HOME > 症状解消一覧 > 自律神経失調症 > 自律神経失調症

症状解消一覧

< 側弯症  |  一覧へ戻る  |  足底筋膜炎 >

自律神経失調症

2020/1/15更新
仙台市内で、自律神経失調症が治らなくてお悩み方『病院で言われたけどストレスが原因なの?自律神経って薬以外で良くなるの?これからどう付き合っていけばいいの?』という方の為に5分で読める記事を書きました!

この記事を読むと

 

  • 自律神経失調症の対策が分かる
  • メンタルが落ち込まなくて済む

筆者の親戚でも多いのですが、自律神経失調症って曖昧でどれが何なのかよくわかりませんよね。難しい話は置いておいて改善まで必要なポイントをまとめました。

自律神経失調症整体師が語る絶対にやってはいけないこと3つ
専門医でもダメなのに、自律神経失調症の原因を整体で良くできるの?
つらい自律神経失調症これからどう整えていくの?
自律神経失調症まとめ



自律神経失調症整体師が語る絶対にやってはいけないこと3つ


自律神経失調症整体師が語る絶対にやってはいけないこと3つ 自律神経はご自身の調子を無意識に取ってくれる便利な期間です。これは一般的な活動量、食事量がそろっている時に限ります。

自律神経失調症で最低チェックしておきたい3つです。


自動回復装置である自律神経に優しい生活を送るため以下の最低でも3つを避けて下さい。

原因①ストレスをため込む


すごく頑張っているあなたは自律神経は整いません。

原因②夕方や夜の活動は控える


夜眠ると成長ホルモンが出て身体も気持ちも落ち着きます。これは日の沈んでいる時間の方が人の身体も休まりやすいからです。人に備わった概日リズムによるものです。


原因③タバコやアルコールや安定剤に走る



心療内科に回されがちですが、安定剤に走ると解毒するまで時間がかかり、安定剤に依存しがちになります。長い目で見ると疲れとれませんよ。タバコやアルコールも肺や肝臓に負担をかけ体の回復機能方法へ向かわすのではなく興奮方向へ向かわせるのでNGです。
 

専門医でもダメなのに、自律神経失調症の原因を整体で良くできるの?

専門医でもダメなのに、自律神経失調症の原因を整体で良くできるの?
自律神経は体の外に肩こりや腰痛として顔を出しています。正しい体の調整は自律神経も整います。

自律神経失調症の治療に必要な事


自律神経失調症なので体だけでなく脳や内臓機能も不調になります。よって整体後
  • コリなどの緊張は取れリラックスできているか?
  • 眠くなってきているか?
  • リンパなども流れスッキリした感じはあるか?
  • 話をしなくても気持ちは落ち着くようになっているか?

等々早めに確認できる項目を段階的にクリアしていくことです。

整体で瞑想の様に呼吸を整えられます


自律神経失調症の改善方法として瞑想を上げる方も増えてきましたね。ですが瞑想で改善するには時間がかかりすぎますし、一人でワークをこなすのは苦痛です。オステオパシーのような整体では寝ているだけで瞑想時に得られる呼吸の深さや脳は状態を得られます。

有効的なサプリもあります


自律神経なので血液の状態も考慮できます。活性酸素を抜くサプリメントの摂取も効果的です。有効サプリメントと逆に重金属が入ったサプリメントもあるのでご注意ください。

眠たくなったら眠りなさい

さあ眠りなさい~、たくさん眠って回復させましょう。

つらい自律神経失調症これからどう整えていくの?


つらい自律神経失調症これからどう整えていくの? 自律神経失調症を治療して整えていくのですが、今後もストレスや肉体労働的な負担は付きまといます。どの様に生活を送ればいいのでしょうか?

疲れやすくしない、悪化させない


からだが整ってくると最初の方は以前の様に無理をし始めると眠くなったり肩こりや腰痛を感じやすくなります。これは脳の感受性が上がりあなたを無理させない様になっているからです。脳が守ってくれているうちに悪化させず、からだを整体しながら次の段階へと進めましょう。

安易に完治という言葉はどうなのか?


この話をしていると「どこが完治なの?」と思うかもしれません。私は完治というものは無いと思っています。誰だって疲れ続ければ自律神経失調症になります。だから健康に気を付けるのです。だから良いことをしていれば失調しないし、悪いことを続ければ身体の自律神経は失調症になると考える方が身体に沿った考えと思います。

良くなったからと思ってよいことをしている方は「完治した」と言うでしょうし、また同じ生活や、年齢を重ねていることを忘れ(いつまでも気持ちは若いままですよね~)悪いことを始めれば「完治していなかった」と言うでしょう。

自律神経失調症まとめ

自律神経失調症まとめ
自律神経というのはあなたの身体のシグナルです。そのシグナルの指令に耳を傾ける事であなたの身体は大きく変わります。お身体を大事に使っていきましょう。ご参考になれば幸いです。


この記事を書いた人

この記事を書いた人鈴木 友貴(すずき ともたか)
1979年9月生まれ
仙台市出身
趣味 ブログ運営 読書 食べ歩き&ダイエット
特技 妻

◆経歴
2002年     赤門鍼灸柔整専門学校
柔整科柔道整復科 卒業
2002年     佐藤接骨院泉中央 分院長
2008年     赤門鍼灸柔整専門学校 鍼灸科 卒業
2010年     日本オステオパシー協会 入会
2010年     日本オステオパシー協会 退会
2012年     萩野町桜整骨院勤務、 全日本オステオパシー学院 入学
2014年4月 からだの治療院~おあしす~ 開業
2014年 IOIJ入会
2018年 全日本オステオパシー協会 退会
◆資格
柔道整復師,はり師きゅう師

※自律神経失調症のチェック表作りました。 自律神経失調症のチェック表

< 側弯症  |  一覧へ戻る  |  足底筋膜炎 >

カテゴリ:

おあしす整骨院
022-796-9927 完全予約制

営業時間 / 10:00~20:00
土曜 17:00 終了
定休日 / 水曜・日曜・祝日
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-15-8-101

ご予約はこちら

このページのトップへ