HOME > 症状解消一覧 > 腰痛・骨盤 > 揉んでも治らない腰痛治療

症状解消一覧

< むちうち リハビリで悪化  |  一覧へ戻る  |  坐骨神経痛 >

揉んでも治らない腰痛治療

仙台市青葉区で腰痛、腰が痛くて治し方を探している人「整骨院で揉んでもらってもストレッチされても痛い 、他でだめだから腰痛は筋トレしか対処法ないのかな?はたして自分の腰痛の種類は治るものなのか?」

整形外科医の先生は、『腰痛の90%は原因が不明』とおっしゃられますが、我々の徒手検査でははっきり原因が出ます。 整形外科医の先生方はもっと大変なガンなどの死に係わる病気を見つけるお仕事がメインなのでしょう。 それはそれで必要な役割ですよね。

我々は原因部分の硬さを取り除き柔軟性を出すことで腰痛の痛みから解放します。

(目次)
なぜ痛い!腰痛は改善されないの?
肩こりも?腰痛は筋トレ、ストレッチで治すしかない??
一例として生理時、生理後の腰痛を考えてみる
生理前から生理中の腰痛⇒月経困難症
原因を突き詰め腰痛を整体施術で治そう
簡単な腰痛改善までの道のり
腰痛まとめ


腰痛を整骨院(整体院)で揉んだり押したり、強い刺激で行うと最初の方は腰がスッキリします。
そしてドンドン強い刺激を求めます。じゃないとスッキリしないというか、治らないと感じてしますからです。

最終的にマッサージでは治らないんですけどね。奥にある原因をゆるめられないので。

若くても「より一層固い治りにくい腰が出来上がり」腰痛を感じながら生活する事に。
保険がきくからと安い整骨院を選択すると思わぬ結果が待っているかもしれません。

 

なぜ痛い!腰痛は改善されないの?

もしも腰の痛い所だけの対処に目を向けていたら、腰痛は治らないかもしれません。痛みの原因は休んでほしいという信号にすぎません。では痛みの原因とはどうやって見つけるのでしょうか?

レントゲン、MRIには腰痛の原因、筋肉、じん帯の問題が映らない

画像検査で腰の右が硬いのか、左が硬いのか?という筋肉やじん帯の固さは画像に写りません。画像がすべて腰痛の原因を拾ってくれないのです。病院に行っても湿布に痛み止めで済まされる訳ですね…生理中や生理前後で起こる腰痛を例に挙げてもこれと言った西洋医学的な原因は見当たりません。






腰痛は筋トレ、ストレッチで治すしかない??

マッサージや牽引、痛み止めが効かなくなった腰痛なら、他に何があるかと考えますよね?あなたの腰痛原因を施術する当院での施術を一番にお薦めしたいのですが、なにか今すぐ腰痛に対処したい場合は筋トレやストレッチが有効になるケースもあります。

初期の腰痛から効果のあるストレッチや筋トレ

ケースとして大腰筋と言われる部分の筋肉が腰痛やヘルニアの原因になっている場合は有効です。ヘルニア様の痛みも大腰筋が緊張してるだけのこともありますので、ストレッチと筋トレの合わせ技が効くこともあります。

大腰筋のストレッチ


大腰筋のストレッチは股関節の前側を伸ばすものが主流となります
大腰筋のストレッチ
こんな感じに股関節の前側を伸ばしてください。前に踏み込んだ足と反対側の足の付け根を伸ばします。

 

腰痛の筋トレ 背筋を鍛える


トレーニングで有効なものは背筋を鍛える事です。
腰痛の筋トレ 背筋

スタートポジションから
腰痛の筋トレ 背筋2
足を上げるだけです。1日1回から2回、時間はできるだけやってください。えいっと勢いをつけると腰を痛めますので気を付けながらやりましょう。大腰筋が縮まると腰痛になるので、背筋で支えて縮まない様にすることが目的です。あくまで大腰筋が原因の場合になります。

腰痛が左側に出る場合

左腰の痛みの内原因は腎臓が考えられます。大腰筋が過度に縮みすぎると腎臓が下垂し、負担がかかれば腰の痛みとして認識されます。腰の重苦しい感覚が腎臓下垂の症状に似た感覚のようです。

腰痛が右側に出る場合

右側の腰痛は、ほとんどが仙腸関節の不具合として認識されます。
仙腸関節を硬く動きを制限している靱帯・筋肉を見極め、やさしい施術で緩めてあげる事で腰痛が解消していくでしょう。


一例として生理時、生理後の腰痛を考えてみる

腰痛の一例として生理痛時に腰痛にも見舞われる方について考えてみました。

若い頃から生理時に腰痛が起こるのであれば純粋に腰痛が隠れている状態です。
生理は出血を伴いますので疲労します。痛みを感じる前から腰痛予備軍になっているのです。

なので猫背や反り腰の方にがこの症状に見舞われます。生理後の腰痛に関しましても同じ機序です。

痛みが起きるのであれば、関連する筋肉、筋筋膜、関節に柔軟性が足りない、血流が足りない事になります。


腰痛、骨盤への女性ホルモンの作用

女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、これらは脳からの指令により卵巣から分泌されます。
それにより生理を起こし、肌のうるおいや髪の艶を出してくれます。

また、子宮を収縮させて経血を体外へ出すプロスタグランジンという物質が過剰に出てしまうと、 キリキリとした腹痛や腰痛、めまい、吐き気を感じやすいようです。

そしてリラキシンが骨盤(特に恥骨)を開く作用があるので、猫背や反り腰で硬くなった腰の方は無理やり広げられて痛みを感じる事になります。


身体がゆがんでいるとホルモン分泌が下がる?

卵巣は、脳からの神経の信号によって女性ホルモン分泌の命令を受け取ります。
神経が通る背骨・卵巣…いずれに異常があると分泌がうまくいかないということになります。

  • 胃腸や腎臓は下がっていないか
  • 腰の筋肉は縮まっていないか
  • 背骨が曲がっていないか
  • 骨盤の形は正常か
これらは子宮へ続く神経の通り道になっています。
また、子宮の真上には胃腸などの臓器があるため、骨盤が開いていたり内臓を支える筋肉がゆるんでしまうと胃腸などの重みを一身に受け、子宮や卵管自体が圧迫されることがあります。その信号を内蔵の裏に存在する大腰筋が受取り腰痛として認識してしまうと原因不明とされる可能性もあるのです。



生理前から生理中の腰痛⇒月経困難症

排卵痛も考えられますし、腰痛に加え腹痛、悪心、吐き気もあるなら月経困難症が疑われます。


原発性月経困難症

骨盤腔内臓器に器質的病変が認められないけど痛みなどがある場合の月経困難症をいいます。 月経困難症は排卵を伴うことが多く、排卵が月経困難症の成因に関与しています。 

子宮筋腫や子宮内膜症、続発性月経困難症

こちらは原因のあるものですので器質性月経困難症と言います。子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、あるいは骨盤内炎症などがあります。子宮内膜症や骨盤内炎症による癒着性付属器炎、癒着性骨盤腹膜炎、子宮奇形なども痛みの原因になります。


その他生理にともなう腰痛や他の症状

上記した身体のつながりから、

  • 頭痛やめまい
  • 肩こりや首痛
  • 胃もたれ
  • 便秘下痢
  • 座ると痛い尾骨痛
  • 仙腸関節炎
  • 坐骨神経痛
  • お腹の冷え

子宮筋腫や子宮内膜症、子宮外妊娠などのサインの場合

  • 経血の量が多すぎる
  • 生理期間がだらだら続く
  • お腹を押すと妙に痛い
  • のたうち回るくらいの腹痛
  • 張り裂けるような腰の痛み
  • ガンガンと響く頭痛
これらの場合がありますので
早めに産婦人科など医療機関を受診してください。


原因を突き詰め腰痛を整体施術で治そう

生理時でもこれだけの考察が必要となります。

腰痛の原因は人それぞれで、あなたの原因はあなたオリジナルの原因です。あれこれと決めつける前にどこが一番固いのかを見つけてあげることが腰痛改善の近道になります。動きやすいからだを取り戻しましょう。

腰痛の種類や症状、様々あります

腰痛は単に一つの筋肉が痛んでいるのが原因でない場合があります。2つ以上の筋肉の痛み、身体の右側をかばっての左側の痛みになっている腰痛、固まった靱帯、炎症を起こしている靱帯など様々な原因があります。

簡単な腰痛改善までの道のり

それでは、整骨院のマッサージで治らない腰痛改善に至るまでの道のりをお話ししましょう。じん帯や筋肉の一番固い所を緩めればいいのですが、日常生活で痛まない状態になるまで以下の障害がいくつか考えられます。

経過は年齢や環境に依存します

腰痛歴があなたの背筋を弱らせている為、固い所を取り除いて動きやすく痛くなくなっても『背筋力』が足りず、痛みを起こしやすくなっています。繰り返し固い所を取り除けば『背筋』も使いやすくなり、腰が痛みにくいからだになって来ます。

またソファーや座椅子、地べたに座って生活している方も猫背になりやすく腰痛を起こす原因となります。 施術で腰を軽く動きやすくしても、そもそもの生活が身体を傷めやすい生活なのでそれなりの施術回数が必要になります。

反対に言えば座る場所、座り方を変えるだけで腰が痛みにくい環境にもできるのです。

女性の腰痛の原因として子宮筋腫

子宮筋腫の女性も腰痛を抱えやすくなります。腰痛の他に股関節の痛みや膝の痛みも同様に抱えやすくなります。

腰痛のガンは病院で検査必須

もしも、思い当たる節があればがん検診を受けて適切な対処をしましょう。

※腰痛やヘルニアでお悩みでも忙しくて体のケアができない方向けのリンク

腰痛筋トレ
 

揉んでも治らない腰痛治療まとめと予約方法

いかがでしたか?腰痛の90%は痛い部分でがなく、身体の固いところ働いていない所に原因があるものです。 ご年齢を重ねた方はお時間がかかるかもしれませんが、メンテナンスを重ねて日常生活を見直して取り組めば、腰痛は治ってきます。

年齢は回復力に係わりますし、良いクセを付ければ痛みにくくなるので、早めに取り組むべきです。 一人で悩んで後悔する前に治してしまいましょう。

日常生活での腰痛改善の取り組み方もご指導させていただいていますので、ご予約はお電話やメールでお伺いいたします。
サイトトップの予約フォームをご確認いただきご連絡ください。
自分に合った整体院をお探しの場合は、
仙台市青葉区の整体「からだの治療院おあしす」にお気軽にご相談ください。

 

この揉んでも治らない腰痛治療を書いた人

仙台市青葉区の整体「からだの治療院~おあしす~」
鈴木 友貴(すずき ともたか)

1979年9月生まれ
仙台市出身
趣味 PC読書仕事
特技 仕事
◆経歴
2002年     赤門鍼灸柔整専門学校
柔整科柔道整復科 卒業
2002年     佐藤接骨院泉中央 分院長
2008年     赤門鍼灸柔整専門学校 鍼灸科 卒業
2010年     日本オステオパシー協会 入会
2010年     日本オステオパシー協会 退会
2012年     萩野町桜整骨院勤務、 全日本オステオパシー学院 入学
2014年4月 仙台市青葉区からだの治療院~おあしす~ 開業
2014年 IOIJ入会
2018年 全日本オステオパシー協会 退会
◆資格
柔道整復師,はり師きゅう師


< むちうち リハビリで悪化  |  一覧へ戻る  |  坐骨神経痛 >

カテゴリ:

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 10:00~20:00
土曜 17:00 終了
定休日 / 水曜・日曜・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ