HOME > 症状解消一覧 > 手肘の痛み > 治りにくい!手の痺れ(しびれ)は、○○が原因

症状解消一覧

< 反り腰で夜も眠れない  |  一覧へ戻る  |  逆流性食道炎と整体 >

治りにくい!手の痺れ(しびれ)は、○○が原因

首の筋肉の緊張により血流が悪くなり手に痺れを起こす


ビリビリ、ジンジン、様々な症状を訴える『手の痺れ』


肩や首の痛み、頭痛などに比べると経験している方も少なく、頻度は稀です。


ですが、発症する方は、肩首の苦しさ、頭痛や吐き気を伴ったり、風邪をひいたりしても手の痺れを感じるようです。


更年期障害時にも多くなりますよね。


なので、原因が分かりにくい為、何科を受診すればいいかも悩ましいですよね。


この記事では、脳を調べても原因が分からない、糖尿病でもない、脊髄に病気も無い『手の痺れ』


について解説します。



もちろん、頸椎の問題、末梢神経の障害もお任せください。

治りにくい手の痺れは、肩こりや首の痛みが原因かもしれない

肩より先に痛みやしびれをを起こす


手がしびれる理由として考えられている神経の走行は、大脳から始まり脊髄を通り末梢にまで至ります。


そして、損傷している頚髄の位置によって手や腕に痺れが出現する部分は限定できるとされていますが


進行状況により訴えは変わるため、一つの指標にしかなりません。


その、頚髄が損傷されている以外の痺れを患っている方が多くなります。


その原因のほとんどが、肩こりや首の痛みを我慢した結果、疲労の蓄積が過ぎ、 頚髄や末梢神経への負担がおこり痺れが起こっているものと思われます。


手の痺れ(しびれ)の代表的な病気




ココで上げる症状は、命や後遺症を伴うものとされていませんが


難治性のモノがほとんどになります


  • 頚椎症性神経根症
  • 手根管症候群
  • 肘部管症候群
  • 胸郭出口症候群
  • 頸椎ヘルニア



これらは、加齢によるとされているものが、ほとんどになります。


手根管や、肘部管、胸郭出口や頸椎ヘルニアなどは、何らかの原因によって部分的な神経の絞扼が問題とされていますが


何らかの問題では無く、偏った使い方を続けた結果が神経の絞扼を起こすこと


につながっています。人の身体の筋肉や血管、神経は体の使い方、食事などで作られるものです。



治りにくい!手の痺れ(しびれ)は、偏った作業が原因かもしれない




手の痺れを起こす偏った使い方は、重労働作業の方(建築関係、引っ越し関係、介護施設勤め、看護師、美容師等)だったり 同じ姿勢をとることが多い方、スポーツ動作など様々です。


また、過去に追った古傷が原因でかばった使い方を続けた場合も考えられます。男女比はあまり変わりないようです。


悪い姿勢が身についていませんか?

その悪い姿勢は手の痺れを引き起こすクセかもしれません。



整体で、治りにくい手の痺れを早期に解決しませんか?

手のしびれを整体で解消すると身体が楽になります



もし、1か月以上『手の痺れ』に悩まされているのなら、


体に染みついた姿勢不良を整え、痺れのきっかけになる首の神経の緊張をほぐし、血流、神経の圧迫を取り除きましょう。


身体の固さ、呼吸の深さも考慮しながら回復に努めることで痺れの症状は消えてなくなります。


この症状が楽になる体制は猫背になって丸まることで落ち着く方や、万歳をすることで落ち着く方もいます。歪みの状態によってどのポジションが楽になるのかは様々です。



朝だけ起こる手の痺れを起こさない方法




猫背が酷くて朝だけ手が痺れる方は、枕を高くして寝る事で手の痺れが抑えられます。


枕を高くした方が楽な方に限定します。


また、仰向けで万歳をすると痺れが治まる方もいらっしゃいます。その場合はバンザイをして楽な姿勢をとりましょう。


手の痺れで痛みや息苦しさが悪化する日常の過ごし方は?


  • 猫背
  • 腹筋運動
  • 腕立て伏せ
  • お子さんを片手で抱える
  • 肘にバッグをかけてしまう事
  • 腕立て伏せ
挙げればキリがありません。これらの積み重ねも気お付けたい要素です。


治りにくい!手の痺れ(しびれ)は、○○が原因まとめ

からだに染みついたクセに耐えきれなくなり手の痺れが起きます。 クセは早く取り除きましょう。クセが強い方もいらっしゃいますが、何度も繰り返して正しい体の状態を刷り込むことで、首の緊張、神経の圧迫も無くなります。

この治りにくい!手の痺れ(しびれ)は、○○が原因を書いた人

この治りにくい!手の痺れ(しびれ)は、○○が原因を書いた人鈴木 友貴(すずき ともたか)
1979年9月生まれ
仙台市出身
趣味 ブログ運営 読書 食べ歩き&ダイエット
特技 妻

◆経歴
2002年     赤門鍼灸柔整専門学校
柔整科柔道整復科 卒業
2002年     佐藤接骨院泉中央 分院長
2008年     赤門鍼灸柔整専門学校 鍼灸科 卒業
2010年     日本オステオパシー協会 入会
2010年     日本オステオパシー協会 退会
2012年     萩野町桜整骨院勤務、 全日本オステオパシー学院 入学
2014年4月 からだの治療院~おあしす~ 開業
2014年 IOIJ入会
2018年 全日本オステオパシー協会 退会
◆資格
柔道整復師,はり師きゅう師、オステオパシー歴10年以上


< 反り腰で夜も眠れない  |  一覧へ戻る  |  逆流性食道炎と整体 >

カテゴリ:

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 10:00~20:00
土曜 17:00 終了
定休日 / 水曜・日曜・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ