HOME > 症状解消一覧 > 猫背・背中の痛み > 自律神経失調症の症状 咳

症状解消一覧

< あぐらがかけない  |  一覧へ戻る  |  背中からくる肘,手首の痛み >

自律神経失調症の症状 咳

咳を止める方法を知りたい人『自律神経失調症の症状か慢性気管支炎って言われたけど止める方法ないかな?自律神経失調症で薬は効かないしなぁ... 』 と言った疑問にお答えします。 咳が慢性化している方って耳掃除をしただけで咳き込んだりしませんか?これって耳の骨と気管支が脳神経の迷走神経(副交感神経)でつながっているから
関連性がはっきりしています。なので下手に刺激されて咳き込んでしまうのです。では何を解決策としてみればいいのでしょうか? 咳って年々酷くなる...慢性的な咳を止めるプロセス
薬はどこまで頼れますか?
身体の仕組みから自律神経の失調の症状、咳の止め方

咳って年々酷くなる...慢性的な咳を止めるプロセス

自律神経が失調すると気管支は興奮状態、緊張状態だと広がり、リラックス状態だと狭くなります。気管支喘息の方は常に広がっている為、
寝る間際にリラックス状態になると急に気管支が縮まる方へストレッチされて咳が止まらなくなります。
これは西洋医学の生理学の本に書いてあります。『喘息』と言うと拡張剤を連想しますが結局開きっぱなしなので、効果は薄れるのでしょう。
(調べたい方は最寄りの書店で気管支の生理学的なものを勉強してみて下さい)

気管支の活動が咳の症状を起こす

広がりすぎている気管支が縮まるこの差が大きいと咳が止まらない、ではどうすればいいのでしょうか?

気管支の広がりを起こしているのは何だ?

結局、迷走神経の副交感作用も緊張に繋がるようですが、まずは交感神経の緊張を鎮めるべきでしょう。 この交感神経の緊張を起こしているのは、関節と関節の間の緊張で、内側の交感神経幹に緊張を与えています。

この自律神経の咳の症状を変えるには?

耳の周りの筋肉(側頭筋)顎の筋肉(咬筋、内側翼突筋)の緊張も咳に関与します。 これらは調整をして筋緊張を緩めることで、耳を綿棒で掃除しても咳が起きにくい状態を作れます。

どのくらい続けると言い?

筋肉と言うのは形状記憶の要素を兼ね揃えています。昔筋トレをした方は、年を重ねてからトレーニングするとまた筋肉がつきやすいように、
悪い要素も同じく続けた分だけ思い出しやすいのが現実です。少なくとも、咳の症状がひどくなってから現在までの期間をみればかなり良くなるのではないでしょうか?

薬はどこまで頼れますか?


仙台市にも止まらない咳が長引きお悩みの方が多くいらっしゃいます。
病院で気管支炎と診断され気管支を拡張しているのに何か月も咳が止まらない方々は、なぜ咳が止まらないのでしょうか?
咳は気管支が狭くなることで起きる症状です。最初に広がっているから狭くならなければいい!
と言う話の前に、常に広がっている気管支を元の丁度いい広さに戻すべき
ではないのでしょうか?

喘息持ちの方との違いはアレルギー反応が出るか?の様です。


咳の仕組みと改善方法への疑問

第一三共ヘルスケアのサイトでは 外部からの異物の反応とだけ書かれています。
  1. 咳喘息
  2. アトピー咳嗽
  3. 副鼻腔気管支症候群
  4. 胃食道逆流症
  5. 慢性気管支炎

等、8週以上続くものとして書かれています。これは外部からの反応?

どう考えても外部からの反応ではない


咳喘息、アトピー咳嗽、副鼻腔気管支症候群、胃食道逆流症、慢性気管支炎など、この症状の原因は何ですか?

と具体的に掘り下げると気管支を広げるのは自律神経の交感神経、
狭めるのは自律神経の副交感神経で過度に副交感神経が働くために起こるという事までは解明されています。


結局、自律神経が失調しているだけ

これを改善させるには…何なら自然治癒しかないとお考えのお医者さんもいらっしゃいます。

咳は外部からの反応だけでは無いのなら身体の中を治せば改善する可能性があるという事です。

一般的な自律神経への治療法


医科では投薬などがありますが薬は自律神経失調に特効性があるとは思えません。 2年以上通院される方が多いからです。それって自然治癒させるのと変わらないのでは???

身体の仕組みから自律神経の失調の症状、咳の止め方


『今までの施術体験を踏まえて』気管支の交感神経が胸椎2番、副交感が脳神経の迷走神経です。神経と言っても筋肉の緊張から神経の緊張とつながっているので 関連反応をする部分を緩めます。別に病院の処置が悪いわけではありません。我々は結果が出れば何でもいいとも思っています。 ですが人生100年時代、当てはまらないものでも何とかなるのでしょうか?年を取れば、咳で骨折するんですよ?もしそのような将来を回避したいなら力になれる自信があります。

症状を治せる身体を作るという事が一番の処置と考えます

自律神経失調症の議論と言うのは終わることが無い分野です。5年もたてば180度変わります。かわいそうなのは咳で困っている方達です。 『整体で自律神経失調症なんて治せないよ』『鍼灸で自律神経失調症なんてお医者さんごっこするなよ』と言う声もみたり聞いたりしますが
我々は『咳』の問題は早期に解決するべきと考えます。その咳で眠れなくなれば、睡眠力を奪い老化を早めるからです。声を出そうとして咳き込むなら自信を失うからです。

寝れば良くなる自分で治せる身体作り


もし夜咳き込むことで疲れが取れない、薬を飲んでも咳が止まらないと感じているときはお気軽にご相談ください。

< あぐらがかけない  |  一覧へ戻る  |  背中からくる肘,手首の痛み >

カテゴリ:

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 10:00~20:00
土曜 17:00 終了
定休日 / 水曜・日曜・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ