HOME > 症状解消一覧 > 腰痛・骨盤 > 椎間関節性腰痛(ついかんかんせつせいようつう)

症状解消一覧

< 急性・慢性副鼻腔炎(蓄膿症)  |  一覧へ戻る  |  へバーデン結節で仙台の病院に通院 >

椎間関節性腰痛(ついかんかんせつせいようつう)

レントゲンでは異常が無い
椎間関節性腰痛



多くの方が経験する腰痛ですが、実は”その約80%は診断がつかない”と医学界の正式発表があります。
「薬でごまかすしかない」「ブロック注射が効かなくなってきた」「趣味を我慢している」
不安を抱えながらも諦めるしかないと考えている方は数えきれません。

もしあなたがウエストラインから下の辺りに痛みを感じ、
前屈、足を上げると辛い、仰向けで寝ると当たって痛いのであれば「椎間関節性腰痛」が考えられます。
これはぎっくり腰に発展しやすい腰痛のひとつです。

腰痛には様々種類がありますが原因を見つける知識さえあれば対処できます。
ちょっと視点を変えるだけで痛みの無い生活を取り戻せるとしたら、あなたはどうしますか?




そもそも椎間関節ってなに?

漢字が多い名称だと、専門的っぽくてなんだか難しい感じがしますよね。

(椎骨)とは俗にいう”背骨”のひとつひとつの骨を指し、首から腰まで積み木状になって背骨を形成します。
関節は骨同士をつなぐ連結部分を言うので、椎骨の間の関節=椎間関節となります。
これにより私たちは自由に背骨を動かすことができるのです。


椎間関節の画像
よく椎間板と間違われるのですが別部分です。
腰椎の関節の炎症による痛みを総称して、椎間関節性腰痛と呼びます。



画像検査では異常が写らない

ひどい腰の痛みに悩んで病院に行っても、”異常はないですよ” ”痛み止めを出しておきますね” "疲労や加齢でしょう"と
具体的な治し方を提示されないことが多いようです。

前述しましたが、医学の分野では腰痛の80%が原因不明とされているのです。
これはレントゲンやCT検査では腰の異常は写らない為と思われます。

あなたの身体には西洋医学では見逃してしまう原因が隠れているかもしれません。
病院や整形外科だけではなく、東洋医学の目線で診断してくれる整骨院や整体を試してみると改善の糸口が見つかることが多いです。



椎間関節性腰痛の症状


腰骨は背骨を下から数えて5個の部分で、上半身の重さを支えるため大きな構造になっています。
特に痛みが出やすい場所は腰椎の4番・5番目の間と言われています。


腰椎の図説


また、加齢により関節の水分量や潤滑油が減るのも原因のひとつとなります。
放置するとぎっくり腰を招きやすいので注意したいところです。



どんな動きで痛くなるの?


  • 後屈も痛いが前屈の方が強い痛みがある
  • 仰向けで寝ると当たって痛い
  • 足を上げると痛む、突っ張る
  • 靴下やズボンを履くのが大変
  • 寝起きや立ち上がる時が辛い
など関節を大きく動かす動作により症状を感じやすいようです。
痛みがある方と反対側に身体を傾けると痛みが楽になるのも特徴です。



原因は〇〇にあり?

腰は負担を受けやすい上に自分は加齢もある…じゃあ痛みを防げないのか、と不安になるかもしれませんがそうではありません。

  • 負担を分散しやすい形に整える
  • 水分量や潤滑油をキープする
  • 身体の使い方を見直す
ことができれば年齢問わず腰痛に立ち向かうことができます。 そこで要となるのが”姿勢のゆがみ”です。


自分で出来るかんたんゆがみチェック

「猫背だね」「首が出てるよ」なんて言われたことはありませんか?
外見もそうですが、自分のゆがみを簡単にチェックできる方法があります

壁にピッタリ背中をつけようとしても後頭部・肩甲骨・お尻・ふくらはぎ・かかとの5点が全部つかない、
または全部ついても姿勢を保つのが苦しいようであれば、あなたの背骨や骨盤はゆがんでいると言えます。



本来ゆるやかな背骨のS字カーブが保たれていれば外部からの負担を分散することができますし、
血液からの栄養や水分が関節にまわる為、痛みを起こしにくい状態となるでしょう。

適切にゆがみを正すことが欠かせません。


マッサージ好きは注意

マッサージやリラクゼーションサロンは優しいものから強い刺激のものまでありますよね。
受けている時は夢見心地でも、次の日になると揉み返しがきて”前より痛い!こる!”なんて思っていませんか?

実はそれ、逆効果なんです。

気になる部分をいくら念入りに揉みほぐしてもらっても痛みは取れるどころか増幅したり、他に飛び火することもよくあります。 「苦しいから揉んでほしい」「痛いのが心地良い」と背中ばかり押されていると背骨が曲がって老人体型まっしぐらですよ。


どうしたら治るの?

①身体がゆがんでいると痛みを起こす
②背骨が整っていれば関節の水分・潤滑油が補われる
③揉みほぐしはかえって痛みを増幅する

と説明してきましたが具体的に何をしたらいいのでしょうか


からだの治療院~おあしす~の椎間関節性腰痛施術


骨・筋・血管・内臓などに対する解剖学、内臓・神経などに対する生理学の知識により

①全身からゆがみのもとを探す
②原因が見つかったら身体を痛めない施術で整える
③ゆがみの原因となったキッカケを見つめなおす

その場しのぎではなくこの先10年20年と見越して身体を整えていくことができるでしょう。

ゆがみのキッカケとなるものは、大まかに言えば”疲労”で済まされるかも知れませんが、
どうしたら疲労を溜め込まないか?を知ることで若い方から高齢者まで痛みを感じずらい、感じてもすぐ治ってしまう生活を目指すことができます。

大きな病気はないけれど「もう歳だから」「対処法はないと言われたから」「変形は手術しかないんでしょ?」
そうお考えであれば当院に一度身体を見せにいらしてください。

あなたの可能性についてじっくりお話しさせていただきます。




☆ご予約お問い合わせ☆
お気軽にお申し付け下さい



電話受付の際受付スタッフが

「はい!おあしすです」 と電話に出ますので

「ホームページを見て電話したのですが」と、おっしゃってください。

ご希望日、来店時間、をおっしゃってください
施術中は電話に出られない可能性がございます。留守番電に音声を残してください

メールでのご予約は、 お名前、症状、ご希望の来店日、時間 をご記入の上ご連絡ください。

お問い合わせの方はお時間指定させていただきお話を伺わせていただきます お気軽にご連絡ください。
後ほど、こちらから連絡させていただきます


 

住所:仙台市青葉区上杉1-15-8-101

電話:022-796-9927
 

前日まで空き時間をご確認の上ご予約下さい。当日予約も承りますがお断りすることが多くなっています。
 

平日昼休み13:00~15:00
最終受付19:30
土曜日最終は16:30



< 急性・慢性副鼻腔炎(蓄膿症)  |  一覧へ戻る  |  へバーデン結節で仙台の病院に通院 >

カテゴリ:

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 10:00~20:00
土曜 17:00 終了
定休日 / 水曜・日曜・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ