HOME > 症状解消一覧 > 腰痛・骨盤 > 坐骨神経痛

症状解消一覧

< 揉んでも治らない腰痛治療  |  一覧へ戻る  |  仙台で坐骨神経痛の治し方で失敗してませんか? >

坐骨神経痛

根性坐骨神経痛 治療 仙台市青葉区痛くないけど楽になる坐骨神経痛治療です

仙台市青葉区で酷い坐骨神経痛に悩まされている方向けの記事です 『坐骨神経痛を詳しく知りたい、妊娠して寝返りが打てない、坐骨神経痛が良くなる施術を受けたい、病院でレントゲンやMRIとっても原因分からず…』という悩みを抱えているのであればこの記事をご参考下さい。


病院で診察を受けても受けなくてもこのような症状があれば、「坐骨神経痛」の可能性があります。仙台市内の病院でも名医が見つからず悩みの深い症状です。坐骨神経痛はお尻の筋肉(梨状筋、双子筋)から太ももが強い緊張を起こすことや梨状筋症候群、ヘルニア、脊柱管狭窄症が原因で特定すれば良くなると言われていますが、本当にそれだけでしょうか?


坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛とは? 坐骨神経痛は病気の名前でなく坐骨神経という末梢神経の流れに沿って痛みが出ることを言います。腰仙骨神経叢を構成する坐骨神経は人体中で最も長く太い神経です。第4、第5腰神経と第1〜第3仙骨神経お尻からももの裏ふくらはぎを経て足の裏へと至ります。 坐骨神経痛は筋肉の緊張や骨の変形で神経を圧迫されて起こるものとされています。神経を圧迫する症状なので長引けば足の筋力の低下や排尿障害なども起こします。

坐骨神経痛を起こす病気は?

「腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニア」や「腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)」「梨状筋症候群」「腰椎変性すべり症」「腰椎分離すべり症」などの疾患が原因のときは、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症梨状筋症候群、変性、分離すべり症が病名、坐骨神経痛が症状、ということになります。
その他、帯状疱疹、ケガ、喫煙、ストレス、脊髄腫瘍や骨盤内腫瘍、糖尿病、アルコール依存症、も考えられます。

酷くなればシビレ、麻痺、筋力低下で歩行に影響も

酷くなれば、痛みから痺れ、麻痺とからだの症状は進行します。

坐骨神経痛とは どんな症状?


坐骨神経痛とは どんな症状? 坐骨神経痛に伴い出てくる症状です。坐骨神経に沿った、お尻からももの裏、ふくらはぎ、そして足の裏ゆびさきにかけて起こる痛みです。状態により痛みの強弱はあります。
  • 尾てい骨の辺りが一点集中して痛む
  • 長時間座っているとお尻が痛んでくる
  • お尻からももの裏にかけて痺れてくる
  • 寝返りを打つのが辛い
  • 咳やくしゃみをすると腰が痛む
等々になります。

坐骨神経痛にお伴う腹痛

坐骨神経痛に伴い腰の過度の緊張を起こせば腹痛を感じる事があります。これは大腰筋と呼ばれる筋肉の過度の緊張によるものです。腹痛を感じるだけでなく実際にお腹を押すと痛みのあります。

神経圧迫が続くと排尿障害

痛みを我慢していると、排尿障害を起こす事にもつながります。腰椎5番レベル以下の坐骨神経への圧迫が膀胱の運動を傷害しやがて排尿困難へとつながります。
このように脊髄、骨盤の神経で膀胱の筋力が低下時だけでなく前立腺肥大も影響するので鑑別が必要になります。


坐骨神経痛になる原因を分析

ヘルニアや脊柱管狭窄症、梨状筋症候群、腰椎変性すべり症など個人で原因は違うとは思いますが、腰痛などを感じるのは、脳は痛みを出すことで身体を動けなくして

『使いすぎた身体を休めて欲しい』
『限界が来たから安静にして回復させてほしい』

という信号を出しているのです。『歩き出すと痛い』というのであれば、歩き出す動作をそれ以上すると負担が増えるから!と考えるのが妥当のような気がします。なので原因を特定して手術や注射をすれば解決か?と言われるとちょっと浅い考えなのかも知れません。最近は特定できない場合はストレスが原因とされ心療内科の受診を進められます。なかにはストレスが原因の場合もあるでしょうかが、原因が特定できない場合にストレスのせいにするのはいかがなものかと…

その原因にやってはいけないこと


  • マッサージやトリガーポイントツボ押しを受け楽になったが、すぐにおしりや太ももに痛みやシビレの症状が出た
  • 鍼で坐骨神経痛が改善したと聞いたが痛くて仕方なかった
  • 楽じゃない寝方をする
  • 病院で坐骨神経痛の痛み止めの注射を何回もやったら効果を感じなくなった
  • 痛いのに無理に歩いてみた
  • 自宅で自己流の治療にはしる

無理な治療は坐骨神経痛を酷くします。ストレス解消はおこなってもよいでしょう。


妊婦さんにも多い坐骨神経痛が酷くなる理由


ここからは坐骨神経痛が酷くなる理由を述べます。

その1 お尻の緊張の原因の施術は痛くないですか?

坐骨神経痛で座るのも立つのも、寝るのも!痛いのに、おしりをグイグイツボ押しマッサージされた…ストレッチされて苦しかった…そんな治療の経験はありませんか?痛い身体も心も緊張しますよね。その緊張が更なる坐骨神経の痛みを招いているかもしれませんよ。



その2 腰を痛める習慣が身についてしまっているかも

やってはいけないこととして負担のかかる姿勢を毎日繰り返す事です。正常な場合、骨盤が立って二つの坐骨で体重を支えるのですが、 脚を組んだ座り方だったり、背もたれによりかかってしまったり、 繰り返す坐骨神経を傷める姿勢により姿勢を正しく保つことが出来ません。これらの状態を見直して、更に坐骨神経を痛めない様に身体のゆがみを整える事が重要です。

特に妊婦さんはお腹が大きくなって重心が変わるため坐骨神経痛を起こしやすくなります。


妊婦さんはお腹が大きくなればなるほど、ただ座っているだけで坐骨神経痛になりやすくなります。
臨月を迎えれば陣痛時に坐骨神経痛が激しく痛むこともありますので早い段階から生活動作を見直しましょう



その3 そのケア間違っていませんか?

もし、最も多いと言われる椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛であったとしても、病院で奨励されたブロック注射や薬の内服、リハビリなどで改善が見られない場合も多くなってきました。最近では手術を避けた処置法に代わってきてます。しかし改善がみられないのにその処置法を続けることは時間の経過とともにマイナスになる可能性もあります。

レントゲン、MRIやCTなどの精密検査でみつかっても、早まって手術などをするのなら筋力低下を招き悪化をする可能性も。
 

坐骨神経痛でコルセット着用のデメリット

また自宅で簡単にできるコルセットをおすすめされる方も多いようですが、骨盤の動きを押さえつけ、こちらも足腰の筋力を落としてしまう事も。筋力が落ちると支える筋力が減り腰が曲がり、更に坐骨神経痛が増すでしょう。 仕事はいかなきゃ生活ができないから!と”鎮静剤””ブロック注射”で坐骨神経痛の痛みをごまかしているうちに強い痛みへと発展し、痛み止めの薬は強くなり、痛みが治まらなくなっていませんか?


その4 ジクジク神経痛が出る以前に痛みの元があるかもしれない!?

 例えば、坐骨神経痛を悪化させる要因が身体のゆがみ、例として背骨や尾骨、骨盤と考えます。尾骨を踏みつけて座っている方は仙骨や骨盤周りがグリグリ硬くなっています。 このグリグリはブロック注射、マッサージや超音波、ラジオ波では一度坐骨神経の痛みが取れても実際に緩解したわけではないので症状がぶり返す患者様が多いのです。



●一般的な坐骨神経痛の考え
「坐骨神経痛の治療には保存療法と手術療法があります」
⇒参照:サワイ健康増進課 参照



経過観察をしても坐骨神経痛の症状は悪化するばかりでしょうし、手術をしたからと言って日常生活の根本原因を改善しなくては、坐骨神経痛が再発すると考えませんか?

坐骨神経痛の整体治療


坐骨神経痛を痛くしない整体

ビリビリ痛む所(トリガーポイント)に痛みが伴う施術(マッサージ、ストレッチ、ツボ押し)を施せば、筋肉が緊張し炎症が起こり坐骨神経痛の悪化につながります改善に必要なのは緊張を起こさない優しい整体治療が必要です。おしりの硬さも心もほぐれていきます。


坐骨神経痛の座り方指導

痛みの出ない正しい身体の使い方(座り方、立ち上がり方、荷物のもち方等)を覚えて、痛くなくなる良い姿勢のクセを付けていきます。
普段の動かし方では坐骨神経痛で「痛い!」が「あれ?痛くない!」に変わっていく。 



病院でも教えてくれない坐骨神経痛の予防法

今のあなたに合った坐骨神経痛のケアをお伝えします。 テレビや雑誌、病院で効果のない坐骨神経予防の体操にはもう惑わせられない。


坐骨神経痛に係わる、腰、股関節、骨盤、足首、しっかり無理なく緩めます


骨盤のゆがみ おしり 太もも 痛みの原因


腰、股関節、骨盤、足首等、ゆがみの無いバランスの取れた体の場合、でん部の筋肉にかける体重が減り、骨盤や腰椎で力を分散し坐骨神経への負担を減らしてくれます。 負担が分散されるため、緊張を起こすことなく、でん部から脚にかけての坐骨神経の痛みも起こりません。 しかし、身体が歪んでいると丸まって座ることが多くなりお尻にかける負担が増え、筋肉が緊張した状態に常に置かれます。原因の原因の根本から変えていきましょう

このように日常を見直す事で負担を減らし、整体して回復しやすくなり、身体の緊張を取り除くことで睡眠力を深め、自己治癒能力を底上げします

坐骨神経痛に針治療ってどうなの?

筋肉系の症状には鍼治療が効くと言われています。しかし、針師の腕前によるものです。鍼などの道具を使わなくても坐骨神経痛へ良い治療はできます。

中国4000年、鍼灸の作用

筋肉にわざと小さな傷を作ります。脳で察知できないほどの傷です。その傷を回復させるため血液が集まり筋肉組織を改善させます。この作用を利用して坐骨神経痛で傷めている筋肉も回復させようと考えているのが針の効果です。

何度も言いますが効果は針師の腕前によります。

針治療は痛いところにさすのが目的ではなく、身体全身の不具合を整え体を回復させやすい状況をどんどん作り出す事が目的です。その結果として坐骨神経痛が治るのです。痛いところに鍼を刺されて効果がないと感じる方もいらっしゃいますが、しっかりとした針師に施術を受けて改善させましょう。



坐骨神経痛治療でよくある質問

ここでは坐骨神経痛での疑問にお答えします。

脊柱管狭窄症やヘルニアから坐骨神経痛になるのですか? 

はい、なります。脊柱管狭窄症やヘルニアになる以前に相当腰を酷使しているでしょうから、根本的に腰に負担をかけていた原因を見つけなければなりません。またヘルニアでも原因を治療すれば改善されるのでご安心ください。脊柱管狭窄症は半年から1年近くのお時間を頂きます。

名医のいる整形外科でも坐骨神経痛は治らないといわれたのですが… 

レントゲンやMRIで異常が見つからないと言われましたか?画像検査で映らなくとも、おしりや太ももが痛いのですから必ず坐骨神経に異常があります。難しいと言われた坐骨神経痛でも、体を見ればわかることが多いのでご安心ください。

また歩けるようになれますか?

歩けないのであれば、それ相応に悪いのでそれなりの治療期間を掛けたり、それなりに生活動作が悪いはずですから、家具や靴などの買い替えを考えて下さい。坐骨神経痛の原因を整体で取り除くことができれば歩くことは可能ですし、階段もあがれるでしょう。


坐骨神経痛の痛みから解放されて、今後の人生を明るく過ごしませんか?


気持ちを奮い立たせて手術に踏み切ったのに、坐骨神経痛の痛みから解放されない方が数えきれない事実をご存知ですか?
それは原因である人間の構造(ゆがみ)や機能を無視した治療だからです。

私たちの身体も植物に水を与えるように、車のメンテナンスをするように場面場面で適切な手入れが必要なのです。
ぜひこの機会に自分の身体と向き合いませんか?お悩み方は仙台市青葉区上杉にある『からだの治療院おあしす』までお越しください。


この坐骨神経痛を書いた人

鈴木 友貴(すずき ともたか)
1979年9月生まれ
仙台市出身
趣味 ブログ運営 読書 食べ歩き&ダイエット
特技 妻

◆経歴
2002年     赤門鍼灸柔整専門学校
柔整科柔道整復科 卒業
2002年     佐藤接骨院泉中央 分院長
2008年     赤門鍼灸柔整専門学校 鍼灸科 卒業
2010年     日本オステオパシー協会 入会
2010年     日本オステオパシー協会 退会
2012年     萩野町桜整骨院勤務、 全日本オステオパシー学院 入学
2014年4月 仙台市青葉区からだの治療院~おあしす~ 開業
2014年 IOIJ入会
2018年 全日本オステオパシー協会 退会
◆資格
柔道整復師,はり師きゅう師

< 揉んでも治らない腰痛治療  |  一覧へ戻る  |  仙台で坐骨神経痛の治し方で失敗してませんか? >

カテゴリ:

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 10:00~20:00
土曜 17:00 終了
定休日 / 水曜・日曜・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ