腰痛 関節痛・背部痛
呼吸循環 ほてり(ホットフラッシュ)、発汗、冷えのぼせ、動悸、息切れ、むくみ
消化器系 食欲不振・吐き気・便秘・下痢・のどの渇き・口臭・胃もたれ・胸やけ
泌尿器系 頻尿・残尿感・排尿痛・血尿・尿失禁
生殖器系 月経異常・膣乾燥感・性交痛・性欲低下
知覚系 しびれ・知覚鈍麻(感覚がにぶい)、知覚過敏、蟻走感(蟻が体を這っているような感覚)
視覚系 眼精疲労 視力低下
皮膚系 皮膚の乾燥・かゆみ・しわ・くすみ
更年期障害と診断された場合にも漢方薬やホルモン治療で更年期の症状が改善しない場合もあります。

ホルモン分泌を指令する「脳」
脳からの信号を伝える「自律神経(交感神経・副交感神経)」
指令を受ける「内臓」


そのどこかで異常があるからあなたは辛い更年期の症状に悩まされています。
つまりこの流れを整えてあげることで、更年期障害の症状は改善していきます。諦めずにご相談くださいね。

女性に多い更年期障害の原因は自律神経の乱れ

ホルモン分泌を指令する「脳」
脳からの信号を伝える「自律神経(交感神経・副交感神経)」
指令を受ける「内臓」


そのどこかで異常があるからあなたは辛い更年期の症状に悩まされています。
つまりこの流れを整えてあげることで、更年期障害の症状は改善していきます。諦めずにご相談くださいね。

一般的な婦人科(産婦人科)での更年期障害の治療法

病院で行う更年期障害の治療には代表的なものが3つあります。

  1. ホルモン補充療法(HRT):減少したエストロゲン(卵胞ホルモン)を身体に取り入れる方法です。飲み薬と塗り薬があって体質に合った治療法を選択できるようです。
  2. 漢方薬の内服:HRT療法が合わない場合や、更年期障害の症状が多彩(感情の起伏が激しい、多汗、うつ、など多くの症状を抱えている)な方に処方されるようです。
  3. 抗うつ薬・安定剤・抗不安薬いによる治療:更年期障害の症状で精神的症状が根深い方には抗うつ薬などが使用されます。
くするに頼るだけではなく、
誰かと話をする、不安な気持ちを外に出してあげる、些細な作業が心の栄養となり、更年期症状のストレス軽減に繋がるかもしれませんね。


更年期障害(自律神経の乱れ)は整体で改善できます

女性が閉経を迎え、エストロゲンが減少してしまうのは自然の摂理ですよね。
無理にエストロゲンを外から取り入れる、身体に副作用をもたらす薬を飲む。そのような無理をしなくても大丈夫です。

身体のバランスを統括している”自律神経”を整えてあげることで更年期障害の症状は大きく減退します。
自律神経の乱れが整えば、他にもいいことがいっぱい。
肩こり、腰痛はもちろん不眠、慢性疲労、冷え、便秘、むくみなどあなたを悩ませているあらゆる症状が原因から改善します。

まずはお気軽にご相談くださいね。


< 交通事故治療・むちうち治療  |  一覧へ戻る  |  ペットの整体 >

カテゴリ:

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 10:00~20:00
土曜 17:00 日曜 13:00 終了
定休日 / 水曜・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ