HOME > 症状解消一覧 > 膝・足の痛み > 変形膝痛の元 膝窩筋炎

症状解消一覧

< 鵞足炎  |  一覧へ戻る  |  筋緊張性頭痛 >

変形膝痛の元 膝窩筋炎

膝痛 膝窩筋炎について 原因と施術

膝の痛みの一部として知られる膝窩筋炎は、あまり知られていない症状です。

主な訴えとして

  • 膝の裏に何か挟まった感じがする
  • 膝窩筋(膝裏)が張れている
  • 足がつるようになって、ふくらはぎが重苦しい
  • 長く歩くと膝裏がパンパンに張る
膝窩筋炎は、 膝窩筋が過緊張して働かなくなるとモモ裏の筋肉を均等に使うことが出来なくなるので膝にアンバランスな負担がかかり起こるものです。 モモ裏がつる方もこれに原因があります。 膝窩には滑液包もあり過緊張が続けば滑液包炎となり膿を溜めることもあるようです。

以下は膝窩を構成する筋肉の説明です。

原因となる膝窩筋の説明


大腿骨の外側顆に起こり、脛骨の上部で後面に終わる筋肉です。 主な働きは膝を曲げ膝関節を内旋します。

その他膝窩を構成する筋肉は以下の通り数種類あるようです。

半膜様筋

  

(起始)坐骨結節に付着。(停止)脛骨の内側顆、大腿骨の外側顆に付着。
 

腓腹筋

(起始)内側頭は、大腿骨内側上顆(停止)アキレス腱として踵骨隆起に付着。

膝図

膝窩筋の過緊張により発生する症状|仙台市青葉区の整体「からだの治療院~おあしす~」

膝窩筋炎の考察とオステオパシー整体

膝窩筋炎の原因となる動作は、あぐらをかき度重なる負担、膝に捻じれを生じさせている様な方に発生します。膝にねじれが発生するという事は、すでに背骨や骨盤が捻じれていなければ起きない現象です。

自律神経と下半身

下半身への自律神経は胸椎12番~腰椎2番までありこの部分のゆがみが下半身全てに影響を与えています

自律神経は血管の調整も行うのでねじれが発生した際、下半身背の血流を減らし疲労がたまり始めます。
 

このような背景から、背骨のゆがみが筋肉や靭帯すべてに影響すると考えられます。

 

からだの治療院~おあしす~でできる整体処置

胸椎12番~腰椎2番の完全矯正と、膝関節の正常化により症状の改善を目指します。
矯正と言っても無理やり動かす事はしません。辛い膝窩筋炎が楽になるポジションを見つけ その位置を保つことで矯正が開始され、2~3分後には膝窩筋の状態も変化をしています。  
度重なる膝裏のつまり感でお悩みの方はご相談ください。 当院では膝窩筋でお悩みの患者様に適応できるよう医学的、運動動作知識、オステオパシー的知識、整体技術をもってご対応します。




予約方法


電話受付の際 受付スタッフが


「はい!おあしすです!」 と電話に出ますので


「ホームページを見て電話したのですが」 と、おっしゃってください。


ご希望日、来店時間、をおっしゃってください


メールでのご予約は、 お名前、症状、ご希望の来店日、時間 をご記入の上ご連絡ください。

後ほど、こちらから連絡させていただきます。







 


< 鵞足炎  |  一覧へ戻る  |  筋緊張性頭痛 >

カテゴリ:

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 10:00~20:00
土曜 17:00 終了
定休日 / 水曜・日曜・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ