HOME > 症状解消一覧 > 産後・マタニティ > 臨月のぎっくり腰

症状解消一覧

< 胃もたれが続く  |  一覧へ戻る  |  胃下垂 >

臨月のぎっくり腰

臨月のぎっくり腰も対応しています

妊娠で身体が窮屈になり腰を痛めるようになります。臀部が痛い方やつわりが酷い方など様々ですが、立ち上がる動作で痛みがある方はぎっくり腰になっている可能性があります。

妊娠は自身の身体以外の胎児の負担を担っているため、母体への負担も多くなり、普段腰を痛めない方も思わぬ痛みに襲われます。ぎっくり腰の痛みは骨盤を固くし胎児へも悪影響を与えているかもしれません。

特に臨月になれば母体の姿勢維持が難しいため腰筋に負担がかかり腰が痛くなる方は90%にも及ぶとされています。(臨月でも痛みがない方はラッキーでしょう)

 

仙台市青葉区上杉の整体「からだの治療院~おあしす~」では、臨月の妊婦さんの腰痛でも対応しています。
ぎっくり腰を改善することで出産をスムーズにしやすい身体へと変化させること、妊娠時の日常生活をできるだけ負担なく過ごしてもらう事を目的とし、妊婦さんでも安心して施術を受けられるように電気を使わない施術、痛くない施術をコンセプトとしています



それでは、産前の妊婦さんのぎっくり腰のシステムについて解説します。

 

臨月は必ず腰が痛くなるものとして考えてください


臨月では胎児が出産準備として下の方へ下がってくるのが前提です。
ほとんどの妊婦さんが腰の痛みを訴えます。

骨盤には多少の動きを作るために遊びがあるはずなのですが

胎児がが下がってくることで、骨盤の遊びが無くなり

仙腸関節の靭帯や、臀部の筋肉が引き延ばされて緊張を起こしてしまう事で起きる様です。

   

臨月時に必要な処置と扱いたくないもの

  • 下がり過ぎた胎児を優しく持ち上げてあげる
  • 柔軟性を失った腰の内部の筋肉を緩めてあげる
  • 伸びなくなった膝を伸びるようにする
  • 胸を広げて胸郭のスペースを作る事により、腹部のスペースが拡大し力が入りやすい状況を作る
  • 下垂している腎臓により腰が曲がる事があるので、腎臓を優しく持ち上げる

当院の調整は全て身体に負担なく受けられます。

強く押したりしてもこれらの状況は変わる事がなく、痛みの状況も変わらないでしょう。


また近年、電磁波とアレルギーの関係が疑われている事もあり、低周波、微弱電流、超短波など一切扱っていません。

 

妊娠中のぎっくり腰はこれに痛めた部分の処置を追加するだけです。

一般的なぎっくり腰の処置では妊婦さんの腰痛は治りません。
腰を揉まれても、しばらくすると痛み出します。

下手なマッサージや電気治療、鍼治療は逆に母体へ負担をかけることになります。

また痛みが長引けば、それ相応のストレスを母子ともに受けることになるでしょう。


当院では妊娠中で痛めたぎっくり腰、腰痛でお悩みの患者様に適応できるよう
医学的、運動動作知識、オステオパシー的知識、整体技術をもってご対応します。

 

当院は完全予約制となります。事前にご予約下さい。


電話受付の際 受付スタッフが


「はい!おあしすです!」 と電話に出ますので


「ホームページを見て電話したのですが」 と、おっしゃってください。


ご希望日、来店時間、をおっしゃってください


メールでのご予約は、 お名前、症状、ご希望の来店日、時間 をご記入の上ご連絡ください。

後ほど、こちらから連絡させていただきます。

 


< 胃もたれが続く  |  一覧へ戻る  |  胃下垂 >

カテゴリ:

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 10:00~20:00
土曜 17:00 終了
定休日 / 水曜・日曜・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ