HOME > 症状解消一覧 > 自律神経失調症 > うつ病を治したい

症状解消一覧

< 仙台市青葉区で肩こり整体  |  一覧へ戻る  |  仙台の整体で潰瘍性大腸炎(UD)が緩和する? >

うつ病を治したい

うつ病を早く治したい人
『ネットのうつ病のチェックシートでうつ病初期(重度)の判定が出たけどどうしたらいい?病院だと何科?薬も怖いし、どのくらいで良くなるんだろう…仕事に行くのが辛いんだけど続けるべき?もうとにかく辛い…うつを効果的に良くしていく手段は無いのか?』そんな不安にお答えします



(目次)
  • うつ病の症状と種類
  • うつ病を早く治したいなら何科?
  • うつで仕事に行きたくない!自分の気持ちを大切に
  • 整体がうつ病にできること
  • うつ病を治したいまとめと、改善までの道のり




うつが治ったと言っても薬を飲み続けている方が多くいらっしゃいますが、まず初めに言っておきたいこと、うつ病は治らない病ではありません。

うつは『心の風邪』と言われるように、誰でも抱えやすい心の問題です。未だに原因がはっきりしていないのが現状ですよね?うつ病は無気力な状態や不安感、イライラが続くことで仕事に行けなくなったりと日常生活がままならなくなる場合もあります。 うつ病の症状はそんな心の不調だと思われがちですが、肩こり、不眠、疲れやすい、吐き気など体にも不調が現れます。

大事なのはとことん休養の仕と、緊張しまくりの自律神経を整えることが重要です。薬が無くとも快方に向かうでしょう。


うつ病の症状と種類

うつ病の症状と種類
うつ病は①症状のあらわれ方②症状の度合い③初めてか再発か④病型によって分類されます。
「自分はOOに当てはまるから、絶対にこう!」ということはないので気張らず参考程度にご覧ください。
症状別に早速見ていきましょう。


うつ病の種類(症状)と分類

一言にうつ病と表現しても状態によって様々な分類があります。

①うつ病と躁うつ病(双極性障害)

耳にする病名でもどんな違いがあるのか正直ピンと来ないもの。
うつ病は無気力状態や不安感など憂鬱な状態が続くのに対し、躁うつ病は急に調子があがって気分が高揚したり活発になることがあります。

②症状の度合い

仕事や日常生活における、うつ病の症状による支障の程度で分類されます。
  • 「軽症」他人とのコミュニケーションでの問題は比較的軽く、知人や同僚も気づかない程の症状
  • 「中等症」軽症と重症の間に位置するが薬物療法が適応となり注意が必要。状態が2週間以上続く
  • 「重症」他人とのコミュニケーションが困難で、常に感情の浮き沈み、睡眠の問題、疲れがあり死にたいと悩まされる状態が2週間以上続く

③うつの症状が初めてか再発か

  • 「単一性」うつ病の症状が初めての場合は、単一性と呼ばれる診断を行います
  • 「反復性」再発の場合に疑われ、治療を受けても効果が出にくかったり、短期間のうちに鬱症状を何度も繰り返してしまう状態です。再発防止のため治療が特に慎重に行われます

④病型4つ

  • 「メランコリー型」典型的な鬱病とされるもので、仕事や日々の責務で燃焼しきってしまうタイプ。良い事があっても気分の落ち込みが晴れず、明らかな食欲不振。
  • 「非底型」良い事に対しては気分が高揚するが他人からの批判には過敏であり、過食傾向。
  • 「季節型」人によってある特定の季節にうつ病を発症し、季節の移り変わりと共に回復していきます。
  • 「産後」産後4週間以内に発症するものでお産のダメージ、産後のホルモン変化、子育てに対する不安や睡眠不足などが重なって育児を放棄したくなったりと鬱症状が現れます。

以上4つ、どの種類に当てはまったとしても、もしあなたが「死にたい」と思うのであれば注意が必要な状態です。一人で抱え込まず、家族でも友人でも知らない電話口のおば様でも、周りの人を頼ってください。
本人が正常な判断をできない場合、家族、知人が率先してサポートしてあげることが大切です。どうか心の声に寄り添ってあげて下さい。


うつ病を早く治したいなら病院の何科?

うつ病を早く治したいなら病院の何科?鬱病の相談は精神科?心療内科?よくわかりませんよね。どんな違いがあるのでしょうか?どちらもカウンセリングと投薬になるようです。

精神科と心療内科の違い

精神科と心療内科は診断法や治療方法に大きな違いはありませんが、専門とする症状が異なるようです。

精神科の対応疾患

主に心の症状を扱います。不安や気分の落ち込み、イライラ、落ち着かないなどの気持ちの症状や、幻聴や幻覚などの精神症状、物忘れなど認知症状、眠れないもしくは寝すぎてしまう睡眠症状などが精神科の対象となります。

  • うつ病
  • 双極性障害
  • 統合失調症
など主に精神疾患に対応しています。

心療内科の対応疾患

心療内科は心理的な要因から引き起こされている体の症状を扱います。
不調の背景に何か心理的な要素が思い当たる場合は力になってくれるはずです。


  • 吐き気や頭痛、眼精疲労など不定愁訴
  • 胃のむかつき、胃のキリキリなど胃痛
  • 過敏性腸症候群(IBS)
  • 起立性調節障害
また、特にストレスなどの要因が思い当たらないのに不調が続いて、薬を飲んでも改善しない場合も対象になります。

精神科と心療内科で保険は使える?

精神科と心療内科ではもちろん保険が使えます。3割負担で初診料を含んでも診察料は3000円かからない位でしょうか。
薬の処方があればプラス200円~400円ほどかかります。


うつ病で仕事に行きたくない!自分の気持ちを大切に

うつ病で仕事に行きたくない!自分の気持ちを大切に 心もからだも辛い状態で仕事を頑張るのは本当に大変なことです。
仕事に行かなきゃと考えるだけで辛くなりませんか?辛いことは避けて大丈夫ですよ。

心の声(本音)を大事にしてください

どの職場に行ったって、新しい環境に変えてみたって、対人関係が良好になるかと言えばそうではないですよね…じゃあ同じ職場で我慢して頑張るべきか?と悩んでしまうもの。

ただ理不尽な上司や罵るような言動、あなたの人格を否定してくるような人間がいる場所はもうすぐ離れましょう。せっかく頑張っても我慢は報われず余計に辛くなるばかりです。

会社は個人の意思や尊厳を尊重するべき場所です。「こうしなきゃ…頑張らなきゃ…」と無理しないで下さいね。

うつ病はとにかく休養を取ることが大事

○○しなきゃ…寝なきゃ…食べなきゃ…考えてしまうものですがまずはそんな思考も止めて、とことん寝て下さい。体と心は休んで欲しいのです。何か月も寝て休んで気の向いたときに散歩したり自分の好きなことをやってみてください。

そして緊張した自律神経の乱れを整える事で効率よく心と体の不調から解放されることでしょう。ここでの注意点が緊張した自律神経の乱れを解消する事ですが、しっかりとした指標を持って取り組むことです。ただ毎日運動したり、好きなことをしたからと言って気分は晴れますが、改善に向かうにはしっかりとした意味のある行動が必要です。


整体がうつ病で出来ること

整体がうつ病に有効なのは、呼吸の質を変えて結果的にうつ病が楽になると捉えられるからです。 現代社会(1980年代から)でうつ病が増えたのはうつを誘発する生活が沢山潜んでいるからです。 深い呼吸は脳をリラックスさせセロトニンを分泌しますが、息を詰めている生活をした場合はセロトニン活動は停止してしまうようです。


しょっちゅう息をつめて生活をしている人はセロトニンの活動を弱めうつ病を発症します

参照:呼吸を変えればうつは良くなるより

呼吸があなたの状態を示します


最初に『呼吸を変えると心が変えられる』という事に触れたいと思います。『息抜き』と言う言葉があるように緊張感を解放するという意味で使われます。心のコントロールに座禅や瞑想などを用いられるようになりました。どちらも、眼をつむり自分自身の呼吸に注目するのが手法になります。全て呼吸がカギとなっています。風邪の時も呼吸が苦しくなることから心の風邪とはよく言ったものですね。

意識的な深呼吸は身体と心を疲弊させうつ病を悪化させます


呼吸を変えればいいと簡単に考えて深呼吸をしたり自己流で座禅や瞑想しても状況は変わりましたか?大体の方は、自然体に慣れないためにうつ病になっています。下手に自己流で事を済まそうとすれば、逆に症状を悪化させることに

からだの治療院~おあしす~では呼吸が深くなり身体の緊張をほぐす整体を行っております。

からだの治療院~おあしす~のオステオパシー整体はクライアントの体を正常化(呼吸の正常化、筋緊張の解放、体液循環のサポート)を
して結果的に症状を取り除く事を行っています。施術を重ねていくと呼吸が深くなり気持ちの切り替えがしやすくなります。

うつ病を治したいまとめと、改善までの道のり

いかがでしたか?

病院でカウンセリングを受ける場合は

話をしてみて、自分が納得できるか?安心して身をゆだねられるか?基準にしていただければと思います。

病院でカウンセリングしてもらうのも心を穏やかにする一つの方法ですが、心だけが問題とは限りません。

うつ病を発症する前に不定愁訴を感じていませんでしたか?また、現在もその他の症状は増えていませんか?それは身体が疲れていて呼吸が乱れ、更にからだが乱れ続けているからです。

新たに出てきた症状を追いかけていたちごっこになれば、改善するのに数年かかるでしょう。

身体をなおしていけば、すぐに改善とはいきませんが体にいい取り組みは期待を裏切りません。





症状改善までの基準


うつ病が感じなくなるまでの基準は

  • どれだけ身体が弱っていた期間があるか?
  • 薬の服用量と期間は?(うつ以外の服用歴も含める)
  • 生活環境は(物理的・心理的)
  • 過去や現在の栄養状態は?
である程度見込めます。

すべては『今までの行い』と『これからの取り組み』で決まります。たった一度の人生なので余計な情報に振り回されず、体をいたわって快適な人生を送れることを祈っています。うつを発症してから期間が短い、薬の服用も短い、生活環境が整っているのであれば週に一回のスパンで10~20回ほどでの改善(復職)ケースも見られます。










< 仙台市青葉区で肩こり整体  |  一覧へ戻る  |  仙台の整体で潰瘍性大腸炎(UD)が緩和する? >

カテゴリ:

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 10:00~20:00
土曜 17:00 終了
定休日 / 水曜・日曜・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ