HOME > 症状解消一覧 > 膝・足の痛み > オスグット(成長痛)

症状解消一覧

< 肩峰下滑液包炎  |  一覧へ戻る  |  リウマチ >

オスグット(成長痛)

成長痛、オスグットについて

小学生から中学生の膝の痛みとして知られるオスグット(オスグットシュラッター病)は、成長期に大腿四頭筋の短縮が起こり痛みを引きおこすものとされています。

膝の腫れや痛みでしゃがむのが苦痛であったり、ちょっと足をぶつけただけで激痛が走る辛い症状です。
オスグットは完全休養しない限り完治はしないと言われていますが、部活に力を入れていたり大事な仕事があると困りますよね。

仙台市青葉区の整体「からだの治療院~おあしす~」では、膝の捻じれと大腿四頭筋と協力する筋がすべて短縮しておこる症状の一つとして捉えています。 よって痛みを引き起こしている筋肉の緊張を取り除くことで、膝の下の痛み・腫れを改善をすることが可能になります。

ここからは、オズグットの原因と整形外科での診断と治療法、悪化させない知識、整体の効果など解説していきます。

マッサージは逆効果…オスグット(成長痛)の症状

オスグットの原因は膝の筋肉の緊張。しかしながら、この緊張は膝だけの問題ではありません。
足の不調がある場合はほとんどの場合、腰の筋肉が硬くなっています。

膝のじん帯や筋肉を硬くしてオスグットの痛みを引き起こしている”身体の”問題から取り除くことで、部活でしゃがめる!ジャンプできる!走れる膝に。


成長痛、オスグットの症状


このようなことで困っていませんか?

  • 膝が痛くてしゃがめない、走れない
  • 膝の下の骨が出てきて腫れている
  • 正座が出来ない
  • 部活の練習が満足にできない
  • 整骨院で電気やマッサージを受けても改善しない
  • 整形外科では炎症を抑える湿布や軟膏だけ
  • 部活を頑張りたいのに絶対安静なんて無理…
痛みがあれば膝に力が入らなくなる場合も。
踏ん張れない足はやがて慢性腰痛、肩こり、頭痛、ゆくゆくは変形性膝関節症の起因となる場合もあります。
大事なのは今ですよね。それが将来膝や腰の曲がった老体にならない手段にもなります。

オスグット(成長痛)になる原因

  • スマホ肩や猫背などの姿勢不良
  • 筋力不足
  • がに股、内股での過度の運動による大腿骨と脛骨の捻じれ
大腿と脛骨のイラスト

オスグットの原因は姿勢不良によって膝の筋肉を過度に緊張させてしまうこと。また極端に筋肉が足りない場合でも影響します。
そして、部活の練習中にがに股での運動や歩行動作を続けると、膝の向きが変わってしまい関節がかみ合わなくなります。

オスグットの原因は膝を伸ばす筋肉である大腿四頭筋の協力筋である腰の筋肉の固さです。 下半身への血流障害を起こして膝の腫れや痛みへと波及してしまうのです。

絶対にやらないで!オスグットを悪化させるマッサージ治療

これまでオスグットシュラッター病は筋肉の固さが原因、とお話してきました。
筋肉が硬くなる、緊張する方法はご存知ですか?

ギュウギュウ押すマッサージ、グイグイ伸ばすストレッチなどのリハビリは筋肉に緊張を起こします。
筋肉には揉みほぐすと硬くなる性質があるのです。

つまり押圧やマッサージは効く気がしてもオスグットの症状を悪化させてしまう危険大。
マッサージではない筋肉を緩める方法がちゃんとあります。

オスグット整体で効果を実感

当院はオスグットの施術でマッサージや電気は一切行いません。
硬くなった膝の筋肉をゆるめる方法は「更に筋肉を縮める」ことです。

マッサージや指圧で無理に引き伸ばすから、脳の反射で身体をかばい筋を硬くします。
反対に、筋が硬く緊張している方向に更に縮めてあげることで筋肉はどんどんゆるみます。
そうして血液が巡ってオスグットのひざ下の腫れが引いていきます。

姿勢不良による問題部分、膝が捻じれているお子様は膝部分の原因を取り除けば、 その場でしゃがめるようになります。
オスグットの痛みからの解放は多くても2回以内の施術で十分です。早い段階で膝の成長痛から解放されるでしょう。

無理に痛みを起こさないやさしい施術なので安心してご来院ください。

< 肩峰下滑液包炎  |  一覧へ戻る  |  リウマチ >

カテゴリ:

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 10:00~20:00
土曜 17:00 終了
定休日 / 水曜・日曜・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ