HOME > 症状解消一覧 > 手肘の痛み > 胸郭出口症候群

症状解消一覧

< 腰痛 腰椎分離すべり症  |  一覧へ戻る  |  あぐらがかけない >

胸郭出口症候群

仙台市青葉区で胸郭出口症候群に適応する整体をしています

もしあなたが

  1. 仰向けに寝ると腕が苦しい、痛む
  2. ケガで腕が苦しくなってきた、冷たく感じる
  3. 枕を高く挙げないと、身体が辛い


と感じているなら、胸郭出口症候群の可能性があります。


胸郭出口症候群とは腕神経が第1肋骨や鎖骨、斜角筋、小胸筋の後ろなど、

肩回りの骨や筋肉によって圧迫を受けることで起きる症状の総称です。


ですから、肩回りの肩こりや首のこりを感じることが多い方が発展して起こる症状と思われます。

また、これらの部位には鎖骨下動脈なども通っていて、圧迫性動脈閉鎖の症状もこれに含まれるそうです。


男性:女性=1:3で女性に多く、五十肩と併発することもあります。

 

女性の方で手が冷たくなるというのもこれに含まれるかもしれません。

 

からだの治療院~おあしす~では、筋緊張による毛細血管へ減少によるだるさ痛み冷感が胸郭出口症候群の原因と考えています


もし病院で診断を受け電気、投薬処置で改善しない胸郭出口症候群でお悩みでしたらお気軽にご相談ください


胸郭出口症候群の身体で異なる症状


前斜角筋

(起始)C3~C6の椎体の横突起前結節に付着。 (停止)第一肋骨の前斜角筋結節(リスフラン結節)に付着。
 

中斜角筋

(起始)C2~C7の椎体の横突起前結節に付着。 (停止)第一肋骨鎖骨下動脈溝の後方突起に付着。
 

鎖骨下筋

(起始)第1肋骨の軟骨境界あたりの前面に付着。 (停止)鎖骨の外側で下面に付着。
 

小胸筋

(起始)3~5肋骨と肋軟骨の連結部に付着。

(停止)烏口突起に付着。小胸筋の下には腕への動脈静脈神経があります

 

整形外科的検査

  • 腕や手がしびれる
  • 腕がだるい
  • 腕が挙げられない
  • 手が冷たい
  • ひどい肩こりがする
  • 背中が痛い
  • 仰向けで寝ると腕が痛む
  • 手の力が入りにくい
  • 握力が弱る
  • 肘がしびれる

下方の椀神経叢による症状が主で、うでの外側や薬指、小指の感覚が鈍くなったり、手の筋肉が縮んだりします。
動脈の圧迫が主な場合、手の痛みや指の色が青白くなり、壊死が起こる場合もあるので怖いですね。


徒手による身体検査

神経学検査 Wright検査:肩関節90℃ 外転回旋位にて橈骨動脈の拍動を見る

Adoson検査:肩甲骨を外転・伸展・外旋させ、さらに深呼吸をして検査側に頭部を回旋させる
Halstead検査:Adoson検査と同様の肢位にて頭部を対側へ回旋させる
Roos検査:両側肩関節90℃外転、肘関節90℃屈曲して離握手を3分間行う 第一肋骨、胸椎の会い


からだの治療院~おあしす~が考える胸郭出口症候群解消


一般的には先に挙げた筋肉へのマッサージやリハビリ、ブロック注射で筋肉を和らげようとしますがそれでは解消されないようです

ここからは当院独自の胸郭出口症候群への考え、処置を紹介したいと思います
 

筋筋膜の性質

「処置をしても元の状態に戻る」事がありますよね?このことを考えると筋筋膜は記憶力を持っているように思えます。

元のような動作が楽に感じるように設定されている機関と言っていいでしょう


筋筋膜の記憶を書き換えるには?


オステオパシーのテクニックでは、筋肉を最も緩む位置に置き脳が筋膜を開放するまで待つといった『脳への反射』を利用したテクニックを用います。

これをすることで、何度も同じように繰り返していたコリの癖を解消します。

血管壁も筋膜でできているので、再設定された毛細血管が症状部位へ血流を送り筋筋膜を回復してくれるでしょう。






 

ご予約はおはやめに。メール相談も承っております。


電話受付の際 受付スタッフが


「はい!おあしすです!」 と電話に出ますので


「ホームページを見て電話したのですが」 と、おっしゃってください。


ご希望日、来店時間、をおっしゃってください


メールでのご予約は、 お名前、症状、ご希望の来店日、時間 をご記入の上ご連絡ください。

後ほど、こちらから連絡させていただきます

TEL022-796-9927
 


< 腰痛 腰椎分離すべり症  |  一覧へ戻る  |  あぐらがかけない >

カテゴリ:

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 10:00~20:00
土曜 17:00 終了
定休日 / 水曜・日曜・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ