〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

受付時間
10:00~20:00(13:00~15:00昼休み)
※最終受付:平日19:30、土曜日16:30
アクセス
地下鉄南北線北四番丁駅徒歩3分
駐車場:1台

お気軽にお問合せ・ご相談ください

022-796-9927

妊娠中 おしりが痛くて歩けない

妊娠中の坐骨神経痛は厄介

坐骨神経痛が辛い、激痛で歩けない妊婦さん

 

腰痛、坐骨神経痛を緩和する方法を知りたい!妊娠時の痛みが子供に影響しないか不安・・・』

  • 背筋がまっすぐ伸びない腰痛
  • 坐骨神経痛

は、腰が丸まる座り方により腰の内部の筋肉が硬くなることから始まります。

主に

  • おしりからももうら、足先にかけて張る重痛い
  • おしり痛い!足先に灼熱感もある
  • 前に屈めない
  • 長時間座っているとおしりが痛い

なんて症状を訴える方が多いです。

 

 

一般的にお尻の筋肉だけに問題がある、腰の筋肉や神経に問題があると言われますが、その部分を、揉んだり伸ばしたりしても痛みの解消にはなりません。

妊娠中の方は特に気を付けてほしいです。

痛みがあるままだと、

胎児にもストレスを与えると研究結果があるようですし、陣痛時にも痛みが邪魔して不具合を起こすことがあります。

また寝返りを打つのが辛くなると、からだが休まる時間もなくなり痛みは長引きます。積み重なる事で仕事ができない位の痛み、日常生活もままならない程の痛みに…

そこで、この記事では

  • 『痛みの緩和の仕方』
  • 『痛みを抱えたままのデメリット』
  • 『妊娠中の坐骨神経痛を理解する』

を解説しています。

目次

『妊婦さん』の辛い
坐骨神経痛の緩和方法
 

では

  • 坐骨神経痛とは何か?
  • 3つの自分でできる緩和方法

順番に解説します

 

坐骨神経痛とは

坐骨神経は臀部の筋肉梨状筋と上双子筋の間から出る人体最大の神経経路

  • おしり
  • 太ももの裏
  • 膝裏
  • ふくらはぎ
  • 足の指先

に至るまでの経路で痛みや痺れ、筋力低下を、麻痺を表しているものです。

坐骨神経痛は病名ではなく一種の症状を表すものであり、

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 梨状筋症候群
  • 仙腸関節炎

など原因がいくつかに分かれているものです。

 

次いで、痛みが止まる方法を解説します。

 

妊娠中の動けない位の坐骨神経痛に自分でできる緩和方法③選

自分で出来るおしりの痛みの緩和方法を解説します。そして、お家で出来ることは3つあります。

 

  • アイスノンをお尻にあてて横になる
  • 左右のデコルテ付近に筋肉を押す
  • 背中の肋骨の際を抑える
アイスノンは結構使えます。

『直接、炎症をひかせる方法』です。お尻にあてたまま横になって休んでください。動けなくなる位ズキズキした痛み、寝返りを打つと走る痛み、お尻が腫れているような気がする方には、アイスノンをタオルでくるんで当ててあげると炎症が引き眠りやすくなります。

斜角筋と言う筋肉を自分で押してみる

デコルテ付近にある斜角筋と言う筋肉を抑えることで、

『心臓付近の緊張を緩め血流を促すことで坐骨神経痛の痛みが減り動きやすくなります』アイスノンで急性の痛みを抑えた後にエクササイズとしてこれを用いるとさらに効果的です。

背中の緊張を緩める

背中の肋骨も抑えることで

  • 『腹圧を高め、いきみやすくなり』
  • 『上半身、下半身の緊張を抑える』

ことが出来ます。動けなくなるのは尋常じゃない状況です。

全身に波及した緊張を緩めないと、ちょっとしたきっかけで痛みが再発します。一人ではできませんのでパートナーの方にお願いしましょう。

また、強く指圧するのではなく、気持ちがイイくらいで3秒押して、ゆっくり離すように軽い感じでしてあげたほうが立ち上がりが楽に軽くなります。

 

そして、基本的には身体を休めたいって反応が痛みなので、休息を多めにとるようにしてください。咳やくしゃみで痛みが響くような状態であれば結構時間がかかると思って対処しましょう。

 

痛みを何とかしたいからと言って、自己流の運動、セルフでの体操はお勧めできません。

 

痛み止めの注射も、痛みが引くと無理をしてしまいがちなので、次の痛みがもっと酷くなる方もいらっしゃるのであまりお勧めしたくないです。それ以前に、子供の為にも薬は入れたくないですよね。

 

が、それでもいい方、気にならない方は、痛み止めの注射でも良いかも知れません。

 

なので「このくらいの痛みなら動けるから大丈夫」ってなってきても、休んでいた方が、痛みは引きやすい傾向です。

 

 

すぐに仕事や家事に取り掛かろうとすれば、もっと痛みが大きくなったり

痛みが止まったとしても、腰が曲がってしまったり反り腰が強くなったり様々な不具合を起こします。

 

妊娠の坐骨神経痛を引きずるデメリット

妊娠時の坐骨神経痛による最大のデメリットは、

『坐骨神経痛により陣痛を感じなくなる場合がある事』

です

ジンジン来る陣痛より、ジンジン坐骨神経痛が痛んで、体が正常に陣痛を起こさなくなるのです。

 

妊娠中の身であれば、休んでいても坐骨神経痛がおさまることはなく出産時期を迎えるかもしれません。

 

なるべくなら身体の痛くない時間を共に過ごしてあげて、ストレスのない胎児期を送ってあげたいですよね。

 

穏やかな妊娠期間は子供の成長にも大きな影響があるようです。

 

そして出産時には、痛みがあると腹圧を上げにくいのでいきみにくくなったり帝王切開術になったり吸引分娩の可能性が高まるかもしれません。

 

痛いだけで体力も削られ良いことありません。

妊娠中の坐骨神経痛を理解する

もう一人の体ではない事を理解しましょう。

妊娠していない方より『数倍』も腰を痛めやすい状況です。

妊娠中は坐骨神経痛になりやすい

妊婦さんは、お腹が大きく真っすぐに座れない為、坐骨神経痛になります。お腹が出ている方はどうしても避けられない話になります。ホルモンが出て恥骨は緩くなり、内ももの筋肉も正常に働かず体を支えにくくなります。

 

主に、坐骨神経痛が起こる条件は

  • あぐらをかいたり、長座をしたり、寄りかかって座る
  • 片方のお尻に体重をかけて座る
  • 重いものを持って歩く
  • 1ミリでも、かかとの高い靴を履いて歩く

 

これらをなるべく避けなければなりません。

避けるのは難しいので、妊婦さんやお腹が出ている方は、坐骨神経痛の治療を受けた方が楽でしょう。

歩けない程のお尻の痛みは
寄りかかって座る事で出来上がる

おしりの痛みは、普段からおしりに体重をかけすぎていると起こるものです。

なるべくまっすぐ座り、辛いなら横になりましょう。

『歩く』『座る』は、負担をかける動作

座る事も歩くことも、すべてが負担にしかなりません。

お腹にお子様が入っているので正常な使い方ができないのです。

それだけ大変な状況です。

 

歩き姿は右に傾くのか?左に傾くのか?

片方の足ばかりで立ってないか?

なるべく、立ち方にも歩き方にも気を付け、痛みが出る、体が動かしにくいならケアをするべきです。

 

体の痛みは日常生活の積み重ねです。痛みが治まったからって以前のような悪い姿勢を繰り返せば、また痛み始めます。生まれてくる子供為に、痛みが起こらない日常の動作も指導してもらって学んでいきましょう。

 

『妊婦』坐骨神経痛で歩けないまとめ

そもそも、お腹が大きくなる事だけで坐骨神経痛になりやすいので、油断すると痛みが強くなり歩けない動けない状況が出来上がります。

 

なるべく早いうちから、ケアをして母子ともに余裕のある妊娠期間を過ごしましょう。

 

もちろん体の使い方を意識する事も重要です。

坐骨神経痛はご自身で作り上げるものなので、ケアをして痛みが無くなった後ならば、ご自身の体の使い方次第で痛みが起きないようにも出来ます。

 

おすすめは坐骨神経痛にくわしい整体です。そして、ご自身のどの日常動作が坐骨神経痛に繋がっているのか?よく指導をしてくれる整体を選んでみて下さい。もちろんからだの治療院おあしすでも承っております。

からだの治療院おあしすは
妊婦さんの坐骨神経痛も早期に楽にします。

産婦人科医院より妊婦さんのご紹介を受け経験豊富

支倉町にあるセイントマザークリニック院長よりご紹介を受ける事も多く、妊婦さんの施術経験は豊富です。

坐骨神経痛だけでなく、つわり、腕のしびれ、首の痛み、肩こり、背中の痛みなど色々な症状に対応しています。

 

 

マタニティ専門店でも痛みが引かない坐骨神経痛を解消

マタニティ専門店の腕前はいかがですか?当院にはマタニティ専門店で効果を感じず、産婦人科で相談した方をご紹介頂いております。

妊婦さんのお身体は難しいお身体です。専門店と謳うのは簡単で腕前が伴わないお店が多いようです。

当院では一回目から楽になる方が多いです。こちらの指定した期間で施術を積み重ねれば、99%の方は楽に過ごせる身体になります。

赤ちゃんの為に良い事、悪い事を知りたくありませんか?

なぜ坐骨神経痛になる妊婦さんと、ならない妊婦さんがいるのか?を考えましょう。

そして、痛みを伴うという事は緊張を感じているという事。内部にもそれを感じている事なんです。精神的な事だけでなく、肉体的な緊張も赤ちゃんに伝わってしまっています。

痛みが無いのは、心にも余裕を生みます。余裕は安心を伝えます。

坐骨神経痛を起こさない、お体の使い方もお伝えします。

妊婦さんは反り腰になりやすい為、何気なくしている動作の積み重ねで坐骨神経痛を起こします。

施術で楽にする事、座り方や立ち方で意識するポイントを掴むことで、良い筋肉を身につけて痛みを起こしにくい状況を作りましょう。

そうする事で、どんどん出産しやすい状況を作ることに繋がります。

 

今現在、お腹に力が入りにくいなら、坐骨神経痛になりやすいし、いきみにくい状況です。

 

分かりやすいお会計

コースをご用意してますが、追加でいただくことはありません。コース内容に関しましても、しっかりご説明をしています。また、体を整えるグッズやサプリメントも販売していますが、一切押し売りはしていません。

各種クレジットカード、楽天edy、クイックペイ、ペイペイもご使用可能です。

完全予約制で静かで落ち着ける治療院です。

完全予約制です。状況によっては少しお待たせするかも知れません。ですが、電気をかけて長い時間待たせたりしません。一瞬で治るゴッドハンド商法の様な10分程度で終わるような治療もしません。初回は状況を聞かせていただける様お時間を確保します。またその後のご希望であればカウンセリングもお申し込みください。

お客様一人一人に誠心誠意尽くします。

 

お申し込みから、施術、改善までの流れ

耳鳴り解消までの流れをご紹介します。

まずはお電話やメールでお問い合わせください

電話している女性

お電話で事前にご予約下さい。

・お電話の『はい、おあしすご予約電話です』と出ますので

・『ホームページを見て予約の電話をしたのですが』

とおっしゃって下さい

症状を伺ったり、ご予約のお日にちを決めさせていただきます。

※施術中や研修日などは電話に出られないこともあります。その時は、後ほど頂いたお電話番号に折り返させて頂きます。

受付で問診票のご記入をお願いします

問診票に記入

問診票へは

・現在のお悩みや過去に起こった不調等をご記入下さい

・問診票を基にカウンセリングを致します。

受付後、カウンセリングをします

カウンセリング風景

当院では心理カウンセラーの資格を取得しているので、お話したいことがあればお話しください。そのうえで

  • 何が不調の原因か?
  • その原因をどうすれば良いか?
  • どのくらいのペースで通えば良くなるか?
 

をしっかりご説明します。

 

身体状況の把握と独自の検査

逆流性食道炎の検査風景

西洋医学の検査では分からない、アナログな状態を把握していきます。オステオパシーの独自の検査で状況は把握できます。

理学療法の検査やオステオパシーの徒手検査を行います。

身体の施術を進めていきます

逆流性食道炎の施術風景

当院では二つのコースをご用意しています。

 

ご希望のコースで施術いたします。押したり伸ばしたり無理な事はしません。自律神経の緊張を取り除くため施術中は目を閉じて受けてください。

 

定期的な確認

施術は1回で終わりません。

今まで不具合を重ねてきたお体を、回数をかけて構築しなおします。

また、ご自身でも日常しっかり取り組まなければ、手遅れになる可能性もありますので、一緒に体への影響を見直しながら、改善へ取り組みましょう。

 

しっかり、定期的に身体を作る事で年齢を重ねても不調に見舞われない身体に出来上がってきます。

マタニティ整体を利用された事例

妊娠して、腰痛肩こり、つわりも乗り越えられました

仙台市のさいとうさん(37歳)

<お体のお悩みはなんでしたか?>

身体のゆがみが酷く良く肩こり腰痛に悩まされていました。

不妊治療をしていたのでゆがみが改善されれば少しは妊娠しやすくなるのかもしれない...と思い通わせていただく事になりました。

<当院へお越しいただく前はどのような処置をしてきましたか?>

病院で子宮の手術やタイミング療法をしていました。

 

<当院を知ったキッカケは?>

 

知人が良く身体を治してもらっている話を聞いていたので不妊治療もしているならお願いしてみようと思いダメ元精神で紹介してもらいました。

 

<施術を重ねた今のお体の状態はいかがですか?>

妊娠し、つわりの酷い時に施術してもらい軽くしていただいて乗り切る事ができました。

本当に感謝しています。子育てのゆがみも引き続きお願いしています。

 

※個人の感想であり全ての方に効果を立証するものではありません

いかがでしょうか。

当院は産婦人科医のご紹介もありマタニティ整体の経験が豊富なうえ、不安の無い状況まで作り上げる事ができます。もし今の状況が辛く、産後にも不安があるようでしたら、施術のお申し込みをして下さい。いち早く楽なからだにする事、そして一緒に安心できるお身体を作り上げていきましょう。ご予約のお電話、お待ちしております。

この『妊婦』坐骨神経痛で歩けない
を書いた人

からだの治療院おあしす 鈴木

鈴木 友貴(すずき ともたか)

1979年9月生まれ

仙台市出身

◆経歴

2002年     赤門鍼灸柔整専門学校

柔整科柔道整復科 卒業

2008年     赤門鍼灸柔整専門学校 鍼灸科 卒業

2014年 全日本オステオパシー学院 卒業

2014年 自律神経失調症専門のからだの治療院おあしす 開業

◆保有国家資格

柔道整復師,はり師きゅう師

 

2023/8/1更新

お気軽にお問合せください

お気軽にお電話ください

お電話でのお問合せ・ご予約

022-796-9927

<受付時間>
10:00~20:00(平日最終19:30、土曜日は最終16:30)
※水曜・日曜・祝日は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2022/05/13
ホームページを公開しました
2022/05/12
「施術案内」ページを更新しました
2022/05/11
「アクセス」ページを作成しました

からだの治療院おあしす

仙台市青葉区の自律神経専門整体院 からだの治療院おあしす
住所

〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

アクセス

地下鉄南北線北四番丁駅徒歩3分 
駐車場:1台

受付時間

10:00~20:00
(平日最終19:30、土曜最終16:30)

定休日

水曜・日曜・祝日