HOME > 症状解消一覧 > 自律神経失調症

症状解消一覧

< 過敏性腸症候群(IBS)  |  一覧へ戻る  |  腰痛と自律神経 >

自律神経失調症

自律神経失調症を整体で改善する方法

オステオパシーは自律神経失調症を分かりやすく紐解きます。

身体の不調が続いているという方は
身体の内部を調整して日々の生活に変化を起こしたいとお考えではないでしょうか?

当院に来て初めて、ご自分の身体の状態を知る事ができるでしょう
誠心誠意、お身体のことをお伝えしていきます。 そして改善への手助けを行います。


自律神経は二つあり、二つの自律神経の状態を改善しない限り失調症の改善はみられません。
おあしす整骨院では、薬物療法・カウンセリング心理療法・自律神経訓練だけでは改善しない自律神経失調症の根本的な問題を解決しています。

自律神経失調症は、肉体的、内臓的、心理的にダメージを受けておこるもので全て身体にあらわされ、取り除くことで解消されます。肉体の痛みは心理的な負担を起すため、やがて精神的な問題を起すものと考えます。

内臓的な問題も、神経のつながりから肉体的に「コリ」や「張り」として表され、原因不明の症状として扱われます。

悩んでいる人の図
ストレス社会と呼ばれる昨今、そのような原因不明の症状で悩まされている方も多いのではないでしょうか?

自律神経が乱れ始める原因は、
不規則な生活習慣、肉体への過度の労働的負担、精神的心理的負担、食生活の乱れ 等あげればキリがありません。

正常な自律神経の働きがあれば、日に負った肉体的・内臓的・心理的にダメージを睡眠にて回復することが出来、次の日に持ち越さないのですが、回復しきれないものを次の日に持ち越すことが重なれば自律神経の働きは落ち続け、やがて自律神経失調症を起します。


崩してしまった体調を元の常態に戻す方法は「これ」と言った手法があるのですが
一般的には知られていないようです。


まずは二つの自律神経はどのような作用があり、どのように影響を及ぼすのか?
を医学的に、オステオパシー的に解説したいと思います。




自律神経が関係する症状

逆流性食道炎」                「過敏性腸症候群(IBS)」 「機能性胃腸症・機能性ディスペプシア
「急性・慢性副鼻腔炎」 慢性疲労症候群」             「便秘・下痢」 
「動悸、息切れ、だるさ」 「めまい・吐き気」             「昼間の眠気」
「生理痛・PMS」              「気管支炎」         頭痛」 
「偏頭痛」                       「高血圧」                            「冷え性」    など



興奮をつかさどる「交感神経」の興奮が及ぼす影響

  • 怒りっぽくなる、イライラ
  • 孤独を嫌う
  • 多弁
  • 知的活動の発達
  • 便秘がち
  • 乾燥肌
  • 口が渇く
  • 膀胱の過活動
  • 食後に重さを感じる
  • 寝付けない 
  • 生理痛・PMS

交感神経は
心臓、呼吸、体温、循環、消化、代謝、ホルモン、尿、生殖器に関わります



交感神経の異常が身体表面にあらわすもの

  • 背中の筋肉の盛り上がり
  • 対応する神経節の盛り上がり

自律神経と言っても、謎な存在ではなく全て身体の表面に現されることになっています


安静時に働く副交感神経の緊張が身体に及ぼす影響

  • 無気力
  • 心配性
  • うつ傾向
  • 孤独を好む
  • 知的な努力を放棄する
  • 皮膚疾患がある
  • 涙、鼻水、唾液の分泌量が多い
  • 胸焼け、消化不良
  • 発作的な腹痛、下痢便秘
  • 昼間の眠気
  • 冷え性
  • アレルギー
  • 体重が増えやすい
  • 副鼻腔炎、鼻炎、慢性気管支炎、息切れ
  • 性的衝動など性に対する悩み
手汗をかく方や乾癬も副交感神経の過度の緊張が影響しています


副交感神経の異常が身体にあらわすもの


  • 後頭部の筋肉の盛り上がり
  • 尾骨周りの筋肉の緊張
主に体を休ませて回復させてくれる方向へ誘導してくれるのが副交感神経の働きとなります



一般的な自律神経失調症に用いられる施術の考察

一般的な自律神経治療に用いられる星状神経節のブロック施術というものがありますが
自律神経にアプローチしやすい神経節は6つほどあります。

首の星状神経節のみのアプローチで改善される確立は非常に低くなります。
ただ、神経節、神経叢のしこりは神経の緊張を表すので
自律神経の施術を行うには必ず確認しなければいけないポイントとなります。



アレやこれを試してみてもダメな方が多いのはなぜ?


各種両方の弱点は、症状を押さえ込もうとする方法が多く
自律神経の働きがどのような影響で正常に働くかを考察されていないような気がします。

実際、薬物療法、カウンセリング心理療法、自律神経訓練、音楽療法やアロマテラピーなど五感に働きかける治療法
マッサージや理学療法など効果のなかった方は、どのように感じたでしょうか?

上手く当てはまって流れに乗れば、よい結果を得てる方もいらっしゃいます。
本当に弱ってしまっている場合は、手軽な療法では改善が難しくなるようです。

おあしす整骨院で出来る自律神経失調症の改善

当院ではカウンセリング後、肉体的な問題や心理的問題を解決する為に整体のほか
食事の指導、環境が肉体のどの部分に影響するのかをご説明させていただいてます。

自律神経失調症の原因は1つだけでなく、2つ3つと重なっている方もいらっしゃいます。

また、適度な運動なども提唱されていますが、ものすごく努力が必要です。
中には、長いこと自律神経失調症のままなくなる方もいらっしゃいます。



肉体的な施術目的

ゆがみや呼吸率の改善により各神経節の緊張を取り深い呼吸を取り戻し、疲れが取れやすい身体へと変化させます。

内臓的な施術目的

内臓が正常に働くように整体をしていきます。内蔵は背骨から自律神経によってつながっている為
直接内臓に働きかけなければ、筋肉や背骨の調整では改善がみられないからです。

心理的な施術目的

心理的なダメージは肉体のある部分にダメージを残します。これを取り除かなければ回復力を取り戻せないので 身体のつながりを考えながら施術いたします。



自律神経失調症施術の流れ(一例をご紹介)


①施術前に問診をして詳しくお話をお伺いします
自律神経施術1




②施術前後の痛みの変化を感じていただく為に、
どう動かすと辛いのか、どの動きで痛みがくるのか把握しておきます。

自律神経施術2
その後身体を曲げたり反らしたりねじったりして、全身から一番硬い部分を見つけます。





③硬い部分は普段何ともなくても押すと痛い点があります。
これは筋肉の緊張によるものですが、普段は猫背などの姿勢でかばっているので隠れています。

自律神経施術3
そこから施術のポジションにもっていくと…痛みが消えています!





④2.3分後に元の位置に戻して、再度痛かった点を押すと
筋肉の緊張がほぐれた為に痛みを感じなくなります。

自律神経施術4





⑤1か所目の施術を終えたところで初めの検査で痛かった部分を確認してみます。
自律神経施術5

すると施術前より楽になっていることを実感します。






⑥再度検査で見つかった部分を施術していきます。
自律神経施術6
腎臓を含む内臓は下がったり圧迫を受けると、神経的な繋がりから自律神経に影響を与えます。






⑦さらに検査して悪い部分を見つけて施術します。
自律神経施術7

背骨が自律神経の通り道となっているので調節が欠かせません。

自律神経施術8






⑧一通り施術を終えたところで再検査です。施術前との違いを体感していただきます。
自律神経施術9






⑨最後にあなたの症状の原因部分を説明します。
自律神経失調症は決して治らない症状ではありませんよ。

自律神経施術10





自律神経の改善で得られる結果とは?

自律神経の改善は、体の回復力に大きな影響を与えます。 起きがけから辛かった体調などをコントロールできるようになり、その後の生活が快適になります。

当院はアメリカ医学のオステオパシーを元に身体の考察を行い しっかりとしたカウンセリング、検査を行い原因を特定して施術を行い結果を出しています。

もし自律神経失調症でお悩みであれば、心療内科や運動などで改善しなかった方も大丈夫です。 お気軽に一度ご相談下さい。








予約方法

 

電話受付の際 受付スタッフが

 

「はい!おあしすです」 と電話に出ますので

 

「ホームページを見て電話したのですが」 と、おっしゃってください。

 

ご希望日、来店時間、をおっしゃってください

 

メールでのご予約は、 お名前、症状、ご希望の来店日、時間 をご記入の上ご連絡ください。

後ほど、こちらから連絡させていただきます









 

【神経系疾患】 その他の適応疾患 ◎神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー
【運動器系疾患】 関節炎・◎リウマチ・◎頚肩腕症候群・◎頚椎捻挫後遺症・◎五十肩腱鞘炎・◎腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
【循環器系疾患】 心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ 【呼吸器系疾患】 気管支炎・喘息・風邪および予防
【消化器系疾患】 胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・
【代謝内分秘系疾患】 バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
【生殖、泌尿器系疾患】 膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
【婦人科系疾患】 更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊
【耳鼻咽喉科系疾患】 中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎
【眼科系疾患】 眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい
【小児科疾患】 小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

< 過敏性腸症候群(IBS)  |  一覧へ戻る  |  腰痛と自律神経 >

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 9:00~20:00(13時~15時は昼休みとなります)
水曜・土曜 17時 終了
定休日 / 日曜日・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ