HOME > 症状解消一覧 > 肩こり・手肘の痛み > ヘバーデン結節

症状解消一覧

< 外反母趾|治し方、セルフケア  |  一覧へ戻る  |  腰痛(慢性腰痛) >

ヘバーデン結節

ヘバーデン結節指の変形性関節症 

へバーデン結節は指を曲げても痛くない状態までになります。患っている方は、手が握れなくなったり、指先の変形部分に痛みが出たりします。

手の使いすぎによる指の痛み、指の変形ヘバーデン結節…実は、このへバーデン結節、うでの筋肉や指の筋肉にはほとんど原因がありません。

今現在、腕や肘、指の施術をしている方は、残念ながら一生治らないかもしれません。

スカッと痛みを取りたいヘバーデン結節の痛み


当院でのへバーデン施術は、手が握れないほどの変形した方でも手が握れるようになります。
それはへバーデン結節の方は手作業が多い生活を送っている為、からだの中でも手作業に関係する部分全てから痛みの原因を見つけて整体するから結果が違うんです。



へバーデン結節が治りました!患者様の生のお声です

患者様のへバーデン結節の感想

身体の繋がりから患者様のへバーデン結節を起こしている原因を突き止め取り去ることで、腫れが引き、痛みが引き、力が入り、手が握れます。

へバーデンの方は肩こり、首コリもひどいはず

へバーデン結節と初期症状

指先への神経は頸椎から出て、血管は肩付近から出ている為、首コリ肩こりが酷い方は指先への神経や血流がせき止められています。よって栄養不足の指先は繰り返される労働によりへバーデン結節変形を起こします

優しいのに奥のインナーマッスルまでゆるみます

仙台市からだの治療院~おあしす~の肩コリ整体

根深い首コリ肩コリを優しく奥までほぐしてから指を握ってみると、もうへバーデンの痛みは減っています。下手にゆらしたりストレッチや電気で刺激を入れたりすると逆に緊張して痛くなりますので注意してください。
 

どうしても指を使いたい方へお力になります

へバーデン結節の指整体

好きな趣味や仕事でどうしても頻繁に指を使う方でもOKです!
サポーターやテーピングの効かない方でも、負担の少ない使い方、リハビリ方法なども準備しています。


ここからは概要について記載いたします

へバーデン結節とは

へバーデン結節は、指の第一関節(遠位指間関節、DIP)に発症する変形性関節症です。
手作業をする40歳以上の女性の罹患率が高く、男性の十倍くらいと言われています。

日常細かい動作が女性には課せられているということでしょうか??
家事などに影響を及ぼすので、長くは付き合いたくない症状ですね。

へバーデン結節の特徴

初期に運動痛、腫れが出ます。赤く発赤する炎症症状や粘液を伴った腫れを呈する場合もあり。
慢性期にはDIP関節の屈曲変形や側屈変形が出現する場合も。

まだ初期で変形が起きる前の方は、ゆっくり指を反らせるストレッチをしてあげましょう。疲れがたまらないようにすれば、変形が起きる進行度も防げるかもしれません。

炎症が起きている急性期は、無理に動かさないほうがいいと思います。かえって負担になり、変形を助長してしまうかもしれません。

指の筋肉は、肘から伸びて指先にくっついているので、肘周りや肩周りまで軽い運動やストレッチをするのも、負担の軽減になるでしょう。



整形などの一般的な処置としては抗炎症作用のばんそうこう、固定などの保存療法。
亜脱臼があり日常動作を大きく傷害する場合は手術を行う場合もあるそうです。

しかし、メスを入れなくても指の痛みはかなり軽減するんです。


第二関節の変形はプシャール結節と名前が変わります。

こちらは第二関節に発症する1次性変形性関節症でヘバーデン結節の20%に合併する。
慢性症状を超えてからの発症でしょうから、ヘバーデン結節の症状がなくなっても次にこのプシャール結節が控えているのでご注意下さい。

へバーデン結節、プシャール結節の改善の可能性

当院ではへバーデン結節、プシャール結節の原因は、指先の使いすぎにより筋筋膜の緊張が起きたものと考えております。しかしそれぞれの指の使い方や綿密な原因は違ってくるでしょう。

おおかた背骨の筋筋膜が過度の緊張を起こし、血管や神経の経路が阻害され⇒血流不足、酸素不足になっている状況と考えられます。

「脳から痛み物質が患部へ放出されて、炎症が起き、変形を起こしている」という一連の流れが指先で起こっている事になります。

という事はへバーデン結節に関連する筋筋膜を正常化すれば、指が曲げやすくなり、力が入り、やがて変形していた指が滑らかになってくるという事です。

            
     

ヘバーデンのポイントは脊椎、そして筋膜。

ここからは脊椎と筋筋膜が医学的にどのような経路を経て回復するのかその理屈を記載します  

上半身の血管・自律神経

胸椎2番から8番は上半身の腕の血管をつかさどっている部分です。 この脊柱の不具合は抹消部分の毛細血管の減少を表します。 へバーデンのような上肢の症状をお持ちの方は、このあたりのコリや張りを覚えたはずです。

指先の筋膜

筋膜の中は毛細血管が豊富でなければなりませんが、胸椎の不具合 により血流不足を起こしております。


頸椎の神経

頸椎から腕を動かす神経、血管が出ているので、胸椎の不具合が頸椎の方まで及んでいて神経を阻害しているものと考えます。

首から出る血管のイラスト

この血管は腕へとつながっていますので、首や背中からくる緊張が末端部分への負担とかかわってきます。

 

やることやればへバーデン結節は大丈夫

過度の筋疲労を起こして指先への血流不足を続けたためにへバーデン結節になるのでしっかり肩から指への筋筋膜、じん帯、骨に柔軟性を出す施術をすればへバーデン結節で手が握れなくなることもありません。 当院では、治る見込みのない『電気施術』『揉み解し、指圧』は行いません。

薬や漢方薬の効果がなく痛みが強い方も、また指をストレスなく動かせます。


原因を取り除き血流不足、酸素栄養不足が完璧に解消できれば、指を曲げるのに不自由はなくなります。

血流不足は、植物に水を与えていない状態に近いと思います。枯れたりしおれたりします。これを改善するには内部の形を変える以外の改善方法は効果的と言えません。何か方法を探している、どうしたら良いか分からないお悩みの方でもお気軽にご相談ください。



※料金表・初めての方へをご覧の上ご予約下さい。


電話受付の際受付スタッフが

「はい!おあしすです」 と電話に出ますので

「へバーデン結節でホームページを見て電話したのですが」 と、おっしゃってください。

ご希望日、来店時間、をおっしゃってください

メールでのご予約は、 お名前、症状、ご希望の来店日、時間 をご記入の上ご連絡ください。

後ほど、こちらから連絡させていただきます。

仙台市青葉区上杉の整体からだの治療院~おあしす~は
地下鉄北四番丁駅から徒歩3分のアクセスのよい立地なので
泉区、宮城野区、若林区だけでなく名取市、富谷氏など仙台市外の地域からもご来院していただいてます。




< 外反母趾|治し方、セルフケア  |  一覧へ戻る  |  腰痛(慢性腰痛) >

カテゴリ:

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 10:00~20:00(13時~15時は昼休みとなります)
水曜・土曜 17時 終了
定休日 / 日曜日・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ