HOME > 症状解消一覧 > 腰痛・骨盤 > 『妊婦』坐骨神経痛で歩けない、足が痛い『仕事』

症状解消一覧

< 更年期障害の症状と原因を様々な角度から考えよう  |  一覧へ戻る  |  併設の整骨院で交通事故治療が出来ます >

『妊婦』坐骨神経痛で歩けない、足が痛い『仕事』

『妊婦さん』坐骨神経痛で歩けない、動けない場合『家事』坐骨神経痛が辛い、激痛で歩けない人へ

今だけ腰痛、坐骨神経痛を緩和する方法を知りたい!妊娠時の痛みが、子供に影響しないか不安・・・』


背筋がまっすぐ伸びない腰痛、坐骨神経痛は、腰が丸まる座り方により腰の内部の筋肉が硬くなることから始まります。



一般的にお尻の筋肉だけに問題がある、腰の筋肉や神経に問題があると言われますが、



その部分を、揉んだり伸ばしたりしても痛みの解消にはなりません。



妊娠中の方は特に気を付けてほしいです。痛みがあるままだと、胎児にもストレスを与えると研究結果があるようですし


陣痛を迎えると不具合を感じそうじゃありませんか?


また寝返りを打つのが辛くなると、からだが休まる時間もなくなり痛みは長引きます。


そこで、この記事では『痛みの緩和の仕方』『痛みを抱えたままのデメリット』を解説しています。


『妊婦さん』歩けないくらい辛い坐骨神経痛を何とか緩和しよう!
『子供のために』妊娠中の方の身体は坐骨神経痛になりやすいと頭に入れましょう!
坐骨神経痛で歩けない、動けない場合まとめ

『妊婦さん』歩けないくらい辛い坐骨神経痛を何とか緩和しよう!

動画もご参考下さい。


痛みが止まる方法を解説します。

しかし、完全に良くなるわけではないので、痛みが引いているうちに、整体で関連する筋肉などを緩めてあげて下さい。



マッサージ、ストレッチ指圧がメインの整体、整骨院は

悪化するので気を付けましょう。





骨盤内部の筋肉を緩ませる、下半身の状態を整える事で、

痛みが楽になってお腹に力が入ります。




妊娠中の坐骨神経痛に自分でできる緩和方法③選

自分で出来る緩和方法を解説します。

そして、お家で出来ることは3つあります。


  • アイスノンをお尻にあてて横になる
  • 左右のデコルテ付近に筋肉を押す
  • 背中の肋骨の際を抑える



⓵アイスノンは結構使えます。

『直接、炎症をひかせる方法』です。お尻にあてたまま横になって休んでください。


②デコルテ付近にある斜角筋と言う筋肉を抑えることで、

『心臓付近の緊張を緩め血流を促すことで坐骨の痛み、足の痛み、が楽』になってきます。



③背中の肋骨も抑えることで

『腹圧を高め、いきみやすくなり』『上半身、下半身の緊張を抑える』ことが出来ます。






そして、基本的には身体を休めたいって反応が痛みなので、休息を多めにとるようにしてください。


咳やくしゃみで痛みが響くような状態であれば結構時間がかかると思って対処しましょう。

最初に言いましたが、自己流の運動、セルフでの体操はお勧めできません。



痛み止めの注射も痛みが引くと無理をしてしまいがちなので、



次の痛みがもっと酷くなる方もいらっしゃるのであまりお勧めしたくないです。子供の為にも薬は入れたくないですよね。



が、それでもいい方、気にならない方は、痛み止めの注射でも良いかも知れません。



なので「このくらいの痛みなら動けるから大丈夫」ってなってきても、


休んでいた方が、痛みは引きやすい傾向です。


すぐに仕事や家事に取り掛かろうとすれば、

  • もっと痛みが大きくなったり
  • 痛みが止まったとしても、腰が曲がってしまったり


反り腰が強くなったり様々な不具合を起こします。


動けない歩けない激痛の坐骨神経痛への処置をすることで安産でした。

妊娠中の整体は良く選んでくださいね。私は妻が高齢出産(42歳初産)でした。もともと坐骨神経痛があったので定期的に整体してました。
子宮口は開きまで時間がかかりましたが、10cm開いてからは10分程度で生まれました。

マタニティ妊娠整体で安心な妊娠期間を提供します。



『子供のために』妊娠中は坐骨神経痛になりやすいと頭に入れましょう!




妊娠中の身であれば、休んでいても坐骨神経痛がおさまることはなく出産時期を迎えるかもしれません。


なるべくなら身体の痛くない時間を共に過ごしてあげて、ストレスのない胎児期を送ってあげたいですよね。


穏やかな妊娠期間は子供の成長にも大きな影響があるようです。


そして出産時には、痛みがあると腹圧を上げにくいのでいきみにくくなったり帝王切開術になったり吸引分娩の可能性が高まるかもです。


痛いだけで体力も削られてしまい良いことありません。





妊娠中は坐骨神経痛になりやすい

お腹が大き妊婦さんは真っすぐに座れない為、坐骨神経痛になります。お腹が出ている方はどうしても避けられない話になります。

主に、坐骨神経痛が起こる条件は
  • あぐらをかいたり、長座をしたり、寄りかかって座る
  • 片方のお尻に体重をかけて座る
  • 重いものを持って歩く
  • かかとの高い靴を履いて歩く

これらを避けなければなりません。なので妊婦さんやお腹が出ている方は、坐骨神経痛の治療が必須になります。

普段の生活では『歩く』『座る』負担をかける動作


歩いて痛みが強くなる方は、悪いところをかばって歩いています。 この場合の多くは膝や足首以下の部分に不具合が出ていますので、膝を治したり足を治すとか靴を見直すと歩いていても痛まなくなるでしょう。



座った後立ち上がり時に痛い方は、腰が悪くなっています。どちらの場合も、これらの状態を改善できる専門機関や整体で硬くなったクセを取り除いて軽くしてもらいましょう。



体の痛みは日常生活の積み重ねです。痛みが治まったからって以前のような悪い姿勢を繰り返せば、また痛み始めます。


主に、坐骨神経痛が起こる条件は
  • あぐらをかいたり、長座をしたり、寄りかかって座る
  • 片方のお尻に体重をかけて座る
  • 重いものを持って歩く
  • かかとの高い靴を履いて歩く
生まれてくる子供為に、痛みが起こらない日常の動作も指導してもらって学んでいきましょう。


歩き方でで負担をかけている人

歩き姿は右に傾くのか?左に傾くのか?片足立ちをすると負担がかかっている坐骨神経痛の方がバランスを取れないことが多々あります。支えられないので、何度も臀部や骨盤に負担がかかり痛みが起きます。


座り方で坐骨神経痛を誘発


坐骨神経痛になる座り方は、座っているところが地べたやソファー、座椅子、あぐらの姿勢など様々です。今後は高さのある椅子に座ってください。これの質が悪いところは座っている時は痛くなくて、その後に痛みが来ます。

『妊婦』坐骨神経痛で歩けない、足が痛い『仕事』まとめ

『『妊婦』坐骨神経痛で歩けない、足が痛い『仕事』まとめ

歩けない動けない坐骨神経痛の様な痛みなら、それだけ身体にダメージが溜まっているので、それを抜いてあげる必要があります。


そして毎日無意識に溜めている負担を取り除きまた溜まって痛くならないように気を付ける必要があります。


おすすめは坐骨神経痛にくわしい整体です。そして、ご自身のどの日常動作が坐骨神経痛に繋がっているのか?よく指導をしてくれる整体を選んでみて下さい。




< 更年期障害の症状と原因を様々な角度から考えよう  |  一覧へ戻る  |  併設の整骨院で交通事故治療が出来ます >

カテゴリ:

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 10:00~20:00
土曜 17:00 終了
定休日 / 水曜・日曜・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ