HOME > 症状解消一覧 > 腰痛・骨盤 > 反り腰で夜も眠れない

症状解消一覧

< 併設の整骨院で交通事故治療が出来ます  |  一覧へ戻る  |  治りにくい!手の痺れ(しびれ)は、○○が原因 >

反り腰で夜も眠れない

反り腰で夜も眠れない 慢性的な腰痛やぽっこりお腹につながりやすい『反り腰』は、女性に多く見られますがどのようなことが原因なのでしょうか?


反り腰とはどんなものなのか?反り腰の原因、チェック方法、改善のために必要なことをお伝えします。



反り腰とは

反り腰とは


無自覚で反り腰の状態をとっている方も多い為、反り腰の状態を知りましょう。


反り腰は、5つある腰椎が後ろに反っている状態です。骨盤が前に傾くことで腰の反りが強くなります。



反り腰になる原因

反り腰になる原因

では反り腰になる原因はどのようなものがあるのでしょうか?筋肉の緊張や体重の増加、身に着けるものでも起こるようです。


筋肉、筋筋膜の過度の緊張




反り腰は、何かしらの原因で、腰を反らせる筋肉が異常に働いて起こる現象です。


そして、腰を丸める筋肉の反応を鈍らせてしまいます。



体重の増加




妊娠による体重の増加で、反り腰になる方もいらっしゃいます。食べ過ぎでお腹が出過ぎた結果、反り腰になる方もいらっしゃいます。


重いものを支えようとして体が反ってしまう事はよくありますよね?


それだけでなく、内臓に負担がかかると、神経の反射的に腰が反ってしまう事が多くなります。


そして長い時間をかけて反り腰のカタチを作ってしまい、腰の筋肉が盛り上がって緊張を起こしています。



ヒールの着用




ヒールやシークレットシューズ等かかとが高い靴を履くと、つま先に体重が載り、


その補正としてひざと股関節が曲がる角度が大きくなって


『腰が反る』現象が起きます。



反り腰チェック

反り腰チェック


ではご自身が反り腰ではないか?チェックしていきましょう。 二種類のチェック方法があります。


仰向けで寝てチェックする方法




床やベッドの上で、両手をカラダに沿わせた状態で仰向けになります。


この時の腰と床やベッドとの隙間を確認してみましょう。掌分以上の隙間があったら反り腰に該当する可能性があります。


そして、膝を曲げてねると腰の違和感や痛みが楽になったり、膝をまっすぐ伸ばして寝ると腰の痛みや違和感が強くなる場合も反り腰と認識できるでしょう。


壁を使ってチェックする方法




素足で、壁や柱からかかとを3cmほど離した位置で、壁に頭・背中・お尻を合わせて立ちます。


この時の壁と腰の間を確認してみましょう。壁と腰の隙間に手がすっぽり入ってしまう場合は反り腰です。



反り腰の改善に必要な事

反り腰の改善に必要な事


反り腰でお勧めできない方法はマッサージです。反り腰を余計に反らせるため痛みが強くなったり良い反応はありません。


根本的な改善に必要なのは、腰の大腰筋と言われる筋肉の緊張を緩める事です。


この大腰筋が反った状態で緊張している事が腰椎を反らせる原因なのです。


整体で適切な処置をすれば、複雑な大腰筋の緊張も緩みキレイな姿勢が保てます。


そして、ご自身の生活環境の中で、反り腰になる原因は何だったのか?を追及してください。


それが分かると再発で悩むことも無くなるでしょう。


反り腰の改善にストレッチ




ストレッチを行う際は十分注意して行わないと逆効果になります。また痛みがあるときのトレーニングも適切に行わないと腰痛を強めてしまうので専門家の意見を取り入れましょう。


むやみにストレッチで筋肉を柔らかくしようとか、トレーニングで鍛えたりすることでは、反り腰解消につながりませんよね?


反り腰を改善するストレッチ

反り腰を改善するストレッチ


腰が反っている原因が筋筋膜の緊張が強い為に起きている方向けです。


反り腰は、腰が反っている為、四つん這いで腰を丸めるようにして、腰を後ろに伸ばすことも有効です。



反り腰を改善するヨガポーズ

反り腰を改善するヨガポーズ


足の裏同士を合わせた姿勢で行う合蹠(がっせき)のポーズは、足の裏を合わせあぐらをかくような姿勢で行います。


ゆっくり息を吐きながら、体を前に倒して、肩や背中、腰の緊張を抜いてあげましょう。


反り腰で夜も眠れないまとめ




反り腰が強くなると、ひどい腰痛に悩まされ、睡眠の質の低下につながります。


早めの対処が重要ですが


生活環境から見直しても予防になります。


  • ・低い椅子に座って腰を緊張させていませんか?
  • ・うつぶせが多くなっていませんか?
  • ・食べ過ぎてませんか?
  • ・旦那さん、妊婦さん奥さんいたわってますか?
  • ・ヒール等、かかとの高い靴を履いて疲れていませんか?



またストレッチやヨガで改善がみられない場合は反り腰に詳しい整体などに頼りましょう。


整体や整骨院、整形外科など多くありますが、


マッサージやストレッチ、リハビリ、電気がメインのところだと、反り腰は絶対に治りませんので選ぶ時は


よくよく精査してください。


この反り腰で夜も眠れないを書いた人

この反り腰で夜も眠れないを書いた人鈴木 友貴(すずき ともたか)
1979年9月生まれ
仙台市出身
趣味 PC作業、読書
特技 子育て
◆経歴
2002年     赤門鍼灸柔整専門学校
柔整科柔道整復科 卒業
2002年     佐藤接骨院泉中央 分院長
2008年     赤門鍼灸柔整専門学校 鍼灸科 卒業
2010年     日本オステオパシー協会 入会
2010年     日本オステオパシー協会 退会
2012年     萩野町桜整骨院勤務、 全日本オステオパシー学院 入学
2014年4月 からだの治療院~おあしす~ 開業
2014年 IOIJ入会
2018年 全日本オステオパシー協会 退会
◆資格
柔道整復師,はり師きゅう師


< 併設の整骨院で交通事故治療が出来ます  |  一覧へ戻る  |  治りにくい!手の痺れ(しびれ)は、○○が原因 >

カテゴリ:

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 10:00~20:00
土曜 17:00 終了
定休日 / 水曜・日曜・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ