受付時間
10:00~20:00(13:00~15:00昼休み)
※最終受付:平日19:30、土曜日16:30
アクセス
地下鉄南北線北四番丁駅徒歩3分
駐車場:1台

お気軽にお問合せ・ご相談ください

022-796-9927

代表あいさつ

代表 鈴木 友貴(すずき ともたか) プロフィール

お体の不調、お気軽にご相談ください
からだの治療院おあしす 代表
資格

2002年 柔道整復師
2008年 はり師きゅう師
2010年 日本オステオパシー協会 会員
2014年 全日本オステオパシー協会 会員

生い立ち
  • 宮城県仙台市若林区生まれ
  • 生まれも育ちも仙台市
  • 小学校時代は、特技も無く目立たず過ごす
  • 中学校・高校とバスケットボール部に所属。ダラダラ続けながら、新しいことができる様になったり身体を傷めたり、身体に関して興味を持ち現在の職業に進むことを目指す。
  • 柔道整復師の専門学校卒業後、一番お給料の良かった整骨院に勤務。
  • 半年で分院を任される事になる。スポーツの動きなどは、ここで学び、人の動作を見るのが楽しくなった。
  • 何となく鍼灸の専門学校に通う。
  • 自分の係わるお客様の事を考えると、人を癒すには技術が足りないと感じ、自腹でオステオパシーの研修を受けるようになる
  • 自信が出てきたので最初の職場を退職
  • それでも足りなかったので、仙台市内の整骨院で勤めながら東京のオステオパシー専門学校に通う※現在は廃校
  • オステオパシー専門学校を卒業、からだの治療院おあしすを開院。人の身体に関する知識・技術を学ぶ一報、日本には伝わらない身体の本質を知る為、アメリカのオステオパシー研修にも参加するようになる。
開業前の経歴
  • 2002年3月 赤門鍼灸柔整専門学校 柔道整復科 卒業 柔道整復師免許取得
  • 2002年4月  仙台市内の佐藤接骨院勤務
  • 2002年10月 佐藤接骨院泉中央に管理者として勤務
  • 2008年3月 赤門鍼灸柔整専門学校 鍼灸科 卒業 はり師きゅう師免許取得
  • 2010年5月 日本オステオパシー協会 誇張法セミナー 同協会入会 
  • 2011年4月 日本オステオパシー協会 ストレインカウンターストレインセミナー
  • 2011年7月 佐藤接骨院泉中央 退社
  • 2011年12月 萩野町桜整骨院 入社
  • 2012年4月 全日本オステオパシー学院 入学
  • 2013年3月 萩野町桜整骨院 退社(退社に伴い閉院)
  • 2013年3月 全日本オステオパシー学院 卒業
  • 2014年4月 からだの治療院おあしす 開業 

※仙台や東京で鍼灸の講座を受けたりもしましたが、メインではないので載せてません。

メディア掲載実績
  • 雑誌「ひよこクラブ」の2014年11月号に掲載
  • 雑誌「CREA」の2016年6月号に掲載
セミナー開催実績
  • 2019年より、自院にてオステオパシーセミナーを不定期で開催中
セミナー経歴
  • 2010年 日本オステオパシー協会 仙台 誇張法 全10回 
    ※講師の先生はお亡くなりになりました
  • 2010年 日本オステオパシー協会 西荻窪 直接法  6回
    ※東日本大震災の影響で途中まで受講 講師の先生はお亡くなりになりました
  • 2011年 日本オステオパシー協会 仙台 ストレインカウンターストレイン 10回
    ※山形の北楯誠一先生に師事
  • 2012年 全日本オステオパシー学院 代々木 『クラシカルオステオパシー、マッスルエナジー、筋筋膜リリース、直接法、ストレインカウンターストレイン、関節の遊び』 毎週土日
  • 2013年 全日本オステオパシー学院 代々木 『講義内容:鑑別診断、オステオパシー鑑別診断、頭蓋、靭帯性関節ストレイン、スティルテクニック、FPR』 毎週土日

人の不調を良くしたいという一心で色々な研修を受けました。経営セミナーは少ししか受けない技術バカです。身体と心の余裕を提供しています。お客様の気持ちを知りたいのでカウンセリングのセミナーも受けてます。鍼灸治療でも施術で結果は出せますが、オステオパシーは鍼灸よりパワーがあり効果も長持ちです。(※当社比)ですのでより深いお悩みに対応できるようにオステオパシーを選択しています。

当初は、月曜日から土曜日の午前中まで仙台市の整骨院に勤務、土曜の午後に新幹線に飛び乗り20時ころまで講義を受け、一泊して日曜も講義を受ける休みも収入も無い生活。ですが、マッサージやストレッチ、電気で身体を傷めつけている事に気が付き、人を癒す事を身につける、新たに自分の可能性を見出す日々は希望にあふれて不安もなかったように思えます。

独立後 セミナー経歴①
  • 2014年 全日本オステオパシー協会 名古屋 診断法 全4回
     
  • 同年 6月 IOIJ 大磯 バイオダイナミクス 1 
  • ※オステオパシー医師トム・シェーバーに指示
    http://www.tomshaverdo.com/profile_jp.html
  • 2015 JOPA 神戸 キンバリーテクニック  4日間 
    ※オステオパシー医師マイケル・クチェラに師事
  • 2015 JOPA 神戸  国際セミナー テーマ:もう一つの身体の診方と応用 4日間
    ※オステオパシー医師 Rポール・リーに師事
  • 2015 IOIJ 大磯 バイオダイナミクス 2   4日間
    ※オステオパシー医師 トムシェーバーに指示
  • 2015 JOF 御茶ノ水 内蔵マニピュレーション「ロッシング」セミナー 心臓や大動脈
    ※オステオパシー医師ケニス・ロッシングとその奥様に師事
    https://www.youtube.com/watch?v=osq0hRd7LZU&t=135s
  •       
  •  

独立後も、まだまだ知らない事があったので、あちこちに情報を仕入れに行きました。やれボキボキのセミナーや、心臓を和らげるような調整法(物凄く腕のいいドクターに施術してもらい、すごく胸を広げられ脈が落ち着き呼吸がしやすくなった記憶があります)、交通事故や大きなケガをすると、なぜ身体が治りにくくなるのか?など。今となっては、必要のない研修も多々ありましたが…その経験もあり、その後ちゃんとした技術が身につく行動に繋がったんだと思います。また、当初は明るく元気に楽しくコミュニケーションをとりながら営業していました。実は、元気にコミュニケーションを取る事は、身体を癒す要素にならず、疲れる事に繋がる事も知らずに営業していました…現在は、静かに落ち着ける対応、空間にしています。

神戸のオステオパシー研修に通う
  •  
  • 2015 JOPA 大阪 電磁波セミナー 1日、2日間
    電磁波チップを使った調整
  • 2015 JOPA 大阪 循環器システムセミナー2日間
    ※この協会の下村会長に師事

神戸にもオステオパシー協会があるのですが、ここのやり方も面白いというか…
『オステオパシーは人体を一つのユニットとしてみるので、症状の原因は人それぞれ』と言うルールを無視して電磁波が原因だ!それでは、オステオパシーじゃなくて電磁波整体・・・確かに大事な要素ではあるのですが、考えると大した問題では無い…という訳でここに通う事を止めました。お陰で磁石を使って身体を良くする方法が身につきました。電磁波が気になる方、静電気が気になる方もご相談ください。

  • 2016 JOMA 日本橋 新マミュピレーション 4日間
    ※フランスのオステオパシー療法士 ジャンピエールバラルに師事
  • 2016 IOIJ 大磯 バイオダイナミクス3 4日間
    ※オステオパシーDr.トムシェーバー氏に師事
  • 2016IOIJ 大磯 ショックトラウマ&フォースベクター 4日間
    ※オステオパシーDr.トムシェーバー氏に師事
  • 2016 JOMA 日本橋 内臓オステオパシー婦人科、骨盤隔膜、生殖器 4日間
    ※Dr.ジェロム・バティストに師事
  • 2017 JOMA 日本橋 自律神経 へのオステオパシー4日間
    ※フィリップ・ブルディノー療法士に師事

この辺りから疑問に思ったのが、『たしかに知識も増え、腕は上がっている、しかし研修を受ける度に新しいルールを学んでいる』

人の身体は昔から変わっていないので、新しい技術や理論ではなく、ちゃんとした体のルールを知りたかった。『諸先輩方は本場アメリカに何度も足を運んでいる…これは本場に行くしかないな』と思い立ち、初めて日本から飛び出しました

アメリカへ
  • 2017 ニューハンプシャー州 バイオベーシック 4日間
    ※Elizabeth CaronDr. Christine A. Mitchell Dr.など。あちらの医師にご指導を受けてきました

という事で、アメリカのめちゃ田舎へトレーニングに行きました。お医者さんなのに薬もメスもほぼ使わないすごく変わったお上品な人たちです。(稀に検査やオペを勧めたりはするそうです。危険な状態を知らせるには、血液検査や画像検査は理解されやすい)ヘイトもありませんでした。

なぜ、メス、薬を使わないのかはお察しください。社会の資本より、人を尊重し、人の生命力に魅入られたんでしょうね。

『我々は症状を治すのではない。クライアントの身体の問題を取り除き、待つだけ』

やっと基礎、一歩目を学べたような気がしました。

多分、アメリカでオステオパシーの基礎を学んでいないのであれば、やっているつもりで、出来てない。そこに気が付けたことは、大きな財産になりました。

その後から現在
  • 2017 IOIJ 伊東 バイオダイナミクス4 4日間
    ※オステオパシー医師トム・シェーバーに指示
  • 2018 IOIJ 大磯 バイオダイナミクス 3&5 計8日間
    ※オステオパシー医師トム・シェーバーに指示
  • 2018 精進湖 シャンティ・ガイア・ジャパン ニーラジャ瞑想 5日間
    https://chronicstudents.com/shantigaia_japan/
  • 2019 IOIJ 大磯 バイオダイナミクス 6 4日間
    ※オステオパシー医師トム・シェーバーに指示

その後も研修を受けますが、アメリカでやって来たことの復習を続けているだけでした。(それに気が付くにも時間がかかったのですが)瞑想の研修も受けました。1日一食、富士山を見ながらの研修。丁度コロナ過で少し時間ができるようになり技術向上にはありがたい時期も過ごせました。振り返ると、独立当初から逆流性食道炎自律神経失調症を主に取り扱ってはいたのですが、本当の癒しを提供してなかったと経験不足、勉強不足を痛感させられ現在に至ります。今後とも、ご利用いただいている方々はもちろん、これから当院をご利用になる可能性のある方にも、身体の力が抜けて楽になった。抱えている悩みから解放されて不安が無くなった、徐々に快調になってきていると言っていただけるよう精進していこうと思います。※入会したオステオパシー協会は全て退会済み

ごあいさつ

当院のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。代表の鈴木 友貴(すずき ともたか)です。

私がこの自律神経失調症や胃腸の悩み、身体の末端部の痛みやリウマチなど、一般的には難治、もしくは一生治らないと言われている症状を取り扱う治療院を始めようと思ったきっかけは、スポーツを専門に取り扱っている整骨院に勤務していた時に経験した事でした。

元々、カイロプラクターの先生に出会った事、自分がバスケットボールをしていたきっかけで、身体という事に興味を持ちました。プレイをする事より身体の使い方に興味をもっていました。勤務した整骨院では後にプロ野球選手になった方(現楽天のコーチ)、社会人バドミントン選手などスポーツに係わるお客様が多く、身体の使い方を詳しく知ることができました。

仕事をして行く中で、若い方と年齢を重ねた方の回復加減が全然違う事に気が付きました。ケガの完治と言うのも難しく引退に追い込まれるくらい深い悩みの一つですが、30代からご自身の身体の不調に不満を感じ、何とかしたいと思っている方が多かったこと。ちょうど自分も28歳の時に表現しがたいめまい、吐き気、倦怠感、寒気に襲われ始めたことが、そのきっかけでした。

勤め先では、鍼灸治療、電気治療、AKA療法を駆使して治療してもらいましたが、ことあるごとに不調が襲ってくるようになりました。

『何とかしたい』そう思い、自分でも本を読み漁り、内科、脳神経外科、同業の整体、鍼灸も頼りましたが一向に体調が上向くことなく、不調が襲う間隔は短くなってきました。

不調が襲ってくるときは、不安な気持ちも沸き上がります。『将来この職業でやっていくにはどうしたら良いだろうか?』『20代でこの不調…この先やっていけるだろうか?』『自分の不調も良くできない。先はあるだろうか?』よく当時の後輩にカウンセリングをしてもらってました。

そこで将来の自分は『感じも良いし、不調が抜けてくるから、あそこに行こう』と思ってもらえるようになりたい、シンプルにそう思いました。

不調を抱えた方しか分からない事ですが、世の中の不調に対する処置(整体、治療院だけでなく、薬や手術も含め)は、不調から救ってくれるものは非常に少ないと思います。でも元気な方もいる。その違いは何なのでしょうか?それを知れたら、自分も穏やかでお客様も穏やかに過ごせるようにできるはずです。

鍼灸の研修にも参加してはいたのですが、いまいちピンとくる出会いもなく、職場に合った本を基にオステオパシーの研修を探し当て申し込むことに。オステオパシーは研修費が高かくお金も無かったのですが可能性を探すには惜しんでいられないと参加することにしました。

研修を申し込んだ後、交通事故に遭い、むちうち、息苦しい、喉がつまる、腕が上がらない、散々な状態になりました。そんな中、初回のオステオパシーセミナーで一緒に研修を受けてくれた後輩に施術を受けると、なんと!首が動き始め、息苦しさが抜けものすごく楽になりました!鎖骨の調整方法を片方受けただけでした。熟練者ではなく初心者に施術されただけです。ほんの3分か5分。今でも忘れられない経験です。

そんな、よくある自分が癒された経験と、東日本大震災をきっかけに、人生一度きりという事でこの道を究めるため自己投資が始まりました。そうして自分が請け負える幅が広がると、自分では対処ができない、分からない問題を抱えた方が顧客になり、また学ぶ機会が増え技術や対応を磨き、身体だけでなく心にも癒しが必要なんだと感じるようになりました。ありがたい事にその追及をしながらお仕事を続けさせていただいてます。

人の不調による悩みは、なかなか他の人に理解されません。画像や理学療法検査でも分からない事、手術をしても薬を飲んでも改善しない症状の方が多いんです。それは西洋医学の中での話です。医学の進歩以前に体のルールは決まっています。そのルールに沿った施術、過ごし方をする事で、元気になれるんです。

オステオパシーは、あなたの体調を整えるお手伝いができます。もし、検査を重ねても原因が不明、薬を飲み続けるしかない、加齢現象、ホルモンのせい、手術しか無い

と言われても諦めたくない、体調が良くなりたいと願っている方、その方法をお探しの方にオステオパシーを通じてお力になれればと思います。

大切にしている事は対話と身体のルールです。

  • お役様の状態を、意向を伺って身体の状態を見てから施術方針をお伝えしています。こちらの意見を押し付けるのではなく、あくまで対等な立場で身体を整えていく事を大事にしています。
  • 体調を良くするには、その道筋として設計図が必要です。現在の話だけでなく過去も大きく関わります。過去の情報もお聞かせください。
  • 目の前の『今すぐ、症状を何とかして欲しい』に応えようとするのではなく、本当に体が必要としている事を施します。痛みを起こしているのは、休んで欲しいからです。目先のものに囚われず、回復の機会損失を起こさないよう心がけています。
  • 症状を抑えるお薬は、あくまでお守り代わりとしてご使用ください。無理にやめる必要はありません。離脱できることを前提に服用ください。
  • 静かな空間作りを心掛ける事で、身体も気持ちも落ち着いてきます。施術は静かに進められます。音楽などもかけていません。

ご来院をお考えの方へ

あなたは、どの様に不調から抜け出したいと思ってますか?あなたが不調になっているのは理由があり、その理由に沿って不調が起こります。オステオパシーは慢性化した体調を緩解していく手法にはなりますが、不調を抱えている時間、過ごし方、年齢による衰え等、現在進行形で進行している問題があるのも事実です。

身体を楽にするには、その抱えた問題を小さくしていく事です。

一人でできますか?他の手法で叶いましたか?

大きな問題は、オステオパシーで身体を作っていく事でリラックス体質が身について自律神経や内臓、睡眠、血流などが総動員であなたを癒してくれます。今の不健康や痛みは、あなたのお身体が出している『もう限界です、そろそろ休みましょう』というサインです。

それに気が付き早く体調を良くするきっかけが欲しいと思った時は私を頼ってください。

傷を治すのは、あなたのお身体の力です。手術をしても、その後の回復を促すのは、あなたのお身体の力です。ですので症状を消すのもあなたの体の中でしか起こりません。その体のルールに沿いながら、あなた自身では察知できないお身体の全体の調律を整え、回復を促す事を第一に施します。

そして、身体を癒し体調を整えるには、私とお客様が対等な立場でないと達成されません。

私は無理を押し付けませんが、お客様の方でも自己判断が強い場合は、投資に見合った結果がついてくることは無いと思います。もし健康の為にお金と時間を使うのは勿体ないとお考えであれば、私のサービスは不必要でしょう。良くお考えの上お申し込みいただければと思います。お申し込みの方には誠心誠意尽くさせて頂きます。

アクセスはこちらへ
スタッフ紹介はこちらへ

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約

022-796-9927

<受付時間>
10:00~20:00(平日最終19:30、土曜日は最終16:30)
※水曜・日曜・祝日は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2022/05/13
ホームページを公開しました
2022/05/12
「施術案内」ページを更新しました
2022/05/11
「アクセス」ページを作成しました

からだの治療院おあしす

住所

〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

アクセス

地下鉄南北線北四番丁駅徒歩3分 
駐車場:1台

受付時間

10:00~20:00
(平日最終19:30、土曜最終16:30)

定休日

水曜・日曜・祝日