HOME > 症状解消一覧 > 自律神経失調症 > 【産後】尿漏れは整体が一番【20代の骨盤底筋】

症状解消一覧

< 【安全で効果的】マタニティ整体をお探しの方へ【お任せください】  |  一覧へ戻る  |  【整体と食事で改善】ロキソニン効かない三叉神経痛 >

【産後】尿漏れは整体が一番【20代の骨盤底筋】

まだ若いから、尿漏れを改善したいんだけど...
『いつか治るかな?原因はなにかな?恥ずかしいし情けないから、筋トレ体操やリハビリが良いのか、何が良いのか知りたい!』


『目次』
- いつまでも続く尿漏れ知っておくべき【処置が必要】
-原因はなにかな?【結局は骨盤底筋】
-なぜ整体が効果的?即効、尿漏れ改善【正しく骨盤底筋を反応させるには?】


尿漏れって検索すると、骨盤底筋のトレーニングを推奨していますが、それでも尿漏れって改善しにくいですよね。


それは猫背と同じ理論で、猫背の方に背筋を伸ばせって言っても、良い姿勢を保てません。それと同じく、骨盤底筋を閉めろって言われても閉めることはできません。


理論的に、ひめトレなんて買う必要もないと思います。筋力が弱っているのは分かっているのに、弱っている原因には言及しないのが不思議です。


ひめトレ画像
整体でからだ全体から骨盤底筋が閉まらない理由を見つけて体のバランスを整えると尿漏れは改善します。


当院は自律神経の乱れでお悩みの方や更年期障害の改善をお願いされることが多く、
また産婦人科の先生からの妊婦さんのご紹介もあり、
尿漏れのお悩みを抱えた方が沢山いらっしゃった経験から、行き着いた理論と結果を書きたいと思います。


こちらの動画でも解説しています。





いつまでも続く尿漏れ知っておくべき
【処置が必要】

いつまでも続く尿漏れで知っておくべき【処置が必要】 結論、骨盤底筋が弱っているから尿漏れになるので、骨盤底筋に力が入らないと尿漏れはいつまでも治りません。

いつかは良くなるはず...思ってても年齢を重ねれば老化するので期待は薄いはずです。的確な処置が必要になります。

10代や20代で尿漏れしている方なんかは、すでに悪いから今まで通りの生活では良くなることは無いです。

早い年齢でおむつのお世話になります。

産後の帝王切開でも尿漏れになります。

帝王切開で骨盤底筋を傷めていなくても尿漏れになります。

この話からすると、骨盤底筋を傷めているのが尿漏れの原因とは考えにくくなります。

他の何らかの原因で弱っているというのを考える必要があります。

尿漏れの原因はなにかな?【結局は骨盤底筋】


産後やお若い方は腹圧性、切迫性による尿漏れが原因です。

尿漏れ、尿もれ 尿失禁だけでグーグルの月間検索数約2万件、関連ワードを入れると約4万件以上にもなるため悩んでいる人は本当に多いんだと思います。
そして『骨盤底筋がゆるんでいる為に起こる』のは分かっているのですが、鍛え方がイマイチの為いずれ諦めて『おむつ』をして過ごすようになるようです。
尿漏れの原因は4つあります。

  • - その①:腹圧性尿失禁 -
  • - その②: 切迫性尿失禁 -
  • - その③:溢流性尿失禁 -
  • - その④:機能性尿失禁 -


その①:腹圧性尿失禁と症状


笑ったり、運動したり、咳やくしゃみ、ひどい時には立ち上がった時にも。 腹圧性尿失禁で、女性の4割を超える2000万人以上の方が悩んでいると言われています。
原因は骨盤底筋が瞬間的に閉まらない為、尿が漏れる事です。
骨盤底筋を強くするお薬は無いようです。

その②:切迫性尿失禁と症状


トイレが近くなくなってしまって我慢できず漏らしてしまう事を言います。
過活動膀胱っていう膀胱が活動しすぎる事も原因と挙げられています。多くの場合原因不明です。なので骨盤底筋のリハビリを勧められます。



その③:溢流性尿失禁


若い方にはあまり関係ない間も知れませんので割愛します。他で調べて下さい。



その④:機能性尿失禁


こちらも若い方にはあまり関係ない間も知れませんので割愛します。他で調べて下さい。


なぜ整体が効果的?即効、尿漏れ改善【正しく骨盤底筋を反応させるには?】

股関節の外側の筋緊張が骨盤底筋を広げる一番効果があるのは整体です。尿漏れを起こしている方は、骨盤周りの筋肉が固くなっています。
特に産後の尿漏れは出産時の足を開く恰好が原因です。
上の画像の様に、足を開く筋肉の方が固くなり外側へ広げる力が、骨盤底筋を引き伸ばす形になります。
この外側の筋肉が問題なので、内側の骨盤底筋へ何をしても効果が上がらないのです。 10代や20代の方で尿漏れの悩みがあって骨盤底筋のリハビリをしても効果が上がらないのであれば同じような問題を抱えています。
部活での激しい運動か、早い年齢での性交渉、日常生活での座り方などが考えられます。股関節を開いて体重がかかる事があればそれが問題です。
なので整体では、その問題を起こしている股関節の筋肉か、股関節の筋肉へ影響を与えている緊張部分を見つけ出して緩めます。そうすることで反対側の骨盤底筋に力が入ります。
【外を向いていた力】から
【バランスよく働く力】に!
骨盤底筋を締めることが出来る

整体やその他の体操やリハビリの効果を比較してみましょう

かと言っても『尿漏れを治してくれ』なんて整体や病院で伝えにくい方もいらっしゃいますので、
各効果をひも解いてみました。大きく分けると人にやってもらう時と、自分でやるときの違いですね。

整体で骨盤底筋の施術を受けるメリット、デメリット

整体で骨盤底筋を動きやすくするメリットは何といっても効果的で即効性でしょう。
身体全体からゆがみの元を見つけてくれるので、自分で効果のないリハビリをさせられることもありません。
そして股関節部の柔らかさが出せれば、すぐに骨盤底筋に力を入れる事ができます。(ほぼ1回目から当社比)
そして、骨盤底筋だけでなく肩や腰、からだが軽くなることが挙げられるでしょう。
骨盤底筋を直接触るわけではないので恥ずかしさもありません。
デメリットはお金がかかることと、尿漏れを治してほしいと告白する事です。

自分でやるリハビリや運動のメリット、デメリット

自分でやるリハビリや運動のメリットはお金がかからない事、尿漏れという悩みを人に打ち明けないことです。
デメリットは骨盤底筋が弱っている根本がみつけられないから効果の上がらないリハビリを永遠とさせられるかもです。
骨盤底筋のリハビリを参考に考えると【力が入らない筋肉に力を入れろ!】って事です。どういうことかと言いますと、
力が無いのに100キロの重りを持ち上げろ!とか、泳げない人に100メーター泳げ!という事を強いられます。

答えが出ないから、効果が上がらないんですよね。

【産後】尿漏れは整体が一番【20代の骨盤底筋】まとめ

【産後】尿漏れは整体が一番【20代の骨盤底筋】まとめ 尿漏れは多くの方が抱える悩みです。そして解決も早い症状です。様子を見てても解決しません。おむつが待っているだけです。
肩こり腰痛と同じく疲労がたまっている部分を見つけて緩めてあげれば問題ありません。
80代に差し掛かったり、大きな病気がある尿漏れは病院へいきましょう。


尿漏れでなくて、頻尿でお悩みの方は骨盤から出ている自律神経の信号がおかしくなっているかもです。
今日はここまです。ありがとうございます。


頻尿などの自律神経失調症の改善方法が知りたい方用リンク


この【産後】尿漏れは整体が一番【20代の骨盤底筋】を書いた人

この【産後】尿漏れは整体が一番【20代の骨盤底筋】を書いた人鈴木 友貴(すずき ともたか)
1979年9月生まれ
仙台市出身
趣味 ブログ運営 読書 食べ歩き&ダイエット
特技 妻
SEOコンサル&オステオパシーの勉強会も随時受付中です。
◆経歴
2002年     赤門鍼灸柔整専門学校
柔整科柔道整復科 卒業
2002年     佐藤接骨院泉中央 分院長
2008年     赤門鍼灸柔整専門学校 鍼灸科 卒業
2010年     日本オステオパシー協会 入会
2010年     日本オステオパシー協会 退会
2012年     萩野町桜整骨院勤務、 全日本オステオパシー学院 入学
2014年4月 からだの治療院~おあしす~ 開業
2014年 IOIJ入会
2018年 全日本オステオパシー協会 退会
◆資格
柔道整復師,はり師きゅう師

< 【安全で効果的】マタニティ整体をお探しの方へ【お任せください】  |  一覧へ戻る  |  【整体と食事で改善】ロキソニン効かない三叉神経痛 >

カテゴリ:

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 10:00~20:00
土曜 17:00 終了
定休日 / 水曜・日曜・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ