HOME > 症状解消一覧 > 手肘の痛み > 手根管症候群(症状、原因、リハビリ)

症状解消一覧

< 仙台で耳鳴り整体なら  |  一覧へ戻る  |  母指CM関節症の手術はいらない >

手根管症候群(症状、原因、リハビリ)

手根管症候群というのは手の痺れの一つで、手根管は手首にある腱や神経が通る部分です。
そこを通る【正中神経】へ過度に負担がかかり、神経を圧迫する事で起きた症状が手根管症候群です。


女性に多い手根管症候群の原因
手根管症候群の症状と整形外科検査
手根管症候群を防ぐ、手首を傷めないリハビリ
手根管症候群の整体



女性に多い、手根管症候群の原因

女性に多い手根管症候群の原因 一般的には、突発的に発症し器質的には原因がみられません。

(レントゲンやMRI等画像では確認できない)機能的な症状とされています。



  • 手首をよく使う産後
  • 【もっとも頻発する】手作業が多い中高年の主婦
  • 糖尿病、アミロイドーシス、腎疾患、痛風
  • 腱鞘炎を我慢し続けた場合の発展型
等の体力的にも負担のある方が、手首をよく使う場合に発症しやすいのが特徴です。

また
  • 捻挫骨折などの怪我
  • 腫瘍、腫瘤
と言ったきっかけで手根管が狭くなった場合も発生します。

女性の手根管は男性に比べ狭くなっている為、 更年期時の筋力、体力の衰え、閉経以降、妊娠中や長期血液透析などによって 末端へ行く血液の量が減ると出やすい症状とされています。

具体的な機能的とは?

機能は人の身体を動かしている要素です。手根管症候群になる場合
  • 手根管の狭さ
  • 血流量と血液の質
  • 筋力量
  • 神経の状態
  • 関節の状態
これらは手首に疲労がたまりやすくなる要素であり、手根管の状態を左右します。 血流が十分という事は、筋肉の状態も神経の状態も万全です。

関節のゆがみもありません。疲れても休めば回復する状態です。しかし手根管になる方は、もともと腕が苦しくなったり、

手首に痛みを感じやすい状況になったことを経験している可能性があります。


手根管症候群の症状と、整形外科検査

手根管症候群の症状と整形外科検査症状は中指を中心に薬指に内側、人差し指、親指の内側まで痺れます。


夜間や、早朝の症状の憎悪で睡眠が障害される場合もあります。症状が進行すれば


母指球筋の筋力低下を起こし麻痺を起こします。


母指球筋の麻痺は、ボタンがかけにくい等、親指と人差し指で物をつまめない状態になり日常生活で大きなハンデとなります。


手根管症候群を決定する整形外科の検査を以下の通りです。

手根管症候群を決定する整形外科検査




①ティネル様サイン⇒手首(手関節)をたたくとしびれ、痛みが指先に響きます。


②ファレンテスト⇒手関節を直角に曲げて手の甲をあわせて1分間以内に痺れ


③見た目で筋委縮がみられるもの④腫瘤が疑われるものでは、エコーやMRIなどの検査が必要になります。


手根管症候群を防ぐ、手首を傷めないリハビリ

手首を傷めないリハビリ方法

このように小指を立てる⇔折り曲げる動作を1週間続けて下さい。
小指を抜かして手に力が入っている方は、小指だけを曲げる動作がかなり困難に感じるかも知れません。

※小指の動きに薬指がついてくるようであれば、うまく使えていない証拠です。

物をにぎる・持つなどの行為も小指から握ることで手首が安定します。
日頃から意識することで手首にダメージを溜め込みにくくなります。



手首を痛める動作と正しい使い方

手首の正常な角度は小指側に15度ほど曲げたところになります。

①尺屈(しゃっくつ)

手首を小指側に曲げる動き
尺屈の画像


②撓屈(とうくつ)

手首を親指側に曲げる動き
撓屈の画像

この親指側に曲げる撓屈の動きが手首を壊しやすいとされています。


ラケットスポーツに例えると、このように手首を立てる動作がこれが当てはまります
ラケットの握り方1


このように小指側に倒して握ることで手首が安定して、傷めにくい状態となります。
ラケットの握り方2



手根管症候群の整体について

肩こり腰痛、猫背、巻き肩、肘や前腕に緊張はありませんか?


腕や手首は体幹から生えた枝のようなものです。 木の幹が不健康な状態では枝が良くなることはありえないでしょう。




手根管症候群は、手根管だけが痛んでいるのではありません。


手根管に送られるはずの血流が、肩こり腰痛、猫背、巻き肩、肘や前腕に緊張により妨げられることが続き


手首が悲鳴を上げた状態なのです。


現在、整形外科などで痛み止めの注射でごまかしている方、整体などで全身を揉みほぐしている方は改善がみられないでしょう。


手術をしても、からだの形がおかしい場合は使い続ける事で、また手根管症候群の症状が出るかもしれません。


注射や薬、電気やマッサージや鍼灸、手術でも改善しなかった手根管症候群の方でも


【手首への毛細血管血流の状態が改善】されれば手根管症候群の症状は無くなります。お困りの方は身体の形、手首の使い方を見直してみてはいかがでしょうか?

< 仙台で耳鳴り整体なら  |  一覧へ戻る  |  母指CM関節症の手術はいらない >

カテゴリ:

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 10:00~20:00
土曜 17:00 終了
定休日 / 水曜・日曜・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ