受付時間
10:00~20:00(13:00~15:00昼休み)
※最終受付:平日19:30、土曜日16:30
アクセス
地下鉄南北線北四番丁駅徒歩3分
駐車場:1台

お気軽にお問合せ・ご相談ください

022-796-9927

ストレスが耳鳴りの原因になる可能性もある
 

耳鳴りとストレスの関係を徹底解説

病院を受診しても加齢が原因と言われ、特にこれといって解決策も無いのが耳鳴りです。原因が分からないものは全て加齢やストレスが原因と説明されます。

ストレスは肉体的なストレス、精神的なストレス双方が関与します。ストレスによる耳鳴りは一過性かと思いきや、放置すると難聴に移行することがあります。

 

20代ならストレス性の耳鳴りは、一過性で終わる事もありますが

30代以降は、放置すると耳のつまり、難聴と進行します。

 

症状に気づいた時点で早めに何かしらの処置をすのは耳を守る事に繋がります。

 

病院では打つ手がないのでストレス加齢を原因としてストミンa、イソバイト、最後は補聴器で誤魔化します。

それでも耳鳴りが良くならない場合は、心療内科への通院を促され、治らないまま不安な時間を過ごす事になります。

というか、この方法で耳鳴りは良くなりましたか?

 

耳鳴再訓練療法(TRT)と言う治療法も出てきましたが、慣れさせれ忘れさせる方法です。

 

耳鼻咽喉科では、『耳鳴りを気にするな』と言われますが、いかがなものかと思いませんか?

 

 

それでは、実際にストレス性の耳鳴りでは、どのような症状があらわれるのでしょうか。

本記事では、ストレスと耳鳴りについて、以下の点を中心にご紹介します。

  • 耳鳴りとは
  • 耳鳴りに併発する症状や病気
  • 耳鳴りの放置はリスクを伴う
  • 耳鳴りの改善方法
 

ご感想を頂きました
左の低音性難聴、つまり感、
舌がビリビリする慢性肩こり、慢性腰痛歯痛など


※個人の感想であり全ての方に効果を立証するものではありません

 

鈴:最初のお身体のお悩み覚えていますか?

Zさん:左耳が低い音が聞こえなくなる低温感音性難聴の軟調になって、それが朝起きて突然なって、 初めての経験だったので非常に驚いて、耳鼻科に即効行って、

イソバイトシロップと言うゲロゲロに不味いシロップを処方され飲んだら1日か2日ですっかり良くなったんですけど、 飲まないとすぐ難聴になってそれを何度か繰り返して

その時他の体調も良くなかったので、身体全体を見てもらう所に通わないといけないなと思い、いつまでもお薬だけでは治らないと思って、おあしすさんに来ました。

 

鈴:ありがとうございます。そう言う事だったんですね。以前はイソバイトを飲んでいたという事だったんですね。施術を受けてからはいかがでしたか?

Zさん:1回目は劇的に改善したという訳では無かったんです。あと、独特なのか 手をかざすだけだったので(笑)「これで何か改善するのか? ?」とは思いましたけど、やはり何度か通ってみないと分からないなと思って1週間おきに2,3回で段々改善してきてお薬を飲まななくても耳が治っていた時間が長くなっていたんで

 

そして2週間置きに2回くらいで計5回くらいで薬を飲まなくても耳が聞こえる時間が本当に長くなって、たまにつまる事もあるのですが、先生のyoutubeを拝見しまして塩水を飲むようになってからかなり症状が良くなってきました。

 

鈴:塩水って舌がビリビリするって話ではなかったでしたっけ?

Zさん:あれは、歯科と皮膚科各所まわって舌のアレルギーかも知れないと言われ舌がヒリヒリするという症状が全く改善せず悪化していく一方でしたが 諦めていたんです。おあしすに通うとしても、舌の症状を改善してもらいたいという気持ちはサラサラなくて治ると思っていなかったから。

 

鈴:それで最初に教えてくれなかったんですね。

Zさん:それで塩水飲んで3日位したら変化があって1ヵ月位でほぼ症状が改善した。いい意味でがっかりしました(笑)

 

鈴:そうだったんですね、ありがとうございました。

ストレスとは?

耳鳴りは全て自律神経が関与します。

ストレスとは外部からの刺激で生じた緊張状態です。

分かりやすく言えばストレス性の耳鳴りの原因は『本人も思ってもみない以上に疲労している』と言う事です。

 

私たちの肉体、精神に影響を及ぼすストレスは

「物理的ストレッサー」(暑さや寒さ、騒音や混雑、肉体的な負荷など)

「化学的ストレッサー」(化学物質、食品添加物、トランス脂肪酸、公害物質、薬物、酸素欠乏・過剰、一酸化炭素など)

「心理・社会的ストレッサー」(プライベート、仕事などの人付き合い、自分の意にそぐわない事柄)

 

に分けられることもあります。一般的な「ストレス」と言っているものの多くは、「心理・社会的ストレッサー」の事のみに言及する場合が多いです。

 

ストレスが続くと耳鳴りを生じている方は、うつ病、パニック症候群、メニエール病、突発性難聴、など心や耳や平衡器に係わる病気に見舞われやすいです。

 

 

耳鳴りとはストレスがどう関わるか?

大きなケガが無い限り、突然耳鳴りが起こるケースはほとんどありません。ストレスや疲労が溜まって、肩こりや腰痛を感じるようになり、疲れが取れない日々の積み重なりが思ってもみない程ダメージになり、睡眠が浅くなり、内部の回復は損なわれ、気が付いたときには耳鳴りになってしまいます。

自律神経の乱れと耳鳴り

耳も自律神経の緊張が関わります。耳は脳神経の内耳神経が関わっている為、自律神経そのものです。

 

あなたが耳鳴りに陥っているのなら、自律神経は間違いなく乱れています。

自律神経は、興奮した時、意識的な活動の時に交感神経が優位になり血管をギュッと絞り血流を促しやすく(例外もあり)落ち着いている時休んでいる時には副交感神経が働き血管を太くして血流を促します。

 

耳鳴りを起こすほどのストレスを受け続けると血管の作用は偏り血流不足を起こします。

 

実際に自律神経が乱れているかもしれない方は以下のような事を感じるかもしれません。

  • 睡眠は正常ですか?
  • 寝起きはだるくないですか?
  • 終末寝だめしてませんか?
  • 頑張ってませんか?
  • 我慢していませんか?
  • 無理をしてませんか?
  • 休もうと思っても眠れなくなっていませんか?
  • 感情的になっていませんか?

ストレスを受け続けての『過度の疲労』は、自律神経の働きが偏り、

交感神経、副交感神経を上手に使い分けている時の様に耳の働きを維持できなくなります。

疲れは自律神経の乱れを引き起こす

  • 疲れを感じる
  • 目覚めが悪い
  • 慢性的な肩こりを感じる
  • 体力の衰えを感じる
  • 血圧が低くなった
  • 左右の血圧に差がある

これらも『ストレス』『疲労』により、自律神経の状態が正常範囲を超えている事を示します。

 

最初の方は頑張って交感神経の興奮作用が働いてくれます。

しかし、活動過多により自律神経が限界を感じ、交感神経も副交感神経も働きが悪くなった状態です。

その事で、耳に巡る血流不足になり耳の働きを正常に維持ができない『耳鳴り』と言う異常な状態へと変化しているのです。

 

耳鳴りはどんな音?

耳鳴りはご自身だけが聞こえるキーン・ピーという高い音や、ジー・ザー・ゴーと低い音がします。

個人によって様々で、虫の音・金属音・機械音にたとえられます。

耳鳴りは、状態により片耳、進行すれば両耳へと発展し音も大きくなります。

 

耳鳴りは何科へ行けばいい?

耳鳴りは耳鼻咽喉を受診が一般的です。しかし、手におえる事が少ない為、心療内科の受診を勧められます。

 

耳鳴り治療のために病院で処方される代表的な薬

即効性は期待できませんが長期的に服用することで効果が期待されます。

この何年も飲み続けても効果が微妙というお薬は以下の通り

  • アデノシン三リン酸二ナトリウム(ATP)(アデホス、トリノシンなど)
  • ビタミンB12製剤 (メチコバールなど)
  • ニコチン酸アミド、パパベリン塩酸塩配合錠 (ストミンA配合錠など)
  • カリジノゲナーゼ (カルナクリンなど)

耳鳴り治療向精神作用、ストレス軽減作用のある薬

当院にご通院いただいているほとんどの医療従事者が避ける、抗不安薬などは以下の通りです。

  • ロフラゼプ酸エチル (メイラックスなど)
  • アルプラゾラム (コンスタン、ソラナックスなど)
  • クロチアゼパム (リーゼ)
  • エチゾラム (デパス)

 

睡眠をとることは出来ますが、処方された方の精神状態を考慮すると正直飲みたくない方という意見です。

耳鳴りが進行するにつれ伴う病気や診断

耳は脳神経の内耳神経が関与するのですが、内耳神経は平衡器の役割も担っています。ですので耳鳴りに至るまでに伴う症状もあり、耳鳴りにに伴う症状、進行するにつれ伴う症状

 

状態により順不同ですが、以下のような病気や症状を伴う可能性があります。

西洋医学で解説されている事と、他では教えない、自律神経の乱れと絡めてお伝えします。

 

突発性難聴

突然、片方の耳に激しいキーンという金属音、電子音の耳鳴りと共に閉塞感が起こり聴力が失われます。約半数がグルグルと回転するようなめまいをともないます。

重い場合は耳がまったく聞こえなくなります。突発性難聴は繰り返すことはほとんどありません。

残念ながら原因はまだ分かっていませんが、ウィルス感染や内耳の血流障害、過労やストレスが引き金になることが多いといわれています。

 

と西洋医学では解説されていますが、自律神経の乱れで血流不足なのは明らかです。血流不足で弱っていればウィルスも発見されやすい。めまいが伴うのは、内耳神経は平衡器を担っているからです。

老人性難聴

これも聴力低下に耳鳴りを伴います。年齢を重ねる事は衰える事です。この摂理から両側性の難聴を発症。内耳神経を維持管理している細胞、血流は減ります。

 

これを維持するのは、自律神経、血流です。

自律神経の乱れやストレスを溜めない、排出できる良い身体や精神状態の方の聴力は正常です。

外耳炎

耳の穴と呼ばれている外耳道(外から見える、耳の穴の見える範囲)に炎症が起きる疾患です。かきによるひっかき傷に細菌が感染したり、海やプールの水が耳に入ることなどによって起こります。

耳への血流不足、食事状態による血液の状態により代謝が追い付かず、痒み、痛み耳鳴り、耳垂れを生じます。

耳の中にかゆみや痛みが生じ、糖尿病やアレルギー体質など移行すれば慢性化し、強いかゆみがあらわれることがあります。

耳管狭窄(きょうさく)症

鼻詰まりと関連し、普段から鼻の通りが良くない方に起こりやすい症状です。

鼻通りも無意識なことが多く突然閉塞したと訴える方もしばしばですが、鼻の通りが悪く圧力が下がってしまい(本来であればある程度高い為に、鼻通りがある)、耳の耳管内の圧力も下がって閉塞します。

 

東洋医学ではメジャーな症状で、腰の状態、下半身の状態が弱ってくると耳がつまると解説されます。

中耳炎

幼少期に出てきやすい中耳炎も時間狭窄による症状です。

 

耳管狭窄で、中耳の気圧が低下した状態が続くと、中耳の鼓膜からの滲出液が、中耳腔という部分に溜まります。

これを滲出性中耳炎といい、アデノイドや耳管狭窄症、風邪などの後やアレルギー体質の人に起こりやすく、

耳が詰まった感じや耳鳴りの症状があらわれ、進行すると、耳だれや難聴が続きます。さらに放置、慢性化すると、鼓膜に穴が開き皮膚組織が中耳に入り込み、骨を破壊を起こす真珠腫性中耳炎を引き起こすこともあります。

ここから内耳まで進行すれば、内耳神経とつながりがある顔面神経まで進行し顔面神経麻痺に発展します。

 

もうわかりますよね?

 

お子様も感じない範囲で腰(姿勢)や足腰の状態(歩かない。歩き方がフラフラしている等)が耳に影響している、だから原因不明と言われます。

 

お子様の中耳炎は治しやすい範囲の症状です。なぜなら、若い事は生命力に満ちているからです。

メニエール病

どちらか一方の耳にだけに起き、強くなったり、弱くなったりを繰り返す耳鳴り、そして自分や周囲がぐるぐる回るようなめまい、さらに難聴の3つが同時に起こります。突発性難聴と症状が似ています。と言うか本人の訴えにより名前が変わるようです。

内耳神経の機能不全は、聴力低下、めまい、耳鳴りはセット症状として捉えましょう。また、めまい、吐き気もほぼセットです。ですが、吐き気の症状のみの場合は別の病気や症状を考え病院を受診するべきです。

聴神経腫瘍

聴神経に発生する良性の脳腫瘍です。発生頻度が高い為、脳外科を受診したほうが早期発見ができます。

耳性帯状疱疹(ラムゼイ・ハント症候群)

帯状疱疹ウイルスが内耳や顔面神経に感染し、耳痛、頭痛、発疹や水疱がみられ、回転性の激しいめまいと耳鳴り、難聴が起こり、顔面神経さらに、顔がこわばったり、目を開けたり閉じたりできなくなるなどの顔面神経まひがあらわれるのが特徴です。

 

基本的にウィルス症状が出る方は、耳の症状を先に体験している事がほとんどですので、進行した場合に起こるものが耳性帯状疱疹になります。

 

高血圧症

最高血圧140mmHg以上、最低血圧90mmHg以上が続く状態を示します。高血圧症の背景として脳への血流不足があります。血流が欲しいので圧力を上げるのです。この場合はドクドクとした心拍音も聞こえるかもしれません。だから内耳神経の栄養不足、耳鳴りになります。

 

後頭部の筋緊張があり頭部への血流不足、また静脈血での老廃物の回収ができず細胞の入れ替わりは必要量できません。

もしくは首の可動範囲が狭い、肥満も姿勢維持が難しく、後頭部が緊張して、脳に血液が届かないため高血圧になるかもしれません

からだの治療院おあしすでの
ストレスや疲労を抜く耳鳴りの治し方

痛くない施術で、心身共に緩みます。

気持ち良い呼吸やしやすく、楽に背筋が伸びるようになります。

自律神経失調症の方は、お身体が生きの悪い元気のない状態です。施術中から呼吸がしやすく背筋が伸びやすい無駄な力を使わない身体へ変えていきます。

また施術は揉んだり伸ばしたりしません。触れているだけのような施術ですが眠くなったり、力が抜けて楽になる整体です。

 

 

耳鳴りは睡眠状態に直結します。

薬のを飲んでも変わりない、ホルモンの影響、ストレスの影響で治らないと言われた方も諦めないで下さい。

耳鳴りは正常でない睡眠状態から起こる自律神経、疲労疾患とも言えます。

身体を芯から緩め、眠りやすい身体と心を作り上げる事で、毎日聴こえるわずらわしい音から解放されます。

逆を言えば、眠れないあなたは一生耳鳴りで悩んだり急に難聴に発展するかも知れません。

背筋がグッと伸びる事で頭へ血液を送る上下水道ができ、気持ち良い呼吸ができる事で、酸素やその他の栄養素を脳、神経へ届けます。

その他、脊髄から内臓へ栄養を送り内臓が元気に、新しい血液が作られる、古い細胞が便として排泄されるこの様にして、あなたの細胞が新しいものへと変化を始めます。

夜も眠りやすいお身体へと変わっていきます。

しっかり休めるようになる事で、自律神経が整い耳鳴りも減って楽に過ごせます。

聴神経腫瘍、脳腫瘍以外の方の耳の症状はお任せください

まずは、大きな病気が無いか病院で確かめましょう。

その方が安心ですよね。

そして、お薬の効果を感じない場合は当院にお任せください。

ストレスによる耳鳴りは、耳だけが問題ではありません。お身体に関心を向け、どうやったら辛い耳鳴りから解放されるか?を一緒に追求していきましょう。

お体の使い方もお伝えします。

現在の耳鳴りは、今までの身体の使い方に原因があると言っても過言ではありません。

今までと同じように無意識で負担をかけている場合、耳鳴りが再発する可能性が高くなります。

施術で体調を整え、負担を掛けないお身体の使い方を新たに身につけた方は、

目に見えて不調に陥ることが無くなるでしょう。

ご希望であればお身体の使い方、立ち方、座り方、寝方のご指導もコースをご準備いたしております。

分かりやすいお会計

コースをご用意してますが、追加でいただくことはありません。コース内容に関しましても、しっかりご説明をしています。また、体を整えるグッズやサプリメントも販売していますが、一切押し売りはしていません。

各種クレジットカード、楽天edy、クイックペイ、ペイペイもご使用可能です。

完全予約制で静かで落ち着ける治療院です。

完全予約制です。状況によっては少しお待たせするかも知れません。ですが、電気をかけて長い時間待たせたりしません。一瞬で治るゴッドハンド商法の様な10分程度で終わるような治療もしません。初回は状況を聞かせていただける様お時間を確保します。またその後のご希望であればカウンセリングもお申し込みください。お客様一人一人に誠心誠意尽くします。

 

耳鳴り整体 オステオパシー料金

フルコースオステオパシー
(上級コース調整
(初回)15,000 
2回目以降12,000
ポイントオステオパシー(通常コース) (初回)10,000 
2回目以降8,000

耳鳴り施術の流れ

耳鳴り施術の流れをご紹介します。

まずはお電話でお問い合わせください

お電話で事前にご予約下さい。

・お電話の『はい、おあしすご予約電話です』と出ますので

・『ホームページを見て予約の電話をしたのですが』

とおっしゃって下さい

症状を伺ったり、ご予約のお日にちを決めさせていただきます。

※施術中は電話に出られないこともあります。その時は、後ほど頂いたお電話番号に折り返させて頂きます。

受付で問診票のご記入をお願いします

問診票へは

・現在のお悩みや過去に起こった不調等をご記入下さい

・問診票を基にカウンセリングを致します。

受付後、カウンセリングをします

からだの治療院おあしすでは、辛い症状を治したいあなた安心して施術を受けて頂けるように

  • しっかり状況を聞く
  • 何が不調の原因か?
  • その原因をどうすれば良いか?
  • どのくらいのペースで通えば良くなるか?
 

等、カウンセリングのお時間を設けています。

改善したい状況、今まで処置を受けて改善しなかったお話、ご自身では気が付かないが現在抱えている不調等をお伺います。

また、こちらの施術方針、施術内容のご説明もさせて頂いております。分からないことがあれば何でもご質問ください。

身体状況の把握と独自の検査

自律神経失調症は西洋医学の検査では、何も原因が分かりませんが、オステオパシーの独自の検査で状況は把握できます。

オステオパシーの検査は、肩に触れているだけの検査です。肩に触れているだけで、あなたの身体に足りない要素は何か?(自律神経が高ぶっている要素)の特定をして行きます。無理な事はしません。その後、必要であれば力が入るところの確認、呼吸の確認、関節の動き、頭部の状態など、全身の状態をチェックしていきます。

身体の施術を進めていきます

術は体に優しく触れながら身体の緊張感を抜いていきます。緊張感が抜けていくと

  • 何かが抜けていく感じがして楽になる
  • 呼吸がしやすくなる
  • 肩の力が抜け座りやすくなる
  • 足腰やお腹に力が入りやすくなる

等、お身体が元気になり眠れる準備が整います。手順を踏み、身体を作り上げれば、結果はついてきます。

自律神経失調症専門施術
オステオパシーを利用された事例

自律神経失調症でお薬の服用、腕のしびれが治らなかった
(現在は減薬して1種類)

仙台市のMSさん(57歳)

<お体のお悩みはなんでしたか?>

治らない自律神経失調症と肩甲骨の痛み、両腕のしびれ

<どのような処置をしてきましたか?>

心療内科で抗不安剤を処方してもらい1日3回飲んでいた。痛みをとしびれについては何もしていなかった。

 

<お越しいただくまでどんなことを考えていましたか?>

習い事の先生と生徒さんの会話で。実際行くまでは自分の痛みとしびれ(初めてのこと)が怖かった。

<施術を重ねた今のお体の状態はいかがですか?>

鈴木先生は、話をしっかり聞いて下さり症状の原因を教えて下さる。表面的な処置では無く根本を教えて下さるので、もし病院などで外科手術等、すすめられている方がいたら、まだ選択肢があるよと教えたい。

※個人の感想であり全ての方に効果を立証するものではありません

低音性難聴、不正出血、肩こり、便秘、痛い事はされたくなかった。

仙台市のMAさん(56歳)

〈お体のお悩みはなんでしたか?〉

2~3週間前から片耳に水が入っている様なモワッとした感があり、低音が聞えなくなる難聴になりました。

<お越しいただく前はどのような処置をしてきましたか?>

耳鼻科へ通院しイソバイトとアデホスコーワを服用していました。

<来ていただくまでどんなことを考えていましたか?>

耳以外にも肩こりや不正出血などの不調があり、体全体を診てくれる治療院を探しました何度か通院して改善しなければ他に探そうと思っていました

<施術を重ねた今のお体の状態はいかがですか?>

週に1回のペースで4回通ったところですが薬を飲まずに耳の聞こえている時間が長くなりました

夜間目が覚めることがなくなり便秘もかなり改善しました。

ただ実際の治療はほとんど手を当てているだけの様に思えて大丈夫と確信するのに時間がかかりました。

※個人の感想であり全ての方に効果を立証するものではありません。

睡眠の問題はすぐに改善しました。
慢性的な疲労感、眼精疲労も抜けてきました。

むつ市の最弱ムーチョさん(20代)

<いつからどんなことでお悩みでしたか?>

一年ほど前から胃の不調がありそれが一番辛いものでした。

十年程前から精神面の不調や不眠が始まりました。当時は心と身体を一体のものと考えていなかったのですが、十代の頃から私の身体は限界だったのでしょう。7年ほど前から『心因性のED』にもなりました。

<以前はどのような処置をしてきましたか?>

生活習慣の改善、食生活の改善、サプリメント、整体等、様々な手段で心身の不調を治そうと試みましたが思うように良くならず段々と調子は悪くなっていきました。

<今のお体の状態はいかがですか?>

睡眠の問題はすぐに改善しました。早朝に目覚める事も少なくなり物音等の刺激に対する耐性も上がりました。常に身体に変な力が入っていたのですが、それもかなり緩んできました。 自分を縛っていた鎖が溶けていく感じです。力みが睡眠に悪影響を与え、様々な不調を生み出していたのでしょう。慢性的な疲労感や眼精疲労も抜けてきました。 少しずつですが、具体的な症状も良くなってきています。身体を悪くしている人は、きちんと睡眠をとりたくても、身体がそれをしてくれない状態にあります。 院長先生はご自身も心身の不調に悩まれた経験をお持ちですので、不調の根の部分に理解が深い方です。「ここをこうすれば治る!」と言った主義ではないので、身体のカウンセリングを受けたい方におすすめです。

※個人の感想であり全ての方に効果を立証するものではありません

いかがでしょうか。

もし、毎日の耳鳴りが当たり前なのは嫌だ、薬を飲んでも自分で体操してもイマイチだな~、更年期も老後も元気に過ごしたいな~、頼れるところは無いかな?と自律神経失調症オステオパシーに興味をお持ちの方は、ぜひお気軽にお問合せ・ご相談ください。

1年以上通ってお身体のお手入れをしている方、お身体と向き合っている方は、考えられない位元気になってます。今が一番若い時です。今から何を取り組むかで今後の人生は大きく変わりますよ。

 

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約

022-796-9927

<受付時間>
10:00~20:00(平日最終19:30、土曜日は最終16:30)
※水曜・日曜・祝日は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2022/05/13
ホームページを公開しました
2022/05/12
「施術案内」ページを更新しました
2022/05/11
「アクセス」ページを作成しました

からだの治療院おあしす

住所

〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

アクセス

地下鉄南北線北四番丁駅徒歩3分 
駐車場:1台

受付時間

10:00~20:00
(平日最終19:30、土曜最終16:30)

定休日

水曜・日曜・祝日