HOME > 症状解消一覧 > 手肘の痛み > しもやけ

症状解消一覧

< 頚性頭痛  |  一覧へ戻る  |  胃もたれが続く >

しもやけ

しもやけ 原因と予防

冬場だけに限らず「しもやけ」になる方もいらっしゃいます。
しもやけはあかぎれや、指先のこわばり、ばね指、腱鞘炎と重なり合って出る様です。

手や足の先が赤く腫れあがり痛痒くなり意外とストレスになりますよね?
当院では、何故しもやけを起こしているのか?どこをどう調整すればよいか?何を維持すれば症状が出ないか?を

しっかりと把握しお伝えして改善という結果を提供しています。


 

12月から3月に多い、しもやけってどんな状態?

手足の指や鼻、耳などが赤く腫れ、かゆくなってしまう状態です。
正式名称は凍瘡(とうそう)と呼ばれ、女性や子どもに多く見受けられます。


 

しもやけの主な症状

  • 手足が赤く腫れてくる
  • 手足の指、手のひら、足の裏に赤い発疹ができる
  • 血色が悪く赤黒くなっている
  • 痛み、温かいとかゆみを感じる

しもやけは、手足の冷えなどによって末端の毛細血管へ血流が伝わらず
熱を確保できない為、凍傷に発展します。
進行すれば壊死を起こします。



 

しもやけを治すメリット

  • 末端まで血流が回るようになり手先が使いやすくなる
  • 元から治すので肩こりと頭痛が治る
  • 足先まで血液の通路が出来るので末端冷え性が治る
  • 血流が良くなり筋力も上がるので腱鞘炎やばね指など手の症状も良くなる

しもやけと間違いやすい病気

しもやけ様の症状なので間違いを起こさないようにしてください。
 

①凍傷

凍傷は皮膚組織が凍結する病気です。
しもやけと違ってマイナス4℃以下の極寒の状況で発症し、
重症の場合は患部を切断しなければいけないケースもあります。

 

②膠原病(こうげんびょう)
【強皮症、全身性エリテマトーデス、関節リウマチ、皮膚筋炎、シェーグレン症候群など】

膠原病とは全身の血管や皮膚、筋肉、関節などに炎症が見られる病気の総称で、
原因不明の発熱や湿疹、関節の痛みなどの症状が共通してみられます。

女性に多く見られる病気で、比較的若い女性の原因不明の発熱として発見されることが多いです。
かゆみが起こる場合もあるので、しもやけと似た症状があると言えます。

西洋医学では膠原病が発症する原因は不明とされておりますが、
東洋医学、ホリスティック医学では食生活の影響(肉やインスタント食品を好む方)が大きいとされています。


③クリオグロブリン血症


体温が低くなると血液が固まって血管をつまらせてしまい、血管炎を引き起こすことで
あざや関節痛、脱力などを引き起こします。

血管炎を防ぐためにはしもやけと同様、冷えや寒さを避けることが大切です。
 

④レイノー症状

寒さでの刺激や精神的な緊張によって、手足の末端の血流が悪くなり、
手足の指の皮膚の色が白くなったり紫に変色したりする病気です。

しもやけと同じように冷たい感触やしびれ、痛みなどをともなうことがあります。

他にも動脈硬化や糖尿病などが原因で末端の血管がうまく機能しない場合にも、しもやけと似た症状が現れます。
症状が改善しない場合は、すぐに皮膚科などの医療機関に相談しましょう。



食生活も冷えに影響?

膠原病のところで述べましたが、食生活も全身の炎症疾患を招きます。
炎症を起こしている部分があると、そこに血液が集まり末端まで血流は届きません。

炎症時に血管が縮まると言うのも末端に血液が廻らない原因になります。

結果的に冷えを起こす事になります。
 

冷えは血流を悪くさせてしまいます。
寒さが厳しくなる季節には、厚手のソックスや手袋、マスクなどで冷えから身体を守りましょう。
特に末端部分は露出しないように心掛けるといいですね。
 

また食生活も冷えに影響していて、身体が冷えやすい方はビタミンEが不足している場合があります。
心臓から血液を循環させるためには欠かせない栄養素のひとつです。
 

食事で補えない場合はサプリメントで補給するように心掛けましょう。
また併行してビタミンCを摂取すると吸収がよくなるのでオススメです。


 

しもやけへの整体で体質を変えていきましょう!


血管の緊張起こす原因の関節のゆがみ、筋肉の過度の緊張を取り除き解放することで内部から解放され柔らかくなった筋肉が、血流を末端まで行き届かせ身体が軽くなり冷えを起こさなくなるでしょう。

身体を内部から調整し、今まで起こしているしもやけの原因を解決し次に来る冬場に備えましょう!




筋肉の過緊張は毛細血管の血流不足になり栄養不足、酸素不足で熱が伝わりません


身体の細胞が栄養を受けて動けている場合は熱が発生します。
栄養が届いていない場合は、ふるえ、こわばりと言った症状を起こします。





ご予約はおはやめに。メール相談も承っております。


電話受付の際 受付スタッフが


「はい!おあしすです!」 と電話に出ますので


「ホームページを見て電話したのですが」 と、おっしゃってください。


ご希望日、来店時間、をおっしゃってください


メールでのご予約は、 お名前、症状、ご希望の来店日、時間 をご記入の上ご連絡ください。

後ほど、こちらから連絡させていただきます


 


< 頚性頭痛  |  一覧へ戻る  |  胃もたれが続く >

カテゴリ:

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 10:00~20:00
土曜 17:00 終了
定休日 / 水曜・日曜・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ