HOME > 症状解消一覧 > 腰痛・骨盤 > スッと立ち上がれる!仙腸関節炎

症状解消一覧

< 揉んでも治らない腰痛治療  |  一覧へ戻る  |  更年期障害 >

スッと立ち上がれる!仙腸関節炎

仙腸関節痛 整体 仙台


仙腸関節炎、仙腸関節障害、仙腸関節の腰痛、しびれを改善を可能なのか知りたい人
「長く続く仙腸関節の痛みを止めたいけど、どこに行けばいいかなぁ?痛み止めも効かないし、最近は病院で腰痛・仙腸関節センターもあるみたいだしブロック注射も良いようだけど本当はどれが良いのかなぁ??」

といった疑問にお答えします。





この記事を書いている私も仙腸関節炎で悩んだ一人でした。9年間AKA療法をやる職場で働いていたので同僚やオーナーに施術してもらいましたが結局すぐ痛みがぶり返すので(当時はボルタレンで誤魔化しました)退職後、違う方法が無いかと探しました。

その後ほかの方法を身に着け、なぜ痛みが取れなかったのかを学び、しっかり治すことができる様になりました。忘れたころに、姿勢が悪かったり荷物を運び過ぎて仙腸関節部に痛みを起こすことがありますが、当院スタッフの施術で、また忘れるくらい痛みは出なくなります。この経験をもとに患者様の仙腸関節の腰痛を的確に改善、維持をできるようになりました。

「若いから治ったんでしょう?」とか言われますが、この技術と知識を身に着けた今、「90歳の方でも痛みの起きない時間を過ごすことを実現」できています。


 

スッと立ち上がれる!仙腸関節炎はこれをすれば良くなります(よくある勘違い)

ここ20年で西洋医学的に認められるようになった骨盤の炎症「仙腸関節炎」の症状ですが、40代以降の方も悩まされる腰痛の原因となります。(日本仙腸関節研究会より)
よくある勘違いは「仙腸関節自体に何かをすれば痛みが止まる」といった錯覚です。なのでMRIやレントゲンを撮って検査したり(腫瘍がある場合は別ですが)整体や整骨院のAKA療法や腰痛・仙腸関節センターでの仙腸関節のブロック注射などは最終的に動かなくなった仙腸関節の処置だけで、仙腸関節へ痛みを起こす原因にアプローチをしていないので付け焼刃だなって思います。

特に仙腸関節固定術なんて院内の看護師に止められるくらい経過が悪いようですね。

仙腸関節炎の痛みへブロック注射、手術はどこまで通用するのか?

関節症と聞くとその関節のロック解除が適切だとお考えの方もいらっしゃる様ですが、仙腸関節を動かしすぎて動きたくなくなった仙腸関節が固まることによって起こると言うのが仙腸関節炎、仙腸関節障害の正体ですので



ブロック注射をすれば痛みを麻痺させることで動かしやすくなり、余分に仙腸関節へ負担をかける事に。

いずれも徐々に効果を感じなくなるばかりか、以前より痛くなったご経験をされている方が多くいらっしゃいます。



これが仙腸関節障害起こしている理由


仙腸関節を構成する仙骨(せんこつ)と腸骨(ちょうこつ)の間にある関節の左右いずれかに負担を起こす事が始まりになります。この時点では症状はありません。先に疲労を起こしはじめ仙腸関節に影響を及ぼしているのは、腰椎、股関節、膝、足首、そして足や腰の筋肉です。

仙腸関節より稼動性の大きい部分(腰椎や股関節、筋肉など)に先に負担がかかっています。その可動性が奪われて徐々に仙腸関節へプレッシャーを与え結果として仙腸関節が過度に動かなければならなくなり、炎症を起こす。これが仙腸関節炎、仙腸関節障害となります。この手前で不安定な感じを受ける方、もしくは繰り返す疲労でも不安定感も出るようです。


可動性が狭くなっている物を探し当て元通りに調整すると、仙腸関節の動く負担が減り、元の人間として適切な連動を始めるため仙腸関節障害を感じなくなるのです。


仙腸関節炎治療は3カ月頂きます



慢性的な仙腸関節も痛みが引くかなって思います。段階としては
  1. 30代は、1回から3回で仙腸関節炎が半分以下の痛みに
  2. その後、5から12回ほどで完全に痛みをとる施術をします。
  3. 60代の方は6回前後で痛みの半減をお約束します。
  4. 必ず12回ご通院いただきます。
  5. ただし背骨が曲がっている方はこれには当てはまりません。

試してみての変化はあまりありません

仙腸関節炎 腰痛 女性


少し施術をしていくと痛みが取れてきまが、そこで治るわけではありません。今までの習慣があるため痛みを無くすにはそれなりの期間は必要です。楽になった後の動きすぎて逆に治りにくくなるケースがあります。

この期間で仙腸関節痛があるなら日常生活に問題が


仙腸関節 注射


この通院頻度で痛みが取れない方は、日常生活で仙腸関節へガンガン負担をかけている方です。悪い姿勢で寄りかかって負担をかけていれば治りは悪いに決まっています。テニスボールやストレッチポール等も推奨されていますが、痛みが強くなりませんか?

また地べたに座る生活、ソファーによりかかる生活なんて毎日腰痛を作り出しているにすぎません。

まだリハビリはしないでください!

仙腸関節炎 治し方 仙台市
痛みの再発ってなぜ起こると思いますか?仙腸関節に限らず、身体のたんぱく質は180日で入れ替わると言われています(年齢により期間は変わる)たんぱく質の言うのは体の筋肉の情報を持っていますのでクセもそこに含まれます。しっかりとしたクセを付けなければいとも簡単に再発するかも知れません。

このクセをリハビリで解消とするには痛みが無くなってから行いましょう!焦ってリハビリをして痛みが再発なんて容易に考えられることでしね。

その適応期間にしっかり良い姿勢や仙腸関節に負担のかからない身体へ施術を重ねることで、再発率がかなり減ります。



 
仙腸関節炎 痛み 取れない

おさらいと気を付けてほしいこと仙腸関節障害が治らない理由

病院 仙腸関節炎 治し方
 今までの仙腸関節を傷める習慣を改善しなければ、病院で治療をしても 繰り返して仙腸関節炎の痛みの症状を起こします。
特に座り方は大事で姿勢一つ、座る場所一つで関節の痛みは変わります。でも、そこまで一緒に取り組んでくれる 病院・整骨院・整体院はほとんどありません・・・。当院では、今までのよくなかった生活習慣のひとつひとつに、 丁寧に向き合って、あなたの仙腸関節炎の 原因から良くしていきますよ。


仙腸関節炎 リハビリ 仙台
 残念ながら名医の病院でリハビリしている方でも 間違った仙腸関節のケアをしている方が非常に多いです。
関節が痛いのに我慢してグイグイストレッチをしたり。。 筋肉をつけようとしてリハビリを頑張って逆に体を歪めていたり。。
テレビでも毎日色々な腰痛解消の体操・ストレッチが紹介されています。
当 院で、症状の原因を見つけますのであなたに合った正しい仙腸関節炎のケアを覚えていってくださいね。

仙腸関節炎 痛み 原因  揉む、強く押す、痛いストレッチをしていると、体がこわばってきます。 今まで、強く揉んだり、グイグイ無理やり動かすような痛いストレッチを受けて来た方は、 お金をかけて体を痛めてきたかもしれません。 実は優しい施術で体は十分変わってくれます。ソフトな刺激で仙腸関節炎の原因も抜けてきます。 また、ストレスで頭がモヤモヤしていると、心の緊張が仙腸関節の痛みに大きく影響します。体と頭を芯からリラックスさせて仙腸関節炎の痛みと不安を解消しましょう。




仙台 仙腸関節 痛み 改善したい  
  • 仙腸関節の手術を勧められたが、良くならないようなので嫌だ
  • 仙腸関節外来に行ったが痛みが取れない
  • ブロック注射やリハビリで仙腸関節炎が治らない
  • マッサージストレッチを頑張っても歩くとお尻から骨盤に痛みがある
  • 朝起き上がる時から仙腸関節に痛みの症状がある
  • もうヘルニアなのか仙腸関節炎なのか腰の痛みの原因が分からない
  • 腰が痛くて靴下がはけない
  • 安かろう悪かろうで後悔したくない


仙腸関節炎と併発(間違いやすい)しやすい症状


 椎間板ヘルニア
② 坐骨神経痛
③ 腰痛
④ 腰椎分離すべり症

 

 電話予約の流れ

  電話受付の際受付スタッフが

「はい!おあしすです!」 と元気よく電話に出ますので

「ホームページを見て電話したのですが」 と、おっしゃってください。

ご希望日、来店時間、をおっしゃってください
施術中は電話に出られない可能性がございます。留守番電に音声を残してください

メールでのご予約は、 お名前、症状、ご希望の来店日、時間 をご記入の上ご連絡ください。


お問い合わせの方はお時間指定させていただきお話を伺わせていただきます お気軽にご連絡ください。

後ほど、こちらから連絡させていただきます



仙台市青葉区上杉1-15-8-101 電話022-796-9927
前日まで空き時間をご確認の上ご予約下さい。

当日予約も承りますがお断りすることが多くなっています。

 



仙台市地下鉄南北線北四番丁駅徒歩3分 駐車場1台あり

アクセスが良い為、泉区、若林区、宮城野区からも通院しやすくなっています

昼休み13:00~15:00

最終受付19:30

土曜日最終は16:30
 

 


< 揉んでも治らない腰痛治療  |  一覧へ戻る  |  更年期障害 >

カテゴリ:

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 10:00~20:00
土曜 17:00 終了
定休日 / 水曜・日曜・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ